源氏名とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 呼び名 > 源氏名の意味・解説 

げん じな [3] 【源氏名】

芸妓などがつける呼び名
源氏物語五四帖の巻名にちなんでつけられた女官の名。夕霧典侍薄雲命婦など。のち、武家奥女中などにも用いられた。

源氏名

読み方:ゲンジナ(genjina)

女性職業上に与えられる別名の一。


源氏名

読み方:げんじな

  1. 遊女仮名のことをいふ。女郎本名を匿す為めに、源氏物語題名在る夕顔若紫松風初音若菜夕霧など、みやびた粋な仮名をつけるから。〔花柳語〕
  2. 遊女本名を使はず、源氏物語にある夕霧初音等の粋な名を用ひるので、その仮名を源氏名といふ。〔花柳界
  3. 遊女のかりの名。
  4. 遊女仮名のことをいふ。女郎本名を匿す為めに、源氏物語題名在る夕顔若紫松風初音若菜夕霧など、みやびた粋な仮名をつけるから。
  5. 遊女はすべて本名を使はずに源氏物語題名にあるやうな夕顔とか若紫松風初音などと仮りの名をつけて使ふ事を源氏名といふ。
  6. 遊女それぞれ名乗る名のこと。即ち本名かくして源氏物語中に出て来るようなやさしい女の名をつけるからである。もとは源氏物語五十四帖の題名に因んでつけたものである。

分類 花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

源氏名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/06 03:46 UTC 版)

源氏名(げんじな)は


[ヘルプ]
  1. ^ 植木朝子「源氏名」『源氏物語ハンドブック』新書館、1996年10月25日、 ISBN 4-403-25019-X
  2. ^ 西山松之助「源氏名」『国史大辞典吉川弘文館
  3. ^ 角田文衛「娼妓の名」『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、pp.. 290-296。 ISBN 4-336-04745-6
  4. ^ http://www.geocities.jp/nebkepella/Knowledge/GayKnow2.html
  5. ^ 荻生待也編著「源氏名」『日本人名関連用語大辞典』遊子館、2008年6月27日、p. 77。 ISBN 978-4-946525-89-6
  6. ^ 角田文衛「将軍家大奥の女中」『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、pp.. 262-264。 ISBN 4-336-04745-6
  7. ^ 角田文衛『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、p. 324。 ISBN 4-336-04745-6
  8. ^ 角田文衛『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、p. 576。 ISBN 4-336-04745-6
  9. ^ 角田文衛『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、pp.. 557-561。 ISBN 4-336-04745-6
  10. ^ 角田文衛『日本の女性名 歴史的展望』国書刊行会、2006年4月、pp.. 561-563。 ISBN 4-336-04745-6


「源氏名」の続きの解説一覧



源氏名と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「源氏名」の関連用語

源氏名のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



源氏名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源氏名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS