社員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 社員の意味・解説 

しゃ‐いん〔‐ヰン〕【社員】

会社一員として勤務している人。

社団法人構成員株式会社では株主よばれる


社員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 03:56 UTC 版)

社員(しゃいん)とは、以下の2つの意味がある。


  1. ^ 恩給法 - e-Gov法令検索 附則第四十一条の四(旧国際電気通信株式会社の社員期間のある者についての特例)
  2. ^ 昭和二十二年法律第百五十一号(国際電気通信株式会社等の社員で公務員となつた者の在職年の計算に関する恩給法の特例等に関する法律) - e-Gov法令検索
  3. ^ 恩給法の一部を改正する法律附則第四十三条の外国特殊法人及び職員を定める政令 - e-Gov法令検索
  4. ^ https://www.tvac.or.jp/attach/special/newpublic_nintei_30.pdf NPO法人組織力アップ研修テキスト
  5. ^ 労働力調査(基本集計) 全国 年次 2019年 (Report). 総務省統計局. (2019-01-31). 基本集計 第II-10表. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200531&tstat=000000110001&cycle=7&year=20190&month=0&tclass1=000001040276&tclass2=000001040283&tclass3=000001040284&result_back=1. 
  6. ^ 増加する“モンスター社員””. 日本の人事部. 株式会社アイ・キュー (2009年1月5日). 2020年2月2日閲覧。
  7. ^ 職場の要注意人物「お局様」。その5大特徴をママたちが大発表!”. ママスタセレクト. 株式会社インタースペース (2019年2月25日). 2020年2月2日閲覧。
  8. ^ 子どもが体調不良でパートを早退。嫌味を言ってくるお局さんがいるけど、私が悪いの?”. ママスタセレクト. 株式会社インタースペース (2019年3月7日). 2020年2月2日閲覧。


「社員」の続きの解説一覧

社員

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 12:29 UTC 版)

名詞

しゃいん

  1. 法律社団法人構成する自然人広義には株主等もこれに含まれるが、実際用例としては、公益社団法人事業運営関与する権利を持つ者を言うことが多い。
  2. 慣用)主に会社雇用契約締結した者。従業員一般的には、いわゆる正社員を言う。
  3. (2.より)雇用形態にかかわらず会社常勤している者。

発音(?)

しゃ↘いん

翻訳

1.社団構成員

2.従業員

関連語

1.社団構成員

2.従業員


「社員」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



社員と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「社員」に関係したコラム

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社員」の関連用語

社員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの社員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS