厚生年金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 年金 > 厚生年金の意味・解説 

厚生年金(こうせいねんきん)

社会保障関わる用語

民間労働者およびその遺族の生活の安定福祉の向上を目的として、労働者老齢障害死亡に対して保険給付を行う制度政府管掌する。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

厚生年金

厚生年金とは、日本にある二つ公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続き企業が行い、保険料企業社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料支払っていれば、一部が国年金回されるので、厚生年金と国民年金保険料同時に支払うことはありません

厚生年金

厚生年金とは、会社員加入対象となる保険制度のことをいい、 保険料支払い雇用主本人折半行われます
原則として65歳から受け取ることができる保険制度であり、 実際に受け取るためには国民年金納付期間と免除期間、 厚生年金に加入していた期間などを合算して25年以上の保険料支払いあること必要となります
保険料納めた期間、免除受けた間によって受け取年金額異なります

厚生年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 20:04 UTC 版)

厚生年金(こうせいねんきん、Welfare Pension Insurance、Employee’s Pension Insurance)とは、主として日本被用者が加入する所得比例型の公的年金であり、厚生年金保険法等に基づいて日本政府が運営する。


  1. ^ 国民年金と同趣旨の規定が厚生年金についても置かれている(年金額の改定、財政の均衡、財政の現況と見通しの作成、積立金の運用、年金原簿、年金請求手続き、併給調整、受給権の保護、給付制限等)。
  2. ^ 『厚生労働白書 平成30年度』厚生労働省、2018年、資料編https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/18-2/dl/11.pdf 
  3. ^ 被用者年金制度の一元化に伴い、2015年10月1日から公務員及び私学教職員も厚生年金に加入。また、共済年金の職域加算部分は廃止され、新たに退職等年金給付が創設。ただし、2015年9月30日までの共済年金に加入していた期間分については、2015年10月以後においても、加入期間に応じた職域加算部分を支給。
  4. ^ 厚生労働省年金局「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」 2017年平成29年)3月
  5. ^ 厚生労働省年金局「平成25年度厚生年金・国民年金の収支決算の概要」 2014年(平成26年)8月
  6. ^ これは、船員保険独自で持っていた年金制度を1986年昭和61年)に厚生年金と統合したが、医療保険制度については引き続き船員保険独自の給付を行っているためである。
  7. ^ (1)公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律(平成24年8月10日成立)
  8. ^ 平成28年10月より短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大が始まります。”. 日本年金機構 (2016年9月20日). 2016年9月20日閲覧。
  9. ^ 2020年5月30日中日新聞朝刊2面
  10. ^ 2015年(平成27年)10月改正までは「1937年昭和12年)4月1日以前に生まれた者を除く。」とされていたが、改正後はこれらの者も在職老齢年金の対象となる。
  11. ^ 1941年昭和16年)4月2日以降に生まれた者については、新法施行日時点では第4種被保険者となることができたが、現在では1941年(昭和16年)4月1日以前生まれの者に限られる。
  12. ^ 被保険者期間が20年(15〜19年)に達した場合は、老齢年金の受給権が発生していなくても、被保険者資格を喪失する。
  13. ^ 従来は「被保険者資格喪失届」「70歳以上被用者該当届」が別々の様式だったが、平成30年3月5日以降は一枚の用紙で両方の届出ができるようになった。
  14. ^ a b c 平成26年度決算(年金特別会計 厚生年金勘定)”. 厚生労働省. 2015年9月1日閲覧。
  15. ^ 厚生年金保険料率の引上げが終了します厚生労働省
  16. ^ 産前産後休業期間の保険料の徴収の特例の適用を受ける被保険者は、育児休業期間中の保険料の徴収の特例の対象とされない。つまり、第1子に係る育児休業期間中に第2子の産前産後休業を開始した場合、第1子に係る育児休業期間中の保険料の徴収の特例は終了する。
  17. ^ 合意分割において事実婚期間が対象とされるためには、原則として国民年金第3号被保険者として認定されていることが必要である。
  18. ^ 離婚の届出をしていないが、夫婦としての共同生活が営まれておらず、事実上離婚したと同様の事情にあると認められる場合であって、両当事者がともに当該事情にあると認めている場合であっても、合意分割の請求はできない。
  19. ^ 離婚の届出をしていないが、夫婦としての共同生活が営まれておらず、事実上離婚したと同様の事情にあると認められる場合であって、両当事者がともに当該事情にあると認めている場合であり、かつ被扶養配偶者が第3号被保険者の資格を喪失している場合、3号分割の請求ができる。
  20. ^ 夫が平均的な収入で40年間就業し、妻が専業主婦であるという世帯。
  21. ^ 平成16年 財政再計算版”. 厚生労働省 (2012年). 2013年11月7日閲覧。
  22. ^ 厚生、国民年金ともに黒字=積立金は過去最高-17年度収支”. 時事通信 (2018年8月10日). 2018年11月20日閲覧。



厚生年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 17:03 UTC 版)

日雇い」の記事における「厚生年金」の解説

日雇労働者は厚生年金に加入できない。厚生年金と健康保険通常セット手続きされるものであるが、健康保険法における「日雇労働者」は厚生年金ではそのまま適用除外となるためである厚生年金保険法第12条)。 ただし同条において「船舶所有者使用される船員を除く」としているため、船員として船舶所有者使用される日雇労働者雇い入れ当初から厚生年金の被保険者となる。

※この「厚生年金」の解説は、「日雇い」の解説の一部です。
「厚生年金」を含む「日雇い」の記事については、「日雇い」の概要を参照ください。


厚生年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 14:35 UTC 版)

日本の年金」の記事における「厚生年金」の解説

詳細は「厚生年金」を参照 被用者年金は、これまで民間企業対象の厚生年金と、公務員私学教職員対象の共済年金とが併存してきたが、2015年10月よりこれらを統合し、厚生年金に一本化された(被用者年金一元化)。 厚生年金の対象となる事業所は、強制適用事業所と、任意適用事業所分かれる強制適用事業所は、健康保険強制適用事業所共通であるが、厚生年金ではさらに、「船員法第1条規定する船員として船舶所有者使用される者が乗り組む船舶」も強制適用事業所とされる適用事業所勤務する労働者所定の要件を満たす者は全員厚生年金の被保険者となる。 「健康保険#適用事業所」も参照

※この「厚生年金」の解説は、「日本の年金」の解説の一部です。
「厚生年金」を含む「日本の年金」の記事については、「日本の年金」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「厚生年金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「厚生年金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



厚生年金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「厚生年金」の関連用語

厚生年金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



厚生年金のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
新日本有限責任監査法人新日本有限責任監査法人
2001-2022 Ernst & Young ShinNihon All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2022 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの厚生年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日雇い (改訂履歴)、日本の年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS