地震保険とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 保険 > 地震保険の意味・解説 

じしん‐ほけん〔ヂシン‐〕【地震保険】

地震噴火およびそれによる津波原因として、住宅家財火災損壊埋没流出した場合損害補償する保険火災保険付帯して契約する任意保険

[補説] 火災保険だけでは、地震によって発生延焼した火災による損害補償されない。地震保険は、被災者の生活の安定目的とする制度で、保険料損害保険会社利潤は含まれず、準備金として積み立てられる。民間だけでは対応できない大規模地震発生した場合は、政府再保険金を支払う。保険金額は、火災保険保険金額3050パーセント相当以内で、建物5000万円家財1000万円が上限

地震保険の損害認定基準

損害程度主要構造物損害焼失流失した床面積家財損害保険金支払割合
全損建物時価の)
50パーセント以上
延べ床面積の)
70パーセント以上
家財時価の)
80パーセント以上
100パーセント
大半40パーセント以上
 50パーセント未満
50パーセント以上
 70パーセント未満
60パーセント以上
 80パーセント未満
60パーセント
小半20パーセント以上
 40パーセント未満
20パーセント以上
 50パーセント未満
30パーセント以上
 60パーセント未満
30パーセント
一部3パーセント以上
 20パーセント未満
全損・半損には至らないが、床上浸水または地盤面より45センチメートル越え浸水を受けて建物損害が生じた場合10パーセント以上
 30パーセント未満
5パーセント

平成28年2016)までは大半損・小半損の区別がなく、半損(保険金支払割合50パーセント)として区分されていた。


地震保険

地震による建物倒壊損傷火災被害などを対象とする損害保険加入任意だが、火災保険加入していることが条件となる。一般的に保険期間5年上限保険金額火災保険30%〜50%となる。昭和56年6月以降建築または耐震等級1の住宅10%、等級2は20%、等級3は30%、それぞれ保険料割引される。

地震保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 10:24 UTC 版)

地震保険(じしんほけん)は、損害保険の一種で地震噴火津波による災害で発生した損失を補償する保険1966年(昭和41年)に「地震保険に関する法律」の制定を受けて、国と民間の損害保険会社が共同で運営する制度として誕生した。




「地震保険」の続きの解説一覧



地震保険と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地震保険」の関連用語

地震保険のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地震保険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2021 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地震保険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS