日本の金貨とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の金貨の意味・解説 

日本の金貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 05:30 UTC 版)

日本の金貨(にほんのきんか)とは、日本鋳造され発行、流通した金貨の総称であり、大判小判分金本位金貨記念金貨等がこれに相当する。




注釈

  1. ^ 1ドル金貨と1円金貨は等価とされたが、実際の1ドル金貨の量目は1.67181グラムであり、純金1.50463グラムを含み、ごくわずかながら1円金貨より実質価値が高かった。
  2. ^ 造幣局では刻印(こくいん)のことを極印(ごくいん)という呼び方をしているので、本項目では「極印」の標記に統一した。刻印も極印も意味は同じで硬貨を製造(打製)するための「はんこ」のような物である。英語では「die」という。また、「極印」には「きわめ印」としての意味もあり、金座および銀座小判および丁銀の品位、および小判にあっては量目を改めた上で極印を打ったことに由来する。造幣局においても同様で、品位および量目の保証書としての役割を持つ。
  3. ^ この法律が布告され、官報で本位金貨の流通停止が告知されたのは昭和62年(1987年)6月1日である。
  4. ^ 金貨5種、および50銭銀貨、2、1、半銭、1厘銅貨の合計10種類が展示された。このうち、プルーフ硬貨として製造されたのは金貨のみで、それぞれ特別の極印が用いられた。5円金貨は流通用にも明治25年銘は発行されたが、プルーフ貨の極印はこれとは異なるもので製造された。

出典





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の金貨」の関連用語

日本の金貨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の金貨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の金貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS