被用者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 被用者の意味・解説 

被用者

読み方:ひようしゃ

雇われている人、使用人雇用されている人などの意味で用いられる表現

雇用

(被用者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/08 05:55 UTC 版)

雇用(こよう、雇傭、英: employment)は、当事者の一方(被用者、employee)が相手方(使用者、employer)に対して労働に従事することを約し、使用者がその労働に対して報酬を与えることを内容とする契約。(労働契約も参照。)




  1. ^ a b NHKクローズアップ現代 2016年3月15日(火)“仕事がない世界”がやってくる!?
  2. ^ Career Garden > 大工 > 給料・年収 > 大工の給料・年収・日当
  3. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、84頁。
  4. ^ a b 三菱総合研究所編 『最新キーワードでわかる!日本経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年、85頁。
  5. ^ Deakin & Wilkinson 2005.
  6. ^ Marx 1847, Chapter 2.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l Claire Melamed, Renate Hartwig and Ursula Grant 2011. Jobs, growth and poverty: what do we know, what don't we know, what should we know? London: Overseas Development Institute
  8. ^ House of Reps seals 'death' of WorkChoices - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)
  9. ^ Lag om anställningsskydd (1982:80)
  10. ^ a b JETRO 2009, p. 15.
  11. ^ 労働力調査(基本集計) 2016年 (Report). 総務省統計局. (2017-01-31). 基本集計 第II-10表. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001170226. 
  12. ^ a b c d 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 186.
  13. ^ a b c 我妻栄, 有泉亨 & 川井健 2005, p. 339.
  14. ^ 川井健 2010, p. 278.
  15. ^ 窪田隼人 1995, pp. 260-265.
  16. ^ 来栖三郎 1974, p. 412.
  17. ^ 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 187.
  18. ^ 窪田隼人 1995, p. 262.
  19. ^ 遠藤浩 & 幾代通 1997, p. 188.
  20. ^ 川井健 2010, pp. 278-279.
  21. ^ a b 来栖三郎 1974, p. 419.
  22. ^ 内田貴 2011, p. 268.
  23. ^ 我妻栄, 有泉亨 & 川井健 2005, p. 288.
  24. ^ a b 来栖三郎 1974, p. 421.
  25. ^ 差別待遇(雇用及び職業)条約(第111号)


「雇用」の続きの解説一覧



被用者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「被用者」の関連用語

被用者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



被用者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雇用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS