県とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > > の意味・解説 

けん【県】

都・道・府とともに市町村包括する広域地方公共団体議決機関として議会執行機関として知事教育委員会公安委員会などを置き、条例制定地方税賦課徴収などの権能をもつ。現在、43県。→都道府県

明治初年、藩に対して朝廷直轄地の称。

中国地方行政区画の一。周代に郡と並んで設置されたが、秦代郡県制実施により郡の下に置かれ、以後州・府・道・省などに属した。現在は省の下に位置する。


あがた【県】

大化の改新以前諸国にあった大和政権地方組織また、県主(あがたぬし)が統治した地域とも。

平安時代国司任国また、その国司

地方。いなか。

田面(たづら)なるわら屋の軒の簾(こもすだれ)これや—のしるしなるらん」〈夫木・三〇〉


けん【県〔縣〕】

[音]ケン(漢) [訓]あがた

学習漢字3年

都・道・府と並ぶ地方公共団体。「県警県庁県民県立近県府県廃藩置県

中国で、もと郡の下に置いた行政区の単位。「知県郡県制

名のり]さと・とう・むら

難読県主(あがたぬし)・県召(あがためし)


あがた【県】

〔名〕

大化前代地方行政単位国造(くにのみやつこ)の国制先行して畿内西日本大和政権料地施行された。後には国の下級組織となる。その首長県主(あがたぬし)または稲置(いなぎ)と称された。倭の六御県が有名で、薪炭、酒、氷、蔬菜の貢上がおこなわれた。

書紀720崇神七年八月北野本訓)「即(すなは)ち茅渟(ちぬ)の県(アカタ)の陶(みか)の邑(さと)にして大田田根子(をほたたねこ)を得て貢(たてまつ)る」

地方田舎。国。

万葉(8C後)七・一二八七「青みづら依網(よさみ)の原に人も逢はぬかも石ばしる淡海(あふみ)県(あがた)の物語せむ」

国司任国赴任先の国。また国司その人

伊勢物語(10C前)四四「あがたへゆく人に、むまのはなむけせむとて」

百寮訓要抄(1368‐88頃)「諸国の司をば、外官(げくゎん)とも、あがたとも申也」

[語誌](1)「県」は中国では州(郡)の下の下地方行政単位であるが、日本ではアガタ・コホリの両訓があり、文献中の県がそれぞれの箇処でどう訓まれていたかを確定することは難しい。
(2)アガタ県主(アガタヌシ)を管掌者とし、古い時期から置かれてい大和政権直轄領とするのが通説で、五・六世紀国造制成立して以降は国県制として下級地方行政単位となるとする説(こういう県は稲置(イナギ)を管掌者とし、コホリと訓まれ、後の評・郡に発展するとする説もある)と、アガタ一部遺制として残存しただけとする説とがある。


けん【県】

〔名〕

中国行政区画一つ秦の始皇帝確立した郡県制のもとでは郡に所属したが、その後時代によって州・府・道・省などに所属した。現在は省または市に所属

浜松中納言(11C中)一「いにしへ、かうやうけんに住みけるはくかんこそは」〔広韻

慶応四年(一八六八政体書定められた地方行政機関。府と並び藩に対す新政府の直轄地に置かれ、地方官として知県事、判県事が置かれた。

市町村包括する普通地方公共団体明治四年(一八七一)、藩を廃して県とした。議事機関として議会執行機関として知事教育委員会公安委員会などをおき、条令規則制定地方税課税その他の行政権有する

廃藩置県の詔‐明治四年(1871)七月四日「仍(よっ)て今更に藩を廃し県と為す


県 (あがた)

古墳時代に、畿内[きない]の朝廷ちょうてい]は国造くにのみやつこ]に地方支配させていましたが、それとは別に朝廷直接支配していた土地のことです。県の責任者県主あがたぬし]です。朝廷食料物資納めていました。


読み方:アガタagata

神または天皇献上された田。


読み方:アガタagata

所在 長野県松本市


読み方:アガタagata

所在 長野県東御市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あがた
けん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 03:51 UTC 版)

(けん)とは、地方のための行政機関の一種。正字(旧字体)は「」で、もと釣り下がる意を表した。元は中国の地方行政の名称で官庁を指したが、県の長の管轄する範囲も表すようになった。


  1. ^ 中央集権化が限定的な場合は連邦制と呼ばれ独立していないが「国家」の地位を保つことがある。
  2. ^ 英仏伊の地域・西の自治共同体。
  3. ^ 伊仏西の県。
  4. ^ Wiktionary英語版: prefecture.
  5. ^ 「Regierung」は「政府、統治」を意味する。「Bezirk」は区画を意味する。
  6. ^ 中国で「盟」と当てられたので、それを常とする。


「県」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/09/08 11:13 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ケン地方公共団体のひとつ。国の下位にあり、市町村の上位に位置する。同等権能有する
  2. ケン地理用語。各国地方公共団体呼称する場合用い都市村落上の単位であり、国家組織未満権能有する組織体用いる。prefectureの訳。
  3. (あがた)古代日本の行政区など。
  4. キョウ まれ)さかづりにする。

翻訳

熟語

手書きの字形について

第7画の縦線ははねて書いてもよい。[1]


出典:『Wiktionary』 (2018/09/08 11:10 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



県と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「県」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「県」の関連用語

県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS