イボダイとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > イボダイの意味・解説 

イボダイ

学名Psenopsis anomala 英名:Butter fish
地方名コタテラフ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目イボダイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D 料理

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
体は左右扁平で、体高は高い。全体白みがかった銀色である。胸びれ上方褐色の丸い大きな1個の班点がある。これがイボオと呼ぶお灸の跡に似ていることからイボダイと名付けられたといわれる。体は粘液で覆われうろこがはがれやすい。このため汚れ見える方が新鮮である。 幼魚表層暮らしクラゲ流れ藻ついている成魚になると沖合いの底層にすみ、夜間表層現れる

分布:宮城秋田県以南東シナ海 大きさ:20cm
漁法:トロール底引き網 食べ方:塩焼き煮付け

疣鯛

読み方:イボダイ(ibodai)

イボダイ科扁平

季節

分類 動物


イボダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/10 04:32 UTC 版)

イボダイ(疣鯛、学名 Psenopsis anomala )は、スズキ目イボダイ科に分類される魚の一種。東アジアの温暖な沿岸海域に分布する魚で、地域によっては重要な食用魚である。




「イボダイ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イボダイ」の関連用語

イボダイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イボダイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイボダイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS