サバとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 一州 > サバの意味・解説 

サバ 【Sabah】 ◇


さば [0] 【鯖

スズキ目サバ科のうち,サバ類の海魚総称全長4050センチメートルほど。体は紡錘形で,やや側扁する。体色背面青緑色で,腹面銀白色熱帯温帯沿岸分布し,日本近海では一般にマサバゴマサバの二種をさす。沖縄県以南体高がやや高くて側扁する近縁種のグルクマがいる。食用[季] 夏。

さ ば 【生

唐音さんはん」の転か。「散飯」「三飯」「三把」とも書く〕
〘仏〙 鬼神餓鬼衆生のために,食前少量の飯を取り分けて野外屋根の上などに置くこと。また,その飯。出生すいさん。さんば。さんぱん

さば 【娑婆】

しゃば(娑婆 」に同じ。 「 -の外の岸にいたりて源氏 若菜上

さ ば

接続
それならば。それでは。 「 -翁丸にこそはありけれ,よべは隠れしのびてあるなりけりと/枕草子 9

娑婆

読み方:サバ(saba

俗世界


生飯

読み方:サバ(saba

ウリ科一年生果菜


花飛魚

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚


青花

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚


三把

読み方:サバ(saba

餓鬼鬼神供するために食前、飯の上部を少し取分けたもの。

別名 生飯散飯三飯


三飯

読み方:サバ(saba

餓鬼鬼神供するために食前、飯の上部を少し取分けたもの。

別名 生飯散飯三把


散飯

読み方:サバ(saba

餓鬼鬼神供するために食前、飯の上部を少し取分けたもの。

別名 生飯三把三飯


生飯

読み方:サバ(saba

餓鬼鬼神供するために食前、飯の上部を少し取分けたもの。

別名 散飯三把三飯


サバ 【Sava】


ゴマサバ

学名Scomber australasicus 英名:Spotted mackrel
地方名グルクマア、サバ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D 料理

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
マサバによく似ているが、腹側に多数小さな黒い斑点があることで区別できる。このゴマ散らしたような斑紋名前の由来である。マサバよりも沖合いにすみ適水温が高いので南日本多く獲れる。産卵期は126月で、特に1〜3月台湾北部海域東シナ海南部盛んに産卵が行われる。マサバよりも体脂肪少なく、味はやや落ちる。

分布:日本近海西南太平洋ハワイ諸島近海及び北部太平洋 大きさ:50cm
漁法:船釣り 食べ方:しめさば煮付け

マサバ

学名Scomber japonicus 英名:Club mackerel
地方名:サバ、ヒラス 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
代表的回遊魚1つで秋から冬に大群適温にのり、越冬のために南下する。春から夏に水温上昇してくると北上し、産卵期を迎える。春はオキアミ、夏はイワシ類、冬は植物性プランクトンを食べる。体は紡鐘形。第2背びれ尾びれと尻びれと尾びれの間にそれぞれ5個の離れびれが等間隔に並ぶ。胸びれ小さく、高い位置にある。背側は青緑色青黒色の虫食い状のまだら模様がある。腹面銀白色である。

分布:全世界亜熱帯温帯海域 大きさ:50cm
漁法:跳ね獲り、巻き網定置網 食べ方:すし、塩鯖缶詰

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


佐波

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


刺鯖

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


撒跋

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


花飛魚

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


青花

読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


読み方:サバ(saba

サバ科海水魚

学名 Scomber japonicus


読み方:サバ(saba

スズキ目サバ科サバ属総称


サバ(saba)


サバ

名前 SabbahSabaSabahSavaSavva

読み方:サバ(saba

サバ科サバ属海魚

季節

分類 動物


佐波

読み方:サバ(saba

所在 山口県防府市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

サバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/20 17:33 UTC 版)

サバ、英: Mackerel)は、スズキ目・サバ科のサバ属 Scomber・グルクマ属 Rastrelliger・ニジョウサバ属 Grammatorcynus などに分類される魚の総称。世界各地で食用にされる。日本近海ではマサバ(真鯖)、ゴマサバグルクマニジョウサバ(二条鯖)の計4種が見られる。


  1. ^ 越中の古寺に継承されている鯖の馴れずしの食事史的研究 調理科学 7(1), 23-29, 1974-02-20
  2. ^ 【トレンド】ブランドサバ、各地で大漁/鮮度管理を徹底・エサに酒かす配合/関東圏でも高級刺身「トロに負けない口溶け」『日本経済新聞』夕刊2018年5月7日(くらしナビ面)2018年5月26日閲覧。
  3. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  4. ^ 九州の生サバなぜ大丈夫 寄生虫アニサキスの種類原因説 太平洋と日本海側 宿主鯨類の分布影響? - 西日本新聞
  5. ^ アニサキス症とサバのアニサキス寄生状況 - 東京都健康安全研究センター
  6. ^ ヒスタミン食中毒(アレルギー様食中毒)大阪府立公衆衛生研究所
  7. ^ 赤身魚類の貯蔵中におげるヒスタミンの消長 (PDF)
  8. ^ 鮮魚の保存に及ぼす酢洗いの効果 家政学雑誌 Vol.33 (1982) No.4 P167-172
  9. ^ 芝恒男「日本人と刺身」水産大学校 研究報告 第60巻3号(出典:樋泉岳二、三内丸山遺跡における自然環境と食生活「食べ物の考古学、学生社、2007)
  10. ^ 全日本さば連合会
  11. ^ とろさば料理専門店「SABAR」公式サイト
  12. ^ お嬢サバ販売開始!JR西日本プレスリリース(2017年2月28日)
  13. ^ レファレンス通信 3 「天狗は鯖がお嫌い?」 (PDF)”. 石川県立図書館 (2010年1月4日). 2018年7月20日閲覧。


「サバ」の続きの解説一覧



サバと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サバ」の関連用語

サバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
バナナ大学バナナ大学
copyright (c) The Japan Banana Importers Association. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS