山形とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > 山形の意味・解説 

やま がた [0]山形・山型

山に似た形。中央が高く両側に低くなる形。
灌仏会に飾る須弥山の形の作りもの。
紋・符号などとして用いる︿の形。
吉原細見」で遊女階級を示す︿〓などの符号 -の星結納へさしさはり/柳多留 9
的皮まとかわ)の別名。
馬具で、鞍の前輪後輪しずわ)の中央の高い所。
折烏帽子おりえぼし)の部分の名称。「ひなさきの上。最もつき出たところ。
歌舞伎立回りの型の一。刀を上段から左に、ついで右に打ちおろすもの。

やまがた 山形 ◇

東北地方南西部の県。かつての羽前国全域羽後国一部占める。西は日本海に面して庄内平野がある。ほぼ中央北流する最上川流域米沢・山形・新庄盆地があり、その東には奥羽山脈、西には飯豊朝日山地がある。県庁所在地山形市
山形県東部山形盆地南部の市。県庁所在地最上義光城下町起源を発し、近世堀田水野などの諸氏が領した。立石りつしやく)寺(山寺)・蔵王温泉がある。

やま なり [0]山形

山のような曲線を描くこと。また、その形。やまがた -のスローボール


山形

作者志賀直哉

収載図書志賀直哉小説選 3
出版社岩波書店
刊行年月1987.5

収載図書昭和文学全集 3
出版社小学館
刊行年月1989.1

収載図書山形県文学全集1期(小説編) 第1巻
出版社郷土出版社
刊行年月2004.11


山形

読み方:やまがた

  1. 土塀ヲ越スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・石川県
  2. 同上(※「やまごし参照)。〔第三類 犯罪行為
  3. 垣根などを飛び越え屋内忍び入ること。「やまごし」とも云ふ。
  4. 垣根などを飛びこえて屋内に忍入ること。「やまごし」ともいう。

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

山形


山形


山形

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山形

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 15:51 UTC 版)

山形(やまがた)




「山形」の続きの解説一覧



山形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「山形」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山形」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

山形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
山形県の温泉情報



山形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS