干物とは? わかりやすく解説

から‐もの【乾物/干物】

読み方:からもの

ひもの。かんぶつ

「さるべき―ばかりして、御土器(かはらけ)参る」〈源・若菜上


かん‐ぶつ【乾物/干物】

読み方:かんぶつ

野菜海藻魚介類などを、保存できるように乾燥した食品干ししいたけ干瓢(かんぴょう)・昆布・するめ・煮干しなどの類。


ひ‐もの【干物/乾物】

読み方:ひもの

魚介類干した食品

干物の画像
イボダイの干物

ほし‐もの【干(し)物/乾し物】

読み方:ほしもの

日に干して乾かすこと。また、そのもの。特に、洗濯物にいう。


干物

読み方:カラモノ(karamono)

などの干物。

別名 乾物


干物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 04:54 UTC 版)

干物(ひもの)は、などの魚介類の身を干した乾物である[1]。「干物」は「乾製品」(dried product) と同義とされている[2]。日本のみならず世界各国で作られている。


  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『丸善食品総合辞典』丸善 p.254 1998年
  3. ^ アジ干物製造工程における遊離アミノ酸および脂質量の変化(文教大学女子短期大学部研究紀要44集,13-16,2000)
  4. ^ 「【探る】干物のうまさの秘密/塩水漬け ジューシーな身」『読売新聞』朝刊2017年8月31日(くらし面)
  5. ^ 食品の保存を理解しよう!(内閣府食品安全委員会)
  6. ^ a b c d e f 越前宝や「干物文化は縄文時代から!?日本における干物の歴史」
  7. ^ 特集2 新・日本の郷土食(1)(農林水産省)
  8. ^ 世界大百科事典 魚項
  9. ^ a b c d e f g ブライアン・フェイガン en:Brian M. Fagan『海を渡った人類の遥かな歴史 古代海洋民の航海』河出書房新社(2018)
  10. ^ 視点・論点 「世界史におけるタラとニシン」(NHK)
  11. ^ 星名桂治著『乾物の事典』東京堂出版 p.187 2011年
  12. ^ a b c 星名桂治著『乾物の事典』東京堂出版 p.193 2011年
  13. ^ 星名桂治著『乾物の事典』東京堂出版 p.194-195 2011年
  14. ^ a b c d 家森幸男、奥薗壽子 監修『すべてがわかる!「乾物」事典』 世界文化社、2013年。ISBN 9784418133420、pp.111-132.
  15. ^ 星名桂治著『乾物の事典』東京堂出版 p.195 2011年
  16. ^ a b 星名桂治著『乾物の事典』東京堂出版 p.197 2011年
  17. ^ 特集2 新・日本の郷土食(2)農林水産省
  18. ^ 精進料理と日本人 ISBNコード 9784393751220 35p
  19. ^ Canadian Food Inspection Agency Health Hazard Alert”. 2016年12月19日閲覧。
  20. ^ カナダ保健省(Health Canada)、内臓を取り除いていない塩漬けの魚製品はボツリヌス菌による汚染の懸念が大きいとして注意喚起(食品安全委員会)
  21. ^ La ‘Mojama del Sur’, un producto andaluz exquisito y tradicionalスペインの新聞ディアリオ・デ・カディス)
  22. ^ a b マルハ広報室編 『お魚の常識非常識「なるほどふ~ん」雑学』 p.108 講談社プラスアルファ文庫 2000年
  23. ^ 水産物でヒスタミンを増やさないよう 衛生管理を徹底しましょう!”. 農林水産省 (2015年1月). 2018年6月15日閲覧。
  24. ^ a b “成層圏で作る干物は世界一?気になる味は”. 日テレNEWS. (2019年8月8日). https://news.ntv.co.jp/category/society/ead70ef117204622866d41d9edd58e6a 


「干物」の続きの解説一覧

干物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 22:48 UTC 版)

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」の記事における「干物」の解説

シェルシティ売り場にある水産物照明器具最初即死した態で干されているが、スポンジ・ボブパトリックの涙でコンセントプラグ感電し感電した後はのような湯気上昇し無数のシャワー浴びてスポンジ・ボブパトリック生き返り即死した水産物もみんな生き返った。そして敵であるサイクロプスボコボコ叩きのめしたラッパギターヴァイオリン持った演奏係である攻撃をせず、演奏流しているだけだった)。パトリック似た海星登場している。

※この「干物」の解説は、「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」の解説の一部です。
「干物」を含む「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」の記事については、「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「干物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「干物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「干物」の関連用語

干物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



干物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの干物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS