周代とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 周代の意味・解説 

(周代 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 07:49 UTC 版)

(しゅう、拼音: Zhōu紀元前1046年頃 - 紀元前256年)は、中国古代の王朝を倒して王朝を開いた。紀元前771年の洛邑遷都を境に、それ以前を西周、以後を東周と、2つの時期に区分される。国姓(き)。周代において中国文明が成立したとみられる[2]


  1. ^ 長安北西の灃水両岸にあった双子都市。
  2. ^ ヴァルフラム・エバーハルト(1909-89)による。W・エバーハルト、白鳥芳郎監訳『古代中国の地方文化-華南・華東』六興出版、1987年。また佐々木高明『日本文化の多重構造−アジア的視野から日本文化を再考する』小学館、1997年、p.58
  3. ^ めでたい兆し。聖人が生まれる際にはそのようなことが起きるとされていた。
  4. ^ 紀元前586年寿夢が国号を句呉からに改めた。
  5. ^ 国を東西南北に分けた時に西を管轄する権限を持つ諸侯。王の判断を待たずに独断で武力を用いてその地方を治めることを許される。
  6. ^ 佐藤信弥 2016, p. 72-79.
  7. ^ 佐藤信弥 2016, p. 82-107.
  8. ^ 佐藤信弥 2016, p. 108.
  9. ^ 佐藤信弥 2016, p. 166-169.
  10. ^ 佐藤信弥 2016, p. 146.
  11. ^ 佐藤信弥 2016, p. 172-175.
  12. ^ 佐藤信弥 2016, p. 178-179.
  13. ^ 佐藤信弥 2016, p. 182-202.
  14. ^ 佐藤信弥 2016, p. 205-206.
  15. ^ 佐藤信弥 2016, p. 206-208.
  16. ^ 佐藤信弥 2016, p. 208-209.
  17. ^ 佐藤信弥 2016, p. 209-210.
  18. ^ 佐藤信弥 2016, p. 210-211.
  19. ^ 佐藤信弥 2016, p. 212.
  20. ^ 佐藤信弥 2016, p. 212-213.
  21. ^ 陳舜臣 『中国の歴史 (三)』 講談社文庫 11刷1997年(1刷1990年) ISBN 4-06-184784-8 p.344.


「周」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「周代」の関連用語

周代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



周代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの周 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS