魚とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > JMnedict > の意味・解説 

いお〔いを〕【魚】

うお。さかな。

荒海の怒れる—のすがた」〈源・帚木


うお〔うを〕【魚】

魚類総称。さかな。古くは「いお」ともいった。→魚類


お〔を〕【魚】

「うお」が他の語と複合して変化した語。「氷魚(ひお)」


ぎょ【魚】

[音]ギョ(漢) [訓]うお さかな

学習漢字2年

[一]ギョ

うお。さかな。「魚介魚肉魚類海魚乾魚金魚水魚成魚鮮魚大魚稚魚人魚養魚熱帯魚

さかなの形をしたもの。「魚雷木魚

[二]〈うお〉「魚河岸(うおがし)/白魚

[三]〈さかな(ざかな)〉「魚屋小魚塩魚生魚煮魚

名のり]いお・お・な

難読年魚(あゆ)・香魚(あゆ)・勇魚(いさな)・岩魚(いわな)・虎魚(おこぜ)・松魚(かつお)・堅魚(かつお)・針魚(さより)・細魚(さより)・秋刀魚(さんま)・柳葉魚(ししゃも)・衣魚(しみ)・紙魚(しみ)・蠹魚(しみ)・章魚(たこ)・飛魚(あご)・魚子(ななこ)・沙魚(はぜ)・氷魚(ひお)・魚籠(びく)・比目魚(ひらめ)・真魚(まな)・翻車魚(まんぼう)・赤目魚(めなだ)・公魚(わかさぎ)


な【魚】

《「肴(な)」と同語源》食用とする魚。さかな。

海佐を以ちて—釣らすに」〈記・上〉


さか‐な【魚/×肴】

《「酒(さか)(な)」の意》

(肴)酒を飲むときに添えて食べる物。酒のさかな。つまみ。「あり合わせの物を—に飲む」

(肴)酒席興を添える歌や踊り話題など。「同僚噂話を—にして一杯やる」

(魚)うお。魚類。「—を三枚におろす」「川—」

[補説] 魚肉多く酒のつまみにしたところから「さかな」が魚類をさすようになった日葡辞書では、「肉や魚」の意と「酒を飲むときのおかず」の意とが並記されている。

[下接語] (ざかな)青魚生き魚川魚口取り肴(ざかな)・小魚・強(し)い肴(ざかな)・塩魚重肴(じゅうざかな)・酢肴(すざかな)・年取り魚取り肴(ざかな)・生(なま)魚・煮魚挟み肴(ざかな)・鉢肴(はちざかな)・干(ひ)魚・焼き魚


いお いを 【魚】

〔名〕

① さかな。うお。

伊勢物語(10C前)九「白き鳥の嘴と脚と赤き、大きさなる、水のうへに遊びつついををくふ」

② 魚「さけ()」の異名

浜荻庄内)(1767)「(さけ)を しゃけ 庄内にていほといふ」

[語誌]同義ウオ(ヲ)は奈良時代から使われたが、イオ(ヲ)のたしかな例は平安時代からになる。ただし、イオウオに取って代わることはなく、散文イオ和歌ウオという使い分け認められる


うお うを 【魚】

〔名〕

魚類総称名。いお。さかな。お。

書紀720継体七年九月歌謡「つぬさはふ 磐余(いはれ)の池の 水下ふ 紆嗚(ウヲ)も 上に出て嘆く」

② とくに(さけ)をいう、むかしの料理方の語。〔聞書秘伝

[補注]→「さかな(魚)」の語誌


【魚】

語素〕 うお(魚)が他の語と熟合したとき変化して生じた語形。「おうお(大魚)」(「おおうお」が変化したもの)、「ひお(氷魚)」(「ひうお」が変化したもの)など。

古事記(712)下・歌謡「意布袁(おふヲ)よし (しび)突く海人(あま)よ」


ぎょ【魚】

〔名〕

① うお。さかな。

② 「ぎょりん魚鱗)②」の略。

甲陽軍鑑(17C初)品四二「敵を引懸る合戦には〈略〉あまりに横ひろからざる処にては魚(ギョ)」


な【魚】

〔名〕 (「な(肴)」と同語源) 食用、特に、副食物とするための魚(さかな)。

書紀720持統三年七月「越の蝦夷八釣魚等に賜ふ。各差有り(魚、此をば儺(ナ)と云ふ)」


さか‐な【肴・魚】

〔名〕 (「さか」は「さけ(酒)」、「な」は、副食物総称

酒を飲むときに添えて食べる物。飲酒のときの魚、肉や果実野菜など。さかなもの酒のさかな

常陸風土記717‐724頃)久慈遠邇(をちこち)の郷里より酒と肴(さかな)とを齎(もちき)て」

徒然草1331頃)二一五「この酒をひとりたうべんがさうざうしければ、申しつるなり。さかなこそなけれ、人は静まりぬらん、さりぬべき物やあると」

酒席に興をそえるような行為や事柄。歌や踊り隠し芸話題など。酒席座興

とはずがたり14C前)一「『御酌を御つとめ〈略〉こゆるぎのいそならぬ御さかなの候へかし』と申されしかば、〈略〉今様をうたはせおはします」

仮名草子元の木阿彌1680)下「数杯の酒の御さかなと、禿(かぶろ)は扇おっとり、立ち出で」

③ (魚) うお。魚類総称

甲陽軍鑑(17C初)品三〇「日数をへて、さかなのさがるに、塩をいたす事もなく」

主食に対して副食物。おかず。

幼学読本(1887)〈西邨貞〉六「飯に続きて必要なる物は肴なる可し

[語誌](1)③は、もともとイヲ・ウヲが用いられていた。江戸時代以降次第サカナがこの意味領域を侵しはじめ明治時代以降、イヲ・ウヲにとって代わるようになった
(2)方言分布から見ると、魚類総称としてのウオ系の語は九州南部主な分布域とし、また西日本各地にも点在している。一方魚類総称としてのサカナ全国広く分布している。従って、江戸東日本)で発生した魚類総称としてのサカナが、次第西日本へと勢力伸ばしウオ系の語を駆逐ていった考えられる


作者川又千秋

収載図書最後の新人類
出版社中央公論社
刊行年月1986.5


魚―古きデンマークより

作者カーレン・ブリクセン

収載図書冬物語
出版社筑摩書房
刊行年月1995.1


作者筒井康隆

収載図書夜のコント冬のコント
出版社新潮社
刊行年月1990.4

収載図書怪奇ホラーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4

収載図書モダン・ホラー
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4
シリーズ名怪奇ホラーワールド 大きな活字読みやすい

収載図書驚愕の曠野自選ホラー傑作集 2
出版社新潮社
刊行年月2002.11
シリーズ名新潮文庫


作者ヴァンサン・イスパ

収載図書笑い錬金術―フランス・ユーモア文学傑作
出版社白水社
刊行年月1990.5
シリーズ名白水Uブックス


作者ラッセル・バンクス

収載図書サクセス・ストーリーズ
出版社早川書房
刊行年月1991.4
シリーズ名Hayakawa Novels


作者フレデリック・バーセルミ

収載図書ムーン・デラックス
出版社中央公論社
刊行年月1991.6


作者D.H.ロレンス

収載図書雨の日釣師のために―釣文学35傑作新装版〕
出版社ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月1991.9



作者レベッカ・ブラウン

収載図書若かった日々
出版社マガジンハウス
刊行年月2004.10


作者一哲

収載図書異常なお話
出版社文芸社
刊行年月2008.10


読み方
うお
うおさき
うおざき
うをざき
ぎょ

魚類

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 01:12 UTC 版)

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で(さかな)[注釈 1]と呼ばれる動物である。


注釈

  1. ^ 「さかな」の語源についてはを参照。

出典

  1. ^ Nociception in fish: stimulus-response properties of receptors on the head of trout Oncorhynchus mykiss”. NCBI. 2021年8月8日閲覧。
  2. ^ a b ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』井上太一訳、緑風出版、2018年4月、78頁。ISBN 9784846118044
  3. ^ 「鏡に映る自分」がわかる魚を初めて確認!~世界の常識を覆す大発見〜 - 大阪市立大学2019年平成31年)2月8日)2020年令和2年)9月23日閲覧。
  4. ^ If a fish can pass the mark test, what are the implications for consciousness and self-awareness testing in animals?PLOS BIOLOGY, Published: February 7, 2019(2020年9月23日閲覧)。
  5. ^ 「鏡の中の自分」がわかる魚を初確認、大阪市大」『ナショナルジオグラフィック日本版』。2020年9月23日閲覧。
  6. ^ “メダカのメスは面食い?「顔」でオス認識し交尾”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2017年7月12日). オリジナルの2017年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170715022845/http://www.yomiuri.co.jp/science/20170712-OYT1T50045.html 2020年9月23日閲覧。 
  7. ^ 魚は痛みを感じるか”. 2020年9月23日閲覧。
  8. ^ そげんことあると?魚同士の会話に方言が使われていることが判明 - 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」”. 釣りの総合情報サイト. 2020年9月23日閲覧。
  9. ^ 「Manta ray brainpower blows other fish out of the water」
  10. ^ Contingency checking and self-directed behaviors in giant manta rays: Do elasmobranchs have self-awareness?”. researchgate. 2021年8月8日閲覧。
  11. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/082900500/?ST=m_news 【ナショナルジオグラフィックJP【動画】マンタも友情を築く、実は海の社交家?】
  12. ^ https://news.biglobe.ne.jp/trend/0909/kpa_190909_9240338928.html 「仲良しグループが集まってわいわいガヤガヤ。まるで人間のようなマンタの生態が明らかに(オーストラリア研究) 『BIGLOBEニュース』」[リンク切れ]
  13. ^ 日本動物学会2018 pp.92 - 93
  14. ^ Diet and Lifestyle Recommendations”. American Heart Association, Inc.. 2010年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月23日閲覧。
  15. ^ 日本の長寿地域の現状 (1976年)、香川 靖雄ほか (1976年昭和51年))『栄養学雑誌』Vol. 34, No. 4.
  16. ^ 近藤正二、第14回 日本医学会総会特別講演、p. 132 (1955年(昭和30年)) 医学出版協会
  17. ^ 近藤正二 (1954年(昭和29年))『臨床と研究』33, p684
  18. ^ 上野・坂本 & 2005年(平成17年), pp. xviii–xxii.
  19. ^ 上野・坂本 & 2005年(平成17年), pp. xxiv–xxxii.



出典:『Wiktionary』 (2020/02/26 10:55 UTC 版)

発音

名詞

  1. さかなさかな。うお。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魚」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魚類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS