被用者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 被用者の意味・解説 

被用者

読み方:ひようしゃ

雇われている人、使用人雇用されている人などの意味で用いられる表現

雇用

(被用者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 01:44 UTC 版)

雇用(こよう、雇傭、英: employment)は、当事者の一方(被用者、employee)が相手方(使用者、employer)に対して労働に従事することを約し、使用者がその労働に対して報酬を与えることを内容とする契約。(労働契約も参照。)




  1. ^ a b NHKクローズアップ現代 2016年3月15日(火)“仕事がない世界”がやってくる!?
  2. ^ Career Garden > 大工 > 給料・年収 > 大工の給料・年収・日当
  3. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、84頁。
  4. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、85頁。
  5. ^ Deakin & Wilkinson 2005.
  6. ^ Marx 1847, Chapter 2.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l Claire Melamed, Renate Hartwig and Ursula Grant 2011. Jobs, growth and poverty: what do we know, what don't we know, what should we know? London: Overseas Development Institute
  8. ^ House of Reps seals 'death' of WorkChoices - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)
  9. ^ Lag om anställningsskydd (1982:80)
  10. ^ a b JETRO 2009, p. 15.
  11. ^ 労働力調査(基本集計) 2016年 (Report). 総務省統計局. (2017-01-31). 基本集計 第II-10表. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001170226. 
  12. ^ a b c d 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 186.
  13. ^ a b c 我妻栄, 有泉亨 & 川井健 2005, p. 339.
  14. ^ 川井健 2010, p. 278.
  15. ^ 窪田隼人 1995, pp. 260-265.
  16. ^ 来栖三郎 1974, p. 412.
  17. ^ 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 187.
  18. ^ 窪田隼人 1995, p. 262.
  19. ^ 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 188.
  20. ^ 川井健 2010, pp. 278-279.
  21. ^ a b 来栖三郎 1974, p. 419.
  22. ^ 内田貴 2011, p. 268.
  23. ^ 我妻栄, 有泉亨 & 川井健 2005, p. 288.
  24. ^ a b 来栖三郎 1974, p. 421.
  25. ^ 差別待遇(雇用及び職業)条約(第111号)


「雇用」の続きの解説一覧



被用者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「被用者」の関連用語

被用者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



被用者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雇用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS