山道とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 山道の意味・解説 

さん‐どう〔‐ダウ〕【山道】


せん‐どう〔‐ダウ〕【山道】

【一】内陸部を通る道。さんどう

【二】

[一]東山道(とうさんどう)」の略。

[二](「仙道」とも書く)「中山道(なかせんどう)」の略。


やま‐みち【山道】

山の中にある道。やまじ。

山形を横に連ねた形の文様

女郎衣装つきしゃれて、…裾も—に取るぞかし」〈浮・一代男・六〉


山道

作者田村俊子

収載図書田村俊子作品集 第2巻
出版社オリジン出版センター
刊行年月1988.9

収載図書木乃伊の口紅破壊する前
出版社講談社
刊行年月1994.6
シリーズ名講談社文芸文庫


山道

作者星新一

収載図書ありふれた手法
出版社新潮社
刊行年月1990.11
シリーズ名新潮文庫

収載図書星新一ショートショートセレクション 7 未来人の家
出版社理論社
刊行年月2002.9


山道

作者源翔

収載図書君に 会いにいくよ
出版社日本文学館
刊行年月2005.9
シリーズ名ノベル倶楽部


山道

読み方:ヤマミチ(yamamichi)

作者 田村俊子

初出 昭和13年

ジャンル 小説


山道

読み方:ヤマミチ(yamamichi)

所在 青森県北津軽郡鶴田町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山道

読み方
山道さんどう
山道やまじ
山道やまぢ
山道やまみち

登山道

(山道 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 05:51 UTC 版)

登山道(とざんどう)とは、山岳における登山トレッキングのために徒歩利用の用に供される歩道[1]


  1. ^ a b c d e f 第3部 施設別技術指針 第1章 歩道”. 環境省. 2019年7月24日閲覧。
  2. ^ 大関義明『これで身につく山歩き100の基本』JTB、2004年、22頁
  3. ^ a b 大関義明『これで身につく山歩き100の基本』JTB、2004年、38頁
  4. ^ 大関義明『これで身につく山歩き100の基本』JTB、2004年、36頁
  5. ^ a b 大関義明『これで身につく山歩き100の基本』JTB、2004年、203頁
  6. ^ 近江湖南アルプス自然休養林スタンプラリー”. 桐生観光協会(滋賀県大津市桐生). 2020年10月22日閲覧。
  7. ^ 八ケ岳登山道の管理責任は誰に-茅野市と管理署で論議(47Club 信州山小屋ネット2007年1月5日)
  8. ^ 1億9300万円賠償確定/奥入瀬渓流落枝訴訟(デイリー東北新聞社2009年2月6日)[リンク切れ]
  9. ^ 登山道整備協力呼び掛け、各山小屋に募金箱(信濃毎日新聞2005年8月3日)
  10. ^ 佐藤健太郎『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年、21-24頁。ISBN 978-4-06-288282-8


「登山道」の続きの解説一覧



山道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山道」の関連用語

山道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの登山道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS