グラムとは? わかりやすく解説

グラム【Hans Christian Joachim Gram】

[1853〜1938]オランダ医者1884年グラム染色完成


グラム【(フランス)gramme/(英)gram】【瓦】

メートル法、およびCGS単位系質量単位。1グラムは1キログラム1000分の1。記号g, gr

[補説] 精肉鮮魚などの食料品について、「グラム83円」などと言う場合は、100グラムあたり価格であることが多い。


グラム

【仮名】ぐらむ
原文gram

計量システム重さの単位。1グラムは1キログラム千分の1で、1オンスの約30分の1である。

グラム

名前 GrahamGrammGramGhulamGlumGraemeGrammeGuram

グラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:58 UTC 版)

グラム: gramme: gramme/gram[1]、記号:g)は、質量単位である。国際単位系 (SI) において、キログラム (kg) の1000分の1の質量と定義されている。


  1. ^ The Units of Measurement Regulations 1995”. 2017年3月29日閲覧。(英語)
  2. ^ 知ってる? 貨幣のデザイン”. ぞうへいきょく探検隊. 造幣局. 2017年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月21日閲覧。
  3. ^ 修正加え、二千五百二十八字本決り(昭和17年6月18日 毎日新聞(大阪))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p710 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  4. ^ Michael R. Lindeburg (2011). Civil Engineering Reference Manual for the Pe Exam. Professional Publications. ISBN 1591263417 
  5. ^ Wurbs, Ralph A, Fort Hood Review Sessions for Professional Engineering Exam, オリジナルの2011年8月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/20110815173559/engineeringregistration.tamu.edu/tapedreviews/Fluids-PE/PDF/Fluids-PE.pdf 2011年10月26日閲覧。 


「グラム」の続きの解説一覧

グラム

出典:『Wiktionary』 (2021/09/11 17:59 UTC 版)

名詞1

グラム

  1. 質量単位CGS単位系基本単位国際単位系では、接頭辞冠していないが基本単位ではなく、1キログラムの1/1000と定義される記号はg。
  2. 精肉店など、100g単位量り売りされているところで)100g単位[1]

漢字表記

語源

翻訳

名詞2

  1. 細菌学グラム染色

語源


「グラム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



グラムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グラムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS