500円とは? わかりやすく解説

五百円硬貨

(500円 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 09:37 UTC 版)

五百円硬貨(ごひゃくえんこうか)は、日本国政府財務省)が発行する貨幣で、額面500硬貨である。五百円玉(ごひゃくえんだま)、五百円貨[1]とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 登場当時、スイスの5フランドイツ(旧西ドイツ)の5マルクスペインの500ペセタ硬貨と並び、高額面硬貨として話題になった。
    ドイツやスペインでユーロが導入されて最高額面硬貨は2ユーロとなったため、現在はスイスの5フラン硬貨と並ぶ高額面硬貨である(それぞれの硬貨の額面の価値は各国の為替レートの変動による)。
  2. ^ 特に紙幣については、諸外国でも偽造防止対策として概ね10年から20年おきに刷新されることが一般的である。
  3. ^ C五百円券は五百円白銅貨の発行後もしばらく製造・発行されていた(C五百円券の製造停止は1985年(昭和60年)、日銀からの支払い停止は1994年(平成6年))。
  4. ^ この表裏は造幣局での便宜的な呼称で、明治時代の硬貨と異なり法律上の表裏の規定はない。
  5. ^ 各部分を単体で見ると、外縁部分は五百円ニッケル黄銅貨と同じ組成、中心の表層部分は五百円白銅貨と同じ組成である。
  6. ^ ルーペ等で拡大すると確認できる。
  7. ^ 五百円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令(昭和56年7月3日政令第245号)
  8. ^ 通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成12年1月28日政令第23号)
  9. ^ 通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令の一部を改正する政令(令和3年1月27日政令第12号)

出典

  1. ^ 日本銀行サイト「日本のお金」、日本銀行
  2. ^ a b c d e f 渡部晶 2012, pp. 18–31.
  3. ^ a b 参考資料「独立行政法人造幣局」首相官邸(独立行政法人改革等に関する分科会 第3ワーキンググループ(第1回)配布資料)
  4. ^ a b c 日本銀行金融研究所 『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、106頁。ISBN 9784930909381 
  5. ^ 第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号 昭和56年4月17日 臨時通貨法に五百円の臨時補助貨幣を追加する件について”. 衆議院. 2020年8月15日閲覧。
  6. ^ a b c 大蔵省印刷局 1994, pp. 181–182.
  7. ^ 第146回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号 平成11年11月17日 五百円硬貨改鋳の件について”. 衆議院. 2020年8月15日閲覧。
  8. ^ 明治以降の貨幣<2000年8月現在> - 日本銀行金融研究所貨幣博物館
  9. ^ 川崎直之. “新500円硬貨のマイクロ文字見っけ”. 北海道大学大学院工学研究科電子情報工学専攻電子情報エレクトロニクス講座画像工学分野高井研究室. 2002年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  10. ^ a b “新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します” (プレスリリース), 財務省, (2019年4月9日), オリジナルの2019年4月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190409005102/https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html 2020年8月15日閲覧。 
  11. ^ a b 新しい五百円貨幣の発行開始日について” (日本語). 財務省. 2021年10月1日閲覧。
  12. ^ 新しい五百円貨幣及び記念貨幣を発行します”. 財務省. 2021年4月27日閲覧。
  13. ^ 新しい五百円貨幣の発行時期について”. 財務省. 2021年4月27日閲覧。
  14. ^ “新500円玉、造幣局で製造開始 出回るのは11月から”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2021年6月21日). https://www.asahi.com/articles/ASP6P66JSP6PULFA019.html?iref=com_rnavi_arank_nr01 
  15. ^ a b c d e f 向山勇 2019, pp. 10–11.
  16. ^ “新500円硬貨は2色「真ん中は100円玉、周りは今の500円玉の色です」”. FNNプライムオンライン (株式会社フジテレビジョン). (2019年4月19日). オリジナルの2020年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200814205838/https://www.fnn.jp/articles/-/7418 
  17. ^ “500円玉だけなぜ流通増える? 電子マネーと「使い分け」”. エコノ探偵団 (NIKKEI STYLE). (2011年10月31日). オリジナルの2020年4月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200411050246/https://style.nikkei.com/article/DGXDZO35987840Y1A021C1W14000?channel=DF210220171905&style=1 
  18. ^ “【新500円玉】知ってた? 500円硬貨が新しくなる意外な理由とは”. オトナライフ (メディアソフト). (2019年4月10日). オリジナルの2019年5月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190503024619/https://otona-life.com/2019/04/10/11752/ 
  19. ^ 第146回国会 3 変造外国硬貨等使用による自販機荒らしに関する質問主意書”. 衆議院. 2019年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月15日閲覧。
  20. ^ “ATMでの硬貨のお取扱いの停止について” (プレスリリース), 日本郵政公社, (2005年2月3日), オリジナルの2005年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20050205022156/https://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kawase/050203j302.html 
  21. ^ モノ・マガジン編集部 (2017年9月1日). “「自販機」を持つ人の知られざる儲けの仕組み”. 蘊蓄の箪笥 100章 (東洋経済オンライン). オリジナルの2020年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200305120407/https://toyokeizai.net/articles/-/186320?page=3 
  22. ^ 岩城枝美 (2015年7月25日). “自販機あるある。硬貨や紙幣を何度投入しても、釣り銭口に戻ってきてしまう不思議”. tenki.jpサプリ (日本気象協会). オリジナルの2015年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150726004037/https://tenki.jp/suppl/emi_iwaki/2015/07/25/5511.html 
  23. ^ “偽造五百円硬貨相次ぎ見つかる 新硬貨発行前の駆け込みか”. 産経WEST. (2020年12月25日). https://www.sankei.com/article/20201225-C6Y3QQNRX5P7JFR5VTLYEX7HLQ/ 2020年12月27日閲覧。 
  24. ^ 現在発行されていないが有効な銀行券 五百円券”. 日本銀行. 2022年10月1日閲覧。



500円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:31 UTC 版)

Gu-Guガンモ」の記事における「500円」の解説

大きな500円ハゲあることからパンツ仲間に500円と呼ばれている。田舎チームでは、半平太の位置づけにあたる人物ガンモ出会ったときはさすがにパニックになっていた。

※この「500円」の解説は、「Gu-Guガンモ」の解説の一部です。
「500円」を含む「Gu-Guガンモ」の記事については、「Gu-Guガンモ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「500円」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「500円」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「500円」に関係したコラム

  • 株365の制限値幅は

    株365では、日経225証拠金取引とFTSE TWSE台湾50証拠金取引の2銘柄について制限値幅を設けています。制限値幅により、その銘柄の1日の価格の変動幅が制限されます。制限値幅は、銘柄の価格により...

  • 株式の投資基準とされる利回りとは

    株式の投資基準とは、その銘柄が割安か割高なのかを図るものさしのことです。株式の投資基準には、利回りや株価純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)などが挙げられます。ここでは、株式の投資基準の利回りに...

  • 株価の特別気配の更新値幅は

    特別気配とは、売り注文と買い注文の数量がアンバランスな状態で、売買の成立が困難な状況のことです。例えば、株価が400円の時に、402円、401円、400円、399円、・・・に大量の買い注文が入り、40...

  • 株365の注文方法

    株365では、投資家が有利に取引できるように次のような注文方法が用意されています。▼成行注文価格を指定しないで、相場の価格に従って注文を出す方法です。成行注文ではすぐに約定したい時に用います。相場が大...

  • ETFのストップ安・ストップ高の値幅制限は

    ETFの銘柄には値幅制限が設けられています。値幅制限は、証券取引所が適正な価格を維持して投資家を保護することを目的に定めているものです。証券取引所では、前日の終値を基準として1日の値下がり幅と値上がり...

  • 株式投資で評価益が出た時の対処法

    株式投資における評価益とは、その時点で手持ちの株式を売却すると利益が発生することです。ここでは、株式投資で評価益が出た時の対処法を紹介します。▼利益確定売り利益確定売りとは、手持ちの株式を利益が発生し...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「500円」の関連用語

500円のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



500円のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五百円硬貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGu-Guガンモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS