明治時代とは? わかりやすく解説

明治時代(1868年 - 1912年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 23:52 UTC 版)

日本とバチカンの関係」の記事における「明治時代(1868年 - 1912年)」の解説

1873年明治維新の一環としてキリスト教の禁止撤廃されると宣教師が日本に自由に出入りできるようになったバチカン隠れキリシタンによる禁教下での布教活動認識しており、処刑されカトリック信者らを殉教者として列聖した。しかし、キリスト教解禁後日本宣教活動行ったのは主にプロテスタントであり、1907年日本のキリスト教14万人に対しカトリック信者は6万人とどまっていた。1906年時の教皇ピウス10世イエズス会に対し日本宣教師派遣して高等教育機関設置することを要請し、これを受けて3人イエズス会員が派遣され、彼らにより1913年には上智大学開校された。 1905年には日露戦争下でカトリック教会が日本軍により保護されたことに対し明治天皇感謝の意を表するため、教皇アメリカ人神父のウィリアム・ヘンリー・オコンネル(英語版)を東京派遣している。

※この「明治時代(1868年 - 1912年)」の解説は、「日本とバチカンの関係」の解説の一部です。
「明治時代(1868年 - 1912年)」を含む「日本とバチカンの関係」の記事については、「日本とバチカンの関係」の概要を参照ください。


明治時代 (1868 - 1912.07)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 23:29 UTC 版)

神田和泉町」の記事における「明治時代 (1868 - 1912.07)」の解説

安政6年1859年神田於玉ヶ池から藤堂家屋敷北の伊東玄朴邸に種痘所移転した縁故で、明治元年1868年7月藤堂家屋敷跡医学所仮病院が設置され横浜軍陣病院機能移転大病院称した大病院幾多の変遷経て東京医学校となり、明治9年1876年本郷本富士町に移転した東京医学校はさらに変遷重ね東京大学医学部となり、1878年明治11年11月附属病院として神田和泉町第二医院設立した。場所は医学校時代異なり町域東部に立地した第二医院周囲には1874年明治7年8月東京場(後の東京衛生試験所、現:国立医薬品食品衛生研究所)、1879年明治12年)に養育院1894年明治27年)に斎藤紀一による東都病院(現:坪井医院)などが置かれ一時衛生施設集積した1901年明治34年1月29日第二医院患者21名が犠牲となる火災発生した以降当地東京帝国大学医科大学運動場となっていたが、三井家の手に渡り1909年明治42年3月第二医院跡に三井慈善病院(現:三井記念病院)が設立された。

※この「明治時代 (1868 - 1912.07)」の解説は、「神田和泉町」の解説の一部です。
「明治時代 (1868 - 1912.07)」を含む「神田和泉町」の記事については、「神田和泉町」の概要を参照ください。


明治時代(1868年 - 1912年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 03:51 UTC 版)

本場所の一覧」の記事における「明治時代(1868年 - 1912年)」の解説

年度場所名勧進元会場初日千秋楽日数備考慶応4年明治元年1868年6月場所 江戸 本所回向院 10 9月場所 大坂 新地 世情不安のため中止11月場所 東京 本所回向院 11月20日 10 明治2年1869年3月場所 大坂 新地 4月場所 東京 本所回向院 4月5日 10 8月場所 大坂 9月場所 合併 錦天神 京都大合併 11月場所 東京 本所回向院 10 明治3年1870年3月場所 合併 北林拝領3月3日 10 京都大合併 3月場所 合併 新地 10 京都大合併 4月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 合併 北林拝領10 京都大合併 11月場所 東京 本所回向院 11月14日 10 明治4年1871年3月場所 東京 本所回向院 10 7月場所 京都 北林拝領10 10月場所 大阪 新地 10月11日 10 11月場所 東京 本所回向院 11月22日 10 明治5年1872年3月場所 合併 北林拝領京都大合併 4月場所 東京 本所回向院 4月7日 10 7月場所 大阪 新地 10 11月場所 東京 本所回向院 11月20日 10 明治6年1873年4月場所 東京 本所回向院 4月23日 10 7月場所 大阪 新地 12月場所 東京 本所回向院 12月3日 10 明治7年1874年3月場所 東京 本所回向院 3月20日 10 9月場所 合併 北林御免10 三都合併 10月場所 合併 新地 東京大合併 12月場所 東京 本所回向院 12月20日 10 明治8年1875年4月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 合併 新地 10 東京大合併 10月場所 合併 北林拝領10 三都合併 明治9年1876年1月場所 東京 本所回向院 10 4月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 京都 北林拝領10 10月場所 合併 新地 10 東京大合併 明治10年1877年1月場所 東京 本所回向院 1月14日 10 6月場所 東京 本所回向院 6月2日 10 8月場所 大阪 道頓堀南新金刀比羅神10 9月場所 合併 北林拝領9月16日 7 京都大合併 9月場所 大阪 新地 4 不入りのため打ち切り 12月場所 東京 本所回向院 12月11日 10 明治11年1878年6月場所 東京 本所回向院 6月6日 10 9月場所 合併 新地 10 東京大合併 明治12年1879年1月場所 東京 本所回向院 1月18日 10 6月場所 東京 本所回向院 6月3日 10 10月場所 大阪 新地 10 明治13年1880年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 大阪 新地 10 明治14年1881年1月場所 東京 本所回向院 1月9日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月16日 10 7月場所 合併 新地 10 東京大合併 7月場所 合併 四条南芝居 10 三都合併 明治15年1882年1月場所 東京 本所回向院 1月12日 10 6月場所 東京 本所回向院 6月8日 10 9月場所 合併 新地 10 東京大合併 明治16年1883年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 5月22日 10 8月場所 大阪 新地金刀比羅神宮 10 9月場所 京都 祇園町花見小路 7 明治17年1884年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 大阪 新地金刀比羅神宮 10 11月場所 合併 三都合併 明治18年1885年1月場所 東京 本所回向院 1月20日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月14日 10 10月場所 大阪 新地金刀比羅神宮 10 11月場所 合併 京極西天神 7 東京京都合併 明治19年1886年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 10 11月場所 大阪 新地金刀比羅神明治20年1887年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 合併 新地金刀比羅神宮 東京大阪合併 明治21年1888年1月場所 東京 本所回向院 10 5月場所 東京 本所回向院 10 9月場所 大阪 新地金刀比羅神明治22年1889年1月場所 東京 本所回向院 1月19日 10 5月場所 合併 新築75 京都大合併5日目打ち切り5月場所 東京 本所回向院 5月12日 10 5月場所 合併 新京極坂井5月26日 10 京都大合併 10月場所 合併 新地金刀比羅神10 東京大合併 11月場所 合併 天満天神 11月1日 7 東京大合併 11月場所 合併 長堀土佐稲荷神社 7 三都合併 11月場所 合併 四条河原 7 東京京都合併 明治23年1890年1月場所 東京 本所回向院 1月5日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月25日 10 8月場所 合併 新地金刀比羅神宮 東京大阪合併 9月場所 合併 四条河原 7 三都合併 11月場所 合併 土佐堀稲荷神社 11月1日 10 三都合併 11月場所 合併 祇園北林公園 10 三都合併 明治24年1891年1月場所 東京 本所回向院 1月10日 10 3月場所 合併 長堀土佐稲荷神社 3月8日 10 東京大合併 5月場所 東京 本所回向院 5月9日 10 9月場所 大阪 新地金刀比羅神9月15日 10 10月場所 合併 本所回向院 7 三都合併 明治25年1892年1月場所 東京 本所回向院 1月5日 10 5月場所 合併 長堀土佐稲荷神社 107 東京大合併 5月場所 合併 祇園北林 74 京都大合併 6月場所 東京 本所回向院 6月1日 10 10月場所 合併 新地金刀比羅神10 東京大合併 明治26年1893年1月場所 東京 本所回向院 1月12日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月29日 10 11月場所 合併 新地金刀比羅神宮 10 三都合併 明治27年1894年1月場所 東京 本所回向院 10 4月場所 合併 西道頓堀旧加賀邸跡 4月1日 10 東京大合併 5月場所 合併 建仁寺 5月7日 7 京都大合併 5月場所 東京 本所回向院 5月27日 10 明治28年1895年1月場所 東京 本所回向院 1月13日 10 4月場所 合併 寺町二条南 10 三都合併 6月場所 東京 本所回向院 6月3日 10 10月場所 大阪 南地五階南手空10月10日 8 広角復帰合併興行明治29年1896年1月場所 東京 本所回向院 1月19日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月11日 10 9月場所 合併 南地五階南手空10 東京大合併 明治30年1897年1月場所 東京 本所回向院 1月5日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月10日 10 9月場所 大阪 南地五階南手空9月19日 10 明治31年1898年1月場所 東京 本所回向院 1月5日 10 4月場所 大阪 長堀土佐稲荷神社 10 5月場所 東京 本所回向院 5月12日 10 6月場所 大阪 南地五階南手空6月15日 10 7日まで切り上げ10月場所 合併 南地五階南手空10月1日 10 東京大合併 11月場所 合併 南地五階南手空11月18日 10 三都合併 明治32年1899年1月場所 東京 本所回向院 1月18日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月26日 10 6月場所 大阪 南地五階南手空10 明治33年1900年1月場所 東京 本所回向院 1月10日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月15日 10 6月場所 大阪 南地五階南手空6月1日 10 9月場所 合併 四条河原 9月17日 7 東京大合併 11月場所 合併 四条河原 11月1日 6 京都大合併 明治34年1901年1月場所 東京 本所回向院 1月10日 10 5月場所 大阪 南地五階南手空10 5月場所 東京 本所回向院 5月15日 10 明治35年1902年1月場所 東京 本所回向院 1月10日 10 3月場所 京都 花見小路祇園館跡 3月1日 5月場所 東京 本所回向院 5月21日 10 6月場所 大阪 南地五階南手 10 明治36年1903年1月場所 東京 本所回向院 1月11日 10 1月場所 大阪 南地五階南手 10 5月場所 東京 本所回向院 5月10日 10 5月場所 大阪 南地五階南手 10 6月場所 合併 南地五階北手 6月17日 10 東京大合併第5回内国勧業博覧会余興相撲として開催明治37年1904年1月場所 東京 本所回向院 1月13日 10 1月場所 大阪 南地南海駅前 10 5月場所 東京 本所回向院 5月23日 10 5月場所 大阪 南地南海駅前 10 11月場所 合併 南地 10 東京大合併 明治38年1905年1月場所 東京 本所回向院 1月21日 10 1月場所 大阪 南地南海駅前 10 5月場所 東京 本所回向院 5月20日 10 6月場所 大阪 新川土橋西詰 6月13日 10 9月場所 合併 四条河原 8月10日 10 東京大合併 9月場所 合併 新川 107 東京大合併 明治39年1906年1月場所 東京 本所回向院 1月13日 10 2月場所 大阪 新川土橋西詰 2月1日 10 5月場所 東京 本所回向院 5月19日 10 5月場所 大阪 新川土橋西詰 10 9月場所 合併 新川土橋西詰 9月1日 10 東京大合併 明治40年1907年1月場所 東京 本所回向院 1月8日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 東京 東両国元町空き地 10 常設館(のちの国技館建設のため 6月場所 大阪 新川土橋西詰 10 8月場所 合併 南地五階 10 東京大合併 11月場所 合併 四条磧 5 京都大合併 明治41年1908年1月場所 東京 東両国元町空き地 1月18日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 東京 東両国元町空き地 5月20日 10 6月場所 大阪 新川土橋西詰 10 6月場所 京都 新京極錦天神 10 明治42年1909年1月場所 東京 東両国元町空き地 1月7日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 東京 両国常設館 6月5日 6月14日 10 両国国技館落成東西制による団体優勝制度はじまる。個人優勝掲額はじまる。 5月場所 合併 四条6月20日 7 三都合併 明治43年1910年1月場所 東京 両国国技館 1月14日 1月23日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 6月場所 大阪 新川土橋西詰 6月1日 10 6月場所 東京 両国国技館 6月3日 6月12日 10 明治44年1911年2月場所 東京 両国国技館 1月7日2月4日 1月16日2月15日 10 新橋倶楽部事件延期。場所中に検査役不信任を巡って2日間中断。 2月場所 大阪 新川土橋西詰 2月16日 10 6月場所 東京 両国国技館 6月10日 6月19日 10 10月場所 大阪 新川土橋西詰 10月7日 10 明治45年1912年1月場所 東京 両国国技館 1月12日 1月21日 10 5月場所 東京 両国国技館 5月17日 5月26日 10 5月場所 大阪 新川土橋西詰 5月18日 10

※この「明治時代(1868年 - 1912年)」の解説は、「本場所の一覧」の解説の一部です。
「明治時代(1868年 - 1912年)」を含む「本場所の一覧」の記事については、「本場所の一覧」の概要を参照ください。


明治時代(置県以前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 21:20 UTC 版)

富山県」の記事における「明治時代(置県以前)」の解説

1871年8月29日明治4年7月14日) - 廃藩置県によって富山藩領域おおむね神通川流域)が富山県(旧県)となる。 12月31日明治4年11月20日) - 金沢県(第一次礪波郡及び新川郡編入し同時に富山県(旧県)を新川県改称県庁所在地魚津とする。 1872年10月29日明治5年9月27日) - 七尾県射水郡編入。旧越中国全域一つの県となり、同時に県庁魚津から富山に移る。 1876年明治9年4月18日 - 新川県石川県強制編入される1877年明治10年) - 魚津県内最初の電信分局架設される。 1881年明治14年5月 - 東部の越中自治党高岡越中義塾石動北辰社が合同し越中改進党結成する12月19日 - 越中国礪波郡出身司法省役人石崎謙が代表となって分県丿議」(分県嘆願書)を元老院議長寺島宗則直訴提出する1882年明治15年9月 - 有志を代表して越中改進党幹事米沢紋三郎入江直友らが上京し内務卿山田顕義らに「分県建白」を提出嘆願する1883年明治16年5月9日 - 「明治16年太政官布告第15号 富山佐賀宮崎三縣設置」により、佐賀県宮崎県分県とともに、旧越中国及び旧新川県一円越中4郡)を富山県として再び設置この日をもって現行の富山県の置県とする。

※この「明治時代(置県以前)」の解説は、「富山県」の解説の一部です。
「明治時代(置県以前)」を含む「富山県」の記事については、「富山県」の概要を参照ください。


明治時代(置県以後)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 21:20 UTC 版)

富山県」の記事における「明治時代(置県以後)」の解説

1883年明治16年6月7日 - 安田善次郎富山県為替方となる。 1889年明治22年4月1日 - 市制・町村制施行により、富山市高岡市発足する7月30日 - 伏木港が特別輸出港となる。 1894年明治27年2月1日 - 共立薬学校開校する8月4日 - 日清戦争開戦に伴い陸軍歩兵第7連隊出兵する1896年明治29年)- 放生津新湊汽船会社により、伏木港 - 中国大陸間の定期航路開始する1897年明治30年5月4日 - 県内初の鉄道中越鉄道黒田 - 福野間(現・城端線))開通1899年明治32年3月20日 - 官営鉄道北陸線(現・あいの風とやま鉄道線)が富山駅まで延びる。 4月2日 - 北陸初めての電力事業会社富山電灯富山市内に電灯供給を始める。 1904年明治37年2月11日 - 日露戦争により、中国大陸航路汽船奈呉浦丸」がロシア海軍によって撃沈される。 5月9日 - 日露戦争により、北陸3県の兵で構成される陸軍第9師団動員令発令される1907年明治40年) - 石黒次郎によって米の新品種「銀坊主発見される1908年明治41年11月16日 - 北陸線呉羽 - 富山経路変更富山駅移転富山線富山 - 魚津間が開業する1909年明治42年4月 - 神通大橋竣工する

※この「明治時代(置県以後)」の解説は、「富山県」の解説の一部です。
「明治時代(置県以後)」を含む「富山県」の記事については、「富山県」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「明治時代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

明治時代

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 06:16 UTC 版)

固有名詞

   明治+時代 めいじじだい

  1. 日本史時代区分》 元号(wp)明治であった期間時代であり、明治天皇(wp)在位期間とほぼ一致する。近代日本(wp)最初時代江戸幕府徳川幕府(wp)倒れ明治天皇治世始まった時から、明治天皇崩御(wp)までの期間相当し、1868年1月25日旧暦(wp)慶応(wp)4年1月1日)から1912年明治45年7月30日まで続いた

複合語

※「江戸時代」や「慶応年間慶応時代)」が「明治時代」「明治期」と連結することは、全く無いというわけではないが、通常ではなく大抵は幕末(wp)」と連結する
  • 明治時代

関連語


「明治時代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

明治時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明治時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本とバチカンの関係 (改訂履歴)、神田和泉町 (改訂履歴)、本場所の一覧 (改訂履歴)、富山県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明治時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS