過失とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 失敗 > 過失の意味・解説 

か‐しつ〔クワ‐〕【過失】

注意などによって生じたしくじり過ち

法律用語

私法上、一定の事実認識することができるはずなのに、不注意で認識しないこと。

刑法上、行為者が不注意によって犯罪事実発生防止しなかった落ち度のある態度。⇔故意(こい)。

欠点

「―なき美人なりけり」〈盛衰記一九


過失(かしつ)


”過失”とは、自分行為から一定の結果が生じることの認識予見可能性)があって、結果回避が可能だったにもかかわらず回避するための行為を怠ったことをいう。

損害賠償請求する場合相手方故意や過失によって損害を被ったことを立証なければならない民法709条)。民法原則によれば特許品無断製造したという特許権侵害場合であれば、「侵害者がその製造行為によって特許権侵害することを予見できたこと」などを権利者証明なければならない。したがって、侵害者が特許権があることを知らない場合には証明難しく損害賠償請求することも難しくなる。

しかし、特許権意匠権商標権侵害された場合には、侵害者に過失があったものと推定される(特許法103条等)。これら権利内容は、特許公報によって公開されるため、「業として実施をする場合には過失があるものと推定することにしている。したがって、侵害を行った側が無過失である場合には、侵害者がその旨証明なければならない立証責任転換)。

執筆弁理士 古谷栄男)

過失

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/28 10:21 UTC 版)

過失(かしつ)とは、注意義務に違反する状態や不注意をいい、特に民事責任あるいは刑事責任の成立要件としては、ある結果を認識・予見することができたにもかかわらず、注意を怠って認識・予見しなかった心理状態、あるいは結果の回避が可能だったにもかかわらず、回避するための行為を怠ったことをいう。




「過失」の続きの解説一覧

過失

出典:『Wiktionary』 (2016/03/31 14:43 UTC 版)

名詞

(かしつ)

  1. 不注意から失敗
  2. ある損害損失原因となる不注意
  3. 法律注意すれば認識できる事実を、不注意により認識しないこと。また、注意すれば避けられる損害犯罪結果を、不注意により回避しないこと。

発音

関連語

翻訳




過失と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「過失」の関連用語

過失のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



過失のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2021 FURUTANI PATENT OFFICE
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過失 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの過失 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS