銭とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 貨幣 > > の意味・解説 

ぜ‐ぜ【銭】

読み方:ぜぜ

ぜに(銭)をいう幼児語。おぜぜ。


ぜに【銭】

読み方:ぜに

《「せん(銭)」の音変化

金・銀など、金属つくられ貨幣多く円形で、中央に穴がある。

貨幣金銭。かね。「—をためる」

江戸時代つくられ貨幣金・銀つくられたものに対していう。

紋所の名。銭の形をかたどったもの。

銭の画像
銭の紋所一つ「裏浪銭
銭の画像
銭の紋所一つ六つ捻じ銭」
銭の画像
銭の紋所一つ「表一文銭
銭の画像
銭の紋所一つ「裏一文銭
銭の画像
銭の紋所一つ四文銭

せん【銭〔錢〕】

読み方:せん

[音]セン(漢) [訓]ぜに

学習漢字6年

[一]セン

ぜに。かね。「銭湯悪銭金銭古銭口銭賽銭(さいせん)・借銭鋳銭銅銭米銭連銭(れんぜん)」

貨幣の単位。円の一〇分の一。「一銭

[二]〈ぜに〉「銭形小銭日銭身銭


せん【銭】

読み方:せん

貨幣の単位。円の100分の1。

昔の貨幣の単位。貫の1000分の1。文(もん)。


ちゃん【銭】

読み方:ちゃん

唐音》ぜに。金銭ちゃんころ

「—一文無き此の身の仕合せ」〈浮・新色五巻書・一〉


読み方:チャンchan), チャンコロ(chankoro), チャンコロリ(chankorori), チャンカラ(chankara)

銭貨のこと。唐音由来


読み方:けた

  1. ぜにのこと。金銭大工符牒

分類 東京大工

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ゼニ(zeni)

作者 新美南吉

初出 昭和15年

ジャンル 童話


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/02 15:29 UTC 版)

日本1873年の1銭硬貨「竜1銭銅貨」。

(せん、中国語: 錢/钱 拼音: qián チエン、韓国語: チョン)は、東アジアのいくつかの国の通貨である。

「銭」(旧字体「錢」)は元は農具の「」を意味する漢字だったが、鍬形の貨幣があったことから貨幣の意味に転じた。通貨としては複数の意味があるが、主に

の2つの系統の意味がある。

日本

1948年発行の3円80銭切手。銭単位の部分は小書きで下線表記。
1949年発行の3円切手。銭単位の端数がない場合「00」と表記されることもあった。

古代から江戸時代までは、銭貨1枚の価値を表した。つまり、あるいは0.001に等しい。に換算すると1700年レートでは銀0.015にあたり、銀1銭(1匁)の価値である中国の銭とは2桁異なる。

1871年明治3 - 4年)に新貨条例により円・銭・厘が新通貨として導入され、「」には新たな意味を与えられた。この銭は、0.01・10に等しく、1円=100銭=1000厘である。1=1円の切り替えレート(および1両=4000文のレート)から換算すると、銭(新)=40銭(旧)となる。

銭が通貨単位として使用されていた当時は、「3円80銭」や小数表記の「3.80円」といった表記のほか、「380」または「380」のように銭単位の部分をやや小書きにして下線を付す表記も行われていた。第二次世界大戦末期から終戦直後の急激なインフレーションの進行により、1円未満の通貨単位が市中での現金の支払単位としては意味をなさないものとなったため、1953年昭和28年)に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により銭・厘単位の硬貨や紙幣が全て通用停止となり、現金単位としては役割を終えた。ただし銭・厘単位の郵便切手には現在でも法律上有効なものがある(日本の普通切手#日本の切手の有効性参照)。

20世紀後半以降は「銭」の使用は金融分野にほとんど限定され、株価指数為替レートなどの、1円未満の端数表示に使われる。感覚としてはアメリカドルの下位「セント」、ユーロの下位「ユーロセント」、イギリスポンドの下位「ペニー」、フランスフランの下位「サンチーム」、ドイツマルクの下位「ペニヒ」、ベトナムドンの下位「ハオ」・「シュウ」などに相当する(この内セント・ユーロセント・ペニーは現在も現金通貨として通用している。フランスフラン/サンチーム、ドイツマルク/ペニヒはユーロ移行により廃止、ベトナムドンは現金通貨として通用しているが、ハオ・シュウは現在の日本の銭同様価値が小さすぎて現金通貨としては通用していない)。なお、現在は銭の下位単位である「厘」は株価・為替レートでの表示の場合であっても表示させることは完全に無くなっている。

そのほか、小売店などでは商品に消費税が加算されることによって生じる1円未満の端数を表示させる場合に銭単位まで表記されることがあるが、殆どの場合は「158.79円」などといった形で表記しており、明確に「158円79銭」などと表記することはまず無い。前述の通り1円未満の通貨は通用停止となっているため、仮に銭単位の表記がなされていても、実際の支払は小数以下の金額は四捨五入または切り捨てで端数処理した金額を支払うことになる。

通貨単位以外の用法としては「無銭」や「一銭もない」が完全な0円の状態を指す慣用句として用いられる。

韓国・北朝鮮

チョン
北朝鮮の1970年の1チョン硬貨。
各種表記
ハングル
漢字
発音 チョン
ローマ字 jeon
テンプレートを表示

韓国語では「錢」をチョン(韓国語: )と読む。英字表記はjeonである。ウォンと同様、現在は公式な漢字表記はない。

南北双方でチョン=1100ウォンである。ただし現在の韓国では、チョンは日本の銭と同様、計算上のみの存在となっており、使用は金融分野に限られている。北朝鮮では現在もチョン硬貨が鋳造されているが、ほとんど使われていないようである。

1892年110ヤン(両、韓国語: )にあたる補助通貨として導入された。5ヤン=ファン(圜、韓国語: )だったので、チョン=150ファンに等しい。

1900年、大韓帝国ウォンの導入に伴い、チョン=1100ウォンと改められた。切り替えレートはウォン=5ヤン(=ファン)なので、チョン(新)=2チョン(旧)となる。

日本統治時代には日本円が導入された(切り替えレートは導入時・廃止時とも1:1)が、レートは変わらず銭=1100円だった。1953年から1962年までの韓国では基本通貨がファンに戻ったが、補助通貨は変わらずチョン=1100ファンだった。ただし、1953年のファン導入時に100倍、1962年の新ウォン導入時に10倍のデノミネーションがあったため、それに伴いチョンの価値も一定ではなくデノミネーションされている。

中国

110に等しかった。「1」、つまり、質量1銭の銀の価値だった。

ちなみに今の1元の110は角、1100は分である。

ベトナム

ベトナム語では「錢」を tiền(ティエン)と読む。

阮朝 (1802–1945) 後期に、110、あるいは銀1銭に等しい価値の通貨として使われた。

時期は不明だが、安南国では1錢=1100両だったともされる[1]

アメリカ合衆国

「銭」が小額貨幣の呼称で、かつアメリカ合衆国の貨幣単位の「cent」と音が似ていたことから、戦前のアメリカの日系移民の間では銭の単位を流用し、アメリカの「セント」を「米銭」と表記することがあった。

脚注

  1. ^ 「ラング;」、二村隆夫 監修『丸善 単位の辞典』2002年 丸善

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 23:44 UTC 版)

発音(?)

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/09/21 13:32 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「銭」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



銭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「銭」に関係したコラム

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20の円高」といいま...

  • FXのスプレッドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のスプレッド(spread)とは、FX業者の提示する売りの価格と買いの価格との差のことです。上の図は、USD/JPYとNZD/JPYのレート表示画面です。USD/JPYでは、...

  • CFDの円建て銘柄とドル建て銘柄

    CFDの銘柄には、円建てで取引する銘柄とドル建てで取引する銘柄があります。例えば、CFDの日経225や日本の株式などは円建てで取引します。必要証拠金は、価格が8800円、レバレッジが10倍、取引単位が...

  • FXの通貨ペアの急騰と急落

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアの価格は、経済指標や政策金利の変更、政情不安などにより急騰したり急落したりします。過去の対円通貨での大きな下げは何度かありましたが、1998年10月7日と1998年...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銭」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

銭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銭のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS