丁銀とは?

ちょう ぎん ちやう- [0] 【丁銀・挺銀】

江戸時代海鼠なまこ)の形をした銀貨銀座鋳造され「常是じようぜ)」など鋳造者の名や「宝」の字および大黒像の極印がある。秤量ひようりようをもって通用した。江戸時代通じて11種類発行され、銀の含有率違いがある。銀子ぎんす)。

丁銀

読み方:チョウギン(chougin)

江戸時代銀貨


丁銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/05 04:27 UTC 版)

丁銀(ちょうぎん)とは、日本国内において主に商取引用として室町時代後期から明治維新まで流通した銀貨である。当時は単にと呼ばれ、例えば品位を下げた元禄丁銀は「元字銀」などと称呼された。丁銀という名称は『金銀図録』の記述によれば棒状の銀塊の意味である(ちょうぎん)が挺銀(ちょうぎん)を経て変化したものとされる[1][2]




  1. ^ 実際にはその範囲からやや外れたものも見られるが、20匁(74.6g)を切る小型のものや、60匁(223.8g)を超える大型のものは極めて稀である。
  2. ^ 当時の精錬技術で最上級の純銀とされる南鐐あるいは花降銀。
  3. ^ 名目上の額面の総額は増加しても、実質上の純銀総使用量は左程増加していない。
  4. ^ 「一割二歩引ヶ」など銀座関係文書の記録に基く品位であり、分析品位ではない。
  1. ^ a b 日本の貨幣(1972, 1973).
  2. ^ 三上(1996), p86.
  3. ^ a b 久光(1976), p87.
  4. ^ 小葉田(1958), p125.
  5. ^ 青山(1982), p116.
  6. ^ 久光(1976), p106.
  7. ^ 田谷(1963), p93-94, 185-186.
  8. ^ 三上(1996), p182-183.
  9. ^ 三上(1996), p85-86.
  10. ^ 田谷(1963), p124.
  11. ^ 田谷(1963), p124-143.
  12. ^ 三上(1996), p214-219.
  13. ^ 瀧澤・西脇(1999), p117-118.
  14. ^ 造幣局(1940), p39.
  15. ^ 小葉田(1958), p85-86.
  16. ^ 草間(1815), p555-556.
  17. ^ 田谷(1963), p83-87.
  18. ^ 貨幣商組合(1998), p53-54.
  19. ^ 青山(1982), p86-87.
  20. ^ 小葉田(1958), p99-102.
  21. ^ 田谷博吉(1973)、「江戸時代貨幣表の再検討」 『社会経済史学』 1973年 39巻 3号 p.261-279, doi:10.20624/sehs.39.3_261
  22. ^ 田谷(1963), p107-109.
  23. ^ 青山(1982), p89.
  24. ^ 瀧澤・西脇(1999), p108-109.
  25. ^ 田谷(1963), p115-118.
  26. ^ 瀧澤・西脇(1999), p111.
  27. ^ 田谷(1963), p38-40.
  28. ^ 瀧澤・西脇(1999), p98-99.
  29. ^ 小葉田(1958), p133.
  30. ^ 田谷(1963), p145-167.
  31. ^ 小葉田(1958), p125-144.
  32. ^ 滝沢(1996), p189-202.
  33. ^ 田谷(1963), p168-171.
  34. ^ 滝沢(1996), p204-207.
  35. ^ 久光(1976), p106-113.
  36. ^ 貨幣商組合(1998), p79-80.
  37. ^ 田谷(1963), p269-281.
  38. ^ 小葉田(1958), p163-179.
  39. ^ 滝沢(1996), p206-218.
  40. ^ 瀧澤・西脇(1999), p269-271.
  41. ^ 久光(1976), p159.
  42. ^ 三上(1996), p230-246.
  43. ^ 鹿野嘉昭, 銭匁勘定と銭遣い -江戸期幣制の特色を再検討する- (PDF) , 同志社大学図書館
  44. ^ 鹿野嘉昭, 〔書評〕藤本隆士『近世匁銭の研究』吉川弘文館、2014年
  45. ^ 久光(1976), p159.
  46. ^ 瀧澤・西脇(1999), p154-155.
  47. ^ a b 大蔵省(1875).
  48. ^ 青山(1982), p75-77, 86-87.
  49. ^ 『輝きふたたび 石見銀山展』 島根県立古代出雲歴史博物館 石見銀山資料館、2007年
  50. ^ 田谷(1963), p41, 170, 269, 287, 388, 402, 443.
  51. ^ 佐藤治左衛門 『貨幣秘録』 1843年
  52. ^ 勝海舟 『吹塵録』 1887年





丁銀と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丁銀」の関連用語

丁銀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丁銀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丁銀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS