生業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 職業 > 生業の意味・解説 

すぎ‐わい〔‐はひ〕【生業】

読み方:すぎわい

生計のための職業なりわい

「―は草箒(ばうき)の種なるべし」〈浮・永代蔵・一〉


せい‐ぎょう〔‐ゲフ〕【生業】

読み方:せいぎょう

生活のための職業なりわいすぎわい。「八百屋を―とする」


なり‐わい〔‐はひ〕【生業/家業】

読み方:なりわい

生活を営むための仕事。「小説を書くことを―とする」

五穀が実るようにつとめるわざ。農業また、その作物

「―は天下大きな本なり」〈崇神紀〉


生業

読み方:セイギョウ(seigyou), ナリワイ(nariwai), スギワイ(sugiwai)

暮らしを立てるためにする職業


職業

(生業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 06:31 UTC 版)

職業(しょくぎょう、: 主にoccupation、他にprofessionやvocationなど[1])は、生計を維持するために、人が日々従事する仕事[2][3]。社会的分業の成立している社会において生活を営む人々が、それにつくことによって、その才能と境遇に応じた社会的役割を分担し、これを継続的に遂行し実現しつつ、その代償として収入を得て生活に必要な品々を獲得する、継続的な活動様式[1]生業すぎわいせいぎょう、なりわい)とも。短くしょくとも。


  1. ^ a b 『日本大百科全書』職業
  2. ^ 『大辞泉』職業
  3. ^ 「日常従事する業務。生計を立てるための仕事」『広辞苑』職業


「職業」の続きの解説一覧

生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 15:33 UTC 版)

博麗霊夢」の記事における「生業」の解説

博麗神社巫女として仕事行なっている

※この「生業」の解説は、「博麗霊夢」の解説の一部です。
「生業」を含む「博麗霊夢」の記事については、「博麗霊夢」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:19 UTC 版)

ナコーンラーチャシーマー県」の記事における「生業」の解説

ナコーンラーチャシーマー県伝統的に農業県であり、人口大部分は農業従事している。主要な農産物は、米、サトウキビタピオカコーンジュート落花生胡麻果物などである。しかし、近年多くの若者仕事を得るため、バンコク向かっている。 また、ベトナム戦争時に県内米軍基地置かれていたため、多くのベトナム帰還兵たちが居住している。 ナコーンラーチャシーマー人々さまざまな民族混血しており、クメール王朝遺民ラーオ中国血を引くものがいる。言語都市部で標準タイ語使用されるが、田舎ではコーラート呼ばれるタイ語イーサーン語混じった方言使用される

※この「生業」の解説は、「ナコーンラーチャシーマー県」の解説の一部です。
「生業」を含む「ナコーンラーチャシーマー県」の記事については、「ナコーンラーチャシーマー県」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 20:09 UTC 版)

霧雨魔理沙」の記事における「生業」の解説

魔法の森の中で自宅魔法関係何でも屋霧雨魔法店」を開いているが、立地が悪い上に留守がちなので全く繁盛していない。『三月精 第2部第9話訪れた光の三妖精が、初めて店に直接訪れた客だという。このとき魔理沙は、自分定期的に博麗神社訪れているのは霊夢ところにやって来る妖怪退治依頼勝手に横取りするためだと話している。 「幻想郷縁起」では「もう一つ仕事泥棒稼業と書かれており、魔理沙本人は「自分死ぬまで借りていくだけだ!」として正面から堂々と物を盗んでいる。

※この「生業」の解説は、「霧雨魔理沙」の解説の一部です。
「生業」を含む「霧雨魔理沙」の記事については、「霧雨魔理沙」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 18:03 UTC 版)

アナル族」の記事における「生業」の解説

農業および牧畜によって生計立てており、焼畑農業によるトウモロコシ大豆カボチャトマト栽培水田での稲作による米の栽培を行うとともにバッファロー、牛、豚、ニワトリ牧畜行っている。なお、アナル族女性年収60009000ルピー2009年12月時点日本円でおよそ12000円から18000円)であり、これはインドでもかなり貧し部類に入る。

※この「生業」の解説は、「アナル族」の解説の一部です。
「生業」を含む「アナル族」の記事については、「アナル族」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 05:59 UTC 版)

ニヴフ」の記事における「生業」の解説

伝統的には、漁撈主業とし、狩猟副業として半定住の生活を営んできた。補助的に植物の実の採集行われたまた、歴史的にさかんに交易たずさわってきた民族である。 旧ソビエト連邦民族学者M・GレヴィンN・N・チェボクサロフは革命前極東シベリア諸民族を、1.海獣狩猟民、2.トナカイ飼養民、3.大河流域漁撈民、4.タイガ針葉樹林帯)の漁狩猟民、5.タイガ狩猟トナカイ飼養民の5つ分類したが、ニヴフは3.の漁撈民に含まれる漁撈ニヴフにとって一年を通じて主要な生活手段であり、狩猟あくまでも補助的な役割しか持たない漁撈最も重要なのはサケ・マス漁で、川沿いに網をかけて行う。サケ漁数家族の協働によって行われ盛期には数日間で5,000尾近い漁獲があったという。チョウザメ漁もなされた漁法によって異なるが、同じ魚種であっても季節によって変えることがあった。近代入りニヴフ男性漁船団乗組員になることも多かった海獣狩猟ではトドアザラシ重要でトド固定網で狩り春の初めからにかけて行われるアザラシ猟では、棍棒や銛が用いられた。クジラ猟は早いうちに廃れた伝わっている。間宮海峡側ではシロイルカ捕獲例があるが、それについてはクレイノヴィチ報告がある。 陸地での狩猟周辺諸族に比較すれば重要性は低いものの、クマクロテンなどがおもな狩猟対象で、銃、わな、弓矢用いられた。鳥類補足的狩猟対象となった19世紀中葉以降は農業伝わりジャガイモなどが栽培された。ただし、大地傷つけることをタブーとするニヴフ伝統には根強いものがあり、ロシア人農耕勧めて相当に抵抗したといわれるこうした生業に必要な道具古くはほとんど自家製であったが、金属製のものは中国人日本人ロシア人らとの交易によってもたらされ、それを鍛冶屋が鋳なおして作ること多かったという。また、カバノキ樹皮工芸さかんであらゆる用途用いられるイヌ大切にすることは樺太アイヌ上であり、常に多数飼っていた。間宮林蔵口述し村上貞助が著述した『東韃紀行』には、イヌ1人で3匹、5匹と飼養しているとし、「はなはだ多し」と記されている。男女とも1人少なくともイヌ3匹を飼うことについて、1匹は山の霊にささげたもの、1匹は水の霊に、もう1匹は火の主(ぬし)にささげたものと説明されている。 伝統的な交通手段は、主としてイヌぞりスキーであったニヴフ居住域トナカイ飼養民の居住域近接しているが、トナカイを飼うことはまれであった。サケ・マスの干魚人間イヌ主要な食糧となっていて、かつては飼っているイヌの数が貧富基準されていたイヌぞり用に訓練され多数イヌを飼うには大量の魚や海獣の肉が必要であり漁撈海獣狩猟経済イヌの飼育は分かちがたく結びついていた。イヌは、ニヴフにとっては貴重な財産であり、贈り物儀礼際に供儀としても用いられた。イヌ食用としても、毛皮衣服つくったりするのにも利用され人びとのあいだに過失災厄があったときの損失補償としても用いられた。 なお、水上主要な交通手段としては、大型の外洋船と河川用の丸木舟があった。

※この「生業」の解説は、「ニヴフ」の解説の一部です。
「生業」を含む「ニヴフ」の記事については、「ニヴフ」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:46 UTC 版)

ウデヘ」の記事における「生業」の解説

主な生業は狩猟であり、食用としてアカシカ・ジャコウジカ・ヘラジカ・クマを、毛皮用としてクロテン・カワウソを狩猟するウデヘ人猟師は主に弓・矢用いて狩猟行っていたが、19世紀後半からは満洲人から交易手に入れた銃(当時は火縄銃)も用いようになったクロテンなどの高価な換金商品傷つけずに捕らえることが重要となるため、食用狩猟とは別に独特の罠を用いた狩猟方法残している。 ドゥイ小川仕掛け施した渡し、そこを通ったクロテン締め上げると同時に川に落とす罠。テン川を渡る際に倒木などを伝い渡る習性利用したもので、樺太アイヌなども使用しているカファリ近く木のうろ中に餌をつけて獲物誘い込み、餌に食いつく仕掛けた木が獲物落ちる罠。 ラギ森の中切り株大きめの穴を空け、そこに丸太入れて小枝支柱として固定し獲物が穴に入って小枝に触ると丸太獲物落ちる罠。 ニョ・アジリ…木の根元の空洞獲物逃げ込んだ際、大きい網を用いて出口一つだけ残して全て塞ぎ、煙でいぶして出てきた獲物捕まえ方法。 ハダナ…ニョ・アジリで煙が届かない程の大き空洞の場合、出口廊下作り獲物廊下出口にまで至ると木が獲物落ちる罠。 フカドゥイ同じく小川渡した木に仕掛け施し、石を重しとして仕掛けかかった獲物を川に引きずり込む罠。川が凍結すると石代わりに木を用い獲物を宙づりにする仕掛けとする。 セングミ…獣道自動弓を仕掛け獣道通った獲物仕掛けられた紐に引っかかると矢が発射される罠。大型をとる唯一のでもある。 しかし、ペレストロイカによる市場経済以降は毛皮価格暴落し毛皮狩猟伝統危機に瀕している。

※この「生業」の解説は、「ウデヘ」の解説の一部です。
「生業」を含む「ウデヘ」の記事については、「ウデヘ」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/10 14:17 UTC 版)

モチェ文化」の記事における「生業」の解説

モチェ人々は、灌漑農業行っていて数キロメートルにわたる運河建設されることも珍しくなく、ラ・クンブレ運河呼ばれるものは、110km以上に達した。また数百立方メートルにも及ぶ貯水槽なども造られた。栽培され植物は、とうもろこし、豆、ピーナッツジャガイモおよびチューニョ乾燥ジャガイモ)、唐辛子タピオカの甘い種類ヒョウタンキュウリなどであり、多くは、土器にもかたどられている。また、とうもろこしからつくられるチチャも造られていた。漁業狩猟採集交易行われ狩猟の様子は土器にも描かれた。家畜モルモットアヒル食糧だったこと、葦舟で漁を行ったことなどが知られている

※この「生業」の解説は、「モチェ文化」の解説の一部です。
「生業」を含む「モチェ文化」の記事については、「モチェ文化」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 08:14 UTC 版)

ミヘー」の記事における「生業」の解説

ミヘー人々の生業として挙げられるのはまずは農業であって、主にトウモロコシ豆類トウガラシカボチャなどを焼畑農耕作りバナナジャガイモ根菜類多様な熱帯産の果物栽培する一方多量のコーヒー生産行って世界経済にもかかわっているまた、家畜として通常シチメンチョウニワトリ飼っているが、ブタ飼っているもある。土地は、おのおのの家族長期間管理していて村落共同体によって法的に所有されているので、用益権農場管理する施設金銭によって他人に権利移動するしくみになっているそのほか商業交易商人であったり職人的な仕事営んだりしている。 村落ごとに設けられる市場バザール)は、村落間を相互に結びつける市場となって平日異なった日に設けられる1970年代後半から新しい道路が建設されメキシコ国内経済ミヘー地方をつなぐようになったそのため、大きな企業営んだりトラックをもつ会社を経営する人々現れて稼ぐようになった

※この「生業」の解説は、「ミヘー」の解説の一部です。
「生業」を含む「ミヘー」の記事については、「ミヘー」の概要を参照ください。


生業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 10:49 UTC 版)

ウィルタ」の記事における「生業」の解説

農業を営むことなく主な生業としてはトナカイ牧畜狩猟漁撈などである。ただ、漁撈民であるニヴフギリヤーク)にくらべると山での生活が多く漁撈補助的なものであることが昭和10年代樺太調査した研究者犬飼哲夫によって報告されている。狩猟捕獲する陸上動物オオカミイノシシヤマネコなどであった海獣狩猟おこなったトナカイ飼料となるコケの利を求めて移動するかつての北樺太ウィルタ族は、小規模なトナカイ飼養おこないながら、春から夏にかけてはオホーツク海沿岸へ、冬は内陸部河川流域へと季節的な移動をともなう生活を送っていた。トナカイは諸雑器狩猟漁撈具などの運搬利用される

※この「生業」の解説は、「ウィルタ」の解説の一部です。
「生業」を含む「ウィルタ」の記事については、「ウィルタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生業

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:54 UTC 版)

名詞

せいぎょうなりわいすぎわい

  1. 生活のための仕事

「生業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生業」の関連用語

生業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの職業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの博麗霊夢 (改訂履歴)、ナコーンラーチャシーマー県 (改訂履歴)、霧雨魔理沙 (改訂履歴)、アナル族 (改訂履歴)、ニヴフ (改訂履歴)、ウデヘ (改訂履歴)、モチェ文化 (改訂履歴)、ミヘー (改訂履歴)、ウィルタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS