貫とは? わかりやすく解説

かん【貫】

読み方:かん

常用漢字] [音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]つらぬく ぬく ぬき

物の中間つらぬき通す。「貫通貫流縦貫

最後までを通してやりぬく。「貫徹一貫突貫

郷土本籍地。「貫籍郷貫本貫

重さの単位。千匁。「尺貫法

名のり]つら・とおる


かん〔クワン〕【貫】

読み方:かん

【一】[名]

尺貫法重さの単位。1貫は1000匁(もんめ)、すなわち3.75キロで、明治24年(1891)から昭和33年(1958)まで商取引用いられた。

銭貨数え単位。1貫は銭1000文。江戸時代実際には960文が1貫とされ、明治時代には俗に10銭を1貫とも称した貫文(かんもん)。

律令制で、戸籍記載されること。また、その土地本貫

中世土地面積表示用いた単位一定の広さではなく租税となる米の収獲高を銭に換算して表したもの。

【二】接尾⇒かん


かん

接尾助数詞握り鮨(ずし)の数を数えるのに用いる。一つ一かん。

[補説] 「貫」と当てて書くこともある。


ぬき【貫】

読み方:ぬき

、束(つか)と束の間横に貫いてつなぐ材。位置により頭貫(かしらぬき)・内法貫(うちのりぬき)・地貫(じぬき)などとよぶ。貫木(ぬきぎ)。「—を渡す」


貫(ぬき)

や束などに交差するように渡し同士や束同士をつなぐ働きをもった横木妻壁などを真壁する際には、壁仕上げ材を取り付けるための下地として用いる。


読み方:ツラヌキ(tsuranuki)

縁に紐を通して足の甲にかけ巾着状にした毛皮製の浅沓


読み方:ヌキ(nuki)

木造建築真壁造に用いた構造補強材

別名 通し


読み方:かん

  1. 陶器の通り符牒にして三といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 三。〔陶器商

分類 符牒陶器商


読み方:かん

  1. 十銭のことを云ふ。〔犯罪語〕
  2. 何「十銭」と云ふ単位十銭の意にして金額十銭の意に非ず故にやりかん」と云へば十銭、「ふりかん」と云へば二十銭と云ふ、但し五十銭は「てぶかん」と云はず単に「てぶ」と云ふ。

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヌキ(nuki)

所在 福岡県北九州市小倉南区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
つこう
つらぬき
ぬき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 16:57 UTC 版)

(かん)は、尺貫法における質量単位、また江戸時代以前の通貨の単位である。


  1. ^ 岩田重雄『計量史研究』 「近世における質量標準の変化」、日本計量史学会、1979年
  2. ^ 宮澤知之『佛教大学鷹陵文化叢書16 中国銅銭の世界―銭貨から経済史へ』(思文閣出版、2007年)ISBN 978-4-7842-1346-7 第6章《貨幣単位「文」「貫」の成立》


「貫」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 11:08 UTC 版)

発音(?)


熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「貫」の例文・使い方・用例・文例




貫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

貫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS