広島県とは? わかりやすく解説

ひろしま‐けん【広島県】

読み方:ひろしまけん

広島[一]


広島県

読み方:ヒロシマケン(hiroshimaken)

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

広島県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/09 10:04 UTC 版)

広島県(ひろしまけん)は、日本中国地方に位置する県庁所在地広島市


注釈

  1. ^ 愛媛県とは瀬戸内海瓢箪島内に陸上の県境を有する[1]
  2. ^ 香川県とは海上で隣接。
  3. ^ なおスポーツ関係に用途が限定されるが、1994年に県スポーツ賛歌(体育歌)として「虹の輝き」が制作されている。
  4. ^ 快速船は愛媛県今治市への寄港がある。
  5. ^ 住居跡5棟が確認されている。それは径4m未満で柱10本程度の簡単な住居である。炉跡や熱を受けた礫群が残っていることから、火を使う調理を行っていたことが分かる。
  6. ^ 豊前中津藩の飛地。
  7. ^ ただし、広島電鉄宮島線は鉄道事業法が適用される鉄道路線である。
  8. ^ ただし、秋田新幹線(「こまち」)は盛岡駅から秋田駅までの間は在来線(田沢湖線奥羽本線)を走行するため、営業上は在来線特急の扱いとなっている。
  9. ^ ただし、JR車両による特急「日光」「きぬがわ」は存在する(JR新宿駅から乗り入れるものの栃木県内は東武鉄道の線路のみを走行)。
  10. ^ このうち、可部 - あき亀山(旧河戸駅の300m先)間が電化された上で2017年3月4日に復活。

出典

  1. ^ 広島県の文化財 - 瓢箪島”. 広島県教育委員会. 2022年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月28日閲覧。
  2. ^ 幻の歌を追え!”. 【あなたの声 聞かせてください】. NHK広島放送局 (2013年2月1日). 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月閲覧。
  3. ^ a b c d e f 広島県の特徴をマンガ・地図で楽しく学ぶ!歴史や産業がわかる観光スポットも”. るるぶKids. JTBパブリッシング (2021年1月8日). 2023年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。
  4. ^ a b Hiroshima: Okonomiyaki” (英語). Web Japan. 外務省. 2022–08–04時点のオリジナルよりアーカイブ。2024–04–26閲覧。サミット開催地 About Hiroshima 広島~戦禍から復興を遂げ、発展し続ける国際平和文化都市~”. Web Japan. 外務省. 2023–01–06時点のオリジナルよりアーカイブ。2024–04–26閲覧。
  5. ^ 2つの世界遺産”. 広島県観光連盟. 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ a b 日本の歴史と文化に触れる広島観光スポット9選クラブツーリズム、2019年8月26日。2023年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧
  7. ^ 竹内宏 1986, pp. 188–192.
  8. ^ Google Arts & Culture EXPLORE HIROSHIMA令和4年(2022年)広島市入込観光客数について広島市役所、2023年7月1日。2024年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧お好み焼き店に「常連客が入れない!」 外国人観光客急増で苦渋の決断 ついに県民限定の入店規制 広島」『FNNプライムオンラインフジテレビジョン、2024年4月23日。2024年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧
  9. ^ a b c d e f g h i 広島観光するなら絶対外せないスポットはここだ!定番から穴場までを一挙ご紹介!近畿日本ツーリスト。2024年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 竹内宏 1986, pp. 169–177.
  11. ^ 中東靖恵「海を渡った広島方言 : 海外日系移民社会における方言の継承と変容」『岡山大学文学部紀要』第72号、岡山大学文学部、2019年12月20日、13-28頁、doi:10.18926/okadai-bun-kiyou/58252 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 広島県環境県民局文化芸術課.
  13. ^ a b c 広島県の地形・地盤ジオテック 2020年8月23日閲覧
  14. ^ 2005年農林業センサス 第7巻 農山村地域調査及び農村集落調査報告書 地域資源の保全 - 農地(農地、棚田、谷地田) (Microsoft Excelの.xls) 農林水産省. 2017年1月5日閲覧.
  15. ^ 全国都道府県市区町村別面積調 国土地理院 2013年11月28日閲覧
  16. ^ a b c 中国四国整備局 地勢・地質・気候(広島県)”. 森林整備センター (2021年1月8日). 2023年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。
  17. ^ 観測所気象年報(77年)、広島県気象月報(77年2月)
  18. ^ 広域行政圏施策の見直しに係る通知 (PDF) 総務省. 2017年1月5日閲覧.
  19. ^ 中野正雄、吉備鶴雄、佐々木幸人、伊香厚雄「瀬戸内臨海工業の発展が農業経営におよぼす影響に関する研究(第2報) 広島県備後臨海工業地帯を中心として」『中国農業試験場報告 C 農業経営部』第10巻、1963年12月、109頁、CRID 1050282813694900864ISSN 03856550 
  20. ^ 「住民九割の署名集め福山合併を陳情」『朝日新聞岡山版』、1963年9月4日。
  21. ^ a b 『角川 日本地名大辞典 38愛媛県』角川書店、1981年10月8日。  p.860
  22. ^ 国土交通省・砂防情報室 「都道府県別土砂災害危険箇所」
  23. ^ “土砂災害の恐れ最多3県は中国地方 広島・島根・山口”. 朝日新聞. (2012年11月3日). オリジナルの2012年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121104094923/http://www.asahi.com/special/bousai/OSK201211030010.html 
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 広島市役所 2022.
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 広島県庁.
  26. ^ a b c d 地名拾遺 第24回 広島 【ひろしま】17 中洲に築かれた城下町 広島県広島市”. ジャパンナレッジ. ネットアドバンス (2009年1月9日). 2023年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h 広島城の歴史築城前の広島/広島城築城”. 広島城の歴史. 広島城. 2023年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。
  28. ^ a b 深井元惠 (2023年11月4日). “趣味・教養 「関ヶ原の戦い」西軍総大将・毛利輝元が辿った生涯|家名存続を一身に背負った名門の将【日本史人物伝】”. サライ. 小学館. 2024年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。
  29. ^ 特集3「鞆幕府に迫る」 鞆は将軍が11年も政権を構えた場所だった”. 広報ふくやま2020年10月号. 福山市役所 (2020年10月1日). 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  30. ^ 第28回 国会議事堂ができるまで 第1章 仮議事堂の変遷”. 本の万華鏡. 国立国会図書館. 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。6-1-1-2 日清戦争と広島”. 常設展示 6 広島の歩み. 広島平和記念資料館. 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  31. ^ a b c d e 1F A.呉の歴史”. 館内案内. 呉市海事歴史科学館. 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  32. ^ a b c d 富国強兵とひろしま~軍港呉~”. 広島県公式ホームページ. 広島県庁. 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  33. ^ 広島県 「県のプロフィール・歴史」
  34. ^ “G7外相会合:「広島宣言」まとめ 共同声明発表し閉幕”. 毎日新聞. (2016年4月11日). オリジナルの2016年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160414104642/https://mainichi.jp/articles/20160411/k00/00e/030/148000c 
  35. ^ “JAXA、「だいち2号」で豪雨被害の観測を実施”. 航空新聞. (2018年7月12日). オリジナルの2024年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240328010650/https://www.jwing.net/news/3119 
  36. ^ “広島)土砂量の推計、短時間で簡単に 広島大准教授開発”. 朝日新聞. (2020年1月4日). オリジナルの2020年1月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200104195926/https://www.asahi.com/amp/articles/ASMDR5X29MDRPITB01B.html 
  37. ^ どうして瀬戸内地方に造船所が集中しているのだろうか?”. 国土交通省. 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 竹内宏 1986, pp. 177–187.
  39. ^ a b 西本恵 (2018年8月16日). “「カープの考古学」第5回 広島プロ野球誕生物語その五 戦火に耐えた”夢の球場””. 二宮清純責任編集 SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  40. ^ a b 造船業をはじめ海事機能が集積する尾道市”. 海事都市尾道 海とともに発展する尾道市. 海事都市尾道推進協議会/尾道市 (2010年3月). 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。
  41. ^ a b c d e 高度経済成長』 - コトバンク 高度成長の時代へ-高度成長政策の展開”. 国立公文書館. 2024年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。第4代 池田 勇人 歴代総裁 党のあゆみ 自民党について”. 自由民主党 (日本). 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。『郷土広島の歴史II』 7 高度経済成長とひろしま 〜池田勇人〜”. 広島県庁. 2016年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。所得倍増計画で高度成長」『NHKアーカイブス日本放送協会。2024年4月20日閲覧藤井聡:日本復興への青写真 | 京都大学 都市社会工学専攻
  42. ^ 池上 彰のやさしい経済学2 ニュースがわかる (31)東京大学工学部都市工学科創立50周年記念式典 伊藤滋先生インタビュー
  43. ^ 伝統的工芸品”. 広島県. 2022年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月28日閲覧。
  44. ^ 福山の誇る伝統産業(松永下駄)”. 福山商工会議所. 2023年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月28日閲覧。
  45. ^ a b c 新本恭子 (2012年7月23日). “復興の風 1951年 東千田町 スポーツ王国復権の礎”. 中国新聞 (ヒロシマ平和メディアセンター). オリジナルの2022年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220204111735/https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=22020 2024年4月20日閲覧。 特集 スポーツ県・広島”. 広島県庁. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。広島ゆかりの人物情報”. 広島を知る. 広島市立図書館. 2023年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月26日閲覧。これぞスポーツ王国広島のゲートウェイ!JR広島駅前でカープ山本浩二さん、織田幹雄さんらレジェンドやスポーツ少年団のみんなが待っている…広島ステーションスタジアム誕生!”. ひろスポ!広島スポーツニュースメディア (2022年1月31日). 2024年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。“「スポーツ王国」広島、観戦率は全国1位だが…【わがまちランキング】”. 中国新聞デジタル (中国新聞社). (2022年2月15日). オリジナルの2022年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220509222529/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/132497 2024年4月20日閲覧。 “高校野球100回目の夏 広島中、アカシアに笑う”. 中国新聞アルファ (中国新聞社). (2018年4月18日). オリジナルの2018年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180417173337/https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=425781&comment_sub_id=0&category_id=256 2024年4月20日閲覧。 バーチャル高校野球 ひろしまの50回大会史 広島の早慶戦こと広商―広陵 町を真っ二つ”. 朝日新聞社 (2017年8月28日). 2017年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。玉木研二「オバマ大統領に伝えたい 広島、71年の営み」『毎日新聞毎日新聞社、2016年5月27日。2016年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧【プロ野球人国記 広島】 レジェンドを続々輩出した全国屈指の野球県”. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社 (2017年8月22日). 2017年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。“連載「内田雅也の猛虎人国記(1)~広島県(上)~」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2012年3月12日). オリジナルの2023年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230815034435/https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918770.html 2024年4月26日閲覧。  広島サッカーの歴史”. サンフレッチェ広島. 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。大住良之 (2022年3月9日). “大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第84回「戦争とサッカー」(2)「サッカー御三家」広島をレベルアップさせたドイツ兵”. サッカー批評Web. 双葉社. 2022年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。さあ行け サンフレ サッカー専門家に聞く『私の再生計画』」『中国新聞中国新聞社、2003年4月8日。2024年4月20日閲覧。オリジナルの2003年6月21日時点におけるアーカイブ。野村尊敬インタビュー」『リーダーシップ論』日本サッカー名蹴会。2018年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧広島ドラゴンフライズ浦伸嘉さん|「街にスポーツの文化をつくりたい」。プロバスケクラブ代表が描くアリーナへの夢”. 広島CLiP新聞 (2020–12–24). 2021年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月20日閲覧。 真珠湾攻撃から80年、その時広島では旧広島市民球場跡地で「対米英宣戦必勝広島国民大会」も暗転、大和撃沈、原爆投下、カープ誕生…そして2022年1月平和の軸線で新サッカースタジアム着工…”. ひろスポ!広島スポーツニュースメディア (2021年12月8日). 2024年4月20日閲覧。
  46. ^ 広島県名誉県民 - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h i j k l 広島県名誉県民受賞者 - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  48. ^ 県民栄誉賞受賞者 - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  49. ^ 山本 浩二(やまもと・こうじ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  50. ^ 衣笠 祥雄(きぬがさ・さちお) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  51. ^ 岡本 綾子(おかもと・あやこ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  52. ^ 北別府 学(きたべっぷ・まなぶ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  53. ^ 森下 洋子(もりした・ようこ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  54. ^ 野村 謙二郎(のむら・けんじろう) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  55. ^ 前田 智徳(まえだ・とものり) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  56. ^ 黒田 博樹(くろだ・ひろき) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  57. ^ 新井 貴浩(あらい・たかひろ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。
  58. ^ 金藤 理絵(かねとう・りえ) - 顕彰 - 広島県、2019年7月28日閲覧。



広島県

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:26 UTC 版)

固有名詞

広島ひろしまけん

  1. 中国地方中部にあり、陸上では岡山県鳥取県島根県山口県と、海上では愛媛県香川県隣接する地方自治体県庁所在地政令指定都市広島市

「広島県」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広島県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

広島県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
広島県の温泉情報



広島県のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広島県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの広島県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS