木造建築とは? わかりやすく解説

木構造 (建築)

(木造建築 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 03:19 UTC 版)

木構造(もくこうぞう)は、木造ともいい、建築構造の一つで、構造耐力上主要な部分に木材を用いる構造である。また、近年は木質材料を用いる建築が増えたので、これを木質構造と呼ぶことがある。


  1. ^ 大林組『秀吉が京都に建立した世界最大の木造建築 方広寺大仏殿の復元』 2016年
  2. ^ 岸田林太郎、中江 斉 著『木造建築工法』工学図書株式会社、1976年、改訂版・まえがき
  3. ^ 木材使ったガソリンスタンドが登場、安全性は大丈夫?” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン. 2022年11月12日閲覧。
  4. ^ 耐火木造に挑んだ全国初のガソリンスタンド”. 日本経済新聞 (2017年10月20日). 2021年4月29日閲覧。
  5. ^ 木造住宅密集地域の整備促進東京都ホームページ
  6. ^ 「地震時等に著しく危険な密集市街地」について国土交通省 報道発表資料(2012年10月12日)
  7. ^ 不燃化特区の制度東京都ホームページ
  8. ^ 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律”. 林野庁ホームページ (2020年4月10日). 2020年4月29日閲覧。
  9. ^ 「国の公共建築物木造化率が78.6%に続伸」『林政ニュース』第625号p4 2020年3月25日 日本林業調査会
  10. ^ 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(改正後:脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律):林野庁”. 林野庁. 2021年7月5日閲覧。


「木構造 (建築)」の続きの解説一覧

木造建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:56 UTC 版)

土工」の記事における「木造建築」の解説

杭工事および間知石積については専門分業化進んでいる。木造建築において一定規模以上のものは、法令により鉄筋コンクリート基礎義務付けられている。 地業 掘削 杭 基礎工事遣り方 掘削 床付け 割栗 基礎本体束石 コンクリート基礎布基礎 耐圧盤基礎 建築基準法および宅地造成法にもとづく間知石積

※この「木造建築」の解説は、「土工」の解説の一部です。
「木造建築」を含む「土工」の記事については、「土工」の概要を参照ください。


木造建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 08:31 UTC 版)

美味しんぼ」の記事における「木造建築」の解説

ビッグコミックスピリッツ2010年20号掲載された美味しんぼ」にて「日本の家屋で木材を、それも国産木材を使う率は恐ろしく低い」と記述その理由に関する「ひとつは、日本の建築学会1959年に木造建築を否定したことにある」との記載について、日本建築学会ウェブサイト上に解説文掲載した

※この「木造建築」の解説は、「美味しんぼ」の解説の一部です。
「木造建築」を含む「美味しんぼ」の記事については、「美味しんぼ」の概要を参照ください。


木造建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:52 UTC 版)

「唐」の記事における「木造建築」の解説

この時代の木造建築は、「三武一宗の法難」を逃れた仏教寺院などが残されている。 南禅寺 佛光寺 東大殿

※この「木造建築」の解説は、「唐」の解説の一部です。
「木造建築」を含む「唐」の記事については、「唐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「木造建築」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「木造建築」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「木造建築」の関連用語

木造建築のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



木造建築のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木構造 (建築) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの土工 (改訂履歴)、美味しんぼ (改訂履歴)、唐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS