労働市場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 市場 > 労働市場の意味・解説 

ろうどう‐しじょう〔ラウドウシヂヤウ〕【労働市場】

読み方:ろうどうしじょう

資本主義社会で、労働力商品として取引される抽象的な市場


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 17:35 UTC 版)

労働市場(ろうどうしじょう、Labour market)は、労働力を商品として、需要と供給をめぐる取引がおこなわれる市場である。労働市場の存在は、資本主義の特徴の一つである。


  1. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、155頁。
  2. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、100-101頁。
  3. ^ OECD (2020), Labour force (indicator). doi: 10.1787/ef2e7159-en
  4. ^ OECD (2020), Labour force participation rate (indicator). doi: 10.1787/8a801325-en
  5. ^ 労働力調査(基本集計) 全国 年次 2019年 (Report). 総務省統計局. (2019-01-31). 基本集計 第II-10表. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200531&tstat=000000110001&cycle=7&year=20190&month=0&tclass1=000001040276&tclass2=000001040283&tclass3=000001040284&result_back=1. 
  6. ^ Mindshift: Break Through Obstacles to Learning and Discover Your Hidden Potential” (日本語). Coursera. 2022年6月8日閲覧。


「労働市場」の続きの解説一覧

労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 06:57 UTC 版)

台北市」の記事における「労働市場」の解説

2006年3月現在、15歲以上の民間人口は約213実質労働人口1186千である。就業者数114失業者数は47千であり、失業率は3.9%である。また外国人労働者いわゆるホワイトカラーが約29千人、ブルーカラーが43千就業している。

※この「労働市場」の解説は、「台北市」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「台北市」の記事については、「台北市」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 23:41 UTC 版)

経済的不平等」の記事における「労働市場」の解説

現代市場経済において経済的不平等は、賃金が労働市場によって決定される事に起因するものが大多数である。他の原因としては、各業種について需要と供給バランスの不一致もあるが、これは少数である。現実市場は、一般に効率的であると仮定するのは困難である。それは、ほぼ全ての市場何かしらの不完全競争情報偏在教育スキルアップ機会不平等・その他多々不完全条件など)が存在しているためであるそのため政府はこの市場の失敗是正する大きな潜在的役割があるとされている純粋な資本主義的生産形式(たとえば専門機関労働組合労働者数規制しない等)では、労働者所得は、労働組合労働者自身によってではなく市場によって決定される。つまり同一労働同一賃金成立している状況では、労働市場に於ける技能スキル価格であると見なされており、それによって価格不平等起こる。需要と供給法則下において、労働スキル価格は「技能労働者需要」と「技能労働者供給」の平衡によって決定されるのである。これは「一方で市場は、富を集中させ、環境コスト社会押しつけ労働者消費者濫用する」「市場それ自身が、たとえ平常安定状態であっても大きな不平等を導くことがあり、広い視点では望まれない結果をもたらすと言われる由縁である。 雇用者は、市場価格下の賃金しか払えない場合彼のビジネス慢性的に人員不足となる。ビジネス競合するプレイヤーはその状況利用することで、他より高い賃金提示し労働者引き抜けるという利点をもつ。利潤を最も重視するビジネスプレイヤーにとって、労働市場の価格よりも高額または低額賃金提案をすることは、不合理な行為となってしまう。 多数労働者長時間就きたがり(供給大きい)、かつ求人数少ない(需要少ない)業務では、その賃金低下する。これは求職者間での競争発生するめである。たとえば皿洗いカスタマーサービスなどの例がある。求職者間の競争起こっている場合、その業務労働者使い捨て用いるのが合理的あるため、その業務賃金低下していく傾向があるその一方で、労働者数求職者数少ない(供給少ない)が、それに大きなニーズがある需要大きい)業務は、その業種賃金上昇していく。これは求職において雇用者同士競争発生するためで、それにより賃金上昇する。たとえば高等スキル希少技能高リスク業務などの例がある。 雇用者間の競争がある業種は、その職に就く労働者相対的に少数となるため、賃金上昇する傾向がある専門機関労働団体はその職に就く労働者数制限することで、需要大きく構成員賃金上昇させる。また構成員団体交渉政治活動ストライキなどで賃金上昇させることができる。 こういった需要と供給の関係はその社会にて所得レベル広く分散させるために、経済的不平等関連があるのは明らかである。しかし賃金偏りだけでは、富の集中1%人たち非常に高い所得得ていることを説明できていない。「市場改良し多くの市民便益にかなうよう作り替えていかなければいけないことは明らかである」。

※この「労働市場」の解説は、「経済的不平等」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「経済的不平等」の記事については、「経済的不平等」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 08:34 UTC 版)

マルクグレーニンゲン」の記事における「労働市場」の解説

マルクグレーニンゲンには、500以上の職場がある。職場辺り平均従業員数10人である。産業税収入は、2012年780ユーロピーク減少している。最大の雇用主マーレ GmbH で、拡張後約1,000人を雇用するマルクグレーニンゲン整形外科病院 gGmbH がこれに続く。マグナ・ネーアーの廃業により、かつて最大700人、最終的に540人の職場のうち、380人分失われた後継企業トランスロゴテック自動車 GmbH は、この喪失順次埋め合わせることを目指している。

※この「労働市場」の解説は、「マルクグレーニンゲン」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「マルクグレーニンゲン」の記事については、「マルクグレーニンゲン」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 20:16 UTC 版)

フェルル」の記事における「労働市場」の解説

2004年フェルルには人口 1,000人あたり 574.5人の社会保険支払い義務のある労働者がおり、州全体平均 472.9よりもかなり高い値である。2014年6月30日現在の社会保険支払い義務のある労働者数13,799人である。 2014年6月30日現在、労働者多く、64.3 % が製造業従事している。これは州全体平均 28.2 % よりもかなり高い。商業接客業交通流通業が 17.0 %、その他のサービス業が 18.0 %、農林漁業従事者は 0.7 % である。 2008年12月31日現在のフェルル失業者数498人である。

※この「労働市場」の解説は、「フェルル」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「フェルル」の記事については、「フェルル」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 05:25 UTC 版)

フィンランドの経済」の記事における「労働市場」の解説

OECDによると、フィンランドの労働市場は北欧でも最も流動性乏しい。フィンランド1970年代製造業従事者安定性もたらす為に労働市場の規制増やした90年代デンマークは労働市場を自由化し、スウェーデンはより契約より分散させるために動いた。ところが対照的にフィンランド商業連合多くの改革阻んだ多くの職業では給与水準休日権利年功水準含めた雇用の共通条件一部含んだ包括的所得方針合意産業全体との契約行い法的に合意している。いくらかの人物税率同じく官僚的で、融通が利かないこれらの合意事項と労働市場が失業ゆがんだ相場作る主な要因考えている。労働市場の流動性無さより良い技術獲得するための刺激のようなすばやい構造変化のための圧力減らしているかも知れないが、フィンランドはすでに世界でも最も高い技術水準味わっている。

※この「労働市場」の解説は、「フィンランドの経済」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「フィンランドの経済」の記事については、「フィンランドの経済」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:15 UTC 版)

黒田東彦」の記事における「労働市場」の解説

2014年5月21日黒田は、建設業などで起きている人手不足念頭に供給面問題」が経済成長阻害する可能性懸念示し政府に対して労働規制緩和などを含めた構造改革求めている。

※この「労働市場」の解説は、「黒田東彦」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「黒田東彦」の記事については、「黒田東彦」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:52 UTC 版)

グレーヴェン」の記事における「労働市場」の解説

グレーヴェンは、ミュンスターラント全域と同様に、失業率がかなり低く2019年5月現在 4.2 % である。これはシュタインフルト郡全体平均値 (3.8 % ) よりもやや高い。2019年5月グレーヴェン失業者数は、910人である。

※この「労働市場」の解説は、「グレーヴェン」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「グレーヴェン」の記事については、「グレーヴェン」の概要を参照ください。


労働市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 22:58 UTC 版)

日本の経済」の記事における「労働市場」の解説

日本の雇用者総務省統計局2019年度労働力調査雇用形態万人役員 335 期間の定めのない労働契約 3,728 1年以上有期契約 451 1か月1年未満有期契約臨時雇763 1か月未満有期契約日雇い15 期間がわからない 239 日本の労働参加率85%近く上位国の一つである。しかしOECD諸国の中で日本韓国イスラエル次いで3番目に男女の賃金差大きい国である(2020年)。資格過剰指摘され上位のひとつであり、ISCED 5A,6レベル四大卒以上)労働者29%は、ISCED 3レベル高卒レベルもしくはそれ以下スキルしか必要としないに就いていた。

※この「労働市場」の解説は、「日本の経済」の解説の一部です。
「労働市場」を含む「日本の経済」の記事については、「日本の経済」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「労働市場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「労働市場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



労働市場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働市場」の関連用語

労働市場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働市場のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働市場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの台北市 (改訂履歴)、経済的不平等 (改訂履歴)、マルクグレーニンゲン (改訂履歴)、フェルル (改訂履歴)、フィンランドの経済 (改訂履歴)、黒田東彦 (改訂履歴)、グレーヴェン (改訂履歴)、日本の経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS