浅野長勲とは?

浅野長勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/18 01:14 UTC 版)

浅野 長勲(あさの ながこと)は、日本江戸時代末から昭和初期の大名政治家外交官実業家社会事業家




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館2007年、14頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ 執政は実務権限をもった実質の家老職。本来の家老は世襲の名誉職にすぎない。
  3. ^ a b 橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第五九巻
  4. ^ 掘小一郎~農医(小林)柔吉の55人の実名が列記、高間省三は14人目 (橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第五九巻より)
  5. ^ 武田正視「木原適處と神機隊の人びと」
  6. ^ 後藤象二郎は藩主へ申請として帰藩せりしかるに帰京の期日を過ぎてすでに八月にいたりし。建白もむなしく遅延する。時勢は日を遂て変遷し、建白の時機を逸れる情況になり (橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第七十八巻より)
  7. ^ 9月10日、小松帯刀と辻将曹が面議して、(幕府が)長藩をして往の召命に應し速やかに使者を上阪せしむるに託し、貴藩(薩摩)と弊藩(広島)との兵をもってこれを護送すると称し(カムフラージュし)、長藩の兵をも合わせて一挙して政権を奉還せしむるの擧(奇策)にでる他になし(中略)、貴藩(薩摩)に異議がなければ、長藩と協議のために、両藩から使者を派遣することとする如何かな。辻将曹はこれを(自ら判断で)許諾し、小松帯刀は翌日に下阪しこの義挙を隅州(島津久光)につげる。薩摩は大久保一蔵、広島は植田乙次郎を長州に差しむける。 (橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第七十九巻より)
  8. ^ 大久保一蔵は9月16日、植田乙次郎は9月17日に山口に至る。毛利大膳父子に謁し、木戸準一郎、広澤兵助らと会見する。木戸から「すでに一蔵から9月25日に鹿児島から軍艦2隻で三田尻に来る。芸長(広島・長州)はこの知らせを得て、御手洗に会合し、出発、上京する」と聞いて、藝薩長三藩同盟の出兵の条約が定まった。 (橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第七十九巻より)
  9. ^ 『船越衛回顧談』・『中岡慎太郎日記』
  10. ^ 長藩の一半はわが藩兵(広島)を装う、軍旗、徽章など皆わが藩と同じ。淡路沖に停泊する。27日、兵庫沖にて、川合三十郎(神機隊)が長州人を同地に上陸させる。このとき幕兵が通過したので、長兵は打出浜より上陸し、後日、西宮に転営させる。 (橋本素助・川合鱗三編「芸藩志」第八十二巻より)
  11. ^ 学校法人修道学園ホームページ 修道ヒストリア 第2回 山田十竹先生 (下)
  12. ^ 学校法人修道学園ホームページ
  13. ^ 修道中学校・高等学校の人物一覧
  14. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  15. ^ 『官報』第2195号「叙任及辞令」1890年10月22日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』号外「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。







浅野長勲と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「浅野長勲」の関連用語

浅野長勲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

城下麗奈

クロソゾ

ヤマネ

注意

FLSTF

天野 雅文

空冷

ミラーボール





浅野長勲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浅野長勲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS