明治とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 年号 > 明治の意味・解説 

めいじ〔メイヂ〕【明治】

読み方:めいじ

《「易経」説卦伝の「聖人南面し天下に聴(き)き、明に嚮(むか)いて治む」から》明治天皇時の年号1868年9月8日1912年7月30日


明治

読み方:メイジmeiji

近代年号1868~1912)。


明治

読み方:メイジmeiji

所在 北海道網走市


明治


明治


明治


明治

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

明治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 04:44 UTC 版)

明治(めいじ、旧字体明󠄁治)は元号の一つ。





明治(明治・大正)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 00:46 UTC 版)

教育関係人物一覧」の記事における「明治(明治・大正)」の解説

お雇い外国人」も参照 秋月新太郎 - 文部官僚漢詩人女子高等師範学校長、貴族院議員務めた秋月悌次郎 - 文部官僚教育者秋山恒太郎 - 明治時代教育者文部官僚官立長崎師範学校官立東京師範学校筑波大学前身1つ)をはじめ、各地県立師範学校中学校校長歴任した秋保安治 - 明治期工業教育者。 赤司鷹一郎 - 文部官僚教育者錦鶏間祗候伊沢修二 - 『教育学日本人による最初教育学書 「小学唱歌集編集近代日本音楽教育吃音矯正第一人者伊藤博文 - 教育議初代・第5代第7代第10代内閣総理大臣井口阿くり - 女子体育の母 井上円了 - 東洋大学京北学園創立者井上毅 - 教育勅語起草 稲葉彦六 - 文部官僚教育者 市河三喜 - 英語学英語教育 石井十次 - 慈善事業家。児童福祉の父。岡山孤児院創設者石黒英彦 - 文部官僚朝鮮総督府台湾総督府官僚上原六四郎 - 文部官僚音響学者・美術工芸教育者内村鑑三 - キリスト教教育教育勅語事件 内村良蔵 - 明治時代前半期日本の教育者、文部官僚東京外国語学校東京外国語大学前身校長務めた梅謙次郎 - 文部官僚法学者教育者学位は、法学博士帝国大学法科大学(現東京大学法学部教授東京帝国大学法科大学長、内閣法制局長官文部省総務長官等を歴任梅田義信 - 文部官僚横浜市長東京府東多摩郡長、東京市芝区長、栃木奈良県書記官文部省参事官同書記官などを歴任 海老名弾正 - キリスト教教育 江藤新平 - 明治時代文部官僚政治家官吏教育者奥山政敬 - 明治時代文部官僚司法官官立大阪英語学校京都大学前身一つ)および官立大阪師範学校校長松山名古屋・大阪の地方裁判所長広島控訴院長、貴族院議員歴任した押川方義 - 東北学院宮城学院創立者岡倉天心 - 文部官僚美術教育尽力 岡倉覚三天心) - 東京美術学校日本美術院創設者。『茶の本小笠原道生 - 文部官僚体育官兼体育研究所技師大臣官房体育課長経て体育局長となる 折田彦市 - 明治時代活動した日本の教育者・文部官僚旧制第三高等学校三高)の初代校長として知られている。 大隈重信 - 早稲田大学創立者第8代第17代内閣総理大臣日本初め始球式を行う。 大妻コタカ - 女子教育 大妻学院創立者大森兵蔵 - 体育指導者日本初めバスケットボールバレーボール伝える。日本初オリンピック選手団の監督務める。 大村清一 - 文部官僚弁護士衆議院議員貴族院議員勅選)、相模女子大学長なども務めた大島誠治 - 文部官僚文部省参事官東京仏学校(現・法政大学校長文部大臣秘書官大臣官房文書課長、第四高等学校現・金大学初代校長会計検査院検査官などを歴任 大木喬任 - 文部卿として学制制定明治六大教育家大竹多気 - 工業教育沖野忠雄 - 明治期工業教育者。東京職工学校工業教育担当 可児徳 - 高等師範学校教師体育指導者日本初めドッジボール伝える。 嘉納治五郎 - 高等師範学校長。日本体育の父。講道館柔道大日本体育協会(後の日本スポーツ協会)の創始者日本オリンピック初参加にも尽力河津祐之 - 文部官僚東京法学校(現法政大学校長のほか元老院書記官大阪控訴院検事長名古屋控訴裁判所検事長司法大書記官司法省刑事局長、逓信次官などを歴任河内信朝 - 文部官僚教育者柿沼竹雄 - 文部内務官僚官選県知事鎌田栄吉 - 明治期官僚、政治家枢密顧問官貴族院議員衆議院議員文部大臣慶應義塾長、帝国教育会長。交詢社理事長金子銓太郎 - 文部官僚教育者桂太郎 - 拓殖大学創立者神津専三郎 - 明治時代音楽教育者神田孝平 - 江戸時代末期から明治時代にかけての日本洋学者文部官僚兵庫県令、文部少輔元老院議官貴族院議員歴任した柏田盛文 - 明治時代文部官僚教育者鹿児島県会(鹿児島県議会前身議長第四高等中学校金沢大学前身一つ校長衆議院議員文部次官千葉茨城新潟各県知事歴任したメアリー・キダー - フェリス女学院創立者菊池大麓 - 教育行政官、日本初め西洋数学教授菰田万一郎 - 文部官僚教育者木下広次 - 文部官僚文部省御用掛および一高校長帝国大学 木村正義 - 文部書記官文部大臣秘書官文部省学生部長、同省実業学務局長衆議院議員4期)などを歴任木村正辞 - 文部官僚国学者国文学者ウィリアム・スミス・クラーク - 札幌農学校外国人教師久保田譲 - 文部官僚文部大臣。「教育制度改革論」を発表久保田鼎 - 文部官僚奈良および京都帝室博物館館長東京美術学校校長などを務めた九鬼隆一 - 文部官僚1880年代前半文部行政主導窪田治輔 - 文部官僚内務官僚官選県知事隈本有尚 - 文部官僚教育者天文学者数学者心理学者占星術師福岡県立中学修猷館初代館長長崎高等商業学校初代校長朝鮮総督府中学校初代校長黒田清綱 - 文部官僚近藤真琴 - 攻玉塾(現攻玉社)の創立者。主に数学・工学航海術分野活躍明治六大教育家後藤牧太 - 教育者理科教育手工教育開拓小山知一 - 文部官僚佐賀県知事高知県知事文部省通学局長歴任した小松原英太郎 - 文部大臣図書館設立に関する文部大臣訓令発令通俗教育調査委員会設置小松原隆二 - 教育者文部官僚第七高等学校造士館教授など 小森慶助 - 文部官僚教育者 小幡甚三郎 - 文部官僚幕末・明治初期教育者 小林小太郎 - 明治時代前半期文部官僚長らく文部省翻訳事業携わり欧米への日本の教育事情紹介ならびに日本の教育制度近代化貢献した小林雄七郎 - 明治期官吏文部官僚衆議院議員肥田昭作 - 文部官僚第四大学区第一中学京都大学前身1つ学長東京外国語学校東京外国語大学前身)、東京英語学校校長など 斎藤秀三郎 - 英語教育 斎藤斐章 - 歴史教育 西園寺公望 - 私塾立命館創立者沢村真 - 文部官僚農学者農学博士塩野直道 - 文部官僚算術教育者4つそろばん普及者。文部省図書監修官となり、国際数学者会議絶賛され画期的な教科書尋常小学算術』を編集する下村寿一 - 文部官僚東京女子高等師範学校校長女子学習院長など。 下田歌子 - 女子教育 実践女学校創設者柴田徳次郎 - 国士舘創立者芝田徹心 - 文部官僚女子学習院長。宮中顧問官渋谷徳三郎 - 文部官僚東京市各区長や、仙台市長などを歴任した教育行政への造詣深かったことから、仙台市長時代には「教育市長」とも呼ばれた諸葛信澄 - 明治時代日本の教育者。官立東京師範学校筑波大学前身一つ)および官立大阪師範学校校長務めた清水勤二 - 文部官僚教育者名古屋工業大学初代学長務めた清水彦五郎 - 文部官僚帝国大学法科大学舎監帝国大学書記官法科大学舎監高等商業学校校長東京帝国大学書記官医科大学附属医院事務官督を歴任した島田三郎 - 文部官僚衆議院議員ジャーナリスト嶋田安次郎 - 大阪地域教育尽力幣原坦 - 教育行政マリオン・スコット - 一斉教授法、直観教授法を指導鈴木治太郎 - アルフレッド・ビネーの手法を翻案した鈴木ビネー知能検査発表鈴木眞年 - 文部官僚江戸時代末期から明治時代にかけての系譜研究家・国学者瀬戸虎記 - 文部官僚教育者第一高等学校長など。 高橋健三 - 明治期文部官僚ジャーナリスト政治家英吉利法律学校(中央大学前身創立者一人高橋是清 - 開成学園創設者高橋是清 - 文部官僚財政家日銀総裁政治家。第20代内閣総理大臣 高嶺秀夫 - 明治時代文部官僚教育者開発主義教育 滝沢菊太郎 (師範学校長) - 明治時代から大正時代にかけての文部官僚教育者府県師範学校長。 谷本富 - ヘルバルト主義、『系統的新教育綱要田中不二麿 - 文部官僚教育行政家。教育令制定尽力塚原政次 - 明治時代から昭和初期にかけての日本の教育心理学者文学博士 津田梅子 - 女子教育 女子英学塾(後の津田塾大学)の創立者辻新次 - 初代文部次官大日本教育会帝国教育会会長東京仏学校創設者坪井玄道 - 高等師範学校体操伝習所教員体育学者。『戸外遊戯法』、『普通体操法』を出版日本初めサッカードッジボール紹介都筑馨六 - 文部官僚外交官政治家貴族院議員枢密顧問官法学博士男爵寺田勇吉 - 明治時代から大正時代にかけての文部官僚教育者東京高等商業学校一橋大学前身)、日本橋高等女学校日本橋女学館高等学校前身校長日本体育会体操学校日本体育大学前身女子部長、九段精華高等女学校長を歴任した手島精一 - 明治時代教育者文部官僚工業教育東京教育博物館国立科学博物館前身)および東京図書館国立国会図書館前身一つ主幹共立女子職業学校共立女子中学校・高等学校前身)など 永井浩 (内務官僚) - 文部官僚官選熊本県知事永井道明 - 高等師範学校教授体育指導者日本体操の父。『学校体操教授要目』(後の「学習指導要領体育編」)の制定尽力日本スウェーデン体操肋木ドッジボール導入成瀬仁蔵 - 日本女子大学創立者中川健藏 - 文部官僚台湾総督貴族院議員中川元 - 明治時代教育者文部官僚第四高等中学校金沢大学前身一つ)、第五高等学校熊本大学前身一つ)、第二高等学校東北大学前身一つ)、仙台高等工業学校東北大学工学部前身一つ)の校長歴任した中川小十郎 - 京都法政学校(後の立命館大学)の創立者中村正直 - 同人社創立教育勅語起草。『 西国立志編』など多く翻訳書発刊した明治六大教育家中島永元 - 文部官僚辻新次とともに一貫して明治前期中央教育行政たずさわる 長屋順耳 - 文部官僚東京外国語学校校長女子学習院長。宮中顧問官など。 長野長広 - 文部官僚衆議院議員文部政務次官内務政務次官歴任長與專齋 - 文部官僚医師医学者新渡戸稲造 - 『武士道』の著者新島襄 - 同志社創立者。 英語・キリスト教分野多く逸材教育明治六大教育家西周 (啓蒙家) - 啓蒙思想家西洋哲学者。獨逸学協会学校(現:獨協中学校・高等学校初代校長貴族院議員錦鶏間祗候など。 西川順之 - 文部官僚教育者西村貞 - 明治時代文部官僚教育者官立大阪師範学校長など 西村茂樹 - 明六社創設者のひとり。『日本道徳論』の著者啓蒙思想家教育者文学博士道徳振興団体日本弘道会創設者二階堂トクヨ - 女子体育の母二階堂体操塾(後の日本女子体育大学)の創立者日本女子初の五輪メダリスト人見絹枝育てる。 沼田悟郎 - 文部官僚教育者野口明 - 文部官僚教育者お茶の水女子大学初代学長などを歴任した野村綱 - 文部官僚教育者宮崎県学務課長県立宮崎学校長、鹿児島県会(鹿児島県議会前身初代議長文部省通学務局次長宮崎県尋常中学校宮崎大宮高等学校前身校長歴任した野村素介 - 文部官僚政治家書家。 野村彦四郎 - 明治時代文部官僚官吏教育者石川県師範学校金沢大学前身一つ初代校長京都府学務課長体操伝習所筑波大学体育専門群の前身一つ所長第一高等中学校校長など 野田義夫 - 文部官僚教育者エミール・ハウスクネヒト - ヘルバルト教育学伝える。 長谷川泰 - 済生学舎日本医科大学前身)の設立者畠山義成 - 明治時代初期文部官僚教育者伴正順 - 明治時代前半期文部官僚裁判官東京外国語学校東京外国語大学前身)、宮城外国語学校校長歴任した服部一三 - 明治時代文部内務官僚東京英語学校東京大学法・理・文各学部綜理1880年明治13年6月4日)、東京大学予備門(いずれも東京大学教養学部前身校長など歴任 浜尾新 - 文部官僚文部大臣東京帝国大学総長日田権一 - 文部官僚教育者 菱田重禧 - 文部官僚裁判官青森県権令平山太郎 - 明治時代前半期文部官僚体操伝習所筑波大学体育専門群の前身一つ主幹東京図書館国立国会図書館前身一つ館長など歴任 平賀義美 - 明治期化学者工業教育者。 檜垣直右 - 教育者文部内務官僚官選県知事錦鶏間祗候藤野恵 - 文部官僚内務官僚官選県知事文部次官歴任古市公威 - 明治期工業教育者。工学博士帝国大学工科大学初代学長福岡孝弟 - 文部官僚政治家五箇条の御誓文加筆政体書起草した人物である。 福澤諭吉 - 慶應義塾創始者。『学問のすゝめ』の著者法学経済学中心に幅広い思想家として著名明治六大教育家保科百助 - 鉱物学者理科教育 丸山環 - 文部官僚教育者 松井正夫 - 文部官僚化学者元文部省学校教育大学教育課長新潟高等学校最後校長新潟大学理学部初代学部長松井直吉 - 文部官僚化学者理学博士第三高等中学校京都大学前身一つ教頭文部省専門学務局長、東京化学会(日本化学会前身一つ会長東京帝国大学東京大学前身農科大学長総長歴任した松浦鎮次郎 - 文部官僚教育者政治家九州帝国大学総長歴任松尾長造 - 文部官僚広島女子高等師範学校校長正木退蔵 - 明治時代文部官僚教育者外交官開成学校講師留学生監督 牧野伸顕 - 文部官僚政治家宮崎謙太 - 内務文部官僚官選佐賀県知事溝淵進馬 - 明治時代から昭和初期にかけての文部官僚教育者三沢寛一 - 文部官僚北海道札幌市長、山形県知事島根県知事札幌観光協会長など。 三島中洲 - 二松學舍創立者漢学者南弘 - 文部官僚 箕作麟祥 - 文部官僚幕末から明治時代日本幕臣洋学者法学者和仏法律学校(現・法政大学初代校長歴任 ルーサー・ホワイティング・メーソン - 音楽教育指導ダビッド・モルレー - 文部行政顧問教育令草案作成元田永孚 - 教育勅語起草 森有礼 - 明六社発起代表人初代文部大臣明治六大教育家安井てつ - 東京女子大学創立者山崎達之輔 - 文部官僚衆議院7期山川建 - 文部官僚、普通学務局庶務課専門学務局学務課、大臣官房体育課、同文章課、同会計課各課長歴任。ほか千葉県警視、同理事官静岡県地方事務官など 柳本直太郎 - 文部官僚教育者第一大学区第一中学東京大学前身1つ学長東京外国語学校東京外国語大学前身校長名古屋市長歴任した湯原元一 - 教育者文部官僚ヘルバルト教育学紹介湯地幸平 - 文部官僚内務官僚福井県知事貴族院議員歴任 吉岡郷甫 - 文部官僚日本語学者第二高等学校教授 文部省図書審査官同視学官など 吉川泰次郎 - 文部官僚教育者日本郵船二代目社長吉村寅太郎 (教育者) - 文部官僚教育者文部省出仕し広島外国語学校校長広島英語学校長など歴任 吉田賢輔 - 文部官僚儒者幕臣慶應義塾長。明治期官僚教育者啓蒙者。 芳川顕正 - 文部大臣教育勅語発布推進ジョージ・アダムス・リーランド - 学校体育指導渡部董之介 - 文部官僚教育者文部省試補視学官参事官書記官参事官図書審査官図書監査官・図書課長心得などを歴任した後、第七高等学校造士館 渡辺嘉重 - 日本最初の子学校の創立者。 渡辺辰五郎 - 女子教育服装教育第一人者東京家政大学共立女子大学創立関与

※この「明治(明治・大正)」の解説は、「教育関係人物一覧」の解説の一部です。
「明治(明治・大正)」を含む「教育関係人物一覧」の記事については、「教育関係人物一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「明治」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

明治

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:43 UTC 版)

固有名詞

 めいじあきはる、あけはる)

  1. 元号(wp)》(めいじ) 日本元号一つ近代(wp)入っ最初元号明治天皇(wp)元号元号慶応(wp)元号大正1868年1月25日旧暦(wp)慶応(wp)4年1月1日)から1912年明治45年7月30日まで続いた元号が明治であった期間時代明治時代という。
  2. 元号》(めいじ) 昭明帝(段素英治世大理国(wp)用いられた元号一つ10世紀後半一時期にあたる。
  3. 時代区分》(めいじ) 日本の「明治時代」のこと。
  4. 明治大学

由来

語義1

明治天皇即位(wp)伴っ代始改元(wp)された。五経(wp)筆頭易経(wp)』「説卦伝」にある一文聖人南面而聴天下 嚮」(書き下し(wp)聖人南面して天下聴きむかいてむ。解釈聖人向いて着座し、そのような正しい姿勢を執って〉政治聴けば天下明るい方向向かっ治まる)を出典とし、「明」と「治」を採って元号とした。

複合語

語義1

人名

  1. 人名》(あきはる、めいじ) 日本語男性名の一つ

「明治」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



明治と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「明治」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明治」の関連用語

明治のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明治のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの教育関係人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS