駅弁とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 駅弁の意味・解説 

えき べん [0] 【駅弁】

〔「駅売り弁当」の略〕
鉄道の駅や車内で売っている弁当1885年明治18)に始まる。

駅弁

原題:
製作国:日本
製作年:1999
配給:ヒットピクチャーズ配給 
スタッフ
監督:梶俊吾 カジシュンゴ
プロデューサー:梶晋介 カジシンスケ
撮影:石井浩一 イシイヒロカズ
音楽プロデューサー:福島音響 
編集:金子尚樹 カネコナオキ
録音:西岡正巳 ニシオカマサミ

井上幸雄 イノウエユキオ

岩丸恒 イワマルヒトシ
スチール:原口佳和 ハラグチヨシカズ

成松欣彦 ナリマツキミヒコ
その他:梶俊吾 カジシュンゴ

小谷哲也 コタニテツヤ

村井章人 ムライアキヒト

井苅安英 イカリヤスヒデ
照明:櫻井雅章 サクライマサアキ

高田賢 
キャスト(役名
梶俊吾 カジシュンゴ (梶俊吾
白鳥さき シラトリサキ (白鳥さき
チョコボール向井 チョコボールムカイ (チョコボール向井
中居まひろ ナカイマヒロ (中居まひろ
剣崎進 ケンザキススム (剣崎進
田淵正浩 タブチマサヒロ (AV男優
平本一穂 ヒラモトカズホ (AV男優
戸川夏也 トガワナツヤ (AV男優
森山龍二 モリヤマリュウジ (AV男優
仙道コージ センドウコージ (AV男優
井沢希旨子 イザワキシコ (恋人
杉田秀彦 スギタヒデヒコ (助監督
貢浩二 ミツグコウジ (助監督
堀中益充 ホリナカマスミツ (助監督
解説
映画監督目指すAV監督日常を、ドキュメント・タッチで描いた内幕もの。監督は「屋根裏部屋愛人」の梶俊吾で、自ら主演もしている。撮影は「ROMANTIC MANIA」の石井浩一出演は他に「新宿日記 迷い猫」の白鳥さき(「したがる兄嫁2 淫ら戯れ」の里見瑶子の別名)。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
AV制作会社構え梶俊吾は、ワンマン体質監督だ。本篇デビュー夢やAV哲学雄弁に語る彼は、企画から女優オーディション、そして演出となんでも精力的にこなしていく。だがその一方で頼りない若いスタッフや金だけが目的AV女優との衝突も絶えない。そんな中オーディション白鳥さきというひとりの新人女優出会う映画女優目指しているという彼女の起用決めた彼は、彼女をドラマ仕立てAV出演させ徹底的にしごいていく。そんな彼の指導応えて、さきも次第才能を開花させていったある日、さきの映画出演が決まった。さき主演Vシネマ撮影中だったは、スタッフと一緒に彼女の門出を祝ってやる。しかしその一方で自身負けじと本篇進出への情熱改めて燃やすのであった。

駅弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 07:47 UTC 版)

駅弁(えきべん)とは鉄道駅列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当を指す。1885年明治18年)7月16日栃木県宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である[1][2]


  1. ^ a b 角川書店発行 大辞泉
  2. ^ a b c 小学館発行 日本大百科全書
  3. ^ 日本国有鉄道中央会/会員の家業とその沿革 1958年6月
  4. ^ おかげさまで駅弁130周年駅弁のホームページ 社)日本鉄道構内営業中央会
  5. ^ ダイヤモンド社/旅窓に学ぶ 1934年7月6日
  6. ^ お弁当の淡路屋 会社沿革
  7. ^ 西辻甚太郎が北海道で初めて立ち売りした(とされる)酒饅頭を起源とするもの。銭函駅#駅弁
  8. ^ 1999年「さいたまの鉄道」さきたま出版会
  9. ^ 日本鉄道/改正日本鉄道規則及び諸賃金明細独案内 1883年12月
  10. ^ 塩荘の歴史 株式会社 塩荘
  11. ^ たかべんの歩み 駅弁の歴史 群馬の駅弁 高崎弁当
  12. ^ まねき食品株式会社|元祖幕の内
  13. ^ 『名古屋駅物語』(著者 徳田耕一、交通新聞社、2016年)48頁によれば1888年(明治21年)とされている。仮に1888年であっても、姫路駅より早い。
  14. ^ 服部商店は1922年(大正11年)10月をもって後継者の問題により引退、翌11月から松浦弥兵衛に引き継いだ。これが2016年現在も弁当を調製・販売している松浦商店のルーツである。
  15. ^ 林順信、1986年、「駅弁物語」、大野一英・林鍵治『鉄道と街・名古屋駅』、大正出版 p. 102-105
  16. ^ a b c 伊藤東作 『本当にあった陸自鉄道部隊』 光人社、2008年、ISBN 978-4-7698-2574-6、p.41-p.42
  17. ^ “寝るか起きるか迷う! 寝台特急「あけぼの」の旅”. ZAKZAK. (2013年4月12日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130412/dms1304120711009-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  18. ^ “【鉄道ファン必見】OL鉄子“SLばんえつ物語”号に乗る! 念願かなった七夕の旅”. MSN産経ニュース. (2012年7月21日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120721/trd12072112010003-n2.htm 2016年5月3日閲覧。 
  19. ^ a b “なぜ、駅のホームで駅弁を売る「立ち売りさん」はいなくなった 駅弁の歴史を紐解く”. NEWSポストセブン. (2014年5月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20140513_256277.html 2016年5月3日閲覧。 
  20. ^ 立ち売り紹介 東筑軒
  21. ^ “連載「くまもと元気モン!」第375号”. 熊本県広報課. (2008年9月4日). http://www.kininaru-k.jp/2008/back_doc/09/0904/genki.html 2016年5月3日閲覧。 
  22. ^ 「土地を味わう、立ち売りの駅弁」(熊本県人吉市) BS朝日 - みらい遺産 ~Human×Lands~
  23. ^ “昔ながらの駅弁立ち売り、鹿児島県で唯一 JR吉松駅”. 47NEWS(よんななニュース). (2015年9月16日). http://www.47news.jp/localnews/hotnews/2015/09/post-20150916215725.html 2016年5月3日閲覧。 
  24. ^ 岐阜県の美濃太田駅でも、株式会社向龍館が約60年にわたり駅売りを行なっていた。“中部エリアで最後の駅弁立売美濃太田駅弁「松茸の釜飯」 美濃太田駅 向龍館”. WEDGE Infinity(ウェッジ). (2011年9月13日). http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1486 2016年5月3日閲覧。  “コラム/ひとえきがたり/美濃太田駅(岐阜県、JR高山線)”. 朝日マリオン・コム. (2014年3月4日). http://www.asahi-mullion.com/column/article/station/478 2016年5月3日閲覧。  老夫婦の引退に伴い、2019年6月で終了。"JR美濃太田駅の駅弁立ち売りに幕「幸せやわ」" 岐阜新聞(2019年6月2日配信分)2019年6月2日閲覧
  25. ^ “ワゴンの中の商品点数は?最も売れる時間帯は?東海道新幹線「車内販売」のヒミツ”. @DIME アットダイム. (2015年11月16日). http://dime.jp/genre/159704/1/ 2016年5月3日閲覧。 
  26. ^ “1個1万円 金沢駅の超豪華駅弁『加賀野立弁当』(要予約)”. NEWSポストセブン. (2013年10月16日). http://www.news-postseven.com/archives/20131016_218287.html 2016年5月3日閲覧。 
  27. ^ 駅弁ブームの陰で… “地方の駅弁”が大ピンチ!?
  28. ^ ““最北の駅弁屋”惜しむ声…「角舘商会」廃業”. ZAKZAK. (2009年7月2日). http://www.zakzak.co.jp/top/200907/t2009070238_all.html 2016年5月3日閲覧。 
  29. ^ “山口の駅弁会社なくなる 創業1世紀、時代の波に勝てず”. 朝日新聞. (2015年4月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH4R3DCCH4RTZNB002.html 2016年5月3日閲覧。 
  30. ^ “山口唯一の駅弁撤退、「小郡駅弁当」4月末で”. 読売新聞. (2015年4月29日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/entame/railway/20150430-OYS1T50039.html 2016年5月3日閲覧。 
  31. ^ “特急オホーツク 車内販売の思い出”. どうしん鉄道ブログ. (2015年6月18日). http://blog.hokkaido-np.co.jp/tamatetsu/2015/06/post-35.html 2016年5月3日閲覧。 
  32. ^ 京王百貨店駅弁チーム p15
  33. ^ 京王百貨店駅弁チーム p14
  34. ^ お弁当の淡路屋 駅弁
  35. ^ “asahi.com(朝日新聞社):水了軒の八角弁当、宅配から復活へ 10年前の味で”. 朝日新聞. (2011年2月3日). http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201102030028.html 2016年5月3日閲覧。 
  36. ^ 株式会社田中屋
  37. ^ 歴史|バーベキュー弁当の木更津吟米亭「浜屋」
  38. ^ 志ぐれ茶漬け弁当 亀山市観光協会
  39. ^ 事業紹介 株式会社 塩荘
  40. ^ 会社案内 ひろしま駅弁
  41. ^ a b c “何が違う? 駅弁には「公式駅弁」と「非公式駅弁」があるらしい”. Jタウンネット 東京都. (2015年7月20日). http://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/208967.html?p=all 2016年5月3日閲覧。 
  42. ^ 原ノ町駅の「いなり天ざる弁当」や出雲市駅の「出雲そば弁当」は、寿司を添えていたことで古くから駅弁として認められていた
  43. ^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p1154)1960年4月 富山市史編纂委員会
  44. ^ 押寿しとサンドウ井ッチ 大船軒
  45. ^ “鮎めし弁当:益田の仕出し店、天然アユで弁当開発 淡泊な味が売り /島根”. 毎日新聞. (2015年8月16日). http://mainichi.jp/articles/20150816/ddl/k32/020/324000c 2016年5月3日閲覧。 
  46. ^ a b “SL北びわこ乗客25万人へ 米原駅で記念駅弁発売”. 朝日新聞. (2010年9月15日). http://www.asahi.com/airtravel/OSK201009140073.html 2016年5月3日閲覧。 
  47. ^ リニア・鉄道館デリカステーション ジェイアール東海パッセンジャーズ JRCP
  48. ^ a b 汽車土瓶 戦前の駅弁のお茶 九州歴史資料館
  49. ^ 滋賀銀行発行季刊文化情報誌「湖」2015冬号
  50. ^ JR東日本八王子支社|駅弁情報
  51. ^ 経済新語辞典”. 日本経済新聞社. 2016年5月6日閲覧。
  52. ^ 青木貞茂. “文化の力: カルチュラル・マーケティングの方法”. NTT出版. 2016年5月3日閲覧。
  53. ^ いすみ鉄道のお弁当について いすみ鉄道株式会社
  54. ^ 昔ながらの茶瓶@伊東駅|伊豆・伊東温泉 名物いなり・弁当・駅弁の祇園社長ブログ
  55. ^ “JR宇都宮線130周年 駅弁立ち売りや旧型客車を復活”. 朝日新聞. (2015年7月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH7B4G0YH7BUUHB008.html 2016年5月3日閲覧。 
  56. ^ “ここだけ土産売れ筋です 秋葉区・新津鉄道資料館 地元5商店と連携 郷愁誘う「ポリ茶瓶セット」など”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ. (2015年10月1日). http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000004320 2016年5月3日閲覧。 
  57. ^ 小牟田哲彦『大日本帝国の海外鉄道』東京堂出版、2015年、ISBN 978-4-490-20911-2、p.34-p.35, p.93-p.94, p.187-p188, p.310-p314
  58. ^ 台湾の懐かしの味! 台北駅のできたて駅弁の魅力とは?|エクスペディア
  59. ^ a b 台鉄弁当(正体字中国語)
  60. ^ 台湾の駅弁 台北ナビ
  61. ^ a b 林孟佳、許麗娟 (2014年5月23日). “鐵路便當/台東池上便當(正体字中国語)”. 自由時報. http://week.ltn.com.tw/Travel/DC1605.html 2016年4月30日閲覧。 
  62. ^ “台湾で「第1回駅弁祭り」 日本の「駅弁」が人気”. テレ朝news. (2015年7月17日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000054944.html 2016年5月3日閲覧。 
  63. ^ 台湾で駅弁祭り JR東日本も出展、E7系の新幹線弁当など販売へ”. フォーカス台湾 (2016年7月16日). 2016年5月3日閲覧。
  64. ^ 楊竣傑 (2015年3月1日). “6國鐵道便當 7月大PK(正体字中国語)”. 中国時報. http://www.chinatimes.com/newspapers/20150301000286-260114 2016年5月3日閲覧。 
  65. ^ “【NOW!ソウル】ソウル駅に「駅弁」ブーム!”. 中央日報. (2013年9月27日). http://japanese.joins.com/article/573/176573.html?servcode=800&sectcode=850 
  66. ^ 駅弁大会への道 京王百貨店
  67. ^ 京王百貨店駅弁チーム pp142-151
  68. ^ 今尾恵介・原武史監修『日本鉄道旅行地図帳』満州樺太(2009)新潮社 p34
  69. ^ 下川2011 p320
  70. ^ 阿部、岡田 p18, p23, p176
  71. ^ 下川2016 p262
  72. ^ 下川2016 pp242-244
  73. ^ 下川2011 pp130-136
  74. ^ a b 下川2011 pp58-72
  75. ^ 下川2011 pp89-91
  76. ^ 京王百貨店駅弁チーム p131
  77. ^ イタリア発 人気を集めるデリバリー&ケータリング 後編 - 海外トレンドリポート - 1
  78. ^ フランス国鉄 初の日本の駅弁売店の開業時期について
  79. ^ “初の駅弁売店オープン パリ・リヨン駅”. 毎日新聞. (2015年3月2日). http://mainichi.jp/articles/20160303/k00/00m/040/045000c 2016年4月29日閲覧。 
  80. ^ “JR東日本・NRE、パリの駅弁売店「EKIBEN」好評につき出店期間を26日間延長”. 乗りものニュース. (2015年4月23日). http://news.mynavi.jp/news/2016/04/23/183/ 2016年5月3日閲覧。 
  81. ^ 日本の駅弁は美食の国フランスで通用したか”. 東洋経済オンライン (2019年1月20日). 2019年1月20日閲覧。
  82. ^ パリで駅弁人気 焼き魚・空揚げ…多彩『日本経済新聞』夕刊2018年7月25日(社会面)2018年7月26日閲覧。
  83. ^ 米質の違いなどもあり、調製した冷飯を食するという食文化が日本以外のアジア各国ではあまり見られないという事も大きい。
  84. ^ みかど(株)函館支店からジェイ・アールはこだて開発を経て事業譲渡。
  85. ^ 関根屋の公式webでは「ハタハタ漁が不作の為」のコメント表記がある。
  86. ^ 住吉屋から鈴木屋・芝田屋(水戸駅)・海華軒(日立駅)が継承、3社で駅弁を共同販売していたが、2007年6月30日をもって3社ともいわき駅での駅弁販売を撤退した。
  87. ^ 「埼玉の味 大宮辨當」は埼玉県の地図が描かれた包装紙だが、栃木県(松廼家)の業者の商品。
  88. ^ 神尾弁当web「さけとにしんの親子わっぱが変わりました。」(2013.10.01 17:02)
  89. ^ 北陸トラベルサービスが2014年9月30日にはくたかでの営業を終了。JR西日本も北陸新幹線での車内営業を2019年6月で終了。
  90. ^ 「dancyu」1994年6月号『駅弁ベスト10』(宮脇俊三)ほか。
  91. ^ 2008年から販売の「京都牛善」は京都の風景のシルエットが包装紙に描かれているが、兵庫県の業者(淡路屋)による所謂「企画もの」駅弁である。
  92. ^ 元々は「下関駅弁当」の商品。廃業後、数社の紆余曲折を経て引き継ぐ。
  93. ^ a b c d 対象駅弁 - 四国の駅弁選手権2014
  94. ^ 戀戀阿里山-奮起湖大飯店官方網站(正体字中国語)
  95. ^ 奮起湖大飯店(嘉義県) 台北ナビ
  96. ^ “【台湾】日本人も絶賛する美味すぎる台湾駅弁 / 駅じゃなくても駅弁が買えるよ”. ロケットニュース24. (2013年12月20日). http://rocketnews24.com/2013/12/20/397534/ 2016年4月30日閲覧。 
  97. ^ “福隆月台便當 月底停賣”. 台湾蘋果日報/Youtube. (2016年11月24日). https://www.youtube.com/watch?v=dguGsqoitoY 2017年1月21日閲覧。 
  98. ^ (繁体字中国語)池上木片便當
  99. ^ (繁体字中国語)關山便當公式Facebook




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駅弁」の関連用語

駅弁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



駅弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駅弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS