入会とは? わかりやすく解説

いり‐あい〔‐あひ〕【入会/入合】


にゅう‐かい〔ニフクワイ〕【入会】

読み方:にゅうかい

[名](スル)会にはいること。新しく会員になること。「自然観察会に—する」「—金」「—資格」⇔退会


入会


入会

読み方:ニュウカイ(nyuukai)

ある団体にはいり、その会員となること


入会


入会

読み方:イリアイiriai

一定地域住民一定の山林原野池・沼・海などを共同利用すること。

別名 入逢入相入合立合(たちあい)、入稼(いりかせぎ)、立(たち)、入組(いりくみ)、入籠(いりごもり)、入込(いりこみ)


入会

作者星新一

収載図書どこかの事件
出版社新潮社
刊行年月1986.10
シリーズ名新潮文庫


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

入会

関連項目



入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 19:01 UTC 版)

ニフティサーブ」の記事における「入会」の解説

ニフティサーブ入会するためには、導入パックイントロパック)と呼ばれる加入権付いた書籍購入の上オンラインからサインアップするか、郵便による事務手続き経て入会手続き行なう必要があった(イントロパック後年市販パソコンモデムなどにもバンドルされていた)。接続のために必要なカプラモデム物理的な接続通信プロトコル設定モデムATコマンド等は利用者自らが行なう必要があり、これらの設定には通信に関する必要最低限度の知識求められたそのため、現在販売されているインターネット接続環境導入済みパソコンを使うのとは違って接続に至るまでハードル高くネット接続に関し知識がない人は嫌でも導入書を読まざるを得ない態であったことから最低限度リテラシー学ばせる結果にもなった。

※この「入会」の解説は、「ニフティサーブ」の解説の一部です。
「入会」を含む「ニフティサーブ」の記事については、「ニフティサーブ」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 00:56 UTC 版)

日本鍼灸史学会」の記事における「入会」の解説

HP参照 年会費納入しなくても大会参加学術発表ができるが、発表した演題には翌年までに学術論文投稿する義務発生する

※この「入会」の解説は、「日本鍼灸史学会」の解説の一部です。
「入会」を含む「日本鍼灸史学会」の記事については、「日本鍼灸史学会」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 02:55 UTC 版)

ダイナースクラブ プレミアムカード」の記事における「入会」の解説

通常のダイナースクラブカード」は27歳上が目安とされているが、本カードインビテーション制(招待制)を採っている為、入会の目安公開していない。(提携カードも同様)通常のダイナースクラブカード」の会員中から一定の基準属性社会的地位等)や決済額などの観点で発行元提携先から優良見做された者に招待状が届く場合があり、入会の意志を示す事で、特別な書類改め提出することなく、本カード発行されるまた、ダイナースクラブ プレミアムカード」の会員に対して会員となるに相応しい者(「ダイナースクラブカード」の保有有無問わない)を推薦する権利付与されることがあり、被推薦者は、所定の審査の上会員となることができる。

※この「入会」の解説は、「ダイナースクラブ プレミアムカード」の解説の一部です。
「入会」を含む「ダイナースクラブ プレミアムカード」の記事については、「ダイナースクラブ プレミアムカード」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:15 UTC 版)

日本介護学会」の記事における「入会」の解説

日本介護福祉士会会員自動的に本会の入会となる。 日本介護福祉士会非会員は、本会正会員2名の推薦により入会できる。 一般会員 10,000円 (年会費なし)

※この「入会」の解説は、「日本介護学会」の解説の一部です。
「入会」を含む「日本介護学会」の記事については、「日本介護学会」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 05:42 UTC 版)

日本結核・非結核性抗酸菌症学会」の記事における「入会」の解説

入会に特に資格規定などはなく誰でも自由に入会できる。 会費2015年度現在)一般会員 年額10,000学生会員 年額2,000円 入会事務局 〒113-0033 東京都文京区本郷4-8-9

※この「入会」の解説は、「日本結核・非結核性抗酸菌症学会」の解説の一部です。
「入会」を含む「日本結核・非結核性抗酸菌症学会」の記事については、「日本結核・非結核性抗酸菌症学会」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 14:33 UTC 版)

日本考古学会」の記事における「入会」の解説

入会審査はない。会費納めることで会員となる。

※この「入会」の解説は、「日本考古学会」の解説の一部です。
「入会」を含む「日本考古学会」の記事については、「日本考古学会」の概要を参照ください。


入会


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 16:34 UTC 版)

ナイスゴーイングカード」の記事における「入会」の解説

下の所で入会手続き取り扱い年会費500円。入会時に会員カードスタンプカードガイドブック交付される(またカード更新時などに、旧版ガイドブック引き換えに更新版受け取れる)。 JR九州みどりの窓口 JR九州旅行各支JR九州の駅旅行センター及び旅コーナー JR九州沖縄支店 九州内にある一部大学生協 郵送インターネットなどによる手続き行っていない。このほかJR九州以外の会社みどりの窓口等では入会・継続入会を行わないまた、原則としてカードの再発行行わない

※この「入会」の解説は、「ナイスゴーイングカード」の解説の一部です。
「入会」を含む「ナイスゴーイングカード」の記事については、「ナイスゴーイングカード」の概要を参照ください。


入会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 07:25 UTC 版)

日本ウイルス学会」の記事における「入会」の解説

正会員年額10000円 学生会員年額4000賛助会員一口50000円(一口以上)入会時に入会金1000円必要である賛助会員を除く)。

※この「入会」の解説は、「日本ウイルス学会」の解説の一部です。
「入会」を含む「日本ウイルス学会」の記事については、「日本ウイルス学会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「入会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

入会

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 12:23 UTC 版)

この単語漢字
にゅう
第一学年
かい
第二学年
音読み 音読み

発音

名詞1

(にゅうかい)

  1. 会に入って会員となること。

対義語

動詞

活用

名詞2

  1. いりあい」の漢字表記。

複合語



「入会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニフティサーブ (改訂履歴)、日本鍼灸史学会 (改訂履歴)、ダイナースクラブ プレミアムカード (改訂履歴)、日本介護学会 (改訂履歴)、日本結核・非結核性抗酸菌症学会 (改訂履歴)、日本考古学会 (改訂履歴)、ヤングウィークエンドカード (改訂履歴)、ナイスゴーイングカード (改訂履歴)、日本ウイルス学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS