労働災害とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 災害 > 労働災害の意味・解説 

ろうどう‐さいがい〔ラウドウ‐〕【労働災害】

読み方:ろうどうさいがい

労働者就業にかかわる建設物・設備原材料粉塵(ふんじん)などにより、または作業行動その他業務に起因して労働者負傷し疾病にかかり、または死亡すること。


労働災害(ろうどうさいがい)

労働関わる用語

労働者労務提供の過程発生する事故疾病のこと。労働災害の一定の範囲のものについては、使用者過失ない場合でも責任負わなければならない


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:34 UTC 版)

労働災害(ろうどうさいがい、: work accidentあるいはworkplace accidentなど)とは、労働者が、業務に起因して被る災害[1]。労働者が、労働に関連する場(状況)で、事故にあったり疾病にかかったりすること。日本での略称は労災(ろうさい)で、労働者災害補償保険は労災保険と呼ばれる[2]


  1. ^ 大辞泉「労働災害」
  2. ^ 労災保険とは 厚生労働省東京労働局(2021年11月23日閲覧)
  3. ^ 一人親方等は労働者ではないため含まれない。参考として、2018年に厚生労働省が把握した建設業における一人親方等の業務上の災害による死亡者数は96人(うち一人親方55人)である。 厚生労働省「建設現場の災害をなくしましょう!」
  4. ^ 厚生労働省「令和元年5月17日安全課平成30年における労働災害発生状況について」
  5. ^ 健康保険の被保険者又は被扶養者の業務上の負傷等について(全国健康保険協会HPから)
  6. ^ 孫、祖父母及び兄弟姉妹については同居かつ扶養していることが要件であったが、労働者災害補償保険法施行規則第8条第5号が改正となり、平成29年1月1日より当該要件は撤廃された。労災保険の通勤災害保護制度が変わりました(厚生労働省HP)
  7. ^ a b c コロナ労災 感染者の1%「経路不明」対応しない場合も 周知や職場理解に課題日本経済新聞』朝刊2021年11月16日(社会面)2021年11月23日閲覧
  8. ^ 「労災かくし」とする表記も見られるが、本項では「隠」の字が常用漢字であることから「労災隠し」と表記する。
  9. ^ 労働災害統計厚生労働省
  10. ^ a b c 週刊ダイヤモンド』2014年12月20日号「労基署がやってくる!」p.52
  11. ^ 労働災害が発生したとき厚生労働省
  12. ^ 第12次労働災害防止計画について厚生労働省
  13. ^ 第13次労働災害防止計画について厚生労働省


「労働災害」の続きの解説一覧

労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 10:02 UTC 版)

川崎重工業」の記事における「労働災害」の解説

1971年入社(一旦退職し、のち1997年再入社)し、2000年鬱病診断され神戸工場グループ長(当時55歳)が2002年首吊り自殺した。同社は、1件も受注できない中で450億円の大きな商談任せこの男性が失敗したとして、男性社内で「金食い虫」と糾弾し続けてきた。神戸労働基準監督署自殺職務との関連性認めず、労働災害不認定としたことを受けて遺族の妻は遺族補償給付金などの不支給処分取り消し求め神戸地裁提訴2010年9月3日同地裁(裁判長矢尾和子)は、男性仕事大きな重圧を受けていたとして労災認め神戸労働基準監督署処分取り消した判決は「残業時間からは、直ち業務過重だったと認められない」、「業務による心理的負荷強かった自殺は、業務内在する危険が現実化した」と言及を行った

※この「労働災害」の解説は、「川崎重工業」の解説の一部です。
「労働災害」を含む「川崎重工業」の記事については、「川崎重工業」の概要を参照ください。


労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 03:15 UTC 版)

原発ジプシー」の記事における「労働災害」の解説

電力会社が労働災害を嫌う事例紹介されている。筆者作業中に3週間怪我負った際には、事故隠したいなどの理由により、雇用した下請け会社安全管理者より、治療費会社負担し休養中給与補償するとの申し出を受けているまた、労働者会社労災認めさせたものの、会社から原発構内以外の所で負傷したことにすよう求められた事例紹介される

※この「労働災害」の解説は、「原発ジプシー」の解説の一部です。
「労働災害」を含む「原発ジプシー」の記事については、「原発ジプシー」の概要を参照ください。


労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 23:06 UTC 版)

労働安全衛生法」の記事における「労働災害」の解説

労働者就業に係る建設物、設備原材料ガス蒸気粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して労働者負傷し疾病にかかり、又は死亡することをいう(第2条1号)。

※この「労働災害」の解説は、「労働安全衛生法」の解説の一部です。
「労働災害」を含む「労働安全衛生法」の記事については、「労働安全衛生法」の概要を参照ください。


労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:37 UTC 版)

大阪緑涼高等学校」の記事における「労働災害」の解説

2018年3月末、同高教頭長時間労働により自死労働災害訴訟詳細を参照

※この「労働災害」の解説は、「大阪緑涼高等学校」の解説の一部です。
「労働災害」を含む「大阪緑涼高等学校」の記事については、「大阪緑涼高等学校」の概要を参照ください。


労働災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 02:15 UTC 版)

レイズネクスト」の記事における「労働災害」の解説

2008年11月新興プランテックにて、入社2年目男性社員当時24歳)が過労自殺した。同社は、月の時間外労働の上限を二百時間とする三六協定労働組合結んでいたが、その男性は、亡くなる四カ月前、月218時間残業行っていた。遺族新興プランテックのほか、「会社への適切な指導怠った」として労基署労働組合相手取り提訴2013年12月20日東京地方裁判所新興プランテック仕事量調整しなかったとして、安全配慮義務違反認めた一方労基署労働組合責任認めなかった。

※この「労働災害」の解説は、「レイズネクスト」の解説の一部です。
「労働災害」を含む「レイズネクスト」の記事については、「レイズネクスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「労働災害」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

労働災害

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:11 UTC 版)

名詞

   労働災害 ろうどうさいがい

  1. 労働者が、労働提供関連して被った災害

発音(?)

ろ↗ーどーさ↘いがい

関連語


「労働災害」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



労働災害と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働災害」の関連用語

労働災害のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働災害のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2023 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2023 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働災害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの川崎重工業 (改訂履歴)、原発ジプシー (改訂履歴)、労働安全衛生法 (改訂履歴)、大阪緑涼高等学校 (改訂履歴)、レイズネクスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの労働災害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS