社内ニートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > ニート > 社内ニートの意味・解説 

社内ニート

読み方:しゃないニート
別名:オフィスニート

企業などに就職しており、労働者立場ではあるものの、職場内で自分の行うべき業務がなく、実質的に働いていない人を指す通称社内仕事をせずに終日過ごす社員。「雇用保蔵」とも呼ばれる

社内ニートは、従業員本人能力問題ありと見なされて仕事を任されなくなったり、上司との関係が険悪になって仕事を任されなくなったりと、さまざまな原因経緯あり得る正社員として一度雇用すると会社都合での解雇が容易でないという、日本会社あり方原因となっているとされる


社内ニート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/22 02:55 UTC 版)

社内ニート(しゃないニート)とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである。[要出典]






「社内ニート」の続きの解説一覧



社内ニートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社内ニート」の関連用語

社内ニートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社内ニートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社内ニート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS