グラムとは?

グラム 【Hans Christian Joachim Gram】 ○

(1853~1938) デンマーク医者1884年グラム染色法として知られる細菌染色法発見

グラム [0] 【glam】

魅力的なさま。
ラメ・サテン・スパンコールなどの光る素材を用いたファッショングリッター-ルック。 〔1970年代流行したグラム-ロックファッションから〕

グラム [1]フランス gramme; gram】

質量単位キログラム1000分の1。記号 g CGS 単位系質量基本単位。 〔「瓦」とも書く〕 → キログラム

グラム

【仮名】ぐらむ
原文gram

計量システム重さの単位。1グラムは1キログラムの千分の1で、1オンスの約30分の1である。

グラム

名前 GrahamGrammGramGhulamGlumGraemeGrammeGuram

グラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/09 08:33 UTC 版)

グラム: gramme, : gram[1][2], 記号: g)は、質量単位である。国際単位系(SI)において、キログラム(kg)の1000分の1の質量と定義されている。


  1. ^ 英語圏においては、単位としてはgrammeと書かれることはない。
  2. ^ The Units of Measurement Regulations 1995”. 2017年3月29日閲覧。(英語)
  3. ^ 知ってる? 貨幣のデザイン”. ぞうへいきょく探検隊. 造幣局. 2017年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月21日閲覧。
  4. ^ Michael R. Lindeburg (2011). Civil Engineering Reference Manual for the Pe Exam. Professional Publications. ISBN 1591263417. 
  5. ^ Wurbs, Ralph A, Fort Hood Review Sessions for Professional Engineering Exam, http://engineeringregistration.tamu.edu/tapedreviews/Fluids-PE/PDF/Fluids-PE.pdf 2011年10月26日閲覧。 


「グラム」の続きの解説一覧

グラム

出典:『Wiktionary』 (2011/09/01 01:19 UTC 版)

名詞

  1. 質量単位CGS単位系基本単位国際単位系では、接頭辞を冠していない基本単位ではなく、1キログラムの1/1000と定義される。記号はg。
  2. 精肉店など、100g単位量り売りされているところで)100g単位で。今日国語辞典ではこの表現認めていないが、広く使われている。
    「豚こまがグラム98円か」(豚のこま切れ肉が100g当り98円なのか)

漢字表記

語源

翻訳






グラムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グラム」の関連用語

グラムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS