有期労働契約とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 有期労働契約の意味・解説 

有期労働契約

読み方:ゆうきろうどうけいやく
別名:有期雇用契約

使用者労働者との間における、期間を設け労働契約のこと。主に、契約社員などの非正社員使用者との間で締結される

有期労働契約は、2008年施行された労働契約法により規定されている。労働契約法では、有期労働契約をした労働者に対してやむを得ない事由を除き契約期間満了するまでの間は解雇できないことや、契約期間必要以上に細切れにしないよう配慮なければならないことなどが定められている。

なお、有期労働契約を更新せずに、契約期間満了をもって労働者退職させることを雇い止めという。

ちなみに労働契約には、有期労働契約の他に無期労働契約が挙げられる。

関連サイト
有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準について - 厚生労働省PDF
労働契約法

ゆうき‐ろうどうけいやく〔イウキラウドウケイヤク〕【有期労働契約】

3か月半年1年など期間を定めて締結される雇用契約

[補説] 契約期間の上限は、労働基準法により3年(高度な専門知識等を有する労働者や満60歳上の労働者との間に締結される労働契約場合5年)と定められている。


有期労働契約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 05:49 UTC 版)

有期労働契約(ゆうきろうどうけいやく、Fixed-term contract)とは、契約期間の満了日が設定された雇用契約であり、期間の定めのある労働契約(きかんのさだめのあるろうどうけいやく)とも呼ばれる[2]。これと対比される概念は期間の定めのない労働契約である[2]




  1. ^ 労働力調査(基本集計) 2016年 (Report). 総務省統計局. (2017-01-31). 基本集計 第II-10表. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001170226. 
  2. ^ a b 労働契約法 第四章
  3. ^ a b c “有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準” (プレスリリース), 厚生労働省, (2003年10月22日), 厚生労働省告示第三百五十七号, https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/index.html 
  4. ^ Eurostat - Tables, Graphs and Maps Interface (TGM) table”. europa.eu. 2020年8月14日閲覧。
  5. ^ 会社にもよるが、有期労働契約(有期契約社員)から無期労働契約(無期契約社員正社員と異なる場合がある)に転換しても、賃金や待遇等が有期労働契約と同じで法律上も問題がないので注意が必要である


「有期労働契約」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有期労働契約」の関連用語

有期労働契約のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有期労働契約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有期労働契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS