最低賃金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 賃金 > 最低賃金の意味・解説 

最低賃金(さいていちんぎん)

労働対す報酬についての最低限条件

不当労働条件排除し、人として最低限度の生活を営む上で必要となる労働収入について、最低賃金法定められている。地域別産業別に、最低賃金額が決まっている。

会社など使用者は、労働者に対し、最低賃金以上の賃金支払うことが義務付けられている。この義務違反すると、使用者罰金1万円科せられる

第一にすべての労働者適用される地域別最低賃金がある。例えば、東京大阪などの大都市では、日給にして5560円、時給にして 703円と比較高め設定されている。一方地域によっては、日給にして4795円、時給にして 600というところもある。物価など地域特性に応じた最低賃金が設定されている。

また、地域別の最低賃金だけでなく、特定の労働者適用される産業別最低賃金もある。こちらは、地域別最低賃金上回るように設定されている。

最低賃金額の改定は、地方最低賃金審議会審議され、答申を受けた地方労働局長が決定する。最近は、毎年秋に最低賃金の改定が行われている。

(2000.11.21更新


最低賃金(さいていちんぎん)

労働関わる用語

使用者労働者支払なければならない賃金最低限度額。厚生労働大臣または都道府県労働局長が、最低賃金審議会意見を聴いて決定する。労働契約で最低賃金額未満賃金定めても、その定め無効であり、使用者は最低賃金を労働者支払なければならない


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

最低賃金

最低賃金法」に基づいて国が定め賃金最低限度。正社員やパート・アルバイトといった雇用形態に関係なく、企業がこれを下回る賃金支払うことは禁じられています。

最低賃金

【英】Minimum Wage

・最低賃金には、労働条件就業規則の上定められる、企業レベルのものと、法律最低賃金法)によって定められているものとがある。

最低賃金法労働者保護観点から、国が賃金の最低額定め、それを下回る賃金支払ないよう定めたもので、労働者全て適用される

地域別最低賃金産業別最低賃金があり、高い方の金額が最低賃金として適用される

関連ページ
人事制度

最低賃金

最低賃金は、賃金の最低基準額の事をいい、 最低賃金法などに基づいて国が決定しています。
雇用関係見た場合雇用者は最低賃金以上の賃金就労者支払う必要があります
最低賃金は都道府県ごとに定められています。 また特定の産業に関してのみ定められている産業別の最低賃金というものもあります

最低賃金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 05:05 UTC 版)

最低賃金(さいていちんぎん)とは、最低限支払わなければならない賃金の下限額のこと。最賃(さいちん)とも略される(法律上は略称として定義されていないが、新聞記事の見出しや労働組合等では用いられている)。




  1. ^ 、これは労働市場が実際には完全競争ではないことに起因している。雇用者は労働市場の不完全情報性により、労働者の良し悪しを完全には把握できない。したがって労働の良し悪しとは無関係な所でインセンティブを生み出す必要が生じるのである。
  2. ^ しかし、障害者権利条約第27条第1節の(b)においては障害のある人にも、『他の者と平等に』、同一労働同一賃金を含めた公正で好ましい労働条件の保護を締約国に求めている。
  3. ^ [1]中央最低賃金審議会「第1回目安制度のあり方に関する全員協議会」(平成26年6月18日)にて示された資料
  4. ^ 「四十七都道府県、産業ごとにばらばらに決める現行制度では、格差は広がるばかりです。これ以上に格差と貧困を広げないためにも、全国どこでも、だれが働いても、生計費を基準にした最低賃金が保障される「全国一律最低賃金制度」でなければなりません。世界の多数がこの制度です。」(2007年2月11日付しんぶん赤旗)
  5. ^ 解釈によっては「全国での平均額が1,000円程度」とも受け取れる[誰?]。「1,000円程度」を言い換えると、「どの地域・どの職業でも時給が必ず1,000円以上となるとは限らない」ことになり、場合によっては時給が1,000円を下回る可能性も高くなる[誰?]
  1. ^ 厚生労働省 (2019-03) (PDF). [2018年の海外情勢]第5章 東南アジア地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(261~436ページ) 第5節 シンガポール共和国(Republic of Singapore)(1)労働施策 (Report). https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kaigai/19/dl/t5-09.pdf 2019年4月16日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f g h 厚生労働省 (2004-12-7). “配付資料『諸外国の最低賃金制度における減額措置・適用除外の考え方について』”. 第4回最低賃金制度のあり方に関する研究会. http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/12/s1207-5c.html 2019年4月16日閲覧。 
  3. ^ 廣石 忠司 (2017-03-15). “労働法の変化が企業と労働組合に与えた影響―ニュージーランドの事例を参考にして― 2.NZ 労使関係法制史概観(1)1894年以前の NZ 労働法” (日本語). 専修経営学論集 (専修大学経営学会) 103: 27. ISSN 0386-4375. http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=11370&item_no=1&page_id=13&block_id=52 2018年10月18日閲覧。. 
  4. ^ a b 田口 典男 (2010-12-25). “最低賃金制の役割と限界” (日本語). 岩手大学人文社会科学部紀行 (岩手県盛岡市: 岩手大学人文社会科学部) 87: 107-108. ISSN 0385-4183. https://irdb.nii.ac.jp/01335/0002137489 2018年9月3日閲覧。. 
  5. ^ 厚生労働省 (2005-01-07). “配付資料2 最低賃金制度の意義・役割について”. 第6回最低賃金制度のあり方に関する研究会. https://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0107-2b.html 2018年9月3日閲覧。 
  6. ^ a b 大橋 勇雄 (2009-12). “特集:最低賃金 日本の最低賃金制度について 欧米の実態と議論を踏まえて” (日本語). 日本労働研究雑誌 2009年12月号 (独立行政法人労働政策研究・研修機構) 593: 4-15. http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2009/12/pdf/004-015.pdf 2018年8月18日閲覧。. 
  7. ^ a b c 笹島芳雄 (2009-12). “特集:最低賃金アメリカ合衆国の最低賃金制度の 経緯, 実態と課題” (日本語). 日本労働研究雑誌 2009年12月号 (独立行政法人労働政策研究・研修機構) 593: 55-67. http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2009/12/pdf/055-067.pdf 2018年8月19日閲覧。. 
  8. ^ 金 仁子 (2017-10). “イギリスにおける産業委員会法(The Trade Boards Act 1909)の成立” (日本語). Discussion Paper, Series B (北海道札幌市: 北海道大学大学院経済学研究院) 150: 1-13. https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/67360/1/DPB150.pdf 2018年8月30日閲覧。. 
  9. ^ 高津 洋平 (2009-1-14). “欧米諸国における最低賃金制度 第3章 フランスの最低賃金制度” (日本語). JILPT資料シリーズ (独立行政法人労働政策研究・研修機構) 50: 32-47. http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2009/documents/050_03.pdf 2018年8月9日閲覧。. 
  10. ^ 大阪大学大学院 文学研究科 藤川研究室. “オーストラリア辞典 Harvester Judgment(ハーヴェスタ判決)”. 2018年10月18日閲覧。
  11. ^ a b government of Netherlands. “Amount of the minimum wage”. 2019年1月1日閲覧。
  12. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “ホームページ>調査研究成果>資料シリーズ> No.50 欧米諸国における最低賃金制度>第5章 オランダの最低賃金制度”. 2017年4月30日閲覧。
  13. ^ a b 明日山 陽子 (2006-12), 『米国最低賃金引き上げをめぐる論争』, 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ), http://www.ide.go.jp/Japanese/IDEsquare/Overseas/2006/ROR200655_001.html 2018年12月25日閲覧。 
  14. ^ 高橋洋一 (2004-01-10), 政治・社会 【日本の解き方】収拾がつかない最低賃金論争 金融政策で雇用増、持続的な経済成長が解決の近道, ZAKZAK, http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140110/dms1401100722001-n1.htm 2018年12月25日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f 最低賃金と雇用RIETI 2007年11月16日
  16. ^ a b c d e 最低賃金14円引き上げの真相 雇用改善との好循環にも期待ZAKZAK 2013年8月13日(2013年8月18日時点のインターネットアーカイブ
  17. ^ a b c d e 研究・産学連携ニュース 最低賃金制度が問われる時代中央大学 2013年4月18日
  18. ^ a b c d e f わが国の最低賃金制度についての-考察日本総研 2002年11月1日
  19. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、63頁。
  20. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、頁。
  21. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、66頁。
  22. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、213頁。
  23. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、238頁。
  24. ^ a b 【噴水台】最低賃金中央日報 2005年6月19日
  25. ^ a b c d 最低賃金の見直しと成長持続・所得底上げに向けた戦略日本総研 2008年1月31日
  26. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、21頁。
  27. ^ a b c d スティグリッツ、ミクロ経済学第三版、p512-514
  28. ^ a b c d e f g h i 最低賃金、上昇の影響は?RIETI 日本経済新聞「経済教室」 2013年1月22日
  29. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、197頁。
  30. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、197頁。
  31. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、200頁。
  32. ^ Raising the Minimum Wage: Old Shibboleths, New Evidence Laura Tyson, Economix, The New York Times 2013年12月13日
  33. ^ “オーストラリア:自動車産業の終わり”. 日本ビジネスプレス (The Economist). (2014年2月21日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40010 2014年11月29日閲覧。 
  34. ^ 平野光芳 (2014年11月28日). “豪州:「潜水艦産業を守れ」地元で広がる雇用不安”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141129k0000m030118000c.html 2014年11月29日閲覧。 
  35. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、201頁。
  36. ^ Law, Legislation and Liberty: (2) The Statement of Liberal Principles of Justice and Political Economiy, London, Routledge, 1973
  37. ^ Ministère de la Sécurité sociale(ルクセンブルク社会保障省). “PARAMETRES SOCIAUX valables au 1er janvier 2018”. 2019年1月1日閲覧。
  38. ^ Citizens Information. “Minimum rates of pay”. 2019年1月1日閲覧。
  39. ^ 松尾 義弘 (2009-12). “第2章 ベルギーの最低賃金制度” (日本語). 資料シリーズ (独立行政法人 労働政策研究・研修機構) 63: 94. https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2010/documents/063_02.pdf 2017年8月1日閲覧。. 
  40. ^ Vous êtes ici: Page d'accueil > Thèmes > Concertation sociale > Salaires minimums par (sous-)commission paritaire”. ベルギー雇用労働省英語版. 2017年8月1日閲覧。
  41. ^ a b 全国統計・経済研究機構(INSEE). “Accueil Statistiques Salaire minimum interprofessionnel de croissance (Smic) en 2019”. 2019年1月6日閲覧。
  42. ^ a b c d 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2018年 > 9月 > ドイツ > 最賃勧告―二段階引き上げで2020年1月から時給9.35ユーロへ”. 2018年9月30日閲覧。
  43. ^ Fair Work Commission(オーストラリア公正労働委員会). “Awards & agreements>National minimum wage orders”. 2018年8月28日閲覧。
  44. ^ ロイター通信. “豪最低賃金、7月1日から3.5%引き上げ(2018.6.1 PM3:22)”. 2018年6月2日閲覧。
  45. ^ Debrin Foxcroft (2018年12月19日). “Govt to lift minimum wage to $17.70 an hour next year(来年の最低時給17.70ドル引き上げ)” (英語). Stuff Limited. https://www.stuff.co.nz/business/109469758/govt-outlines-pay-boost-for-minimumwage-earners 2019年3月26日閲覧。 
  46. ^ “Hours and wages > Pay and wages > Minimum wage > Current minimum wage rates(現在の最低賃金)” (プレスリリース), EMPLOYMENT NEW ZEALAND(ニュージーランド労働省), (2018年5月8日), https://www.employment.govt.nz/hours-and-wages/pay/minimum-wage/minimum-wage-rates/ 2019年4月2日閲覧。 
  47. ^ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). “ビジネス短信>遼寧省が最低賃金を5.9%引き上げ、改定は2年ぶり(中国)”. 2018年8月4日閲覧。
  48. ^ 中華人民共和国人力資源社会保障部 (2019年4月4日). “全国各地区月最低工资标准情况(截至2019年3月)(全国各地域の月額最低賃金[2019年3月現在)]”. 2019年4月10日閲覧。
  49. ^ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). “ビジネス短信>北京市の最低賃金、9月から6%引き上げ2,120元に(中国)”. 2018年7月16日閲覧。
  50. ^ 北京市人力資源・社会保障局. “「北京市の2018年の最低賃金基準の調整に関する通知」(京人社労発「2018」130号)”. 2018年7月16日閲覧。
  51. ^ “涨了!4月1日起,本市月最低工资标准调整到2480元 (上昇! 4月1日から、最低月給は2480元に。)” (プレスリリース), 上海市人力资源和社会保障局, (2019年3月25日), http://www.12333sh.gov.cn/201712333/xwfb/zxdt/01/201903/t20190325_1295409.shtml 2019年3月30日閲覧。 
  52. ^ 劉元森 (2019年4月1日). “ビジネス短信>上海市の法定最低賃金、4月1日から2.5%引き上げ(中国)”. 2019年4月4日閲覧。
  53. ^ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). “ビジネス短信>広東省、7月1日から最低賃金を改定(中国)”. 2018年7月5日閲覧。
  54. ^ 広東省人民政府. “「わが省企業職員・工員の最低賃金基準調整に関する通知」(粤府函〔2018〕187号)”. 2018年7月5日閲覧。
  55. ^ 香港最低工資委員会 (2016-10) (PDF). 主頁>>刊物及下載資料>最低工資委員会2016年報告>摘要 I(11ページ、PDF13ページ) (Report). https://www.mwc.org.hk/sc/downloadable_materials/2016_MWCReport_Chi.pdf 2018年10月8日閲覧。. 
  56. ^ 電子版香港法例. “Cap. 608 Minimum Wage Ordinance Schedule 3 Prescribed Minimum Hourly Wage Rate”. 2018年9月8日閲覧。
  57. ^ 中井邦尚 (2017年4月24日). “世界のビジネスニュース(通商弘報)>最低賃金を2年ぶり引き上げ、5月から時給34.5香港ドルに(香港)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年7月16日閲覧。
  58. ^ 香港政府労工処 (2019年3月27日). “公共服務>僱員權益及福利>法定最低工資”. 2019年4月7日閲覧。
  59. ^ 香港最低工資委員会 (2018-10) (PDF). 主頁>>刊物及下載資料>最低工資委員会2018年報告>摘要 I(10ページ、PDF12ページ) (Report). https://www.mwc.org.hk/tc/downloadable_materials/2018_MWCReport_Chi.pdf 2019年1月15日閲覧。. 
  60. ^ “最低賃金、来年は37.5ドルに引き上げ【香港―経済】” (日本語). 香港ポスト. (2018年10月4日). https://www.hkpost.com.hk/20181004_14012/ 2018年10月8日閲覧。 
  61. ^ 香港政府労工処 (2018年9月28日). “外籍家庭傭工>最新消息>外籍家庭傭工「規定最低工資」及膳食津貼上調(外国人家政婦の最低賃金と食事手当)”. 2018年10月8日閲覧。
  62. ^ “外国人家政婦の最低賃金、4520ドルに【香港―経済】” (日本語). 香港ポスト. (2018年10月3日). https://www.hkpost.com.hk/20181003_13962/ 2017年10月8日閲覧。 
  63. ^ 최저임금위원회(韓国最低賃金委員会). “HP> 최저임금제도 > 최저임금액 현황(HP>最低賃金制度> 最低賃金額現況)”. 2018年12月29日閲覧。
  64. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2018年9月). “調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2018年 > 9月 > 韓国 > 2020年までの最低賃金1万ウォン達成は実現困難に”. 2018年9月30日閲覧。
  65. ^ 諸一(ジェ・イル) (2018年8月10日). “ビジネス短信>2019年の最低賃金(時給)は10.9%増の8,350ウォンに(韓国)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年8月28日閲覧。
  66. ^ a b c United States Department of State(アメリカ国務省). “Country Reports on Human Rights Practices for 2017(2017年国別人権報告書)”. 2018年8月31日閲覧。
  67. ^ 根本光幸 (2015年10月22日). “ビジネス短信>開城工業団地の最低賃金、2015年は5%引き上げ(韓国、北朝鮮)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年8月31日閲覧。
  68. ^ 台湾労働部(労働省). “基本工資之制訂與調整經過”. 2018年9月8日閲覧。
  69. ^ 余暁涵; 呉欣紜; 呂欣ケイ (2018年8月17日). “台湾、月額最低賃金5%引き上げ 来年元日から” (日本語). フォーカス台湾. http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201808170006.aspx 2018年8月18日閲覧。 
  70. ^ 基本工資拍板!月薪23100 時薪150元 (インターネット番組). 台湾: 東森新聞CH51.. (2018年8月16日). https://www.youtube.com/watch?v=joRHOer-yHM 
  71. ^ a b 厚生労働省 (2019-03) (PDF). 2018年海外情勢報告 第6章 南アジア地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向 第1節 インド(India) (1)労働施策 (Report). https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kaigai/19/dl/t6-01.pdf 2019年4月16日閲覧。. 
  72. ^ a b c d e Minimum Wages India 2019 – Current Minimum Wage Rate India”. Wage Indicator Foundation. 2019年4月16日閲覧。
  73. ^ Government of NCT of Delhi(デリー連邦直轄領政府). “Current Minimum Wage Rate(現在の最低賃金)”. 2018年10月23日閲覧。
  74. ^ Minimum Wages – Uttar Pradesh”. Labour Law Reporter(労働法レポーター). 2018年10月3日閲覧。
  75. ^ Minimum Wages – Maharashtra wef 01-01-2019”. Labour Law Reporter(労働法レポーター). 2019年3月12日閲覧。
  76. ^ Minimum Wages – Haryana”. Labour Law Reporter(労働法レポーター). 2019年3月12日閲覧。
  77. ^ 世界のビジネスニュース(通商弘報)>都県別の最低賃金が改定、4月から適用(タイ)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年4月5日閲覧。
  78. ^ 2019年の最低賃金決まる、平均引き上げ率5.3%(ベトナム)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2018年12月17日). 2018年12月20日閲覧。
  79. ^ Nghị định 157/2018/NĐ-CP quy định về mức lương tối thiểu vùng đối với người lao động làm việc theo hợp đồng lao động(157/2018/ND-CP 労働契約下で働く労働者の最低賃金水準の規定)”. THƯ VIỆN PHÁP LUẬT(法律の図書館). 2018年12月20日閲覧。
  80. ^ ベトナムの労働法概要”. NAC Global.net. 2018年7月5日閲覧。
  81. ^ Department of Labor and Employment. “Home » Minimum Wage Rates » NCR”. 2018年11月7日閲覧。
  82. ^ 世界のビジネスニュース(通商弘報)>マニラ首都圏の最低賃金、1年ぶり引き上げ(フィリピン)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年11月16日閲覧。
  83. ^ 《労使》首都圏最賃、25ペソ引き上げが決定”. NNA ASIA アジア経済ニュース (2018年11月6日). 2018年11月7日閲覧。
  84. ^ 2019年の主要地域の最低賃金、大半が8.03%増に(インドネシア)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2018年11月28日). 2018年12月14日閲覧。
  85. ^ 日額の最低賃金を4,800チャットに33%引き上げ(ミャンマー)”. 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ). 2018年8月24日閲覧。
  86. ^ ပြညထ် ောငစ်ုသမ္တမပမ္နမ္်ောနင ုင်ံထတော်အစိုး ုရ အနညိုး်ဆုံိုးအခထ ကိုးထငသွေတမ္်ှတထ်ရိုးဆင ုရ်ော အမ္ ိုးသောိုးထကောမ္်တီ (အမ္န ထ့်် ကော်ပငောစောအမ္တှ၊် ၂/၂၀၁၈) ၁၃၈၀ ခနုှစ၊် ကဆုန်လပြညက့််က ် ၁၅ ရက် (၂၀၁၈ ခုနစှ၊် ကေ လ ၁၄ ရက်)”. ミャンマー国家委員会. 2018年8月24日閲覧。
  87. ^ a b 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2006年8月). “調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2006年 > 8月 > EU >EU域内諸国の法定最低賃金に11倍の格差”. 2018年7月22日閲覧。
  88. ^ a b EU統計局 (2009年7月24日). “Minimum Wages in January 2009”. 2018年7月22日閲覧。
  89. ^ EU統計局 (2019年2月5日). “Monthly minimum wages - bi-annual data”. 2019年2月9日閲覧。
  90. ^ Thorsten Schulten; Malte Lübker (2019-2). “WSI-MINDESTLOHNBERICHT 2019 Zeit für kräftige Lohnzuwächse und eine europäische(WSI 最低賃金報告2019 強い賃金上昇期間とヨーロッパの最低賃金政策)” (ドイツ語). WSI Report (WSI(ドイツ経済社会研究所)) 46: 4,6. ISSN 2366-7079. https://www.boeckler.de/pdf/p_wsi_report_46_2019.pdf 2019年3月25日閲覧。. 
  91. ^ a b OECD. “Real minimum wages(実質最低賃金)”. 2018年8月16日閲覧。
  92. ^ a b c OECD. “Minimum relative to average wages of full-time workers(フルタイム労働者の平均賃金に対する最低賃金の比率)”. 2018年10月12日閲覧。
  93. ^ ¿Cuál es el valor del ingreso mínimo mensual? (最低月収はいくらですか。)”. Dirección del Trabajo, Gobierno de Chile(チリ労働省) (2018年9月1日). 2018年10月24日閲覧。
  94. ^ a b オックスファム・インターナショナル (2018年10月9日). “The Commitment to Reducing Inequality Index 2018(2018年度格差縮小コミットメント指数)Data file Figure1”. 2018年10月12日閲覧。
  95. ^ a b Juliette Michel (2014年5月7日). “米国の一部レストランでチップ廃止の動き、従業員の賃金均等化も”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3014273 2014年5月18日閲覧。 
  96. ^ a b 厚生労働省. “2017年海外情勢報告 第2章 北米地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(50~100ページ)第2節 アメリカ合衆国(United States of America) (1)労働施策”. 2018年7月5日閲覧。
  97. ^ トム・ゲーガン. “チップを渡すべきか 渡さざるべきか それとも禁止するべきか”. BBC. http://www.bbcworldnews-japan.com/uk_topics/view/0000221 2014年5月18日閲覧。 [リンク切れ]
  98. ^ 北澤 謙 (2009-01-14). “欧米諸国における最低賃金制度 第2章 アメリカ合衆国の最低賃金制度” (日本語). JILPT 資料シリーズ (独立行政法人労働政策研究・研修機構) 50: 7-31. http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2009/documents/050_02.pdf 2018年9月9日閲覧。. 
  99. ^ NewSphere. “World>「時給を15ドルに!」世界のマクドナルドで抗議活動 日本法人は賃下げか”. 2018年8月24日閲覧。
  100. ^ AFP通信社 (2014年9月5日). “ファストフード労働者が全米150都市でデモ、逮捕者44人”. 2018年8月24日閲覧。
  101. ^ AFP通信社 (2016年11月30日). “最低賃金時給15ドル求め米各地でデモ、逮捕者も”. 2018年8月24日閲覧。
  102. ^ a b c 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “生活できる賃金を求める運動が過去最大規模で展開”. 2018年8月24日閲覧。
  103. ^ 日本貿易振興機構(ジェトロ). “ロサンゼルス郡の最低賃金が7月から引き上げ(米国)”. 2018年7月5日閲覧。
  104. ^ 日本貿易振興機構(ジェトロ). “サンフランシスコの最低賃金が15ドルに(米国)”. 2018年7月14日閲覧。
  105. ^ 三菱東京UFJ銀行国際業務部 (2016年7月15日). “BTMU Global Business Insight EMEA & Americas Ⅱ.米国:カリフォルニア州の最低賃金引き上げ”. 2018年10月5日閲覧。
  106. ^ The Amazon blog day one (2018年10月2日). “Amazon Raises Minimum Wage to $15 for All U.S. Employees(アマゾン 全てのアメリカ国内の従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げる)”. 2018年10月6日閲覧。
  107. ^ Japan Business Press (2018年10月4日). “最低賃金引き上げも、巨人アマゾンへの影響は軽微 年末商戦を控え、労働力獲得競争で有利な立場に”. 2018年10月6日閲覧。
  108. ^ 日本貿易振興機構(ジェトロ). “ロサンゼルス郡の最低賃金が7月から引き上げ(米国)”. 2018年10月6日閲覧。
  109. ^ Digital Philosophy (2016年5月26日). “マクドナルド元CEO「時給15ドルになればロボットと代替される”. 2019年1月3日閲覧。
  110. ^ a b 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “資料シリーズ No.181 諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ― 第4章 アメリカ”. 2018年8月21日閲覧。
  111. ^ 国立国会図書館調査及び立 法考査局 社会労働課. “我が国と欧米主要国の最低賃金制度―近年の動向と課題― Ⅱ 欧米主要国の最低賃金制度 1 アメリカ”. 2018年8月30日閲覧。
  112. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “最低賃金制度をめぐる欧米諸国の最近の動向:アメリカ 連邦最賃、10年ぶり引き上げ”. 2018年8月30日閲覧。
  113. ^ a b 厚生労働省. “第4回最低賃金制度のあり方に関する研究会配付資料『諸外国の最低賃金制度における履行確保について』”. 2018年9月21日閲覧。
  114. ^ a b c d e U.S. Bureau of Labor Statistics. “Characteristics of minimum wage workers, 2017”. 2018年7月5日閲覧。
  115. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “労働者の約半数が時給15ドル以下―民間シンクタンク報告”. 2017年3月30日閲覧。
  116. ^ Oxfam America. “Few rewards An agenda to give America’s working poor araise”. 2018年7月22日閲覧。
  117. ^ Economists want minimun wage raised NBCnews 2006年10月11日
  118. ^ Top economists: Time to raise the minimum wage learn forward, MSNBC 2012年7月24日
  119. ^ a b c d e Raise That Wage Paul Krugman, New York Times 2013年2月17日
  120. ^ a b 75 economists back minimum wage hike CNN Money, January 14, 2014
  121. ^ a b c Over 600 Economists Sign Letter In Support of $10.10 Minimum Wage Economist Statement on the Federal Minimum Wage, Economic Policy Institute
  122. ^ a b 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、121頁。
  123. ^ a b c d e 米経済、最低賃金引き上げにはぜい弱すぎるか?WSJ 2014年2月4日
  124. ^ 最低賃金が先進国最下位の米国で賃上げ論争-時給9ドル構想でWSJ 2013年2 月21日
  125. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “> 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2017年 > 8月 > アメリカ > 最低賃金引き上げが賃金の底上げをもたらす―2016年アメリカ賃金状況:経済政策研究所”. 2017年9月4日閲覧。
  126. ^ 経済政策研究所. “The State of American Wages 2016, Lower unemployment finally helps working people make up some lost ground on wages > Wage growth at the bottom was faster in states that increased their minimum wage in 2016”. 2017年9月4日閲覧。
  127. ^ a b 山越 敬一 (2015-02-20). “第12回北東アジア労働フォーラム報告書 最近の賃金動向と最低賃金制度 第1セッション 日本における賃金の実情と政策  2.賃金に関する政策の現状 (3)日本における最低賃金制度” (日本語). 海外労働情報 (独立行政法人労働政策研究・研修機構) 15-02: 72-75. http://www.jil.go.jp/foreign/report/2015/pdf/2015_0220_01.pdf 2018年8月30日閲覧。. 
  128. ^ 『叛骨の宰相 岸信介』 KADOKAWA、2014年1月20日、ISBN 978-4-04-600141-2北康利
  129. ^ 最低賃金制度のあり方に関する研究会報告』(厚生労働省)
  130. ^ 「最低賃金」と「生活保護基準」の「逆転現象」は解消されていない!-用いられる「生活保護基準」のウソ-(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース
  131. ^ 地域別最低賃金の全国一覧厚生労働省
  132. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “日本労働研究雑誌 2009年12月号(No.593) 特集:最低賃金 最低賃金はどのように決まっているのか”. 2018年8月31日閲覧。
  133. ^ 厚生労働省. “中央最低賃金審議会 (目安制度のあり方に関する全員協議会) 第19回目安制度の在り方に関する全員協議会資料一覧 資料1 中央最低賃金審議会目安制度の在り方に関する全員協議会報告(案)”. 2018年8月31日閲覧。
  134. ^ 厚生労働省. “中央最低賃金審議会 (目安制度のあり方に関する全員協議会) 第16回目安制度の在り方に関する全員協議会資料一覧  資料2 ランク区分の見直しの基礎とする指標案(現行との比較)”. 2018年8月31日閲覧。
  135. ^ 厚生労働省. “報道発表資料(平成30年7月) 平成30年度地域別最低賃金額改定の目安について~ 目安はAランク27円、Bランク26円、Cランク25円、Dランク23円 ~ 参考1 最低賃金制度と地域別最低賃金額の改定に係る目安制度の概要”. 2018年8月31日閲覧。
  136. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “資料シリーズ No.181 諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ― 調査の概要”. 2018年10月6日閲覧。
  137. ^ 厚生労働省. “平成28年度労働基準監督年報”. 2018年10月6日閲覧。
  138. ^ 厚生労働省 (2018年6月20日). “外国人技能実習生の実習実施者に対する平成29年の監督指導、送検等の状況を公表します~監督指導を行った実習実施者のうち、労働基準関係法令違反が認められたのは70.8%~”. 2018年10月6日閲覧。
  139. ^ フリーダム・ハウス (2018年). “Freedom in the World 2018 >G. PERSONAL AUTONOMY AND INDIVIDUAL RIGHTS>G4.Do individuals enjoy equality of opportunity and freedom from economic exploitation?(2018年版世界自由度指数 日本 G.人格的自律権と個人の自由 G4.個人は機会平等経済的搾取からの自由を享受できるのか?)”. 2018年10月15日閲覧。
  140. ^ 首相官邸. “第10回下請等中小企業の取引条件改善に関する関係府省等連絡会議 資料5 厚生労働省提出資料”. 2018年10月6日閲覧。
  141. ^ a b 厚生労働省. “平成30年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第2回)資料 資料3 地域別最低賃金額、未満率及び影響率”. 2018年8月18日閲覧。
  142. ^ a b c 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “資料シリーズ No.177 2007年の最低賃金法改正後の労働者の賃金の状況 第1章 地域別最低賃金近傍の賃金の分布”. 2018年8月18日閲覧。
  143. ^ a b c 厚生労働省. “中央最低賃金審議会 (目安制度のあり方に関する全員協議会) 第10回目安制度の在り方に関する全員協議会資料一覧 資料3-1 最低賃金近傍の労働者の実態について(賃金構造基本統計調査に基づく分析)”. 2018年8月18日閲覧。
  144. ^ a b c “失踪実習生 67%が最低賃金未満 野党7党派が法務省調査を分析” (日本語). 毎日新聞. (2018年12月3日). https://mainichi.jp/articles/20181203/k00/00m/010/634000c 2018年12月5日閲覧。 
  145. ^ 法務省 技能実習制度の運用に関するプロジェクトチーム (2019-03-28) (PDF). 調査・検討結果概要 (Report). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gaikokujinzai/kaigi/dai4/siryou3.pdf 2019年4月7日閲覧。. 
  146. ^ 小畑精武「公契約条例入門」(旬報社)
  147. ^ [2]「道内最低賃金、14円上げ答申 生活保護との逆転解消 」
  148. ^ [3]「最低賃金16円上げ 生活保護との逆転現象解消 」
  149. ^ 首相官邸. “ニッポン一億総活躍プラン(平成28年6月2日 閣議決定)1.成長と分配の好循環メカニズムの提示 (3)成長と分配の好循環のメカニズム(5ページ、PDF5ページ)”. 2018年12月5日閲覧。
  150. ^ 首相官邸. “ニッポン一億総活躍プラン(平成28年6月2日 閣議決定)名目GDP600兆円の実現 消費の喚起(賃金・可処分所得の引上げ等) ㉒可処分所得の増加(賃金・最低賃金の引上げ)(PDF最終ページ)”. 2018年12月5日閲覧。
  151. ^ 首相官邸. “働き方改革実行計画(工程表) 項目2.賃金引上げと労働生産性向上 ③企業への賃上げの働きかけや取引条件改善・生産性向上支援など賃上げしやすい環境の整備(その1)(PDF6ページ)”. 2018年12月5日閲覧。
  152. ^ 内閣府. “経済財政運営と改革の基本方針 2018 ~少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現~ 第2章 力強い経済成長の実現に向けた重点的な取組 3.働き方改革の推進 (4)最低賃金の引上げ等(26ページ、PDF32ページ)”. 2018年12月5日閲覧。
  153. ^ “[월드리포트 일본 알바생들이 최저임금과 함께 받는 것?”]. (2017年7月20日). http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=055&aid=0000550659&date=20170720&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=104 2017年7月26日閲覧。 
  154. ^ “最低賃金、3年連続3%上げ 平均26円増の874円”. 朝日新聞. (2018年7月25日). https://www.asahi.com/articles/ASL7R4FM1L7RULFA016.html 2018年12月5日閲覧。 
  155. ^ 株式会社リクルートジョブズ (2018年11月15日). “2018年10月度アルバイト・パート募集時平均時給調査”. 2018年12月5日閲覧。
  156. ^ パーソルキャリア株式会社 (2018年11月15日). “アルバイト求人情報サービス「an」調べ 2018年10月 アルバイト平均時給 全国平均1,046円 年末商戦に向け「フード系」職種の採用が活発化。労働契約法・労働者派遣法改正の影響も”. 2018年12月5日閲覧。
  157. ^ “最低賃金 各党は”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2007年7月21日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-07-12/2007071204_01_0.html 2014年11月29日閲覧。 
  158. ^ 「中小企業がユニオンに潰される日」 田岡春幸
  159. ^ [4]「マクドナルド元CEO、時給15ドルへの最低賃金引き上げが行われた場合には人間を雇うよりロボットを導入した方が安上がり」
  160. ^ 最低賃金改革RIETI 2013年6月
  161. ^ 最低賃金と貧困対策 DP13-J-014概要RIETI 2013年3月
  162. ^ 最低賃金と貧困対策RIETI 2013年3月
  163. ^ a b 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、202頁。
  164. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、122頁。
  165. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “資料シリーズ No.177 2007年の最低賃金法改正後の労働者の賃金の状況”. 2018年8月18日閲覧。
  166. ^ 厚生労働省 (2003年12月2日). “第2回目安制度のあり方に関する全員協議会議事録>資料8  地域別最低賃金に関するデータ(時間額)>ランク別加重平均時間額と引上率の推移”. 厚生労働省. 2019年2月18日閲覧。
  167. ^ 厚生労働省. “HP> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 賃金 賃金引上げ、労働生産性向上> 地域別最低賃金の全国一覧 (PDF)”. 厚生労働省. 2019年2月18日閲覧。
  168. ^ 総務省. “HP>統計データ>労働力調査>調査結果目次(全国結果)>労働力調査 長期時系列データ>表1>【月別結果―全国】 月別結果の季節調整値及び原数値> a-8 完全失業率【年齢階級(10歳階級)別】(エクセル:459KB) (1968年1月~) (Excel)”. 総務省. 2019年2月18日閲覧。
  169. ^ 最低賃金は日本において有効な貧困対策か?RIETI 2009年6月
  170. ^ “参議院質問主意書 最低賃金額の引上げと最低賃金審議会委員の公正な任命等に関する質問主意書” (プレスリリース), 参議院, (2004年4月5日), http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/159/syuh/s159014.htm 
  171. ^ NHK (2018年10月15日). “同じ仕事なのに年収差40万円以上?”. 2018年10月18日閲覧。
  172. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、150頁。
  173. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、78頁。
  174. ^ 橘木俊詔 『朝日おとなの学びなおし 経済学 課題解明の経済学史』 朝日新聞出版、2012年、78頁。
  175. ^ 2006年(平成18年)12月27日『-今後の最低賃金制度の在り方について-』(労働政策審議会 厚生労働省)
  176. ^ 第166回国会 議案の一覧”. 2012年12月20日閲覧。
  177. ^ なぜ最低賃金を上げると百貨店の客が減るのか 「あなたの仕事・職場」と儲かるカギ【7】消費不況PRESIDENT Online プレジデント 2012年9月17日
  178. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、55頁。
  179. ^ 2007年(平成19年)5月21日『脱格差と活力をもたらす労働市場へ』(規制改革会議 内閣府)
  180. ^ Concluding observations on the third periodic report of Japan, adopted by the Committee at its fiftieth session (29 April-17 May 2013)” (2013年6月10日). 2018年12月5日閲覧。
  181. ^ 第50会期において委員会により採択された日本の第3回定期報告に関する最終見解(2013年4月29日-5月17日) 仮翻訳”. 2018年12月5日閲覧。
  182. ^ あなたが受け取れる残業代はいくら? | 本当に知ってる?残業代の基礎知識 | サービス残業・未払い残業代請求のことなら残業代バンク
  183. ^ 労働時間・休日 |厚生労働省
  184. ^ 適用される割増賃金率判断のための、中小企業該当の有無についての確認 | 福岡労働局
  185. ^ 法定労働時間と割増賃金について教えてください。|厚生労働省
  186. ^ 労働基準法|労働関連法令等一覧|労働政策研究・研修機構(JILPT)
  187. ^ 法定労働時間1日8時間・1週40時間と割増賃金の関係
  188. ^ 「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」の答申 |報道発表資料|厚生労働省
  189. ^ 労働基準法の一部改正法が成立 ~ 平成22年4月1日から施行されます ~
  190. ^ 労働基準法の基礎知識 - 月60時間を超える法定時間外労働の割増賃金|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール)
  191. ^ 36協定と労働基準法 - キノシタ社会保険労務士事務所
  192. ^ しっかりマスター労働基準法 -割増賃金編-
  193. ^ 時間外・休日・深夜労働の割増賃金 | 岡山労働局
  194. ^ a b c d e f 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “資料シリーズNo.50 欧米諸国における最低賃金制度(平成21年1月14日) 第4章 イギリスの最低賃金制度”. 2018年8月21日閲覧。
  195. ^ 北海道大学大学院経済学研究院. “Discussion Paper, Series B, No.2017-150 イギリスにおける産業委員会法(The Trade Boards Act 1909)の成立(2017年10月)”. 2018年8月30日閲覧。
  196. ^ 法政大学 大原社会問題研究所. “大原社会問題研究所雑誌 No.502/2000.9 ■論文 イギリスにおける賃金審議会の 廃止と全国最低賃金制度の導入”. 2018年11月2日閲覧。
  197. ^ a b 第2回最低賃金制度のあり方に関する研究会配付資料『諸外国の最低賃金制度について』(厚生労働省)
  198. ^ 1998年 海外労働情勢」(労働省
  199. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2010年 > 4月 > イギリス > 最低賃金、10月から5.93ポンドに引き上げ 注1”. 2014年11月29日閲覧。
  200. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “>海外労働情報>国別労働トピック>掲載国一覧>イギリス>2016年3月>「全国生活賃金」導入と雇用主の対応”. 2016年11月16日閲覧。
  201. ^ a b c d e f g 厚生労働省. “中央最低賃金審議会(目安制度のあり方に関する全員協議会) 第5回目安制度の在り方に関する全員協議会(平成27年2月16日)資料一覧 資料2 諸外国における最低賃金決定プロセス等について”. 2018年8月3日閲覧。
  202. ^ GOV.UK. “National Minimum Wage and National Living Wage rates”. 2018年11月1日閲覧。
  203. ^ a b 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. “調査研究成果 > 海外労働情報 > フォーカス > 2018年 > 4月:イギリス > イギリスの労働基準監督官制度”. 2018年8月30日閲覧。
  204. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、54頁。
  205. ^ Office for National Statistics(国家統計局) (2018年10月25日). “Home>Employment and labour market>People in work>Earnings and working hours>Dataset:Jobs paid below minimum wage by category”. 2018年11月2日閲覧。
  206. ^ KPMG. “Progress on the real Living Wage takes a regrettable step back”. 2018年11月22日閲覧。
  207. ^ What is the real Living Wage?. “Explaining UK Wage Rates”. 2018年11月22日閲覧。
  208. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “生活賃金と最低賃金の動向”. 2018年8月3日閲覧。
  209. ^ 大竹文雄 『競争と公平感-市場経済の本当のメリット』 中央公論新社〈中公新書〉、2010年、190頁。
  210. ^ Conor D’Arcy (May 2018), Low Pay Britain 2018, Conor D’Arcy, https://www.resolutionfoundation.org/app/uploads/2018/05/Low-Pay-Britain-2018.pdf 208-08-28閲覧。 
  211. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “低賃金層における賃金低迷の要因”. 2018年8月28日閲覧。
  212. ^ a b c d e f 飯田 恵子 (2017-3-31). “諸外国における最低賃金制度の 運用に関する調査 ─ イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ ─ 第2章 ドイツ” (日本語). JILPT 資料シリーズ (独立行政法人 労働政策研究・研修機構) 181: 25-42. http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2017/documents/181_02.pdf 2018年8月12日閲覧。. 
  213. ^ a b c d e f g h 横井 正信 (2016-01-14). “ドイツにおける法定最低賃金導入の政治的意義” (日本語). 福井大学教育地域科学部紀要(社会科学) (福井県福井市: 福井大学教育地域科学部) 6: 167-215. ISSN 2185369x{{issn}}のエラー: 無効なISSNです。. NAID 120005691447. https://core.ac.uk/download/pdf/61365949.pdf 2018年8月28日閲覧。. 
  214. ^ “Germany approves first-ever national minimum wage(ドイツ、史上初の全国最低賃金を承認)” (英語). BBC News, Business. (2014年7月3日). http://www.bbc.co.uk/news/business-28140594 
  215. ^ a b c >Justin Huggler (2014年7月3日). “Germany introduces minimum wage (ドイツ 最低賃金導入)” (英語). デイリー・テレグラフ, world (ロンドン). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/germany/10943730/Germany-introduces-minimum-wage.html 
  216. ^ a b “German parliament approves 8.50 euro national minimum wage(ドイツ連邦議会 最低賃金額を8.50ユーロで承認)” (英語). ロイター (ロンドン). (2014年7月3日). https://www.reuters.com/article/germany-minimumwage-approval/german-parliament-approves-8-50-euro-national-minimum-wage-idUSL6N0PE2ZM20140703 
  217. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2017年3月), “HP> 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2017年 > 3月 > ドイツ > 最低賃金の引き上げ等、いくつかの制度変更について” (プレスリリース), http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2017/03/germany_01.html 2017年3月19日閲覧。 
  218. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2019年4月9日), “HP> 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2019年 > 4月 > ドイツ > 2019年1月以降の業種別最低賃金” (プレスリリース), https://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2019/04/germany_02.html 2019年4月13日閲覧。 
  219. ^ ドイツ経済社会研究所(WSI) (2019年4月9日). “Mindestlöhne in Deutschland(ドイツの最低賃金) (PDF)”. 2019年4月13日閲覧。
  220. ^ 厚生労働省 (2018-03) (PDF). 2017年海外情勢報告 第3章 欧州地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(101~250ページ) 第2節 ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany) (1)労働施策 (Report). http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2009/documents/050_05.pdf 2018年4月30日閲覧。. 
  221. ^ a b 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2017年8月), “> 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2017年 > 8月 > ドイツ > 最低賃金とひとり親をめぐる議論” (プレスリリース), http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2017/08/germany_01.html 2017年9月4日閲覧。 
  222. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2017年5月), “> 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2017年 > 5月 > ドイツ > 半数近くのミニジョブが最低賃金未満―WSI分析” (プレスリリース), http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2017/05/germany_01.html 2017年5月16日閲覧。 
  223. ^ 飯田 恵子 (2018-04-20). “諸外国における副業・兼業の実態調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ― 第2章 ドイツ” (日本語). JILPT 資料シリーズ (独立行政法人 労働政策研究・研修機構) 201: 23-26,31. http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2018/documents/201_02.pdf 2018年9月5日閲覧。. 
  224. ^ 労働政策研究・研修機構 (2003) (PDF). 海外労働時報 2003年 増刊号 No.336 (Report). https://www.jil.go.jp/foreign/basic_information/2002/pdf/fr.pdf 2019年4月16日閲覧。. 
  225. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “日本労働研究雑誌 2009年12月号(No.593) 特集:最低賃金 フランスの最低賃金制度について”. 2018年8月18日閲覧。
  226. ^ 独立行政法人労働政策研究・研修機構. “資料シリーズNo.50 欧米諸国における最低賃金制度(平成 21年1月14日) 第3章 フランスの最低賃金制度”. 2018年8月9日閲覧。
  227. ^ 厚生労働省. “第6回最低賃金制度のあり方に関する研究会議事要旨 6 配付資料 5 フランス及びイギリスの最低賃金制度について 1 フランスの最低賃金制度について”. 2018年8月18日閲覧。
  228. ^ BBC (2018年12月11日). “マクロン仏大統領、最低賃金引き上げを公約 黄色いベストの抗議行動受け”. 2018年12月11日閲覧。
  229. ^ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2018年12月12日). “抗議デモ運動、マクロン大統領が対応策を発表(フランス)”. 2018年12月14日閲覧。
  230. ^ 神吉知郁子. “資料一覧 資料1 英仏の最低賃金決定方式 —日本の最低賃金制度に対する示唆—” (PDF). 中央最低賃金審議会(目安制度のあり方に関する全員協議会) 第7回目安制度の在り方に関する全員協議会. 厚生労働省. https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000083738.pdf 2018年8月9日閲覧。 
  231. ^ a b 北澤 謙 (2017-3-31). “諸外国における最低賃金制度の 運用に関する調査 ─ イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ ─ 第3章 フランス” (PDF). JILPT資料シリーズ (独立行政法人 労働政策研究・研修機構) (181). http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2017/documents/181_03.pdf 2018年8月9日閲覧。. 
  232. ^ 厚生労働省. “2017年海外情勢報告 第3章 欧州地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(101~250ページ) 第1節 フランス共和国(French Republic) (1)労働施策”. 2018年7月10日閲覧。
  233. ^ 日本弁護士連合会 (2018) (PDF). HP > 日弁連・弁護士について > 統計・各種アンケート結果 > 各種統計情報 > 基礎的な統計情報(弁護士白書2018年版等から抜粋)>民事事件等に関する活動 >民事事件>労働審判事件の新受・既済件数(地裁) (Report). https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2018/3-1-8_tokei_2018.pdf 2019年3月22日閲覧。. 
  234. ^ a b La revalorisation du Smic au 1er janvier 2018”. フランス労働省 (2018年11月19日). 2019年3月12日閲覧。
  235. ^ a b HP > 調査研究成果 > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2002年 > 11月 > 週35時間制の見直し:時間外労働枠の拡大とSMICの一本化”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2002年11月). 2018年12月29日閲覧。
  236. ^ 第4回最低賃金制度のあり方に関する研究会議事要旨 6配布資料 6.第2回資料4「諸外国の最低賃金制度について」の修正”. 厚生労働省. 2018年8月22日閲覧。
  237. ^ “スイス、時給2500円の最低賃金導入を否決 国民投票で”. CNN. (2014年5月19日). http://www.cnn.co.jp/business/35048103.html 2014年5月19日閲覧。 
  238. ^ “スイス、時給2500円導入を国民投票で否決”. 日本経済新聞. (2014年5月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1900U_Z10C14A5000000/ 2014年5月19日閲覧。 
  239. ^ “スイスで働くスイスの最低賃金は40万円台が妥当?”. スイス放送協会 国際部. (2018年5月30日). https://www.swissinfo.ch/jpn/business/スイスで働く_スイスの最低賃金は%EF%BC%94%EF%BC%90万円台が妥当-/44154864 2018年6月2日閲覧。 





最低賃金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最低賃金」の関連用語

最低賃金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



最低賃金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2019 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最低賃金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS