周代とは? わかりやすく解説

(周代 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/24 09:17 UTC 版)

(しゅう、拼音: Zhōu紀元前1046年頃 - 紀元前256年)は、古代中国王朝国姓。当初は殷(商)従属国だったが、紀元前1046年に革命戦争牧野の戦い)で殷を倒し周王朝を開いた。紀元前771年洛邑遷都までを西周、遷都からに滅ぼされるまでを東周春秋戦国時代)と区分される。


  1. ^ 長安北西の灃水両岸にあった双子都市。
  2. ^ a b 王が不在
  3. ^ 佐藤信弥 2016.
  4. ^ ウィキソースには、『史記』周本紀の原文があります。
  5. ^ ヴォルフラム・エバーハルト英語版(1909-89)による。W・エバーハルト、白鳥芳郎監訳『古代中国の地方文化-華南・華東』六興出版、1987年。また佐々木高明『日本文化の多重構造−アジア的視野から日本文化を再考する』小学館、1997年、p.58
  6. ^ 紀元前586年寿夢が国号を句呉からに改めた。
  7. ^ a b 岡田英弘 『だれが中国をつくったか』〈PHP新書PHP研究所、2005年9月16日、29頁。ISBN 978-4569646190 
  8. ^
    孟子曰:「舜生於諸馮,遷於負夏,卒於鳴條,東夷之人也。文王生於岐周,卒於畢郢,西夷之人也。地之相去也,千有餘里;世之相後也,千有餘歲。得志行乎中國,若合符節。先聖後聖,其揆一也。」 — 孟子、離婁下
  9. ^ 王徳威 (2020年3月16日). “基調講演記録 華夷の変 ―華語語系研究の新しいビジョン―”. 愛知大学国際問題研究所紀要 = JOURNAL OF INTERNATIONAL AFFAIRS (155) (愛知大学国際問題研究所): p. 10-11. http://id.nii.ac.jp/1082/00010030/ 
  10. ^ 韓東育 (2018年9月). “清朝の「非漢民族世界」における「大中華」の表現 : 『大義覚迷録』から『清帝遜位詔書』まで”. 北東アジア研究 = Shimane journal of North East Asian research (別冊4) (島根県立大学北東アジア地域研究センター): p. 17. http://id.nii.ac.jp/1377/00001920/ 
  11. ^ 杉山清彦. “第8回 「中華」の世界観と「正統」の歴史” (PDF). 「正統」の歴史と「王統」の歴史 (東京大学教養学部): p. 6. オリジナルの2016年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160910050756/https://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/11348/8/notes/ja/08sugiyama20121203final.pdf 
  12. ^ a b c d e f 佐藤信弥 「周―理想化された古代王朝」(中央公論新社、2016年)
  13. ^ 国を東西南北に分けた時に西を管轄する権限を持つ諸侯。王の判断を待たずに独断で武力を用いてその地方を治めることを許される。
  14. ^ 佐藤信弥 2016, p. 72-79.
  15. ^ 佐藤信弥 2016, p. 82-107.
  16. ^ 佐藤信弥 2016, p. 108.
  17. ^ 佐藤信弥 2016, p. 166-169.
  18. ^ 佐藤信弥 2016, p. 146.
  19. ^ 佐藤信弥 2016, p. 172-175.
  20. ^ 佐藤信弥 2016, p. 178-179.
  21. ^ 佐藤信弥 2016, p. 182-202.
  22. ^ 佐藤信弥 2016, p. 205-206.
  23. ^ 佐藤信弥 2016, p. 206-208.
  24. ^ 佐藤信弥 2016, p. 208-209.
  25. ^ 佐藤信弥 2016, p. 209-210.
  26. ^ 佐藤信弥 2016, p. 210-211.
  27. ^ 佐藤信弥 2016, p. 212.
  28. ^ 佐藤信弥 2016, p. 212-213.
  29. ^ 洛邑遷都(東遷)
  30. ^ Zhao, Y. B., Zhang, Y., Li, H. J., Cui, Y. Q., Zhu, H. & Zhou, H. Ancient DNA evidence reveals that the Y chromosome haplogroup Q1a1 admixed into the Han Chinese 3 000 years ago. Am. J. Hum. Biol. 26, 813–821 (2014).
  31. ^ 陳舜臣 『中国の歴史 (三)』 講談社文庫 11刷1997年(1刷1990年) ISBN 4-06-184784-8 p.344.


「周」の続きの解説一覧

周代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 14:19 UTC 版)

品秩」の記事における「周代」の解説

周では官爵九等分け、「九命」と称した任官の儀制は「九儀」または「九儀之命」と別称される。田地領する者には俸禄与えられ高官俸禄下級官僚の約20倍から30倍、諸侯俸禄高官の約10となった

※この「周代」の解説は、「品秩」の解説の一部です。
「周代」を含む「品秩」の記事については、「品秩」の概要を参照ください。


周代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:59 UTC 版)

「秦」の記事における「周代」の解説

紀元前905年に、周の孝王仕えていた非子が馬の生産行い功績挙げたので嬴の姓を賜り大夫となり、秦の地に領地貰ったのが秦邑(現在の甘粛省張家川回族自治県であったという。 伝説上では嬴姓は舜の臣の伯益賜ったとされているそれ以前の嬴氏は居住していたとされる周朝属国として、その後秦人と西戎長くて残酷な戦いをした。紀元前822年荘公の代で、西戎破った功により領土広がり、西垂(現在の陝西省眉県)の大夫になった

※この「周代」の解説は、「秦」の解説の一部です。
「周代」を含む「秦」の記事については、「秦」の概要を参照ください。


周代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 04:53 UTC 版)

中国の女性史」の記事における「周代」の解説

周代から、中国社会明らかな家父長制となり、男女社会的役割厳格に封建的な階層によって定められるようになったとされる。このジェンダー関係は「男耕女織」という言い回しによく表れており、理論的にはこうした区別道徳規範社会的秩序保証するものであった。『易経』には「家族において、女性相応しい場所は『内』で、男性相応しい場所は『外』である」という表現がある。文献によれば女性徐々にこのジェンダー区分中に押し込まれ女性やむを得ない仕事外に出るとき以外は家にいることが期待されていた。 文献資料中には、周代の知識人層(そのほとんどが男性)による女性認識を示すものがある。それらによれば子供には男児好まれており、9歳までは男女ともに同様の教育を受けるが、10歳以降の女児は「三従四徳」の学習を行う。「三従」とは、女性はまず父に、そして結婚後は夫に、夫の死後息子仕えということで、「四徳」とは女性としての徳・言葉容貌仕事のことである。結婚後は女性彼の夫の両親とともに生活し自分の両親と同じように夫の両親に「孝」を尽くすことが求められたまた、結婚際には、男性側家族女性側の家族へ婚資花嫁代償)として金銭的な代償支払われるという習慣があり、これは周代の礼の規定にまでさかのぼることができる。 ただし、周代の礼制細かな規定の全てにおいて女性従属的な立場であったわけではない。たとえば、山西省の晋侯の共同墓地のうち19の墓では、晋侯とその妻の墓所結合している。その副葬品豪華であったことから紀元前10世紀の頃は妻の地位夫の地位に近いものであり、周代の礼制度はまだ厳格に施行されていなかったと分かる。そして紀元前9世紀初頭になると、妻の墓に副葬され青銅器の数は著しく減少し、妻の地位が夫に対して従属的な地位になったことが示されている。ただ、紀元前8世紀の晋侯の墓所彼の二人の妻の墓よりも小さく、これは周王朝権力徐々に衰えてきたということと、儀式適用方法には実際には様々な形があったことを示すこの時代女性には、男性政治戦略助言を与える者、男性厳し法律処罰から守る者、男性貴族正確な射撃の方法を教える者、男性支配者許されざる行い諭す者、詩歌創作する者などもいた。また、周の武王自分の妻の邑姜彼の九人大臣のうちの一人に任命した

※この「周代」の解説は、「中国の女性史」の解説の一部です。
「周代」を含む「中国の女性史」の記事については、「中国の女性史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「周代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「周代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「周代」の関連用語

周代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



周代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの周 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの品秩 (改訂履歴)、秦 (改訂履歴)、中国の女性史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS