手続きとは? わかりやすく解説

て‐つづき【手続(き)】

読み方:てつづき

物事を行うのに必要な手順。てはず。「正式の―を踏む」

あることをするのに必要な一定の順序形式従った処置。「入学の―をする」


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 05:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「手続き」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「手続き」を含むページの一覧/「手続き」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「手続き」が役に立つかも知れません。

関連項目



手続き (1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 23:05 UTC 版)

ハウスドルフのパラドックス」の記事における「手続き (1)」の解説

1は、Aに属すものとする。 φ , ψ {\displaystyle \varphi ,\psi } はBに属すものとする。 ψ 2 {\displaystyle \psi ^{2}} はCに属すものとする

※この「手続き (1)」の解説は、「ハウスドルフのパラドックス」の解説の一部です。
「手続き (1)」を含む「ハウスドルフのパラドックス」の記事については、「ハウスドルフのパラドックス」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 00:26 UTC 版)

地震保険料控除」の記事における「手続き」の解説

確定申告又は年末調整において、原則として地震保険料控除証明書」が必要とされる

※この「手続き」の解説は、「地震保険料控除」の解説の一部です。
「手続き」を含む「地震保険料控除」の記事については、「地震保険料控除」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:16 UTC 版)

育児休業」の記事における「手続き」の解説

育児休業申出は、以下の事項明らかにして、書面FAXEメールいずれかの方法行わなければならない第5条4項、施行規則第7条1項2項)。事業主は、育児休業申出がされたときは、申出受けた旨、育児休業開始予定日開始予定日指定をする場合にあっては当該事業主指定する日)及び育児休業終了予定日育児休業申出拒む場合にはその旨及びその理由労働者速やかに通知しなければならない施行規則第7条4項)。 育児休業申出年月日 育児休業申出をする労働者氏名 育児休業申出に係る子の氏名生年月日及び前号労働者との続柄等(育児休業申出に係る子が当該育児休業申出際に出生してない場合にあっては当該育児休業申出に係る子を出産する予定である者の氏名出産予定日及び前号労働者との続柄特別養子縁組成立について家庭裁判所請求した場合里親であって養子縁組によって養親となることを希望している者として委託されている場合にあってはその事実。) 育児休業開始予定日育児休業終了予定日 育児休業申出をする労働者当該育児休業申出に係る子でない子であって1歳満たないものを有する場合にあっては当該子の氏名生年月日及び当該労働者との続柄特別養子縁組請求の場にあってはその事実。) 育児休業申出に係る子が養子である場合にあっては当該養子縁組効力生じた施行規則第5条各号掲げ事情がある場合にあっては当該事情に係る事実 1歳から1歳6ヶ月達するまでの子についての育児休業申出をする場合にあっては施行規則第6条各号掲げ場合該当する事実 配偶者育児休業申出に係る子の1歳到達日において育児休業をしている労働者1歳から1歳6ヶ月達するまでの子についての育児休業申出をする場合にあってはその事実 施行規第10条各号掲げ事由生じた場合にあっては当該事由に係る事実 施行規則第19条各号掲げ事情がある場合にあっては当該事情に係る事実 パパ・ママ育休プラスをする場合にあっては当該申出に係る育児休業開始予定日とされた日が当該労働者配偶者がしている育児休業に係る育児休業間の初日以後である事実 事業主は、労働者からの育児休業申出があった場合において、当該育児休業申出に係る育児休業開始予定日とされた日が当該育児休業申出があった日の翌日から起算して1ヶ月1歳から1歳6ヶ月達するまでの子についての育児休業申出をする場合にあっては2週間)を経過する日前の日であるときは、当該育児休業開始予定日とされた日から当該1ヶ月経過日(当該育児休業申出があった日までに出産予定日前に子が出生したことその他の厚生労働省令定め事由生じた場合にあっては当該1ヶ月経過日前の日で育児休業申出があった日の翌日から起算して1週間経過する日)までの間のいずれかの日当該育児休業開始予定日として指定することができる(第6条3項施行規則第11条)。つまり、1ヶ月1歳から1歳6ヶ月達するまでの子についての育児休業申出をする場合にあっては2週間前までに申出をしないと、労働者希望通りの期間の育児休業できない可能性がある

※この「手続き」の解説は、「育児休業」の解説の一部です。
「手続き」を含む「育児休業」の記事については、「育児休業」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 06:24 UTC 版)

国際連合特別総会」の記事における「手続き」の解説

特別総会招集手続きは、総会手続規則(Rules of Procedure of the General Assembly)に定められている。特別総会に係る規則次の通りである。 Rule 7:Allows for the General Assembly to fix a date for a special session (in accordance with Article 20 of the Charter). Rule 8(a):Requires special sessions to be convened within fifteen days of the receipt by the Secretary-General of a request for such a session from the Security Council or from a majority of the Members of the United Nations Rule 9(a):Allows any Member State of the United Nations to request the Secretary-General convene a special session. The Secretary-General must then inform other Members of the request and inquire whether they concur with it. If a majority do within thirty days, a special session of the General Assembly shall be convened. Rule 10:Requires the Secretary-General to notify Member States, at least fourteen days in advance, of the opening of a special session convened at the request of the Security Council. This time period is changed to at least ten days in advance in the case of a session convened at the request of a majority of Members. Rule 16:Requires the provisional agenda of a special session convened at the request of the Security Council to be communicated to the Member States at least fourteen days before the opening of the session, or at least ten days before the opening of the session for sessions convened at the request of a majority of Member States. Rule 17:Requires that the provisional agenda for a special session only consist of those items proposed for consideration in the request for the holding of the session. Rule 18:Allows for supplementary items to be added to the agenda by any Member States, principal organ of the United Nations or the Secretary-General at least four days before the date fixed for the opening of a special session. Such items are placed on a supplementary list. Rule 19:During a special session, items on the supplementary list and additional items may be added to the agenda by a two-thirds majority of the members present and voting.

※この「手続き」の解説は、「国際連合特別総会」の解説の一部です。
「手続き」を含む「国際連合特別総会」の記事については、「国際連合特別総会」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 06:59 UTC 版)

教皇の辞任」の記事における「手続き」の解説

1983年制定され新教会法典332(2)には以下のように述べられている: ローマ教皇辞任する場合には, 辞任自由になされ, かつ正しく表現されなければ有効とはならない。ただし, なんぴとかによる受理必要ではない これは1917年制定され旧教会法典221条に対応する: ローマ教皇辞任する場合には, 枢機卿もしくは他のなんぴとかによって受理されなくとも有効である教皇辞任誰か特定の人物ないし人々宣言する必要はないことがどちらの教会法典にも明記されている。これはかつて、特に18世紀教会法学者ルキウス・フェラリスにより提起され問題扱っている後任者合法に選出する前に教皇地位放棄宣言するのは枢機卿たちが完全にふさわしいので枢機卿団もしくは少なくとも主席枢機卿宣言を受けなければいけないとルキウス・フェラリスは考えていた。

※この「手続き」の解説は、「教皇の辞任」の解説の一部です。
「手続き」を含む「教皇の辞任」の記事については、「教皇の辞任」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 10:10 UTC 版)

DPLLアルゴリズム」の記事における「手続き」の解説

再帰呼び出し用いたDPLLアルゴリズム疑似コードは以下のように表現できる。節集合 F が入力で、結果は"充足可能"、"充足不能"のいずれかである。 DPLL(F): 1リテラル規則、純リテラル規則など使い F を単純化 if F is 空: return "充足可能" if F is 空節を含む: return "充足不能" 原子論理式 v を選択 真理値 b を選択 (true or false) if DPLL(v = b とした F ) is "充足可能": return "充足可能" if DPLL(v = ¬b とした F) is "充足可能": return "充足可能" return "充足不能" 実際のプログラムでは、以下の変更加えられることがある。 純リテラル規則省略されることが多い。チェックのために手間がかかり十分な効果得にくいため。 分割規則適用する原子論理式 v と最初にチェックする真理値 b の選択には、何らかのヒューリスティック用いる。 再帰呼び出し繰り返し変えバックトラック明示的に行う。 (1レベル以上のバックトラックにより効率化行える場合がある) 手続き内での情報学習などにより再利用する

※この「手続き」の解説は、「DPLLアルゴリズム」の解説の一部です。
「手続き」を含む「DPLLアルゴリズム」の記事については、「DPLLアルゴリズム」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 04:39 UTC 版)

ボルステッド法」の記事における「手続き」の解説

法案ウッドロウ・ウィルソン大統領によって拒否されたが、1919年10月28日アメリカ合衆国議会によって覆された。 この法は「この法によって許可される場合除いて誰も少しでも酔わせる酒を製造しない、売らない物々交換しない、輸送しない、輸入しない、輸出しない、届けない提供しない」ことを示した。それは特に酒に酔うことを禁止しなかった。つまり摂取することお咎め無しだった。 また、この法は酔わせる酒を0.5%以上のアルコール含有しているどんな飲料であっても定義して、既に同様な法律があった州でも、全ての既存禁酒法に取って代わったアメリカ合衆国憲法修正第18条との組み合わせと、その当局の下で可決される法律は単に「禁酒法」として知られるようになって1920年代一般に狂騒の20年代として知られる)に非常に米国影響及ぼした

※この「手続き」の解説は、「ボルステッド法」の解説の一部です。
「手続き」を含む「ボルステッド法」の記事については、「ボルステッド法」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/07 06:52 UTC 版)

犯罪経歴証明書」の記事における「手続き」の解説

国内居住者について各都道府県毎に警視庁公安部外事第一課、または警察本部刑事部鑑識課で、在外日本人については、在外公館において発給申請を行う。 申請必要な書類以下の通り 日本国旅券 現住所確認できる書類住民票の写し運転免許証個人番号カードなど) 証明書発給必要性確認できる書類大使館提出先機関からの文書など。アメリカDiversity Immigrant Visa当選した場合送られて来る書類中に含まれている) 外国居住者については、過去国内居住地確認できる書類住民票の除票、戸籍の附票外国人登録原票写しなど)

※この「手続き」の解説は、「犯罪経歴証明書」の解説の一部です。
「手続き」を含む「犯罪経歴証明書」の記事については、「犯罪経歴証明書」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 22:24 UTC 版)

ウクライナ英雄」の記事における「手続き」の解説

市民ウクライナ英雄受章するためには、最高議会、内閣英語版)、憲法裁判所英語版)、最高裁判所英語版)、最高経裁判所検察局英語版)、各省庁中央執行機関に加えてクリミア自治共和国の最高議会と閣僚議会、州、キエフおよびセヴァストポリ政府政権から、大統領に対する推薦なければならない各機関から、推薦され人物の活動に関する詳細と、候補者代理による推薦書類が大統領下へ送られ検討される大統領推薦同意すれば、大統領令によって、キエフマリア宮殿勲章勲記、略小勲章を含む称号の授与式が挙行される。

※この「手続き」の解説は、「ウクライナ英雄」の解説の一部です。
「手続き」を含む「ウクライナ英雄」の記事については、「ウクライナ英雄」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 21:45 UTC 版)

弁論準備手続」の記事における「手続き」の解説

裁判所は、争点及び証拠の整理を行うため必要がある認めるときは、当事者意見聴いて事件弁論準備手続に付することができる同条)。 弁論準備手続は、双方当事者又は訴訟代理人立ち会い1691項)、裁判所が相当と認める者のみが傍聴することができる期日同条2項制限的公開)において行われ双方が、争いのある訴訟物に対して意見主張述べ合い口頭弁論期日における証拠調べに向けて争点証拠整理弁論活動をする。和解話し合いがされることもある。 手続主宰するのは裁判所合議事件であればその3名の裁判官による合議体)であるが、受命裁判官合議体の構成員である裁判官)に行わせるともできる170条、171条)。受命裁判官には主に若手左陪席任命される弁論準備室和解室等で行う。 裁判所が行場合は、書証文書準文書)の証拠調べ人証証人当事者)の採否等の裁判することができる1702項)。受命裁判官が行場合は、人証採否等の裁判を行うことはできないが、調査嘱託鑑定嘱託書証申出文書送付嘱託についての裁判を行うことができる(1713項)。 裁判所又は受命裁判官は、当事者準備書面提出させることができる(1701項1712項)。当事者一方裁判所出頭するときには裁判所から他方当事者電話をかけ、裁判所双方当事者同時に通話できる態で手続することができる1703項1712項電話会議)。 弁論準備手続は、あくまで口頭弁論期日外の手続きのため、弁論準備手続終結した後は当事者は、口頭弁論期日において、弁論準備手続結果陳述しなければならない173条)。また、弁論準備手続争点整理した意味を無にしないため、弁論準備手続終結後新たな主張立証をする場合相手方求めがあるときは、相手方に対し弁論準備手続終結前にこれを主張立証できなかった理由説明しなければならない174条、167条)。新たな主張については、場合によっては裁判所が、時期後れた攻撃防御方法として、主張却下することもある(157条)。

※この「手続き」の解説は、「弁論準備手続」の解説の一部です。
「手続き」を含む「弁論準備手続」の記事については、「弁論準備手続」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 19:40 UTC 版)

医療費控除」の記事における「手続き」の解説

医療費控除に関する事項記載した確定申告書提出が必要となる。その際、「医療費控除明細書」又は所定の事項記載され健康保険組合等が発行する医療費お知らせ」など医療費支出証明する書類を添付しなければならない。(法第120条) 2017年確定申告から原則として医療費領収書原本提出不要となり、その代り自宅等で5年保存する必要がある。但し、医療費お知らせを添付する場合には、領収書保存義務がない。この場合医療費お知らせ記載され医療費窓口実際に支払った額が多少相違して構わないが、自由診療分、後払い分や薬局での医薬品購入など考量されていないので留意が必要となる。 なお、2017年分から2019年分までの医療費経過措置として、医療費領収書などを確定申告書添付する方法提示する方法認められる。しかし、2016年以前医療費は、領収書などを確定申告書添付又は提示しなければならない

※この「手続き」の解説は、「医療費控除」の解説の一部です。
「手続き」を含む「医療費控除」の記事については、「医療費控除」の概要を参照ください。


手続き (2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 23:05 UTC 版)

ハウスドルフのパラドックス」の記事における「手続き (2)」の解説

ψ n {\displaystyle \psi _{n}} を先頭が ψ {\displaystyle \psi } 又は ψ 2 {\displaystyle \psi ^{2}} であるような、 φ , ψ , ψ 2 {\displaystyle \varphi ,\psi ,\psi ^{2}} のn個の積とする。 φ n {\displaystyle \varphi _{n}} を先頭が φ {\displaystyle \varphi } であるような、 φ , ψ , ψ 2 {\displaystyle \varphi ,\psi ,\psi ^{2}} のn個の積とする。 ψ n {\displaystyle \psi _{n}} がA, B, C属するならば、 φ ψ n {\displaystyle \varphi \psi _{n}} はB, A, Aに属するようにする。 φ n {\displaystyle \varphi _{n}} がA, B, C属するならば、 ψ φ n {\displaystyle \psi \varphi _{n}} はB, C, Aに属するようにする。 ψ 2 φ n {\displaystyle \psi ^{2}\varphi _{n}} はC, A, Bに属するようにする。 このような手続きにより、Gは3つの集合分けることが可能である下図参照)。 A 1 φ ψ , φ ψ 2 , ψ 2 φ φ ψ φ ⋯ B φ , ψ φ ψ 2 φ , ψ φ ψ , ψ φ ψ 2 ⋯ C ψ 2 ψ φ ψ 2 φ ψ , ψ 2 φ ψ 2 ⋯ {\displaystyle {\begin{array}{c|c|ccc|ccccc|ccccc|l}A&1&&&&\varphi \psi &,&\varphi \psi ^{2}&,&\psi ^{2}\varphi &\varphi \psi \varphi &&&&&\cdots \\B&&\varphi &,&\psi &&&&&&\varphi \psi ^{2}\varphi &,&\psi \varphi \psi &,&\psi \varphi \psi ^{2}&\cdots \\C&&&&\psi ^{2}&&&&&\psi \varphi &&&\psi ^{2}\varphi \psi &,&\psi ^{2}\varphi \psi ^{2}&\cdots \end{array}}}

※この「手続き (2)」の解説は、「ハウスドルフのパラドックス」の解説の一部です。
「手続き (2)」を含む「ハウスドルフのパラドックス」の記事については、「ハウスドルフのパラドックス」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:06 UTC 版)

国際連合緊急特別総会」の記事における「手続き」の解説

緊急臨時総会招集するための手続きは、総会手続規則(Rules of Procedure of the General Assembly)に定められている。緊急臨時総会に係る規則は、次の通りである。 Rule 8(b) – Summoning at the request of the Security Council or MembersEmergency special sessions can be convened by a vote of nine members of the Security Council, or a majority of United Nations Member States. These sessions must be convened within 24 hours of any votes. Rule 9(b)Request by MembersAllows any Member State of the United Nations to request the Secretary-General to convene an emergency special session. Rule 10Notification of sessionRequires the Secretary-General to notify Member States, at least 12 hours in advance, of the opening of an emergency special session convened pursuant to rule 8(b). Rule 16 – AgendaStates that the provisional agenda of an emergency special session shall be communicated to Member States simultaneously with the communication convening the session. Rule 19Additional itemsDuring an emergency special session, additional agenda items may be added for consideration by a two-thirds majority of the members present and voting. Rule 20 – Explanatory memorandumRequires any item proposed for inclusion in the agenda to be accompanied by an explanatory memorandum.

※この「手続き」の解説は、「国際連合緊急特別総会」の解説の一部です。
「手続き」を含む「国際連合緊急特別総会」の記事については、「国際連合緊急特別総会」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 23:18 UTC 版)

勤労青少年旅客運賃割引制度」の記事における「手続き」の解説

勤務先から発行される所定の書類添え労働基準監督署提出して割引証交付を受ける。

※この「手続き」の解説は、「勤労青少年旅客運賃割引制度」の解説の一部です。
「手続き」を含む「勤労青少年旅客運賃割引制度」の記事については、「勤労青少年旅客運賃割引制度」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 01:27 UTC 版)

法人成り」の記事における「手続き」の解説

社会保険・労働保険の適用事業所になることで、保険関係成立届の提出などの手続き経費が必要となる。同様に商業登記税金申告にかかる費用等も必要となる。従業員保険料原則労使折半労災保険保険料全額事業主負担)で事業主負担しなければならない

※この「手続き」の解説は、「法人成り」の解説の一部です。
「手続き」を含む「法人成り」の記事については、「法人成り」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 04:06 UTC 版)

ブラウン方式」の記事における「手続き」の解説

貸出方式図書館によって千差万別であり、全く同じ方式採用している図書館一つとして存在しないと言われているが、各種文献によれば概ね次のように貸出・返却督促予約業務されていたようである。なお、以下に示すのは通常のブラウン方式(特にこの方式をstraightforward Browne methodという)の手続きであり、変形ブラウン方式については後述する。

※この「手続き」の解説は、「ブラウン方式」の解説の一部です。
「手続き」を含む「ブラウン方式」の記事については、「ブラウン方式」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 04:43 UTC 版)

ニューアーク方式」の記事における「手続き」の解説

デートスリップ(左)とブックポケット(右)。ブックポケットに日付を記す設けて、デートスリップを兼ねることもある。 貸出方式図書館によって千差万別であり、全く同じ方式採用している図書館一つとして存在しないと言われているが、各種文献によれば概ね次のように貸出・返却督促予約業務されていたようである。 予め、1冊の貸出図書につき一枚請求番号書名著者名図書受入番号などのうちいくらか書き込まれカード状のブックカード、ブックカードを本に保持させるための上部が開かれた袋状のブックポケット、貸出図書返却期限貸出図書関連付けて記入するためのデートスリップ、貸出券4つ用意する。ブックポケットを図書表紙裏(または裏表紙裏)に貼り付け、ブックポケットの中にブックカードを挿入する。デートスリップはブックポケットと向かい合うように見開き貼り付け貸出券利用者貸出申込に応じてあらかじめ発行する利用者貸出を受けるときに、図書貸出券図書館員提出する図書館員は、図書のブックポケットからブックカードを抜き出し貸出券記載されている氏名もしくは登録番号記入するその後、ブックカード・デートスリップ・貸出券のすべてに返却期限日、または貸出日を押印し、ブックカードを返却日別の図書分類順、あるいは登録番号順に並べて保管する。本は利用者貸し出す利用者から図書返却受けたときは、図書館員はデートスリップの返却日やブックカード記載の分類番号等を頼りにブックカードを探し探し当てたブックカードに返却日押印。ブックカードを図書のブックスリップへ戻す。 図書延滞は、図書館保管するブックカードでわかり、ブックカードの情報を元に督促はがきなどを送付する予約方法は、図書分類番号予約図書のブックカードを探しクリップで挟むなどして他のブックカードと見分けが付くようにすればよい。貸出者が返却来た際に予約者に連絡する。

※この「手続き」の解説は、「ニューアーク方式」の解説の一部です。
「手続き」を含む「ニューアーク方式」の記事については、「ニューアーク方式」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 09:09 UTC 版)

死亡届」の記事における「手続き」の解説

これは死亡者戸籍抹消する届出書類として、主に死亡者本籍地死亡地、届出人の現住所地の順位当該市町村長特別区長提出しなければならない死亡届提出期限届出者が死亡事実知った日から7日以内国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月以内)に届け出ることが必要であるまた、届出用紙市区町村役場病院等に備えられて、用紙サイズA3使いで中央から左側死亡届右側死亡診断した医師または歯科医師記入する死亡診断書死体検案した医師記入した場合死体検案書)の併用形式が殆どである。 届け出する内容届出日、届出先市区町村死亡者氏名読み方性別生年月日死亡年月日時分死亡場所住所死亡者住民登録先住所とその世帯主名、死亡者本籍とその筆頭者氏名死亡者婚姻状況死亡した時の世帯主な仕事死亡者職業産業、その他と届出人と死亡者の関係、届出人の現住所本籍地とその筆頭者氏名届出人の氏名生年月日届出人の印鑑日本国民ではなく印鑑有していない者は署名かまわない)、届出人の連絡先等を記入する届出人の条件同居の親族同居していない親族同居者家主地主家屋管理人土地管理人公設所の長の順位医師等が記入した死亡診断書または死体検案書中央より右側)を死亡時に発行され届出人が死亡届中央より左側)に記入押印し当該市区町村役場戸籍係提出する。それを受理した戸籍係戸籍抹消業務及び火埋葬許可証交付を行う。提出した死亡届書は約1ヶ月戸籍係保管されその後管轄する当該地方法務局支局または当該地方法務局送付保管される死亡届24時間365日受付可能である。これは、婚姻届離婚届出生届認知届同じく相続による権利義務承継重大な影響及ぼすためである。また夜間及び休日等に届出する場合当該役所閉庁されており担当職員不在である場合が多いため通用口にいる警備員守衛等に預ける形となる。

※この「手続き」の解説は、「死亡届」の解説の一部です。
「手続き」を含む「死亡届」の記事については、「死亡届」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 15:04 UTC 版)

分籍届」の記事における「手続き」の解説

手続き概略 現在戸籍謄本全部事項証明)及び印鑑認印でよい)を持参して提出先出頭し所定の分籍届」に必要事項記入捺印し提出する本人出頭できない場合は、自筆記入捺印した届及び現在戸籍謄本全部事項証明)を用意し代理人使者)に提出させることができる。使者は、自己の身分を証明する書類運転免許証等)を持参するこの場合本人電話等で照会が行われる場合がある提出先いずれか1箇所現在の本籍地管轄する市区町村役所 分籍後の新たな本籍地管轄する市区町村役所 現に住民登録をしている市区町村役所 必要書類 分籍届全国市区町村役所備え付けてある) 現在戸籍謄本全部事項証明) 但し、現在の本籍地に届を提出し分籍後も同一市区町村役所管轄である場合は、添付しなくても良い提出後 必要書類形式審査実施され問題がなければ受理される正規の手続きに基づいた書類受理しない行為違法であり戸籍法137に基づき市町村長10万円以下の過料処される)。 届は、受理された日より効力発する注意事項 届は、提出先記載されている市区町村役所1箇所提出すれば良いが、その後提出先記載されている全ての関係市区町村役所送付され送付受けた時点で戸籍及び住民票訂正が行われる為、市区町村役所によっては1~2週間程度従前の内容登録されている場合があるので、注意が必要である。 分籍後、分籍手続者の従前戸籍除籍となる(もちろん同一戸籍他の者が記録されている場合は、そのまま残る)。従前戸籍に戻る手続きは存在せずいかなる理由があっても(不正届出の場合は別)従前戸籍戻ることできない。ただし、それにより法的なデメリットを被ることはない。 届には、新たな本籍記載しなければならないので、予め新たな本籍地決めておく必要がある従前戸籍と同じ本籍地定めることもできるが、戸籍としては別となる。 手続き完了後 従前戸籍には、「分籍」及び「除籍」の身分事項記載され分籍日及び新戸籍が記載される新戸籍には、従前戸籍からの移記事項出生など)及び「分籍」の身分事項記載され分籍日及び従前戸籍前に属していた戸籍)が記載される。なお、分籍後に更に転籍すると、転籍後の新戸籍には「分籍」の身分事項移記記載されない分籍をした後に結婚し自身筆頭者となった場合はこの戸籍そのまま夫婦戸籍となる(この場合入籍といえる)。逆に相手筆頭者とした場合はその配偶者筆頭者とする戸籍入ることになり、分籍した本人1人のみの従前戸籍分籍してから結婚するまで戸籍)は除籍される。この場合その後離婚したとしても、除籍され元の戸籍戻ること出来ない

※この「手続き」の解説は、「分籍届」の解説の一部です。
「手続き」を含む「分籍届」の記事については、「分籍届」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 21:16 UTC 版)

写真花嫁」の記事における「手続き」の解説

未婚男性経済的余裕のある者は一時帰国し、結婚して妻を連れ帰ったが、渡航費時間的余裕なければ日本に住む家族親戚に頼むしかなかった。当時の日本では結婚個人ではなく家族(主に家長)が決めることであり、見合い結婚一般的であったため、仲人を介して写真履歴書等を交換し結婚取り決めることに何の問題もなく、面識のない男女結婚することも珍しくなかった写真花嫁の場合は結婚正式に決まると、花婿本人不在のまま代理人立てて結婚式行い入籍済ませる。その後2年ほど文通をする場合もあるが、夫による呼び寄せとして査証発給されたら、他の写真花嫁一緒に同じ船に乗って渡航する一か月もかかる船旅の後、移民管理局着いたら入国手続き済ませ、ここで初めて夫に会う。移民局数日待たされることもあり、夫が現れない場合も、また、現れても、花嫁見て連れ帰るのを拒否する場合もあった。移民局職員気の毒に思って連れ帰り、後に結婚させることもあった。

※この「手続き」の解説は、「写真花嫁」の解説の一部です。
「手続き」を含む「写真花嫁」の記事については、「写真花嫁」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 14:37 UTC 版)

婚姻届」の記事における「手続き」の解説

概略 役場などで婚姻届用紙入手し証人署名・捺印を受け、かつ必要事項記入捺印した上で提出先出頭し提出する証人となる者も提出立ち会う場合は、その場で用紙記入捺印しても可)。不受理申出していない限り郵送で提出可能だが、その場合は市区町村役場への郵便配達をもって受理日となる。 提出先いずれか1箇所) 夫、または妻の従前戸籍結婚する前の時点で戸籍)の本籍の自治体市区町村役場結婚後の新たな本籍地管轄する自治体市区町村役場。 夫、または妻の現在の所在地自治体市区町村役場同時に転居する場合結婚後の住所となる自治体市区町村役場。 (所在地には、住民登録上の現住所他に一時的な滞在地含まれるので、旅行先等の役所でも提出できる。また所在地海外の時は、最寄り日本国大使館総領事館在外公館提出できる。) 提出書類 婚姻届 結婚前時点で戸籍謄本または抄本手続きをする役場従前戸籍本籍地自治体である者の分は不要二人印鑑一方旧姓のもの) 二人本人確認書類 外国人婚姻する場合外国人について婚姻具備証明書等の婚姻要件具備していることを証する書面国籍証する書面出生年月日証する書面それらの日本語の翻訳外国方式により婚姻した場合は、その国が発行する婚姻証書謄本日本語の翻訳文(この場合婚姻届への2人成人証人署名押印不要となる。) 海外在外公館届け場合などを除き、現在は1通のみの提出で可としている役場がほとんどである(以前は2 - 3通必要となる場合もあったが、現在は役場謄本複写)を作成する)。 提出後 書類問題がなければ受理される。届は、提出日をもって即日発効する新たに戸籍筆頭者となる者が従前戸籍筆頭者でなかった場合当該者筆頭者とする戸籍新たに作られる新戸籍の筆頭者となる者が既に戸籍筆頭者である場合は、その戸籍そのまま配偶者記載される離婚分籍をしていた場合これに当たる)。結婚後の氏は、戸籍筆頭者となる方のものとなる

※この「手続き」の解説は、「婚姻届」の解説の一部です。
「手続き」を含む「婚姻届」の記事については、「婚姻届」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 03:35 UTC 版)

指定管理者制度」の記事における「手続き」の解説

各地方公共団体定め条例に従ってプロポーザル方式総合評価方式などで指定管理者(以下、管理者候補団体選定し施設所有する地方公共団体の議会決議を経ることで、最終的に選ばれた管理者に対し管理運営委任することができる管理者民間の手法を用いて弾力性柔軟性のある施設の運営行なうことが可能となり、その施設の利用に際して料金徴収している場合は、得られ収入地方公共団体との協定範囲内で管理者収入することができる地方自治法244条の2 8項)。

※この「手続き」の解説は、「指定管理者制度」の解説の一部です。
「手続き」を含む「指定管理者制度」の記事については、「指定管理者制度」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 09:25 UTC 版)

証拠方法」の記事における「手続き」の解説

その種類別証拠調べの手続が定められ証人については証人尋問 鑑定人については鑑定 当事者本人について当事者尋問 文書について書証 検証物については検証 がそれぞれ行われる

※この「手続き」の解説は、「証拠方法」の解説の一部です。
「手続き」を含む「証拠方法」の記事については、「証拠方法」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:25 UTC 版)

離婚届」の記事における「手続き」の解説

協議離婚裁判離婚の場合とも届出夫婦本籍地または所在地現住所)ですることができる(法第25条)が、夫婦本籍地以外の役場する際は、戸籍謄本(または戸籍の全部事項証明書を添付しなければならない離婚届24時間365日受付可能である。ただし、夜間及び休日等は担当職員不在である場合が多いため、通用口にいる警備員守衛等に預ける形となる。

※この「手続き」の解説は、「離婚届」の解説の一部です。
「手続き」を含む「離婚届」の記事については、「離婚届」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 09:25 UTC 版)

証拠方法」の記事における「手続き」の解説

その種類別証拠調べの手続が定められ証人については証人尋問 鑑定人については鑑定人尋問 証拠物については展示刑事訴訟法306条) 証拠書類については朗読同法305条)又は要旨告知刑事訴訟規則203条の2) によって、それぞれ取り調べられる

※この「手続き」の解説は、「証拠方法」の解説の一部です。
「手続き」を含む「証拠方法」の記事については、「証拠方法」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 21:59 UTC 版)

代表質問」の記事における「手続き」の解説

政府四演説に対する代表質問であれば通常国会召集日決まった時点で議院運営委員会理事会による大まかな調整始まる。調整結果召集当日理事会および全体会合での作業経て確定し原則として演説実施前日内閣総理大臣から議長宛て発言の通告が行われる。演説終わると遅くとも平日中、調整結果によっては翌日午後の衆議院本会議から代表質問を始めるため当日中に議院規則に基づき会派から質疑通告提出される質疑通告には質疑を行う案件質疑者、質疑時間及び答弁要求閣僚記されている。質疑者は党首幹事長といった党最高幹部参議院であれば議員会長どトップ準ずる立場議員となるのが通例であり、質問の内容国政全般にわたる幅広いものとなる。なおこの際質問はそれ自体会派ごとの方演説性格をもつことから、全内容通告において予め示すことが多くなっている。また、当日質疑文を読み上げる会派質疑者は、通告において事前に示された内容しか発言することができない国会冒頭に補正予算案提出され場合は、財政演説に対する代表質問がまず行われる調整の手続きは同じとなる。通常国会冒頭に翌年度一般会計本予算ではなく当年度補正予算出た場合は、補正予算成立後改め本予算提出を受け、政府四演説およびそれに対する代表質問実施調整する詳細は「政府四演説#概説を参照 重要法案趣旨説明に対する代表質問では、質疑者がその法律または政策分野専門家である議員となる場合もある。

※この「手続き」の解説は、「代表質問」の解説の一部です。
「手続き」を含む「代表質問」の記事については、「代表質問」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 14:43 UTC 版)

介護休業」の記事における「手続き」の解説

介護休業申出は、次に掲げ事項事業主申し出ることによって行わなければならない施行規則第23条1項)。事業主は、介護休業申出があったときは、当該介護休業申出をした労働者に対して下記の3,4掲げ事実証明することができる書類提出求めることができる(施行規則第23条3項)。証明方法について、介護休業申出をする労働者過大な負担をかけることのないようにすべきものであり、介護休業に関しては、特に情勢様々に変化することがあるので、臨機応変かつ柔軟な対応が望まれる指針)。 介護休業申出年月日 介護休業申出をする労働者氏名 介護休業申出に係る対象家族氏名及び前号労働者との続柄 介護休業申出に係る対象家族要介護状態にある事実対象家族2週間以上の間にわたり常時介護必要とする態でる旨記載すれば足りる。 介護休業開始予定日及び介護休業終了予定日 介護休業申出に係る対象家族について介護休業日数 事業主は、労働者からの介護休業申出があった場合において、当該介護休業申出に係る介護休業開始予定日とされた日が当該介護休業申出があった日の翌日から起算して2週間経過する日前の日であるときは、厚生労働省令定めところにより当該介護休業開始予定日とされた日から当該2週間経過日まで間のいずれかの日当該介護休業開始予定日として指定することができる(第12条3項)。この指定は、介護休業開始予定日とされた日(その日介護休業申出があった日の翌日から起算して3日経過する後の日である場合にあっては当該3日経過する日)までに、介護休業開始予定日として指定する日を介護休業申出をした労働者に通知することによって行わなければならない施行規則第26条)。つまり、介護休業開始予定日とされる日の2週間前までに申し出ないと、労働者希望通り介護休業できない可能性がある

※この「手続き」の解説は、「介護休業」の解説の一部です。
「手続き」を含む「介護休業」の記事については、「介護休業」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 06:07 UTC 版)

班田収授法」の記事における「手続き」の解説

戸籍作成翌年から班田収授の手続き開始する戸籍作成翌年10月1日から11月1日までの間に、京又は国府官司帳簿作成し前回との異動状況校勘する。そして、翌1月30日までに太政官申請し2月30日までに許可され班田収授実施された。

※この「手続き」の解説は、「班田収授法」の解説の一部です。
「手続き」を含む「班田収授法」の記事については、「班田収授法」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 23:49 UTC 版)

LOGO」の記事における「手続き」の解説

command - 何らかの副作用があるが、値は返さない例えprint operation - 値を返す例えば、sumfirst、readlist など。 commandPascalにおいて値を返さないプロシージャに似ており、operationPascalにおいて値を返す関数に似ている。コマンドクエリ分離英語版) (CQS) で言えばLOGOoperationクエリ相当するLISP似た慣習として、返す値がtrueまたはfalse限定されているoperation述語 (predicate) と呼び慣習として名前の最後にpをつける。例えば、emptyp、wordp、listp などがある。

※この「手続き」の解説は、「LOGO」の解説の一部です。
「手続き」を含む「LOGO」の記事については、「LOGO」の概要を参照ください。


手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 20:14 UTC 版)

日本の降伏文書」の記事における「手続き」の解説

連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー調印式場ミズーリ艦上選んだのは、洋上であれば式典妨害されないこと、ミズーリ時の大統領であったハリー・S・トルーマン出身州であり大統領の娘が艦名命名者であったこと、海軍側に花を持たせたいと考えたことがその理由とされているミズーリはかつてペリーが日修好通商条約調印際に旗艦ポーハタン号停泊させていたのと同じ位置停泊したとされ、これはマッカーサー演出とされている式典1945年9月2日午前9時始まり、まずマッカーサー砲塔前で演説行った日本側からは、天皇および大日本帝国政府代表して重光葵外務大臣が、また大本営代表して梅津美治郎参謀総長署名した連合国側からは、まず連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが4連合国(米、英、ソ、中)を代表するとともに日本戦争状態にあった他の連合国代表して署名行ったその後、以下の各国代表署名した アメリカ代表:チェスター・ニミッツ海軍元帥 中国代表:徐永昌上将 イギリス代表:ブルース・フレーザー海軍元帥 ソ連代表:クズマ・デレヴャーンコ (en) 中将 オーストラリア代表:トーマス・ブレイミー (en) 陸軍元帥 カナダ代表:ローレンス・ムーア・コスグレーヴ (en) 陸軍大佐 フランス代表:フィリップ・ルクレール陸軍大将 オランダ代表:コンラート・ヘルフリッヒ (en) 海軍中将 ニュージーランド代表:レナード・モンク・イシット (en) 空軍中将 降伏文書は2通作成されたが、そのうちの1通外交史料館所蔵)はカナダ代表署名箇所誤ったため、以後の代表は署名一段ずつずらして署名し調印式終了後国名訂正されている。 その他の主な参列者下記の通り日本全権随員陸軍宮崎周一中将永井八津次少将杉田一次大佐 海軍富岡定俊少将横山一郎少将柴勝男大佐 外務省岡崎勝男終戦連絡中央事務局長官加瀬俊一秘書官太田三郎終戦連絡部長 米:ウィリアム・ハルゼー・ジュニア大将会場責任者)、ジョセフ・スティルウェル大将ジョン・S・マケイン・シニア中将ジョナサン・ウェインライト中将 英:アーサー・パーシバル中将 中:楊宣誠海軍中将明中将、王之少将上校、王丕承上校 23分間にわたる式典模様通信艦船アンコンを通じて全世界中継された。 署名(なお、本降文書署名カナダ代表署名間違えたため、いわゆる手書き訂正されている。詳しくはミズーリ (戦艦)を参照署名する重光葵写真右は加瀬俊一 署名する梅津美治郎 全権団、陸海軍人達ミズーリ向か船中軍刀外していた 署名するダグラス・マッカーサー 日本代表団の退艦 米戦艦ミズーリ

※この「手続き」の解説は、「日本の降伏文書」の解説の一部です。
「手続き」を含む「日本の降伏文書」の記事については、「日本の降伏文書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「手続き」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手続き

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 01:44 UTC 版)

和語の漢字表記

  (表記のゆれ:手続)

  1. てつづき 参照

「手続き」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「手続き」に関係したコラム

  • CFDのデモ口座が開設できる業者の一覧

    CFD業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前に...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

  • FXのデモ口座でデモトレードをするには

    FX業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前にデ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で回線不通にならないようにするには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、売買取引や為替レートの表示、ニュースの表示などのために、専用のサーバーとの接続を保っています。サーバーとの接続状況...

  • FXの成行での注文方法

    FXの成行での注文方法FX(外国為替証拠金取引)の成行注文とは、FX業者の示す為替レートで注文する方法のことです。FX業者の示す為替レートは、一般的に次のような画面なっています。成行で売りの注文をする...

  • バイナリーオプションのデモ口座でデモトレードをするには

    バイナリーオプション業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手続き」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手続きのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手続き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハウスドルフのパラドックス (改訂履歴)、地震保険料控除 (改訂履歴)、育児休業 (改訂履歴)、国際連合特別総会 (改訂履歴)、教皇の辞任 (改訂履歴)、DPLLアルゴリズム (改訂履歴)、ボルステッド法 (改訂履歴)、犯罪経歴証明書 (改訂履歴)、ウクライナ英雄 (改訂履歴)、弁論準備手続 (改訂履歴)、医療費控除 (改訂履歴)、国際連合緊急特別総会 (改訂履歴)、勤労青少年旅客運賃割引制度 (改訂履歴)、法人成り (改訂履歴)、ブラウン方式 (改訂履歴)、ニューアーク方式 (改訂履歴)、死亡届 (改訂履歴)、分籍届 (改訂履歴)、写真花嫁 (改訂履歴)、婚姻届 (改訂履歴)、指定管理者制度 (改訂履歴)、証拠方法 (改訂履歴)、離婚届 (改訂履歴)、代表質問 (改訂履歴)、介護休業 (改訂履歴)、班田収授法 (改訂履歴)、LOGO (改訂履歴)、日本の降伏文書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの手続き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS