日本の銀貨とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の銀貨の意味・解説 

日本の銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/28 06:45 UTC 版)

日本の銀貨(にほんのぎんか)とは、日本で製造され発行、流通した銀貨の総称。




注釈

  1. ^ a b c d e f g 製造貨幣が造幣局から日本銀行に引き渡されることを貨幣の「発行」という。製造貨幣は造幣局内では物品扱いであり、発行されて初めて通貨としての資格を得る(『造幣局長年報書』第五十一年報書、大正13年度, p12 等「貨幣の発行」)。また発行されても日本銀行にそのまま保管されて流通が保留され、また流通させず引き揚げられる場合もある。
  2. ^ 実測値では18.18mmから17.57mmへ縮小。製造上の理由から造幣局の内規で変更。
  3. ^ 品位925/1000のスターリングシルバー1トロイオンス当たりの価格。
  4. ^ 地金価格が額面価格を上回り、貨幣を鋳潰して利益が出始める銀相場。

出典・注釈

  1. ^ 明治大正財政史(1939), p13.
  2. ^ 久光(1976), p186-189.
  3. ^ 久光(1976), p191-194.
  4. ^ 堀江(1927), p575-578.
  5. ^ 造幣局(1971), p14.
  6. ^ 青山(1982), p180-182.
  7. ^ 明治財政史(1905), p449-451, 478-497, 532-534.
  8. ^ 久光(1976), p191-194.
  9. ^ 堀江(1927), p575-578.
  10. ^ 青山(1982), p182-183.
  11. ^ 堀江(1927), p589-578.
  12. ^ 久光(1976), p203-204.
  13. ^ 青山(1982), p186-189.
  14. ^ 貨幣商組合(1998)p158.
  15. ^ 明治大正財政史(1939), p86-91.
  16. ^ 青山(1982), p187-189.
  17. ^ 久光(1976), p180.
  18. ^ 青山(1982), p187.
  19. ^ 青山(1982), p189-192.
  20. ^ 久光(1976), p204-207.
  21. ^ a b 明治大正財政史(1939), p220-222.
  22. ^ a b 造幣局(1971), p80.
  23. ^ a b c d e f g 造幣局(1940), p148-150.
  24. ^ 昭和財政史(1956), p134, 147-150.
  25. ^ 久光(1976), p212-213.
  26. ^ 青山(1982), p223-224.
  27. ^ 青山(1982), p226-227.
  28. ^ a b c d e f g h 小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律, 衆議院, 第016回国会, 制定法律の一覧, 法律第六十号(昭二八・七・一五)
  29. ^ 青山(1982), p223.
  30. ^ 久光(1976), p216-217.
  31. ^ a b 通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」昭和62年6月1日号外法律第四二号
  32. ^ 『造幣局長年報書(第三十三年報告書)』 大蔵省造幣局、1907年
  33. ^ a b 『金融事項参考書(自明治26年至明治33年〜昭和17年調)』
  34. ^ 『金融事項参考書 昭和四年調』, p18.
  35. ^ 『造幣局長年報書(第四十五・四十六年報告書)』 大蔵省造幣局、1919・1920年
  36. ^ 『造幣局長第五十二年報書(大正十四年度)』 (1926), p4-9.
  37. ^ a b c 塚本(1920), p33-57.
  38. ^ 造幣局(1931), p319-320.
  39. ^ a b c d 明治3年銘。
  40. ^ 内60枚は明治7年以前の年銘、残り49枚は明治9年銘。
  41. ^ a b c d e f g 明治10年銘。
  42. ^ a b 明治21年銘。
  43. ^ 前年度の供試貨幣を発行した枚数を含む。
  44. ^ a b 明治38年銘。
  45. ^ a b c d e 日銀に引き渡されたが流通せず鋳潰し。
  46. ^ 大正15年度の供試貨幣を昭和3年度に発行した枚数を含む。すなわち大正15年銘のものを含む。
  47. ^ 昭和3年度の供試貨幣を昭和4年度に発行した枚数を含む。すなわち昭和3年銘のものを含む。
  48. ^ 一部流通したが大半は引き揚げられ鋳潰し。
  49. ^ a b c d e 昭和34年度〜39年度は供試貨幣を発行。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の銀貨」の関連用語

日本の銀貨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の銀貨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の銀貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS