キクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > キクの意味・解説 

崎嶇

読み方:キク(kiku)

山道けわしいさま


キク

キク
科名 キク科
別名: リョウリギク
生薬名: キクカ菊花
漢字表記
原産 中国
用途 中国から薬用として伝来した多年草秋に花が開花し、観賞料理に用い、乾燥したものが菊花菊のりで、めまい・耳鳴り腰痛咳止めなどに用います。
学名: Chrlysanthemum morifolium Ramat.
   

読み方:キク(kiku)

キク科キク属総称


菊花

読み方:キク(kiku)

キク科キク属総称


キク

名前 Kikou

キク

読み方:きく

  1. 耳ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岩手県
  2. 耳。「きくらげ」の略又は「聞く」よりか。

分類 岩手県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キク(kiku)

キク科の花の総称

季節

分類 植物


キク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 13:39 UTC 版)

キク)は、キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(家菊(イエギク)、栽培菊(栽培ギク))について詳述する。野菊については「野菊」を参照のこと。


  1. ^ 菊まつり・花の名所案内 2013年6月10日閲覧。
  2. ^ 「菊にまつわるお話」 同志社女子大学・教員によるコラム 2015年8月31日
  3. ^ 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年
  4. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、226頁。
  5. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」228頁。
  6. ^ 斎藤正二「菊と日本人」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、254頁。
  7. ^ 横井政人「キクの園芸品種」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、226頁。
  8. ^ 「心あてに折らばやをらむ初霜のおき惑わせる白菊の花」(凡河内躬恒 - 小倉百人一首 第29番)。
  9. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」228頁。
  10. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」228-229頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キク」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

キクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS