侯爵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 侯爵の意味・解説 

こう‐しゃく【侯爵】

読み方:こうしゃく

もと五等爵第二位伯爵の上公爵の下。→爵


侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/01 05:11 UTC 版)

侯爵(こうしゃく)は、近代日本中国で用いられた爵位(五爵)の第2位。公爵の下位、伯爵の上位に相当する。[1]ヨーロッパ諸国の貴族の称号の日本語訳・中国語訳にも使われる。英語でmarquessまたはmarquisと呼ばれるヨーロッパ各国の爵位や、ドイツの爵位のFürstの訳語に充てられる。公爵と発音が同じことから、俗に字体が似ている「候」から「そうろう-こうしゃく」と呼ばれ、区別される。


  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)942頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)849頁参照。
  2. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 2-3.
  3. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 3.
  4. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 5.
  5. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 4.
  6. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 6.
  7. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 86-87.
  8. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 95.
  9. ^ 袴田郁一 2014, p. 93.
  10. ^ 今堀誠二, p. 422-423.
  11. ^ 袴田郁一 2014, p. 103.
  12. ^ a b 袴田郁一 2014, p. 100.
  13. ^ 袴田郁一 2014, p. 88-89、118.
  14. ^ 袴田郁一 2014, p. 88-89、107.
  15. ^ 張華は後に公に陞爵
  16. ^ 袴田郁一 2014, p. 89.
  17. ^ 袴田郁一 2014, p. 118.
  18. ^ 小田部雄次 2006, p. 13.
  19. ^ 小田部雄次 2006, p. 21.
  20. ^ 浅見雅男 1994, p. 71-76.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 26.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 30.
  23. ^ a b 百瀬孝, 1990 & p242.
  24. ^ 小田部雄次 2006, p. 56.
  25. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  26. ^ a b 内藤一成 2008, p. 15.
  27. ^ a b 百瀬孝, 1990 & p37-38.
  28. ^ a b c d 小田部雄次 2006, p. 45.
  29. ^ 百瀬孝, 1990 & p38.
  30. ^ 内藤一成 2008, p. 15/26/34.
  31. ^ 内藤一成 2008, p. 42.
  32. ^ 原口大輔 2018, p. 206.
  33. ^ 原口大輔 2018, p. 206-207.
  34. ^ 浅見雅男 1994, p. 76-80.
  35. ^ 浅見雅男 1994, p. 171.
  36. ^ 浅見雅男 1994, p. 199.
  37. ^ 浅見雅男 1994, p. 87-88/111.
  38. ^ 浅見雅男 1994, p. 87-88.
  39. ^ 浅見雅男 1994, p. 109.
  40. ^ 浅見雅男 1994, p. 74-77.
  41. ^ a b 百瀬孝 1990, p. 244.
  42. ^ 小田部雄次 2006, p. 162.
  43. ^ 小田部雄次 2006, p. 163/166.
  44. ^ 小田部雄次 2006, p. 162-167.
  45. ^ 小田部雄次 2006, p. 167.
  46. ^ 小田部雄次 2006, p. 172.
  47. ^ 小林(1991) pp.16-17
  48. ^ 森(1987) pp.5-6
  49. ^ 森(1987) p.15
  50. ^ 前田英昭 1976, p. 46-58.
  51. ^ 田中嘉彦 2009, p. 279/290.
  52. ^ a b c d e f g h i Noble Titles in Spain and Spanish Grandees
  53. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 315.
  54. ^ a b 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 370.
  55. ^ https://www.boe.es/datos/pdfs/BOE//1931/153/A01122-01123.pdf
  56. ^ https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1948-3512
  57. ^ Guía de Títulos”. www.diputaciondelagrandeza.es. 2021年3月24日閲覧。



侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:46 UTC 版)

オーバーロード (小説)」の記事における「侯爵」の解説

南部の大貴族である侯爵。80歳聖王家への忠勤評価され紫色与えられた南部貴族軍勢率いカリンシャに合流した際にその姿無かった。ボディポは当人体調悪く北部支援軍への参加見送ったとカスポンドに報告したが、ボディポやカスポンドのその後描写から、死亡している可能性もある。

※この「侯爵」の解説は、「オーバーロード (小説)」の解説の一部です。
「侯爵」を含む「オーバーロード (小説)」の記事については、「オーバーロード (小説)」の概要を参照ください。


侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 05:38 UTC 版)

星界の紋章」の記事における「侯爵」の解説

領地内に領民が住む地上世界を持つ。通常領地内の領民数が1億を超えなおかつある程度以上の領地経営の手腕が認められていることが必要。

※この「侯爵」の解説は、「星界の紋章」の解説の一部です。
「侯爵」を含む「星界の紋章」の記事については、「星界の紋章」の概要を参照ください。


侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 04:00 UTC 版)

朝鮮貴族」の記事における「侯爵」の解説

李載完 興宣大院君の甥。 李達鎔朝鮮語版李載完相続人1922年襲爵李載覚 荘献世子玄孫李徳鎔朝鮮語版李載覚相続人1935年襲爵李海昌 昌山君。 李徳柱朝鮮語版李海昌相続人1945年襲爵李海昇朝鮮語版全渓大院君玄孫尹沢栄 海豊府院君純宗の舅。 尹毅燮朝鮮語版尹沢栄相続人1935年襲爵朴泳孝 哲宗の壻。宮内府大臣併合後、1926年大正15年)に中枢院議長1932年昭和7年)に貴族院議員となる。 朴賛汎朝鮮語版朴泳孝相続人1939年襲爵李完用 李允用男爵朝鮮貴族)の弟。1907年明治40年)に大韓帝国内閣総理大臣に就任する同年第三次日韓協約調印する1909年明治42年12月李在明テロ遭うが、命拾いする1910年明治43年8月13日寺内正毅から韓国併合決定伝えられた場で、韓国の名称を旧称ある朝鮮に改めるように要望し承認される8月22日韓国併合ニ関スル条約調印する1920年伯爵より陞爵して侯爵となった李丙吉 李完用相続人1926年大正15年3月15日襲爵

※この「侯爵」の解説は、「朝鮮貴族」の解説の一部です。
「侯爵」を含む「朝鮮貴族」の記事については、「朝鮮貴族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「侯爵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「侯爵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



侯爵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「侯爵」の関連用語

侯爵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



侯爵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの侯爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーバーロード (小説) (改訂履歴)、星界の紋章 (改訂履歴)、朝鮮貴族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの侯爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS