業としてとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 知的財産用語 > 業としての意味・解説 

業として(ぎょうとして)


”業として”とは、事業としての意味である。特許権侵害成立要件であり(特許法68条)、営利目的反復継続性有無を問わず、事業として特許発明実施することをいう。つまり、特許製品生産使用したとしても、それが単に家庭的個人的実施にとどまる限り特許権侵害にはならない



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「業として」の関連用語

業としてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



業としてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE

©2019 Weblio RSS