銀貨とは? わかりやすく解説

ぎん‐か〔‐クワ〕【銀貨】

読み方:ぎんか

銀を主成分とする鋳造貨幣

「銀貨」に似た言葉

銀貨

作者ハンス・クリスチャン・アンデルセン

収載図書アンデルセン童話集 2 新装版
出版社岩波書店
刊行年月2002.6

収載図書人魚姫アンデルセン童話 2
出版社福音館書店
刊行年月2003.11
シリーズ名福音館文庫

収載図書氷姫
出版社文元社
刊行年月2005.4
シリーズ名教養ワイドコレクション

収載図書本当に読みたかったアンデルセン童話
出版社NTT出版
刊行年月2005.10


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 15:52 UTC 版)

銀貨(ぎんか)とは、を素材として作られた貨幣をいう。古来、金貨銅貨とともに世界各地で流通した。


  1. ^ 滝沢武雄『日本の貨幣の歴史』吉川弘文館、1996年。ISBN 4-642-06652-7 [要ページ番号]


「銀貨」の続きの解説一覧

銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 01:19 UTC 版)

金マルク」の記事における「銀貨」の解説

銀貨は純度.900で1マルクにつき5グラムの銀で製造された。2マルクと5マルクの銀貨の製造1915年には終了したが、1マルクコイン1916年まで製造された。少数ながら3マルクコインも1918年まで製造され、また1/2マルクコインは銀貨として1919年まで製造された。 20 ペニヒ, 1.1111 g (銀 1 g ), 1878 年まで発行されたのみ 1/2 マルク あるいは 50 ペニヒ, 2.7778 g (銀 2.5 g) 1 マルク, 5.5555 g (銀 5 g) 2 マルク, 11.1111 g (銀 10 g) 3 マルク, 16.6667 g (銀 15 g), 1908 年以降製造。 5 マルク, 27.7778 g (銀 25 g) 3マルクコインは以前通貨であるVereinsthalerの代替として導入されものであるが、Vereinsthalerの銀含有量は3マルクコインを若干上回っていた。 しかしながら、5マルクコインの銀含有量は古いターラー銀貨(及びその他のクラウンサイズのコイン)とかなり近い。

※この「銀貨」の解説は、「金マルク」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「金マルク」の記事については、「金マルク」の概要を参照ください。


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:17 UTC 版)

アメリカ合衆国ドル」の記事における「銀貨」の解説

1964年以前の銀貨は1851年から1853年の3セント銀貨を除き1837年以降はすべて銀90%10%である。 前述の通り現在は記念コインとして製造されている。 しかし銀貨の一部は現在でも稀に流通していることがある1ドル, 412.5グレーン (26.7296g) (銀24.0566g) 1794年1935年1971年‐1975年(Sミントマークのみ銀品位40%) 50セント, 12.5g(銀11.25g)1794年1964年1965年1970年(銀品位40%) 25セント, 6.25g(銀5.625g)1796年1964年 20セント, 5g(銀4.5g)1875年1878年 10セント, 2.5g(銀2.25g)1796年1964年 5セント, 1.24g(銀1.125g)1794年1873年、5.00g(銀1.75g)1942年1945年(銀品位35%) 3セント, 0.8g(銀0.6g)1851年1853年(銀品位75%)、1854年1873年(銀品位90%) 1976年1ドル硬貨50セント硬貨25セント硬貨一部40%の銀が使用されている

※この「銀貨」の解説は、「アメリカ合衆国ドル」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「アメリカ合衆国ドル」の記事については、「アメリカ合衆国ドル」の概要を参照ください。


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:44 UTC 版)

瞬感パズループ」の記事における「銀貨」の解説

5000分のスコア得られるクエストスロットからしか入手不可能

※この「銀貨」の解説は、「瞬感パズループ」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「瞬感パズループ」の記事については、「瞬感パズループ」の概要を参照ください。


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 08:24 UTC 版)

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4」の記事における「銀貨」の解説

得点400増加する

※この「銀貨」の解説は、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4」の記事については、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4」の概要を参照ください。


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:45 UTC 版)

サーサーン朝」の記事における「銀貨」の解説

サーサーン朝では、直径3㎝大型で薄い高純度の銀貨を用いた、1ドラクム銀貨を数多く発行した図柄共通しており、片面には王冠かぶった王の横顔胸像王名を示すパフラヴィー語での銘文片面には拝火並びに2名の守衛像と、発行地・発行年を示すパフラヴィー語銘文記している三蔵法師玄奘ペルシャ訪問機会無かったが、ペルシャ伝聞情報得ており、大唐西域記第11巻20節には、波剌斯国(ペルシャ国)の記録として、「良い馬・駱駝多く貨幣大銀銭を使用する」と記載した中国の方円形銅貨比べるとサーサーン朝の1ドラクム銀貨は美麗であり巨大である著名な貨幣学者マイケル・ミッチナーが編纂した東洋貨幣とその価値 古代古典期世界」には1ドラクム銀貨を中心にサーサーン朝貨幣473点を収録しているが、近隣諸国でもサーサーン類似した貨幣多く発行したサーサーン発行された銀貨は、ソグド人などの中央ユーラシア社会における高額決済用の基軸通貨としても尊重された。

※この「銀貨」の解説は、「サーサーン朝」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「サーサーン朝」の記事については、「サーサーン朝」の概要を参照ください。


銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 07:06 UTC 版)

25セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の記事における「銀貨」の解説

現在希少なワシントン・クォーター銀貨は以下の通り数字硬貨刻まれ製造年製造所を表すミントマークは「D」がデンバー、「S」がサンフランシスコで、マークが無いものはすべてフィラデルフィア造幣局製造されものであるまた、下記の種類プルーフ硬貨ではない。 1932 D 1932 S 1934 - 表側二重に打ち出されたもの(Double Die Obverse、略称DDO呼ばれる) 1935 D 1936 D 1937 (DDO) 1937 S 1938 S 1939 S 1940 D 1942 D (DDO) 1942 D - 裏側二重に打ち出されたもの(Double Die Reverse、略称DDR呼ばれる1943 - 表または裏側どちらか或いは両方)が二重に打ち出されたもの 1943 S (DDO) 1950 D/S (「S」のマークの上に1950 D」と刻まれたもの1950 S/D (「D」のマークの上に1950 S」と刻まれたもの) 1955 D 製造所だけでなく、良好な態で見つけることが困難なことから、デンバー造幣局製造され1935年1936年1940年硬貨他の硬貨に比べ市場高値付いている1932年デンバーサンフランシスコ製造されもののように、リスト挙がっている他の硬貨はその低い製造量のために高い価値付けられている。二重にマーク打ちつけられた硬貨も、特に状態の良いものは希少かつ高価であるが、こうしたエラー見られるワシントン・クォーター以前硬貨ほど高い支持得ていない。 1934年フィラデルフィア打ち抜かれた25セント硬貨には2つ種類がある。この内1つ1932年製造され硬貨と同じ「In God We Trust」の標語薄く刻まれているもので、もう1つ標語濃く刻まれたものである。特段状態の良いものであれば別だが、これら2つ硬貨価値違いがあまり無い。 ワシントン・クォーターに銀が使用されていた期間は1932年から1964年で、期間中その年のワシントン・クォーターを製造しない造幣局もあった。1933年クォーター硬貨製造された例は無くサンフランシスコ造幣局1934年1949年には硬貨製造控えその後1968年プルーフ硬貨造るまで、1955年から25セント硬貨製造中止したデンバー造幣局でも1938年製造おこなわれなかった一方でフィラデルフィア造幣局では1933年除いてその製造中止されたことは無い。1936年1942年1950年1967年プルーフ硬貨フィラデルフィア造幣局製造されたが、1968年よりサンフランシスコ造幣局へと移された。因みにミントマーク裏側にあるワシとまっている花冠下側位置している。

※この「銀貨」の解説は、「25セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「銀貨」を含む「25セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の記事については、「25セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「銀貨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「銀貨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀貨」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

銀貨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀貨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金マルク (改訂履歴)、アメリカ合衆国ドル (改訂履歴)、瞬感パズループ (改訂履歴)、ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4 (改訂履歴)、サーサーン朝 (改訂履歴)、25セント硬貨 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS