東日本大震災とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 東日本大震災の意味・解説 

東北地方太平洋沖地震

読み方:とうほくちほうたいへいようおきじしん
別名:平成23年東北地方太平洋沖地震2011年東北地方太平洋沖地震、東北地方太平洋沖地震、東北・太平洋沿岸地震東北太平洋沖地震、東日本大震災、東日本大地震東日本巨大地震東北関東大震災

2011年3月11日午後2時46分に発生した、東北地方三陸沖震源とする巨大地震マグニチュード8を超える激震で、震源に近い宮城県北部では震度7観測した。

本震震源地三陸沖130キロ深さは約24キロ地点発表されている。地震強さを示すマグニチュード(M)は、当初「8.4」発表され、のちに「8.8」、「9.0」と引き上げられた。マグニチュード9.0は国内観測史上最大であり、過去100年間の世界4番目に大きな規模となる。

最初揺れから後も、規模大きな余震断続的に発生し、東北全域家屋全壊半壊が起こっている。また、本震発生直後太平洋沿岸直撃した津波被害を更に大きくしている。宮城県沖では4.2メートル津波発生福島県相馬郡では7メートル超える津波観測された。西日本でも太平洋側全域津波警報発令されている。長野県日本海側では震源異にする地震発生している。

関連サイト
東北地方太平洋沖地震への対応首相官邸ホームページ
平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震について - 首相官邸 平成23年3月12日 5:30現在 (PDF
地震速報 - 日本気象協会 天気.jp
内閣府防災情報のページ
東北地方太平洋沖地震に関する菅内閣総理大臣メッセージ - 首相官邸 2011年3月12日
菅総理からの国民の皆様へのメッセージ - 首相官邸 2011年3月13日

ひがしにほん‐だいしんさい【東日本大震災】


東日本大震災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 16:42 UTC 版)

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、: Great East Japan earthquake)は、2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害及びこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である[1][2]。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。


注釈

  1. ^ U.S. Geological Survey(USGS)のデータではMw9.1となっている。
  2. ^ 帰還困難区域 コトバンク(2020年1月25日閲覧)
  3. ^ 居住制限区域 コトバンク(2020年1月25日閲覧)
  4. ^ 他の冷却手段が絶たれた場合の最終ヒートシンクとなる。
  5. ^ 自動車制御の中心部。汎用品ではなく、機種ごとに作り直す。製造装置は小さな振動も嫌う。[要出典]
  6. ^ 緊急交通路指定には首都高三郷線・八潮南出口 - 三郷ジャンクション(下り)、三郷ジャンクション - 八潮入口(上り)を含む。
  7. ^ 幸い、地震発生時は定期発着便の当発着時間を外れていたため、離着陸中の旅客機はおらず、それら乗客乗員の被害はなかった。
  8. ^ 当時の東京国際空港は本格的な再国際化が進んでおらず国内線と国際チャーター便だけであった。
  9. ^ なお、自衛隊百里航空基地としては上空からの監視のためのF-2の発着や、陸上自衛隊のCH-47ヘリコプターの中継基地として稼働している。
  10. ^ ほかに生業を持ちながら「自らの町は自らで守る」という精神に基づいて、消防活動を行う権限責任を有する非常勤特別職の地方公務員=年額報酬5万円程度である
  11. ^ 利根川沿いの埋め立て地を持つ。
  12. ^ 7戸が曳家(ひきや)で秋田市に移築され、高齢認知症者向けのグループホームになる。
  13. ^ 鉄筋コンクリート作りの伊能忠敬記念館が平成10年に完成し、2,345点の国宝資料を保存しているため、資料は無事であった。
  14. ^ a b c d e f g 2015年(平成27年)国勢調査速報値の値。
  15. ^ テレビ東京を除く民放4系列が、1980年以降にCMを全面カットして放送した例としては、1989年1月7日昭和天皇崩御における特別編成(局によって時間は異なるが、おおむね1月7日5時台から1月9日未明までの約42時間)がこれまでの最長であり、本震災の報道においてはそれを上回った。なお、1995年1月17日阪神・淡路大震災直後もほぼ2日間のCMを全面カットした局があったが、こちらはあくまで在阪局の一部に限ったことで、系列全体を対象としたものではなかった。
  16. ^ 当時、radikoサービスは東京都、愛知県大阪府のラジオ局のみが参加しており、放送対象地域外への配信サービスも提供されていなかった。
  17. ^ 『朝日新聞』東京版では通常40頁が20 - 24頁となった。
  18. ^ 阪神大震災225万人
  19. ^ 旧住所は 仙台市若林区荒浜新堀端32-1。
  20. ^ 300人の高齢者園芸大会参加者などが社員の判断で帰宅をやめ、地上高17mの屋上に避難したが、屋上も津波が襲い、さらに上の非常スペースに避難し助かった。その後1日ペットボトル10本の水を分け合った。
  21. ^ 全部残すと3 - 8億円かかるため、壁の一部を残し1.65億円。
  22. ^ 大震災翌日の2011年3月12日の長野県北部地震
  23. ^ 大震災翌日の2011年3月12日長野県北部地震
  24. ^ 1972年生まれ、写真家、テレビディレクター。
  25. ^ 1982年岩手県生まれ。陸前高田市で自分の母親を捜しながら撮影を続ける。
  26. ^ 著者のフェイスブックの題名『北野慶(反原発・安倍打倒)
  27. ^ ろう者。映像作家。名古屋在住。
  28. ^ 映画は一時打ち切られ、関係者や監督によると、過激派組織の「中核派」が、映画に出た1人の女性と、子どもの甲状腺を検査した福島県内の診療所と関係していると外部から指摘されたことが理由だという。女性は原発事故後に中核派になり、映画では2分半インタビューに応じていた。診療所によると中核派のメンバーが中心となって診療所の設立が呼びかけられ、映画には診療所での様子は1分半入っていた。
  29. ^ 1980年生、兵庫県出身。大阪芸術大学映像学科卒。
  30. ^ たかぎ とおる。1950年福島県いわき市久之浜生まれ。震災時には家の1階に津波が入り、その後3日間放射能から逃れて避難所にいた。明治大学卒。1972 - 2013青年座。福島第一原発近くの架空の村が金で荒廃する『風の家』(NHK) で1989年度イタリア放送協会賞受賞。老夫婦が放射能で衰弱していく様子を描いた『風が吹くとき』(2011年)の脚本。
  31. ^ 愛知県岡崎市本宿町に住む。
  32. ^ ごらいみか、29歳。シンガーソングライター。浪江町出身、群馬県太田市で避難生活中。
  33. ^ 海岸から7 km。

出典

  1. ^ 東日本大震災の被害状況” (日本語). 平成24年版 防災白書. 内閣府. 2017年9月14日閲覧。
  2. ^ 特集 東日本大震災”. 内閣府. 2021年2月14日閲覧。
  3. ^ 東日本大震災 地震と津波の被害状況 農林水産省『aff(あふ)』2011年5月号(2020年1月18日閲覧)
  4. ^ 平成 23 年(2011 年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について”. 緊急災害対策本部. 2021年5月30日閲覧。
  5. ^ さんてんいちいち【三一一】”. goo辞書. デジタル大辞泉. 2017年6月24日閲覧。
  6. ^ 311(さんいちいち)ライブラリー”. 宮城県社会福祉協議会. 2017年6月24日閲覧。
  7. ^ 平成23年3月 地震・火山月報(防災編) p.60、ISSN 1343-4977、2011年3月、 気象庁 (PDF)
  8. ^ “平成23年3月11日14時46分頃の三陸沖の地震について” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月11日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11b/201103111600.html 
  9. ^ 気象庁|震度データベース検索”. www.data.jma.go.jp. 2021年2月15日閲覧。
  10. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第15報)PDFファイル含む” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月13日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1103/13b/201103131255.html 2011年3月17日閲覧。 
  11. ^ 2011年03月11日14時46分 三陸沖 M 9.0”. 気象庁 (2011年3月11日). 2015年3月12日閲覧。
  12. ^ 東京、横浜で震度5強を観測した。平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に関する観測・解析データなど -各地の震度- (PDF) 気象庁
  13. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による強震動 防災科学技術研究所(2021年1月10日閲覧)
  14. ^ “「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第2報)” (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月11日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1103/11c/201103111620.html 2011年3月13日閲覧。 
  15. ^ 菅内閣総理大臣記者会見 平成23年4月1日(金)[リンク切れ](首相官邸 2011年4月1日)
  16. ^ 菅内閣総理大臣記者会見 平成23年4月1日[リンク切れ](首相官邸 2011年4月1日)
  17. ^ 震災の呼称、閣議で「東日本大震災」に(2013年5月1日時点のアーカイブ)『読売新聞』2011年4月1日付
  18. ^ 気象庁 よくある質問集:2011年3月11日の「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」は「東日本大震災」と同じですか? 回答は、「違います。「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」は、気象庁が定めた地震の名称です。「東日本大震災」は、この地震によって引き起こされた災害に対して政府として名付けた災害の名称です。」となっている。
  19. ^ 『朝日新聞』3月12日朝刊1面トップ見出し、asahi.com(朝日新聞社):東日本大震災 - ニュース特集[リンク切れ]
  20. ^ ホーム >東日本大震災時事通信(2013年1月11日時点のアーカイブ
  21. ^ 東日本大震災 特設サイト|ウェザーニューズ
  22. ^ 【ニュース速報・東日本大震災…共同通信のニュース】
  23. ^ 東日本大震災の安否情報・被害状況(2011年3月15日時点のアーカイブ
  24. ^ 東京新聞:東日本大震災:特集・連載 (TOKYO Web)(2020年1月18日閲覧)
  25. ^ 東日本大震災で亡くなった方々(2011年3月15日時点のアーカイブ
  26. ^ 東日本大震災の安否確認・緊急募金・ライフラインなどの情報(2011年3月12日時点のアーカイブ
  27. ^ 東日本大震災:特集:日本経済新聞(2011年3月14日時点のアーカイブ
  28. ^ フジテレビ週間番組表(2011年3月16日時点のアーカイブ
  29. ^ 大震災、海外でも連日トップニュースTBS(2011年3月16日時点のアーカイブ
  30. ^ 【地震】死者・不明者1万3000人超 警察庁まとめテレビ朝日(2011年3月20日時点のアーカイブ
  31. ^ 東日本大震災 緊急募金受け付け中日本テレビ・24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2011年3月16日時点のアーカイブ
  32. ^ 3月20日(日)緊急報道特番 生放送 「池上彰の緊急報告 大震災のなぜに答える」 (PDF) (2012年1月12日時点のアーカイブ
  33. ^ TOKYO FM番組表
  34. ^ NHKニュース 東北関東大震災(動画)(2011年3月16日時点のアーカイブ
  35. ^ 仙台放送局 東北関東大震災NHK(2011年3月14日時点のアーカイブ
  36. ^ 米軍 原発90キロ以内の活動規制”. NHK WEB NEWS. 2020年3月11日閲覧。
  37. ^ 赤い羽根共同募金 - 東北関東大震災への対応について(2011年3月22日時点のアーカイブ
  38. ^ 震災表記の変更について。(2012年7月8日時点のアーカイブ) - ふらっと / 編集室から(河北新報)2011年3月14日
  39. ^ 記事検索結果 - 毎日jp Archived 2012年1月14日, at the Wayback Machine.
  40. ^ 東北・関東大地震 - 一般社団法人 共同通信社 ニュース特集(2011年3月12日時点のアーカイブ
  41. ^ “収まらぬ余震 …不安 東北・関東大地震”. 東京新聞. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110316002513/http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110312/CK2011031202000013.html 2011年3月22日閲覧。 
  42. ^ 日テレNEWS24 2011年3月11日「宮城・茨城沖大地震、32人死亡 NNN」(2011年3月14日時点のアーカイブ
  43. ^ 日テレNEWS24 2011年3月12日「宮城・茨城沖大地震で238人死亡〜警察庁」(2011年3月15日時点のアーカイブ
  44. ^ 東日本巨大地震 震災掲示板 :特集 :YOMIURI ONLINE(読売新聞) Archived 2011年4月18日, at WebCite
  45. ^ 岩手日報・企画 平成三陸大津波「記者の証言」
  46. ^ asahi.com:検証・三陸大津波 1)宿命-マイタウン岩手(2011年5月20日時点のアーカイブ
  47. ^ 【MBS】2011年4月9日の番組表16:00放送『そのとき、人々は : 平成三陸大津波の証言』
  48. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震津波の概要(第3報) (PDF)”. 日本気象協会 (2011年4月22日). 2011年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  49. ^ 現地調査結果”. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ (2012年1月14日). 2012年2月9日閲覧。
  50. ^ a b c d e f g h i j “平成23年(2011 年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置” (プレスリリース), 警察庁緊急災害警備本部, (2021年3月10日), https://www.npa.go.jp/news/other/earthquake2011/pdf/higaijokyo.pdf 2021年4月12日閲覧。 
  51. ^ https://www.fdma.go.jp/disaster/higashinihon/item/higashinihon001_21_03-06.pdf
  52. ^ a b 経済産業省地震被害情報(第4報)3月11日18時45分現在 (PDF) (2015年7月14日時点のアーカイブ
  53. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況及び対応について(第17報) (PDF)”. 厚生労働省 (2011年3月16日). 2015年3月12日閲覧。
  54. ^ 全国の避難者数”. 復興庁. 2021年3月4日閲覧。
  55. ^ 津波による浸水範囲の面積(概略値)について(第5報) (PDF)”. 国土地理院 (2011年4月18日). 2016年5月28日閲覧。
  56. ^ 農地被害”. 内閣府. 2016年8月20日閲覧。
  57. ^ a b 松井一彦「農水産分野の震災復興等の現状と課題 (PDF) 」 『立法と調査』353号、参議院事務局企画調整室、2014年6月2日、 23頁、2018年3月11日閲覧。
  58. ^ 月例経済報告等に関する関係閣僚会議 震災対応特別会合資料 (PDF)”. 内閣府 (2011年3月23日). 2011年4月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月23日閲覧。
  59. ^ 図録▽世界の主な自然災害の経済損失額”. 社会実情データ図録. 2021年7月24日閲覧。
  60. ^ 死者・行方不明者 1万人超に”. NHK (2011年4月20日). 2011年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月26日閲覧。
  61. ^ (1)人的被害”. 内閣府. 2016年10月22日閲覧。
  62. ^ 「大震災・揺れの犠牲90人超 宮城・山形・福島など1都8県(2013年6月12日時点のアーカイブ) - 河北新報ニュース、2013年5月17日。
  63. ^ “頭部未発見で171人、死者に計上せず 3県警”. 産経ニュース. (2016年6月10日). http://www.sankei.com/affairs/news/160610/afr1606100025-n1.html 2016年12月16日閲覧。 
  64. ^ “大震災の171人、死者計上せず 頭部未発見で、3県警”. 西日本新聞. (2016年6月10日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/251153 2016年12月16日閲覧。 
  65. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年9月14日夕刊
  66. ^ 牛山素行防災は様々な対策の積み重ね」豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net別館/自然災害科学研究者 静岡大学防災総合センター教授 牛山素行による研究活動記録用ブログ(2012年1月28日)2020年1月25日閲覧
  67. ^ 避難所生活などで23人死亡”. NHK (2011年3月17日). 2011年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月18日閲覧。
  68. ^ “避難所の不衛生、寒さ…震災関連死疑い282人”. 『読売新聞』. (2011年4月11日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501070522/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110411-OYT1T00610.htm 2011年4月11日閲覧。 
  69. ^ 復興の現状と取組 (PDF)”. 復興庁 (2013年11月29日). 2015年3月30日閲覧。
  70. ^ 震災関連死の死者数等について”. 復興庁. 2021年3月4日閲覧。
  71. ^ 東日本大震災における震災関連死の死者数 (PDF)”. 復興庁 (2019年12月27日). 2020年2月29日閲覧。
  72. ^ “震災関連死:福島1605人…直接死上回る 避難長期化で”. 毎日新聞. (2013年12月17日). オリジナルの2013年12月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131217043311/http://mainichi.jp/select/news/20131217k0000m040116000c.html 2013年12月17日閲覧。 
  73. ^ “原発関連死1368人に 本紙集計 1年で136人増”. 『東京新聞』. (2016年3月6日). オリジナルの2016年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160306060111/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201603/CK2016030602000127.html 2016年8月20日閲覧。 
  74. ^ 夏期の電力需給対策の骨格(案) (PDF)”. 電力需給緊急対策本部 (2011年4月8日). 2011年4月16日閲覧。
  75. ^ “震災で爆発した詳しい原因…コスモ石油のタンク”. 『読売新聞』. (2011年8月3日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501063541/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110803-OYT1T00325.htm 2013年1月8日閲覧。 
  76. ^ 劣化ウラン保管施設も延焼コスモ石油のガスタンク火災で(2011年7月7日時点のアーカイブ)
  77. ^ 震災で大学の被害900億円超 最大級の加速器も破損”. 共同通信 (2011年5月7日). 2011年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月7日閲覧。
  78. ^ 3.文部科学省関係の被害状況(文部科学省において把握できたもの)”. 文部科学省. 2021年4月12日閲覧。
  79. ^ 『日本の自然災害-東日本大震災襲来-』
  80. ^ a b “液状化範囲は過去最大 「危険低い」と自治体認定の我孫子でも”. 産経ニュース. (2011年4月6日). オリジナルの2011年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110410180303/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040620440053-n1.htm 2011年4月7日閲覧。 
  81. ^ 中村真理; 小沢香; 神田明美 (2011年3月18日). “傾く家・使えぬトイレ 首都圏の水辺、液状化のつめ跡”. 『朝日新聞』. http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103180170.html 2011年3月22日閲覧。 
  82. ^ “「水もガスもトイレも使えない」 東京湾岸「液状化」の惨状”. J-CASTニュース. (2011年3月15日). http://www.j-cast.com/2011/03/15090571.html 2011年3月18日閲覧。 
  83. ^ “地盤沈下に大潮重なる 警戒を呼び掛け 被災地、浸水・冠水の恐れ”. 産経ニュース. (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110322195956/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031721000119-n1.htm 2011年3月18日閲覧。 
  84. ^ FNNニュース[リンク切れ]
  85. ^ “水田の除塩完了に3年 2万ヘクタール 国が9割補助”. 『朝日新聞』. (2011年4月27日). オリジナルの2011年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110426220553/http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260554.html 2011年5月22日閲覧。 
  86. ^ “東日本大震災:被災地の太平洋沿岸、進む地盤沈下 冠水被害招く”. 『毎日新聞』. (2011年4月30日). オリジナルの2011年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110504012056/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110430ddm003040086000c.html 2011年5月22日閲覧。 
  87. ^ “農地塩害、9地区1400世帯が集団移転検討”. 『読売新聞』. (2011年4月26日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501065327/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110425-OYT1T01386.htm 2011年5月22日閲覧。 
  88. ^ 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被害報 総務省消防庁
  89. ^ 2011年東北地方太平洋沖地震における地震型火災の特徴」『地震工学論文集』第33巻 『土木学会論文集A1(構造・地震工学)』Vol.70 (2014) No.4 p.I_1107-I_1117
  90. ^ 野呂雅之 (2014年1月13日). “火災の4割、津波が原因 東日本大震災、学会調査”. 朝日新聞デジタル. オリジナルの2014年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20141111063824/http://www.asahi.com/articles/ASFDZ5JBKFDZPTIL012.html 2015年3月14日閲覧。 
  91. ^ 赤井陽介 (2014年10月12日). “東日本大震災の出火、3割が電気火災 政府、対策検討へ”. 朝日新聞. オリジナルの2014年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/3ZpZO 2015年3月14日閲覧。 
  92. ^ a b c d 岩見達也 (2014年3月14日). “東日本大震災における火災の実態と今後の取り組み (PDF)”. 総合技術政策研究センター. 2015年3月17日閲覧。
  93. ^ 発酵による発熱を原因とした瓦礫類の火災危険性について」『日本火災学会論文集』Vol.62 (2012) No.2_3 p.49-57
  94. ^ 津波起因火災における消火活動実態と消火活動困難性に関する研究 -2011年東北地方太平洋沖地震における被災地域を対象として-」『日本火災学会論文集』Vol.62 (2012) No.2_3 p.33-48
  95. ^ a b 『朝日新聞』(大阪)2011年3月14日朝刊25面
  96. ^ 『朝日新聞』2011年3月15日23面
  97. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年3月19日朝刊5面
  98. ^ “鹿行大橋崩落 新橋完成、来夏に前倒し”. 『茨城新聞』. (2011年4月30日). オリジナルの2012年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120517054212/http://www.ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13040943427609 2011年7月23日閲覧。 
  99. ^ 東北地方太平洋沖地震による影響及び対応について(2011年3月14日)(2011年3月18日時点のアーカイブ
  100. ^ “(第18報)東北地方太平洋沖地震に伴う高速道路の状況について(関東支社)” (プレスリリース), 東日本高速道路, (2011年3月12日), http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h23/0311o/ 2011年3月12日閲覧。 
  101. ^ “【地震】東北道13日ぶり全線で通行止め解除”. テレビ朝日. (2011年3月24日). http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210324010.html 2011年3月24日閲覧。 [リンク切れ]
  102. ^ JKom (2019年6月23日). “浜通りのスタディーツアー、お疲れ様でした&お世話になりました。震災と原発事故をどう共有してどう後世に伝えていくか。参加した我々それぞれが考え、動いていきましょう。写真は太平山霊園から見た浪江町請戸地区と引き波でズレた同地区のアスファルト。撮影20190622pic.twitter.com/7cuEGjLIbR” (日本語). @jirokomori. 2019年12月4日閲覧。
  103. ^ “電柱折れや架線断線…東北新幹線、被害は約590カ所”. 『産経新聞』. (2011年3月16日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319163300/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031614280054-n1.htm 2011年3月17日閲覧。 
  104. ^ “新幹線の被害1100カ所 「復旧はかなりの時間」とJR”. 『産経新聞』. (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321011940/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031722130140-n1.htm 2011年3月17日閲覧。 
  105. ^ “廃線懸念の津波被害7路線、JR東が復旧明言”. 『読売新聞』. (2011年4月5日). オリジナルの2012年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120918153105/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110405-OYT1T00818.htm 2011年4月6日閲覧。 
  106. ^ “三陸鉄道の復旧本格化 久慈―田野畑間、来春開通”. 『河北新報』. (2011年11月4日). オリジナルの2011年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111119193438/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20111104_03.htm 2011年11月20日閲覧。 
  107. ^ 三陸鉄道公式サイト(2014年1月17日:全線運行再開等について)(2014年2月9日時点のアーカイブ
  108. ^ “地震:運転見合わせ JR東、私鉄、地下鉄など”. 毎日jp(毎日新聞). (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110313233716/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110312k0000m040056000c.html 2011年3月11日閲覧。 
  109. ^ 【東日本大震災】帰宅困難者 推計515万人 震災当日の首都圏 都は備蓄条例提案へ(2011年11月22日時点のアーカイブ) - MSN産経ニュース、2011年11月22日。
  110. ^ 帰宅困難者、2万人超 都庁舎など避難所に”. 『日本経済新聞』 (2011年3月12日). 2011年3月12日閲覧。
  111. ^ 内藤尚志 (2011年6月14日). “大震災、都内の帰宅困難者は9万人以上 首都圏白書”. http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106140148.html 2015年3月18日閲覧。 
  112. ^ “地震:国の施設を一時提供 帰宅困難者に”. 毎日jp(毎日新聞). (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110313192700/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110312k0000m040150000c.html 2011年3月12日閲覧。 
  113. ^ 計画停電での首都圏鉄道各社の運行予定まとめ”. GIGAZINE (2011年3月14日). 2011年3月18日閲覧。
  114. ^ “計画停電に被災地「被災状況の考慮不足」と東電陳謝”. 『朝日新聞』. (2011年3月14日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103140446.html 2011年3月26日閲覧。 
  115. ^ “JR五能線 一部再開へ”. 『陸奥新報』. (2011年3月18日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319174045/http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/03/15540.html 2011年3月26日閲覧。 
  116. ^ “【ドキュメント(1)】東北地方大地震 屋上に約100人取り残される”. 中国新聞. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314165240/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201103110206.html 2011年3月11日閲覧。 
  117. ^ “地震:1300人が救助待つ 仙台空港ビル”. 毎日jp(毎日新聞). (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314061651/http://mainichi.jp/select/today/news/20110312k0000m040156000c.html 2011年3月11日閲覧。 
  118. ^ “一時は緊張の仙台空港ビル 1200人ほぼ全員救出 自衛隊、泥の海に阻まれ近づけず”. 産経新聞. (2011年3月13日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110313/dst11031319000085-n1.html 2011年3月13日閲覧。 [リンク切れ]
  119. ^ “仙台空港、13日から一部国内線の利用再開”. 『読売新聞』. (2011年4月8日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501053755/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110408-OYT1T00491.htm 2011年4月8日閲覧。 
  120. ^ “東日本大震災:4カ月半ぶり定期便、仙台空港が再出発”. 『毎日新聞』. (2011年7月25日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110725dde041040019000c.html 2011年7月25日閲覧。 [リンク切れ]
  121. ^ “被災の仙台空港が全面復旧、国際定期便が再開”. 産経新聞. (2011年9月25日). オリジナルの2011年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110925225223/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110925/trd11092517450008-n1.htm 2011年9月25日閲覧。 
  122. ^ 仙台空港再生の第一歩 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 (2011年3月24日). 2012年5月19日閲覧。
  123. ^ “県内の停電が全面復旧 山形空港、運用24時間化に”. 『山形新聞』. (2011年3月13日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314203724/http://yamagata-np.jp/news/201103/13/kj_2011031300283.php 2011年3月15日閲覧。 
  124. ^ “地震:成田空港の滑走路が全面閉鎖 羽田は着陸のみ運用”. 毎日新聞. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110313191515/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110311k0000e040108000c.html 2011年3月12日閲覧。 
  125. ^ “茨城空港閉鎖し全便欠航に”. NHKニュース(NHK水戸放送局. (2011年3月12日). http://www.nhk.or.jp/lnews/mito/1074617121.html 2011年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  126. ^ “茨城空港、14日再開=岩手・花巻も17日から”. 時事通信. (2011年3月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031300355 2011年3月13日閲覧。 [リンク切れ]
  127. ^ “国際機関等海外からのメッセージ”. オリジナルの2011年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110514121922/http://www.mlit.go.jp/koku/flyjapan/press.html 2011年5月14日閲覧。 
  128. ^ JX日鉱日石エネルギー 東日本大震災における石油産業の対応(2013年12月4日時点のアーカイブ
  129. ^ 『検証「大震災」伝えなければならないこと』p208 毎日新聞社 2012年
  130. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 東日本大震災の記録』(新潮社 2011年)p5
  131. ^ 国土交通省東北地方整備局発行パンフレット『忘れない。東日本大震災と救命・救援ルート確保、復旧への記録』p14
  132. ^ “断水、17道県140万戸 水道協会、給水車派遣を要請”. 共同ニュース. (2011年3月12日). オリジナルの2013年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130426183747/http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031201000801.html 2011年3月12日閲覧。 
  133. ^ a b c 東日本大震災 長野県北部地震 郵便局 約600局が被害(2013年5月1日時点のアーカイブ)『通信文化新報』2011年3月21日
  134. ^ a b “東日本大震災/郵便ネットワーク、ダメージ深刻”. 日刊工業新聞: p. [要ページ番号]. (2011年3月12日) 
  135. ^ “5県の太平洋岸で配達困難に=郵便物返却の場合も-東日本大震災”. 時事通信. (2011年3月12日). http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011031200603 2011年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  136. ^ a b “地震:ヤマト運輸 北海道と東北6県行き荷受け中止”. 『毎日新聞』. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110317040944/http://mainichi.jp/select/biz/news/20110312k0000m020117000c.html 2011年3月12日閲覧。 
  137. ^ “佐川急便、北海道や東北行きで集荷見合わせ 救援物資も出発”. 『産経新聞』. (2011年3月13日). オリジナルの2011年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110316223251/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110313/biz11031313470008-n1.htm 2011年3月13日閲覧。 
  138. ^ “アマゾンジャパン、流通設備に被害か-ジャスパー・チャン氏が声明”. japan.internet.com. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314070739/http://japan.internet.com/busnews/20110312/3.html 2011年3月12日閲覧。 
  139. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年4月8日夕刊1面
  140. ^ “海底ケーブルに一部損傷-アジア通信各社、影響阻止に全力”. THE WALL STREET JOURNAL.. (2011年3月15日). オリジナルの2011年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110317230307/http://jp.wsj.com/IT/node_199188 2011年3月15日閲覧。 
  141. ^ “地震:NTT東が通話規制 宮城などでは公衆電話無料”. 『毎日新聞』. (2011年3月12日). オリジナルの2012年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120711134241/http://mainichi.jp/select/today/news/m20110312k0000m040047000c.html 2011年3月15日閲覧。 
  142. ^ a b 東日本大震災における電気通信土木設備の被害状況に関する考察」『日本地震工学会論文集』Vol.12 (2012) No.5 特集号「2011年東日本大震災」その2 p.5_55-5_68
  143. ^ “ドコモ東北支社、被災者向けに無料充電サービスなどを提供”. ITmedia. (2011年3月14日). http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1103/14/news094.html 2011年3月15日閲覧。 
  144. ^ “節電徹底へ「ヤシマ作戦」賛同者がTwitterで広がる”. ITmediaニュース. (2011年3月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/12/news017.html 2011年3月12日閲覧。 
  145. ^ 「震災でのデマ・ガセ情報に踊らされるな :サイバー護身術」(2011年3月26日時点のアーカイブ)『読売新聞』3月25日
  146. ^ 東日本大震災 神社被災状況”. 白旗神社 (2011年8月2日). 2012年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月25日閲覧。
  147. ^ 山田直樹 (2011年5月24日). “これが宗教法人の「義援金ランキング」だ 「震災・原発と経済」の小さな大疑問”. PRESIDENT Online. http://president.jp/articles/-/2015 2015年3月25日閲覧。 
  148. ^ 「大震災 宗教の限界」『読売新聞』2016年1月1日4面
  149. ^ 4.4 被災地域の消防団の活動 第 4章”. 2021-0318閲覧。
  150. ^ 3.5.3 消防団の被害”. 2021-0318閲覧。
  151. ^ 消防団の活動事例と地域の防災力 東日本大震災における消防団員の活躍”. 2021-0318閲覧。
  152. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)(第132報) (PDF) 消防庁
  153. ^ 東日本大震災記録誌 -その記録と記憶- 青森県庁(PDF)
  154. ^ “東日本大震災:不明の大槌町長、遺体で発見 岩手”. 『毎日新聞』. (2011年3月20日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321024932/http://mainichi.jp/select/today/news/20110320k0000e040022000c.html 2011年3月20日閲覧。 
  155. ^ “松尾雄治氏が釜石SWにエール…ラグビー”. 『スポーツ報知』. (2011年3月24日). オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120709102731/http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20110323-OHT1T00281.htm 2011年3月26日閲覧。 
  156. ^ “陸上マスターズ世界記録の104歳、津波で死亡”. 『読売新聞』. (2011年3月23日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501090249/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00802.htm 2011年3月25日閲覧。 
  157. ^ “ジャンボ機250機分の波、世界一の防波堤破壊”. YOMIURI ONLINE. (2011年3月21日). オリジナルの2013年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130112020321/http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110320-OYT1T00777.htm 2012年7月22日閲覧。 
  158. ^ 碑の記憶 | 高台移転の伝承誓う (山田町船越・田の浜地区) 岩手放送
  159. ^ “あの日何が… 石巻市雄勝病院/迫る海、まさか屋上まで”. 『河北新報』. (2013年1月3日). https://www.kahoku.co.jp/special/spe1114/20130103_01.html 2020年12月18日閲覧。 
  160. ^ “娘よ…この日に会えた 四十九日の供養直後に発見”. 『朝日新聞』. (2011年4月29日). http://www.asahi.com/national/update/0429/TKY201104280772.html?ref=rss 2011年9月10日閲覧。 [リンク切れ]
  161. ^ “【東日本大震災】「死にものぐるいで上に行け」 津波で74人死亡・不明 宮城・大川小の「あの時」”. 『産経新聞』. (2011年4月15日). オリジナルの2011年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110417073938/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110414/dst11041419270052-n1.htm 2011年9月10日閲覧。 
  162. ^ “前石巻市長土井氏、震災で犠牲”. 『河北新報』. (2011年3月18日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321012928/http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110318t13012.htm 2011年3月20日閲覧。 
  163. ^ “手作り避難所、70人救った 10年かけ岩山に 東松島”. 『朝日新聞』. (2011年3月31日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103290226.html 2014年1月16日閲覧。 
  164. ^ 東松島市を襲った大津波の証言
  165. ^ 統計情報せんだい(仙台市)
  166. ^ 都市計画区域と市街化区域及び市街化調整区域”. 仙台市 (2011年2月1日). 2015年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月13日閲覧。
  167. ^ ご協力いただきましたサッカー用品が被災地に届きました。”. 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ (2011年5月23日). 2011年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。
  168. ^ 自動車学校津波訴訟:遺族へ19億円賠償命令 仙台地裁(2015年1月13日付『毎日新聞』)(2015年1月17日時点のアーカイブ) - 2015年1月16日閲覧
  169. ^ “「松島が守ってくれた」対岸の町、死者1人”. 読売新聞. (2011年3月23日). オリジナルの2012年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120919115715/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00077.htm 2011年4月26日閲覧。 
  170. ^ “3・11にダム決壊、濁流で7人死亡していた”. 読売新聞. (2011年5月30日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501112452/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110530-OYT1T00139.htm 2011年5月30日閲覧。 
  171. ^ “液状化、東京・千葉・神奈川で1100棟損壊”. 『読売新聞』. (2011年4月8日). オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130111210223/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110408-OYT1T00091.htm 2011年4月8日閲覧。 
  172. ^ 『読売新聞』2011年3月22日千葉13版23面液状化の浦安「三重苦」
  173. ^ 【震災5年】復旧・復興の現在地(2)千葉市、大半が液状化対策めど立たず 産経2016年3月5日
  174. ^ 「液状化被害の民家 秋田で再生」『読売新聞』2013年2月25日朝刊38面
  175. ^ 東日本大震災における香取市内の被災状況写真 Archived 2014年9月17日, at the Wayback Machine.
  176. ^ 「伊能忠敬旧宅も…佐原の伝統的町並み、被害深刻」2011年3月23日『読売新聞』
  177. ^ 印西市ウェブサイト 東北地方太平洋沖地震について(概要報告5)2013年7月4日より
  178. ^ 栃木県内における被害報告 土木学会関東支部栃木地区 (PDF)
  179. ^ 第3章 東日本大震災からの復旧・復興 栃木県 (PDF)
  180. ^ “新那珂橋の延命化困難 県 地元説明経て方針決定へ”. 『日刊建設新聞』. http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=4969 
  181. ^ “栃木県の新那珂橋 地震被害で築80年を前に苦渋の決断”. 日経アーキテクチュア. https://kenplatz.nikkeibp.co.jp/pdf/NCR/13/060200493/ 
  182. ^ 新那珂橋撤去工事について 栃木県烏山土木事務所 (PDF)
  183. ^ “一万人プール完全復活 7月に3季ぶり 栃木・真岡”. 朝日新聞デジタル. オリジナルの2016年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160415044409/http://www.asahi.com/area/tochigi/articles/TKY201306020198.html 
  184. ^ 市村高男『中世宇都宮氏の世界 下野・豊前・伊予の時空を翔る』彩流社、2013年、248 - 249頁。ISBN 978-4-7791-1949-1
  185. ^ “避難やっと終わる さくら市喜連川地区 亀裂、豪雨で土砂崩れ”. 47NEWS. http://www.47news.jp/photo/598064.php 
  186. ^ 東日本大震災1カ月:停電で火災や事故も、4人死亡128人負傷/神奈川 | 社会” (日本語). カナロコ. 2019年6月18日閲覧。
  187. ^ “家傾き半年以上アパート生活 液状化被害の埼玉・久喜”. 朝日新聞. (2012年10月7日). オリジナルの2013年5月21日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130521142706/http://www.asahi.com/national/intro/TKY201210050580.html 2019年6月18日閲覧。 
  188. ^ 【置き去りにされた被災地を歩く】第5回・埼玉県久喜市 内陸部の液状化、住民も驚いた 元は田んぼ、「再発対策」が急務”. J-CASTニュース (2012年3月20日). 2019年6月18日閲覧。
  189. ^ 鈴木敦子 (2021年3月12日). “もっと生きたかったはず 東日本大震災、群馬県ただ一人の犠牲者”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210312/k00/00m/040/053000c 2021年9月10日閲覧。 
  190. ^ 第2節 群馬県内の地震による被害の状況 群馬県 (PDF)
  191. ^ “Waves sweep 4 out to sea in Crescent City as tsunami surges reach west coast |News10.net |Sacramento, California |Local News” (英語). News10.net. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314162422/http://www.news10.net/news/local/story.aspx?storyid=127779 2011年3月11日閲覧。 
  192. ^ “米西海岸に到達した津波の不明者、480キロ先で遺体発見”. ロイター. (2011年4月13日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20589020110413 2015年3月13日閲覧。 
  193. ^ “地震の津波、世界中で被害をもたらす”. 日テレNEWS24. (2011年3月13日). http://news24.jp/articles/2011/03/13/10178100.html 2011年3月13日閲覧。 
  194. ^ Dan Nakaso (2011年3月14日). “Tsunami damage estimate for Hawaii now tens of millions” (英語). ホノルル・スター・アドバタイザー. オリジナルの2011年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110315014511/http://www.staradvertiser.com/news/breaking/117965429.html 2015年3月14日閲覧。 
  195. ^ Mark Gomez; Paul Rogers; Mike Rosenberg; Joshua Melvin; Julia Scott (2011年3月11日). “Tsunami: Santa Cruz harbor dock destroyed, man swept out to sea near Klamath River” (英語). サンノゼ・マーキュリー・ニュース. http://www.mercurynews.com/central-coast/ci_17591372 2015年3月14日閲覧。 
  196. ^ “Japón: Aumentan a 8.649 los muertos y a 12.877 los desaparecidos” (スペイン語). Cooperativa.cl. (2011年3月20日). http://www.cooperativa.cl/gobierno-cancelo-alarma-de-tsunami-para-isla-de-pascua/prontus_nots/2011-03-11/062730.html 2015年3月14日閲覧。 
  197. ^ Di Tobati Jayapura, tsunami rusak rumah - jayapura tobati tsunami|SOLOPOS.COM(インドネシア語)(2012年9月15日時点のアーカイブ
  198. ^ “米オレゴンに日本のワカメ 震災で漂流、環境に影響懸念”. 『朝日新聞』. (2013年3月27日). オリジナルの2013年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130425000514/http://www.asahi.com/international/update/0327/TKY201303270039.html 2013年3月27日閲覧。 
  199. ^ 東日本大震災の避難所生活者数の推移について 内閣府。
  200. ^ 福島県の震災避難所閉鎖 rescuenow.net
  201. ^ 全国の避難者数”. 復興庁. 2021年5月30日閲覧。
  202. ^ 福島県から県外への避難状況”. 福島県. 2021年5月30日閲覧。
  203. ^ a b 公共インフラの本格復旧・復興の進捗状況”. 復興庁. 2021年7月27日閲覧。
  204. ^ 復興の現状と取り組み”. 2019年3月12日閲覧。
  205. ^ 「震災避難 20万人以下に」『日本経済新聞』2015年8月30日
  206. ^ 平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報 (第1775報)”. 福島県. 2021年4月12日閲覧。
  207. ^ 利用の手引き (PDF) (2016年3月5日時点のアーカイブ) - 福島県
  208. ^ 平成27年国勢調査 調査の結果(総務省統計局)
  209. ^ 青森県人口移動統計調査 青森県の推計人口(平成23年)(青森県)
  210. ^ いわての統計情報(岩手県)
  211. ^ 統計データ/宮城県推計人口(月報)(宮城県)
  212. ^ 過去の結果(福島県の推計人口 福島県現住人口調査月報)(福島県)
  213. ^ “東京株暴落 1300円超下げ 下落率は過去2番目”. 『産経新聞』. (2011年3月15日). オリジナルの2011年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110318015910/http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110315/eca1103151310012-n1.htm 2011年3月15日閲覧。 
  214. ^ 【東日本大震災】株暴落、復興需要で円最高値(2011年4月6日時点のアーカイブ) - SankeiBiz(サンケイビズ)、2011年3月24日。
  215. ^ 東京株1015円安 下落率、過去3位の10・55% Archived 2013年1月3日, at Archive.is msn産経ニュース(2011年3月15日)
  216. ^ “円急騰、一時76円台…16年ぶり最高値更新”. 『読売新聞』. (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20110321013606/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110317-OYT1T00326.htm 2011年3月17日閲覧。 
  217. ^ “日銀が11兆円供給、5日間で総額82兆円に”. 『読売新聞』. (2011年3月18日). オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130111212530/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110318-OYT1T00695.htm 2011年3月23日閲覧。 
  218. ^ “NY円は大幅反落、1ドル=80円55〜65銭”. 『読売新聞』. (2011年3月20日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110320-OYT8T00406.htm?from=nwla 2011年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  219. ^ “日経平均大幅続伸、401円高の9608円”. 『読売新聞』. (2011年3月22日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110322-OYT1T00652.htm 2011年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  220. ^ “世銀 震災の被害額19兆円に”. NHKニュース. (2011年3月22日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110322/t10014818641000.html 2011年3月22日閲覧。 [リンク切れ]
  221. ^ 【東日本大震災】被害総額16兆〜25兆円、政府試算 原発事故被害は含まず(2011年3月26日時点のアーカイブ)MSN産経ニュース(2011年3月23日)
  222. ^ “景気動向:リーマン・ショックに次ぐ悪化 帝国データ調査”. 毎日新聞社. (2011年4月5日). http://mainichi.jp/select/today/news/20110406k0000m020074000c.html?inb=fa 2011年4月5日閲覧。 [リンク切れ]
  223. ^ “日銀短観:景況感が悪化…震災影響、被災地以外にも拡大”. 毎日新聞社. (2011年4月5日). オリジナルの2011年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110416060948/http://mainichi.jp/select/biz/news/20110405k0000m020088000c.html 2011年4月5日閲覧。 
  224. ^ “東日本大震災:発生2カ月 自動車部品なお不足 電子関連、塗料の供給不安定”. 毎日新聞社. (2011年5月11日). オリジナルの2011年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110514083932/http://mainichi.jp/select/biz/news/20110511ddm008040122000c.html 2011年5月15日閲覧。 
  225. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年3月26日朝刊6面
  226. ^ “紙・インキ、供給不足の長期化懸念 被災で工場停止、新聞・出版など打撃 (2/2ページ)”. SankeiBiz. (2011年4月5日). オリジナルの2011年4月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110411001555/http://www.sankeibiz.jp/business/news/110404/bsc1104042303014-n2.htm 2011年4月9日閲覧。 
  227. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年3月27日朝刊4面
  228. ^ ゼネコンに震災特需は早計、インフラ工事で実績豊富な鹿島、大成など有利【震災関連速報】(1)(2011年3月16日時点のアーカイブ) - 東洋経済オンライン 2011年3月14日
  229. ^ 震災後、意外と早かった「パソコンと家電」の市場回復 - ITpro 2011年4月8日
  230. ^ 【復興特需関連株】帝国繊維は大地震を受け防災意識が高まり経営環境は追い風強まる(2011年9月25日時点のアーカイブ) - サーチナ 2011年4月9日
  231. ^ 被災地経済、伸び悩み 沿岸部は復興なお遠く―民間主導の成長課題・東北3県”. 時事通信社. 2021年8月6日閲覧。
  232. ^ 復興予算32兆円はどう使われた?”. NHK. 2021年7月27日閲覧。
  233. ^ 東日本大震災からの復興の基本方針 東日本大震災復興対策本部、平成23年7月29日。 (PDF)
  234. ^ 平成23年度国債発行予定額(2011年12月20日時点のアーカイブ) - 財務省、2011年10月21日。
  235. ^ ブローン菜美 (2011年3月23日). “東北関東大震災、米メディアはどう見たか その1 困難に耐え回復する日本人の「レジリアンス」賞賛”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2011/03/221000braune_earthquake_resilience_nuclear_economy.html 2015年3月25日閲覧。 
  236. ^ 「都内で買いだめ収まらず 企業の対応も焼け石に水」[リンク切れ]MSN産経ニュース(2011年3月15日)
  237. ^ NY紙「日本は自粛という強迫観念にとらわれている」MSN産経ニュース(2011年3月29日)
  238. ^ 「被災地で窃盗被害相次ぎ警戒」NHKニュース(2011年3月30日)
  239. ^ 「義援金名目の不審電話、ご用心 警視庁が注意呼びかけ」asahi.comマイタウン東京(2011年3月18日)
  240. ^ 詐欺紳士、悪質業者がゾロゾロ…震災“便乗犯罪”もケタ外れ」(2011年4月10日時点のアーカイブ) - ZAKZAK 4月7日
  241. ^ こじあけられた被災地のATM6億円の記録 犯人グループは捕まらず”. 週刊現代 (2011年8月2日). 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月25日閲覧。
  242. ^ 小野田雄一 (2011年12月8日). “「人間不信だ」置き去りペットたち 犬、猫“野生化”動物愛護団体、初の警戒区域入り”. 産経ニュース. オリジナルの2011年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111207235029/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111208/dst11120800340001-n1.htm 2015年3月25日閲覧。 
  243. ^ 佐伯琢磨、清野純史:東日本大震災におけるガソリン供給問題に関する検討と システムダイナミクス・モデルの適用 日本地震工学会論文集 Vol.14 (2014) No.1 p.1_34-1_43
  244. ^ Takashi Sugimoto, Tomohiro Shinozaki and Yuki Miyamoto (2013). “Afters hocks Associated With Impaired Health Caused by the Great East Japan Disaster Among Youth Across Japan: A National Cross-Sectional Survey” (PDF). Interactive Journal of Medical Research 2 (2): e31. doi:10.2196/ijmr.2585. http://www.i-jmr.org/2013/2/e31/. 
  245. ^ “東日本大震災:被災園児25%問題行動 引きこもり、暴力 長期ケア必要−−厚労省調査”. 毎日新聞社. (2014年1月27日). オリジナルの2014年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140127020715/http://mainichi.jp/shimen/news/20140127ddm001040207000c.html 2014年1月27日閲覧。 
  246. ^ “クローズアップ2014:被災地の子ども調査 大人の心理、影響”. 毎日新聞社. (2014年1月27日). オリジナルの2014年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140127020648/http://mainichi.jp/shimen/news/20140127ddm003040071000c.html 2014年1月27日閲覧。 
  247. ^ 日本の自然災害 ー東日本大震災襲来ー から
  248. ^ 「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」の適用が開始されました」財務省東北財務局
  249. ^ 住宅ローンなど借入れの返済が困難な震災被災者の方へ 個人版私的整理ガイドラインをご存じですか。政府広報オンライン(2013年9月2日)
  250. ^ 個人債務者の私的整理に関するガイドライン(「ガイドラインについて」一般社団法人 個人版私的整理ガイドライン運営委員会。)
  251. ^ 「積極的な活用を! 被災ローンの減免制度」(時論公論)NHKオンライン(2016年4月27日)
  252. ^ 熊本地震 債務減免で被災者支援 金融機関、二重ローン防止へ産経ニュース(2016年4月20日)
  253. ^ “14日からの休校決定=宮城県教委-東日本大震災”. 時事通信. (2011年3月12日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031200551 2011年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  254. ^ “地震:国公私立大入試が中止・延期 文科省”. 『毎日新聞』. (2011年3月12日). http://mainichi.jp/life/edu/news/20110312k0000e040044000c.html 2011年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  255. ^ “東大が13日の2次試験開始を2時間繰り下げ”. MSN産経ニュース. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110317021046/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031212220196-n1.htm 2011年3月12日閲覧。 
  256. ^ “東北沖大地震:国公立大2次後期、追試など対応”. 『毎日新聞』. (2011年3月12日). http://mainichi.jp/life/edu/exam/news/20110312ddf041040016000c.html 2011年3月12日閲覧。 [リンク切れ]
  257. ^ a b “大震災で受験者2万人減=国公立大後期日程、103校が実施”. 時事通信. (2011年3月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031300007 2011年3月13日閲覧。 [リンク切れ]
  258. ^ “東日本大震災:国公私立大入試が中止 13日も6校 文科省”. 『毎日新聞』. (2011年3月13日). オリジナルの2011年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110315024003/http://mainichi.jp/life/today/news/20110313mog00m040010000c.html 2011年3月13日閲覧。 
  259. ^ “被災地の新入生、焦らないで 各地の大学、特例措置次々”. 『朝日新聞』. (2011年3月21日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103200300.html 2011年3月21日閲覧。 
  260. ^ a b “「TOEIC」会場確保できず13日は中止”. 『読売新聞』. (2011年3月12日). オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130111233815/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110312-OYT1T00398.htm 2011年3月12日閲覧。 
  261. ^ 緊急のお知らせ”. 国際ビジネスコミュニケーション協会 (2011年3月12日). 2011年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  262. ^ “平成23年度春期試験の延期について”. 情報処理推進機構. (2011年3月15日). オリジナルの2011年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110318012957/http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20110315_h23h_schedule_01.html 2011年3月15日閲覧。 
  263. ^ “平成23年度特別情報処理技術者試験(仮称)の実施について”. 情報処理推進機構. (2011年3月25日). http://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_h23_tokubetsushiken.html 2011年3月25日閲覧。 
  264. ^ “採用試験 延期相次ぐ”. 読売新聞. (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20110321014341/http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20110317-OYT8T00419.htm 2011年3月17日閲覧。 
  265. ^ “大卒内定率、初の80%割れ=政府、被災地に緊急支援検討 - 2月時点”. 時事通信社. (2011年3月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c2%e7%c2%b4%c6%e2%c4%ea%ce%a8&k=201103/2011031800238 2011年3月18日閲覧。 [リンク切れ]
  266. ^ “震災も影響…内定取り消し、昨年の3・6倍に”. YOMIURI ONLINE. (2011年9月21日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501113800/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110921-OYT1T00999.htm 2011年9月21日閲覧。 
  267. ^ 「東日本大震災:テレビ停波63カ所 中継局被災、ラジオも2カ所」『毎日新聞』2011年3月16日
  268. ^ “大震災の影響で『笑っていいとも!』放送中止が決定”. サーチナ. (2011年3月14日). オリジナルの2011年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319132557/http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0314&f=national_0314_030.shtml 2011年3月15日閲覧。 
  269. ^ “民放テレビ:15日深夜までにバラエティー番組再開へ TBS「さしこの…」は見送り”. 毎日新聞. (2011年3月15日). オリジナルの2011年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321070027/http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20110315mog00m200011000c.html 2021年9月10日閲覧。 
  270. ^ a b CM総研フォーラム 2011 (PDF)”. CM総合研究所 (2011年5月25日). 2011年5月31日閲覧。
  271. ^ 「CM自粛」でテレビ各局打撃 「減収額10億円台後半」の局も:MSN産経ニュース(2011年4月16日)
  272. ^ “3月14日早朝からフジテレビがテレビコマーシャルの放送を再開 / マクドナルド等”. サーチナ. (2011年3月14日). オリジナルの2011年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110318100056/http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0314&f=national_0314_033.shtml 2011年3月15日閲覧。 
  273. ^ a b テレビCMが「AC」だらけに その真相に迫る「AC」担当者単独インタビュー”. モデルプレス (2011年3月16日). 2011年3月18日閲覧。
  274. ^ 「東北地方太平洋沖地震」にあたって ACジャパンのCM放送についてのお詫びとお知らせ”. ACジャパン. 2011年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月16日閲覧。
  275. ^ 「自粛ムード」国内蔓延(2)「連帯意識を復興に」:MSN産経ニュース(2011年4月1日)
  276. ^ 「編集長インタビュー vol.33 震災と公共広告」『日経トレンディ』第322号、日経BP、2011年5月、 9頁。
  277. ^ 被災者支える「声」 災害FM開設相次ぐ 最多の20局『産経新聞』2011年4月14日
  278. ^ “緊急 東北地方太平洋沖地震への緊急対応として” (PDF) (プレスリリース), 株式会社radiko, (2011年3月13日), http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20110313_radiko.pdf 2015年3月22日閲覧。 
  279. ^ “中京地区のラジオ局が『radiko.jp』に参加 3月25日(金)10時より実用化試験配信を開始” (PDF) (プレスリリース), 株式会社radiko, (2011年3月23日), http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20110323_001_pressrelease.pdf 2015年3月22日閲覧。 
  280. ^ “東北地方太平洋沖地震への期間限定による緊急対応を段階的に終了” (PDF) (プレスリリース), 株式会社radiko, (2011年3月29日), http://radiko.jp/newsrelease/pdf/20110329_001_pressrelease.pdf 2015年3月22日閲覧。 
  281. ^ KDDI、LISMO WAVEを利用した「東北地方太平洋沖地震支援サイト」開設”. ITmedia (2011年3月15日). 2011年3月17日閲覧。
  282. ^ USTREAMで配信始めました!”. 茨城放送Twitter公式アカウント (2011年3月13日). 2015年3月22日閲覧。
  283. ^ TBC東北放送(2011年3月19日時点のアーカイブ) 2011年3月16日閲覧
  284. ^ TBSラジオ災害情報”. TBSラジオ&コミュニケーションズ (2011年3月14日). 2011年3月14日閲覧。
  285. ^ ラジオNIKKEI、福島の地元ラジオ局の番組を放送-短波とradikoを使い、被災地から全国に情報発信”. AV Watch (2011年3月15日). 2011年3月16日閲覧。
  286. ^ 東日本大震災におけるJARLの活動”. 日本アマチュア無線連盟 (2011年4月6日). 2015年3月22日閲覧。
  287. ^ 「アマチュア無線家、情報の架け橋 全国から被災地入り」『朝日新聞』2011年4月28日
  288. ^ 2011年04月05日(火)放送 NHKろーかる直送便 かんさい熱視線特集「被災地を救ったアマチュア無線」より
  289. ^ 東日本大震災 県北地域「見捨てられた」茨城:『産経新聞』2011年3月20日
  290. ^ 「東日本大震災 善意に包まれて」『東京新聞』2011年3月21日
  291. ^ 計画停電に被災地「被災状況の考慮不足」と東電陳謝:『朝日新聞』2011年3月14日
  292. ^ 東日本大震災:被災地は衛星放送で地デジ視聴可能に 『毎日新聞』2011年4月7日
  293. ^ Japan earthquake: Slow progress at nuclear plant” (英語). BBC News (2011年3月18日). 2015年3月22日閲覧。
  294. ^ Nothing left behind” (英語). カナダ放送協会 (2011年3月16日). 2015年3月22日閲覧。
  295. ^ 【Pray for Japan , from the world】ABCのアマンプール氏、CNNのクーパー氏など米主要メディアの有名アンカーら、続々と日本入りで震災被災地の悲惨さをリポート。”. exciteニュース (2011年3月14日). 2011年3月18日閲覧。
  296. ^ “《東日本大震災》在京各紙、特別態勢で状況伝える”. (2011年3月15日). オリジナルの2011年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111017044404/http://www.pressnet.or.jp/news/headline/110315_1094.html 2011年5月12日閲覧。 
  297. ^ “《東日本大震災》新聞発行に甚大な被害 特別態勢で発行継続 計画停電、断水、燃料不足...予断許さず”. 日本新聞協会. (2011年3月15日). オリジナルの2011年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110628232217/http://www.pressnet.or.jp/news/headline/110315_1099.html 2011年4月10日閲覧。 
  298. ^ “《東日本大震災》懸命に新聞発行を継続 北海道東南部にも被害”. 日本新聞協会. (2011年3月22日). オリジナルの2011年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110808101518/http://www.pressnet.or.jp/news/headline/110322_1115.html 2011年4月10日閲覧。 
  299. ^ “河北新報、朝刊発行しました”. 編集室から. (2011年3月12日). オリジナルの2012年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120708084314/http://flat.kahoku.co.jp/u/flatblog01/nY7hzQlsfuSgA2IL9ZpE/ 2011年4月5日閲覧。 
  300. ^ 相場, 英雄 (2011年3月21日). “その報道は誰のため? 被災した子どもにマイクを向けるな”. Business Media 誠 (ITmedia): p. 3. https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1103/21/news002_3.html 2021年8月29日閲覧。 
  301. ^ “東日本大震災:輪転機水没、記者2人失う 岩手の夕刊紙”. (2011年4月20日). http://mainichi.jp/photo/news/20110420k0000e040063000c.html 2011年4月21日閲覧。 [リンク切れ]
  302. ^ “東日本大震災:「いわき民報」22日付で復刊 避難所で配布 /福島”. 『毎日新聞』. (2011年3月23日). オリジナルの2012年7月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120712031035/http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110323ddlk07040090000c.html 2011年4月1日閲覧。 
  303. ^ “東北地方の読者のみなさんへ おわびとお知らせ”. しんぶん赤旗. (2011年3月27日). http://www.jcp.or.jp/akahata/info.html 2011年4月5日閲覧。 
  304. ^ James Glanz; Norimitsu Onishi (2011年3月11日). “Japan’s Strict Building Codes Saved Lives” (英語). ニューヨーク・タイムズ(電子版). http://www.nytimes.com/2011/03/12/world/asia/12codes.html 2015年3月22日閲覧。 
  305. ^ NICHOLAS Kristof (2011年3月11日). “Sympathy for Japan, and Admiration” (英語). ニューヨーク・タイムズ(電子版). http://kristof.blogs.nytimes.com/2011/03/11/sympathy-for-japan-and-admiration/ 2015年3月22日閲覧。 
  306. ^ Anne Applebaum (2011年3月14日). “If the Japanese can’t build a safe reactor, who can?” (英語). ワシントン・ポスト(電子版). http://www.washingtonpost.com/opinions/if-the-japanese-cant-build-a-safe-reactor-who-can/2011/03/14/ABCJvuV_story.html 2015年3月22日閲覧。 
  307. ^ “雑誌、発売延期相次ぐ 印刷用紙不足・配送に遅れ”. 日本経済新聞. (2011年3月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1808O_Y1A310C1000000/ 2011年4月1日閲覧。 
  308. ^ 週刊少年ジャンプ 特別無料配信について”. Yahoo! JAPAN. 2011年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月10日閲覧。
  309. ^ 週刊アスキー読者の皆様、東北地方太平洋沖地震の被災地の皆様へ
  310. ^ “TVは12日も特別番組…民放各局CM抜き”. 読売新聞社. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20110314140148/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110312-OYT1T00587.htm 2011年3月12日閲覧。 
  311. ^ a b c “ニコ動、東北地震の緊急特番放映--NHK/フジのネット配信、専用投稿サイトも”. 毎日コミュニケーションズ. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110317032620/http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/11/074/ 2011年3月12日閲覧。 
  312. ^ 工藤ひろえ (2011年3月12日). “Ustream Asia、民放TV各局の東北地方太平洋沖地震報道番組を同時配信”. ケータイ Watch. http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110312_432722.html 2011年3月12日閲覧。 
  313. ^ Ustream Asia株式会社 (2011年11月18日). “震災報道で「Ustream」が果たした役割 その特性を活かして放送メディアを補完”. Softbank. 2014年4月7日閲覧。
  314. ^ “日本は22位に後退=「アラブの春」で変動も-報道自由度ランク”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年1月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012012500930 2011年1月27日閲覧。 [リンク切れ]
  315. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について”. 内閣府緊急災害対策本部 (2011年5月17日). 2011年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  316. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年3月17日朝刊1 - 4面、3月19日朝刊5面、3月20日朝刊29面。
  317. ^ “避難所目前なのに…燃料なく物資の山も運べず”. 『読売新聞』. (2011年3月17日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501094243/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110317-OYT1T00099.htm?from=top 2011年5月21日閲覧。 
  318. ^ 「宮城、山形両県またぐ国道347号 通年化へ改良促進」(2012年5月1日時点のアーカイブ)『河北新報』2012年5月1日
  319. ^ Felix Salmon (2011年3月14日). “Don't donate money to Japan” (英語). Reuters opinion. 2015年3月19日閲覧。
  320. ^ “Japan's net foreign assets hit the record high” (英語). Reuters. (2010年5月24日). http://www.reuters.com/article/2010/05/24/japan-economy-assets-idUSTOE64N07320100524 2015年3月19日閲覧。 
  321. ^ http://36524news.jp から[リンク切れ]
  322. ^ 『検証「大震災」伝えなければならないこと』(毎日新聞社 2012年)p214
  323. ^ 越野修三『東日本大震災 岩手県防災危機管理監の150日』(ぎょうせい 2012年)p92-95
  324. ^ 東京消防庁 航空隊 東日本大震災での活動状況”. 2019年8月28日閲覧。
  325. ^ “東日本大震災による影響と対応〜被災地への物資供給について〜” (プレスリリース), 水産庁, (2011年4月6日), http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/gyosei/110406.html 2015年3月18日閲覧。 
  326. ^ 地震・津波による被害の状況”. 水産庁 (2011年5月16日). 2015年3月18日閲覧。
  327. ^ 米丸 祥一|招待講演者|第4回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2012 in 福岡”. www.iaud.net. 2019年4月12日閲覧。
  328. ^ 東日本大震災出動指揮官インタビュー(2) 「レスキュー・フロム・ザ・シーを念頭に」 護衛艦たかなみ艦長2等海佐 米丸 祥一”. www.jpsn.org. 2019年4月30日閲覧。
  329. ^ “平成23年東北地方太平洋沖地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(17時00分現在)” (プレスリリース), 防衛省・自衛隊, (2011年3月11日), http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/03/11c.html 2011年3月12日閲覧。 
  330. ^ “平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震自衛隊の活動状況(09時00分現在)” (プレスリリース), 防衛省・自衛隊, (2011年3月27日), http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/03/27a.html 2011年3月28日閲覧。 
  331. ^ 予備自衛官・即応予備自衛官の災害招集について”. 防衛省 (2011年3月16日). 2011年3月17日閲覧。
  332. ^ 平成22年3月16日閣議決定事項
  333. ^ 東日本大震災(平成23年3月11日)における災害派遣活動2011年3月26日、防衛省
  334. ^ 当時の幹部は統合幕僚長 折木良一陸将、副長河野克俊海将陸上幕僚長火箱芳文海上幕僚長杉本正彦航空幕僚長岩﨑茂
  335. ^ “空自災派部隊半減、通常の訓練等へ移行”. 朝雲新聞. (2011年6月2日). オリジナルの2011年11月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111125000447/http://www.asagumo-news.com/news/201105/110526/11052602.html 2011年6月4日閲覧。 
  336. ^ “派遣人員 延べ868万人に”. 『朝雲新聞』. (2011年6月16日). オリジナルの2011年11月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111125005005/http://www.asagumo-news.com/news/201106/110616/11061602.html 2011年6月30日閲覧。 
  337. ^ 北村淳 (2014年3月13日). “震災から3年、ようやく誕生しつつある水陸両用能力 「強襲上陸部隊」と捉えるのは勘違い”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40145 2014年3月13日閲覧。 
  338. ^ “災統合任務部隊を解散、陸自中心の生活支援は継続”. MSN産経. (2011年7月1日). オリジナルの2011年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110704225830/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110701/plc11070119070022-n1.htm 2011年7月3日閲覧。 
  339. ^ “岩手県下災派終わる、9師団が撤収”. 『朝雲新聞』. (2011年7月28日). オリジナルの2011年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110929082420/http://www.asagumo-news.com/news/201107/110728/11072802.html 2011年8月2日閲覧。 
  340. ^ 読売online(2011年8月1日、2011年8月2日閲覧)
  341. ^ 東日本大震災の災害派遣終了について 防衛省報道資料・2011年12月28日閲覧
  342. ^ “写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿”. MSN産経ニュース. (2011年3月17日). オリジナルの2011年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110722013011/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n1.htm 2011年3月28日閲覧。 
  343. ^ “F2戦闘機18機など水没 松島基地、1機120億円”. 朝日新聞. (2011年3月12日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103110818.html 2011年3月12日閲覧。 
  344. ^ “陸自隊員、災害派遣初の死亡「誠に残念」”. サンケイスポーツ. (2011年4月2日). オリジナルの2011年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110404112505/http://www.sanspo.com/shakai/news/110402/sha1104020504006-n1.htm 2011年4月3日閲覧。 
  345. ^ “岩手に震災派遣 旭川の陸曹長が死亡”. 北海道新聞. (2011年4月2日). オリジナルの2011年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110404014354/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/282931.html 2011年4月3日閲覧。 
  346. ^ “【地震】震災支援の陸自隊員が死亡 過労が原因か”. テレビ朝日. (2011年4月1日). オリジナルの2011年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110404113942/http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210401057.html 2011年4月3日閲覧。 
  347. ^ “自衛官初の殉職 50代陸曹長体調崩し病死”. 日刊スポーツ. (2011年4月2日). オリジナルの2011年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110405164956/http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110402-755839.html 2011年4月3日閲覧。 
  348. ^ “派遣中死亡の隊員、特別昇任=防衛省”. 時事ドットコム(時事通信). (2011年4月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040200356 2011年4月3日閲覧。 [リンク切れ]
  349. ^ 岩手へ災害派遣の自衛隊員死亡 大震災で2人目(2015年7月14日時点のアーカイブ) - 朝日新聞、2011年4月15日。
  350. ^ “災害派遣の自衛隊員死亡=宿営テントで倒れる-陸自”. 時事ドットコム(時事通信). (2011年4月15日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011041500654 2011年4月28日閲覧。 
  351. ^ a b “災害派遣の自衛隊員死亡/陸自八戸”. 陸奥新報. (2011年4月16日). オリジナルの2011年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110421013545/http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/04/15884.html 2011年4月28日閲覧。 
  352. ^ 『朝雲新聞』2011年6月2日号
  353. ^ 平成23年(2011)東日本大震災における緊急消防援助隊の活動状況
  354. ^ “予算案、衆院を通過 小沢系16人欠席、関連法案の再可決は絶望的”. 『日本経済新聞』. (2011年2月1日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS2802S_Y1A220C1MM8001 2017年6月10日閲覧。 
  355. ^ “与野党は一時政治休戦 補正予算でも協力へ”. 産経ニュース. (2011年3月11日). plc11031122480043-n1.htm オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314190055/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110311/plc11031122480043-n1.htm 2011年3月16日閲覧。 
  356. ^ “与野党、震災対応特措法で合意=補正財源、予算減額で捻出も”. 時事ドットコム. (2011年3月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011031400654 2011年3月16日閲覧。 [リンク切れ]
  357. ^ 復興庁設置法 (12月9日成立) Archived 2012年1月18日, at the Wayback Machine. - 東日本大震災復興対策本部、2011年12月17日閲覧
  358. ^ “復興庁発足、専任・平野復興相に辞令交付”. 読売新聞. (2012年2月10日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501053625/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20120210-OYT1T00558.htm 2012年2月18日閲覧。 
  359. ^ 『読売新聞』2012年1月27日夕刊3版1面および翌28日朝刊13S版1, 2, 3, 4面、震災関連会議、10組織で議事録作らず(2013年1月11日時点のアーカイブ
  360. ^ 原発事故の議事録ほとんどなし 枝野長官「多分、記憶に基づく証言求められる」(2011年5月12日時点のアーカイブ) - 産経ニュース、2011年5月11日。
  361. ^ 平成24年1月27日(金)午前 官房長官記者会見 閣議の概要について(齋藤勁内閣官房副長官)”. 首相官邸ホームページ (2011年1月27日). 2015年3月21日閲覧。平成24年1月27日(金)午前-内閣官房長官記者会見(斎藤勁内閣官房副長官)”. 政府インターネットテレビ (2011年1月27日). 2015年3月21日閲覧。
  362. ^ “「民主党東北地方太平洋沖地震対策本部」の設置について”. 民主党. (2011年3月11日). http://www.dpj.or.jp/news/?num=19864 2010年3月12日閲覧。 
  363. ^ “自民党が対策本部設置”. 『産経新聞』. (2011年3月11日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314190001/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031115330018-n1.htm 2011年3月11日閲覧。 
  364. ^ 結束し国民の救難に全力”. 公明党 (2011年3月11日). 2011年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  365. ^ 地震被害対策本部を設置しました”. みんなの党 (2011年3月11日). 2011年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  366. ^ 東北地方太平洋沖地震による災害への救援を訴えます”. 日本共産党 (2011年3月11日). 2011年3月12日閲覧。
  367. ^ 日本共産党は、志位和夫委員長を本部長とする「東北地方・太平洋沖震災対策本部」を設置。”. 穀田恵二 (2011年3月11日). 2015年3月21日閲覧。
  368. ^ “3月12日・平沼赳夫緊急会見「東北地方太平洋沖地震対策について」”. YouTube. (2011年3月12日). https://www.youtube.com/watch?v=Z9TBKjTQnDY 2011年3月12日閲覧。 
  369. ^ 東北地方太平洋沖地震対策本部設置”. 国民新党Webサイト (2011年3月11日). 2011年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  370. ^ “地震救済の街頭募金活動-社大党と有志で”. 糸数慶子ブログ「うみないび2」. (2011年3月15日). http://itokazu.exblog.jp/15663506/ 2011年3月16日閲覧。 
  371. ^ 政府の迅速かつ的確な対応を望みます。”. 浅野貴博ブログ (2011年3月11日). 2015年3月21日閲覧。
  372. ^ 【党首声明】東北地方太平洋地震で被災された皆さまとすべての国民の皆さま”. 日本創新党 (2010年3月12日). 2011年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  373. ^ “東日本大震災:発生1週間 沿岸部、傷深く--37市町村・毎日新聞調査”. 『毎日新聞』. (2011年3月19日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110319ddm012040105000c.html 2011年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  374. ^ 『朝日新聞』(大阪)2011年3月13日朝刊28面
  375. ^ “宮城・女川町、役場水没、陸の孤島状態 死者33人、不明73人”. 『産経新聞』. (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110316051455/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031206110077-n1.htm 2011年5月15日閲覧。 
  376. ^ “浦安市 期日前投票始めず”. NHKニュース(日本放送協会). (2011年4月2日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110402/k10015063851000.html 2011年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  377. ^ “浦安市「災害復旧中、統一選できない」 県選管と対立中”. asahi.com(朝日新聞). (2011年3月30日). http://www.asahi.com/senkyo/local2011/news/TKY201103300101.html 2011年4月1日閲覧。 
  378. ^ “TDRの舞浜地区も液状化…浦安市「選挙ムリ」”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2011年3月24日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news/20110324-OYT1T00054.htm 2011年4月1日閲覧。 
  379. ^ “県選管「執行の責務がある」 浦安市選管に実施求める”. TOKYO Web(東京新聞). (2011年3月31日). オリジナルの2012年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120913135144/http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110331/CK2011033102000072.html 2011年4月1日閲覧。 
  380. ^ “投票の見通し立たない選挙戦へ”. NHKニュース(日本放送協会). (2011年4月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110401/k10015049651000.html 2011年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  381. ^ “浦安市、千葉県議選の投票実施されず”. 日テレニュース24. (2011年4月11日). http://news24.jp/articles/2011/04/11/04180586.html 2011年4月11日閲覧。 
  382. ^ “独州議会選 反原発「緑の党」躍進”. TOKYO Web(東京新聞). (2011年3月27日). オリジナルの2011年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20110827014030/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011032802000172.html 2011年4月1日閲覧。 
  383. ^ a b 外資系企業を悩ます「フライジン」、大震災と原発事故で脱出外国人が続出、機能不全に東洋経済オンライン(2011年03月29日)
  384. ^ 「エールフランスとルフトハンザ:日本便乗務員をソウルに移動-震災対策」ブルームバーグ(2011年3月15日)
  385. ^ 以上4行の出典は「東日本大震災4年」『読売新聞』2015年3月11日22面。
  386. ^ 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2020年1月17日). 2020年3月11日閲覧。
  387. ^ 公共インフラの本格復旧・復興の進捗状況(平成29年3月末時点)”. 復興庁. 2021年4月12日閲覧。
  388. ^ a b c d 復興の現状と取組 (PDF)”. 復興庁. pp. 25-29 (2013年1月10日). 2015年3月25日閲覧。
  389. ^ 受入自治体の処理について”. 環境庁. 2021年4月12日閲覧。
  390. ^ 「海の震災がれき490トン超回収 宮城・福島、19年度以降」『日本経済新聞』2021年1月4日(共同通信配信記事)2021年1月10日閲覧
  391. ^ a b c d e f 宮城県震災復興計画 (PDF)”. 宮城県. pp. 11 - 20, 63 - 67, 69 - 72 (2011年11月10日). 2014年3月25日閲覧。
  392. ^ ふくしま観光復興支援センター
  393. ^ a b 「福島の体験 旅行者に」『日本経済新聞』2014年9月27日朝刊
  394. ^ 被災地の住宅・学校、再建費確保へ 復興庁、今年度分で(2015年5月10日時点のアーカイブ)朝日新聞デジタル(2015年5月10日)
  395. ^ 【東日本大震災10年】仙台に人口流入 再び『読売新聞』朝刊2021年3月3日(特別面)
  396. ^ 「追悼施設を閣議決定 浪江・両竹地区」[リンク切れ]福島民報』朝刊2017年9月2日
  397. ^ a b 政府、東日本大震災の追悼式を2年ぶり開催へ”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年3月1日). 2021年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年3月2日閲覧。
  398. ^ “東日本大震災の政府主催追悼式、来年で最後の方針”. 朝日新聞東京本社. (2020年1月21日). https://www.asahi.com/articles/ASN1P3SJNN1PUTFK00F.html 2020年2月3日閲覧。 
  399. ^ “11日の東日本大震災追悼式、中止へ 政府方針”. 産経新聞. (2020年3月3日). https://www.sankei.com/politics/news/200303/plt2003030058-n1.html 2020年3月4日閲覧。 
  400. ^ “東日本大震災追悼式 中止を決定 政府”. 『産経新聞』. (2020年3月6日). https://www.sankei.com/politics/news/200306/plt2003060005-n1.html 2020年3月6日閲覧。 
  401. ^ a b “政府が官邸で献花式 追悼式中止で首相ら参加”. 産経ニュース (産経新聞社). (2020年3月11日). オリジナルの2021年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210309113437/https://www.sankei.com/affairs/news/200311/afr2003110022-n1.html 2020年3月11日閲覧。 
  402. ^ 平成25年3月11日 東日本大震災二周年追悼式”. 首相官邸 (2013年3月11日). 2017年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  403. ^ 震災1年に追悼式 政府主催、国立劇場で”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2012年1月20日). 2021年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月2日閲覧。
  404. ^ a b c 震災10年、11日に追悼式 開催2年ぶり、両陛下が出席―政府”. 時事通信. 時事通信社 (2021年3月2日). 2021年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月2日閲覧。
  405. ^ 東日本大震災 追悼式 招待者減で開催決定 天皇陛下がおことば”. NHK (2021年3月2日). 2021年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月2日閲覧。
  406. ^ 東日本大震災10年で追悼式 首相「復興総仕上げに全力」”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2021年3月11日). 2021年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月11日閲覧。
  407. ^ 東日本大震災発生から10年で追悼式 東京 国立劇場”. NHK (2021年3月11日). 2021年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月11日閲覧。
  408. ^ 【心つなごう日本】民間遺構 自費で保存に限界『産経新聞』朝刊2017年12月12日(特集)
  409. ^ 「震災学ぶ施設224件に 岩手の津波伝承館など追加」日本経済新聞ニュースサイト(2020年2月3日)同日閲覧
  410. ^ 一般財団法人3・11伝承ロード推進機構(2020年2月3日閲覧)
  411. ^ 『読売新聞』2013年10月7日31面
  412. ^ 焦点-大震災から2年半/震災遺構相次ぐ解体/気仙沼「共徳丸」もあすから(2013年9月10日時点のアーカイブ)『河北新報』2013年9月8日
  413. ^ 「教訓風化させない」『日本経済新聞』2015年9月11日
  414. ^ 仙台市立荒浜小学校
  415. ^ 津波被災の荒浜小「保存」『日本経済新聞』2015年5月9日朝刊38面
  416. ^ 「震災遺構 仙台市荒浜地区住宅基礎」を公開します仙台市発表資料(2019年7月16日発表資料)2020年2月3日閲覧
  417. ^ 鵜住居センターの解体完了…岩手・釜石(2014年3月11日時点のアーカイブ)『読売新聞』2014年2月10日
  418. ^ a b c d e “<岩手県復興祈念公園>震災遺構の旧気仙中、旧道の駅 内部公開へ”. 河北新報. (2018年12月12日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181212_33009.html 2019年7月13日閲覧。 
  419. ^ 被災の結婚式場、永遠に 南三陸町「高野会館」保存へ 所有者「風化させない」『日本経済新聞』2013年8月7日
  420. ^ a b “<震災遺構>大川小全体保存 門脇小は一部”. 河北新報. (2016年10月26日). オリジナルの2016年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160328162151/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160326_11009.html 2016年10月27日閲覧。 
  421. ^ a b c d “来年度から遺構整備 門脇と大川の旧学校施設(石巻市)”. 『日刊建設新聞』. (2018年12月28日). http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=22713 2019年7月14日閲覧。 
  422. ^ 大川小の震災遺構、公開 84人犠牲の教訓考える場に(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  423. ^ 「門脇小、震災遺構に」検討委が提言へ(2015年3月24日時点のアーカイブ)『河北新報』2014年11月21日(2015年3月8日閲覧)
  424. ^ <震災遺構>大川小全体保存 門脇小は一部(2016年3月28日時点のアーカイブ)『河北新報』2016年3月26日
  425. ^ NHKニュース 震災発生から3年 祈り続く(2014年3月13日時点のアーカイブ) - NHK NEWS WEB、2014年3月11日
  426. ^ 「大槌町旧役場の解体開始 本庁舎は保存検討」(2014年6月15日時点のアーカイブ)『河北新報』2014年6月5日
  427. ^ 「保存」「解体」示さず 大槌町旧役場庁舎、議会特別委が報告書 /岩手(2017年1月12日時点のアーカイブ) - 毎日新聞、2016年12月27日
  428. ^ 災害の記憶を風化させない事業寄附金”. 大槌町 (2015年3月2日). 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  429. ^ 「はまゆり」の復元断念 大槌・被災の観光船、寄付必要額に届かず”. 岩手日報. 2021年5月30日閲覧。
  430. ^ 第18共徳丸の解体終了と不明者の捜索 (気仙沼市鹿折)”. 宮城県復興応援ブログ ココロプレス (2013年10月30日). 2015年3月14日閲覧。
  431. ^ 気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館(宮城県)がオープン - カレントアウェアネス・ポータル(国立国会図書館、2019年3月11日)2019年7月13日閲覧
  432. ^ “宮城の旧女川交番を震災遺構として保存へ メモリアル公園も整備 32年の完成目指す”. 産経新聞. (2017年12月16日). https://www.sankei.com/life/news/171216/lif1712160027-n1.html 2019年7月13日閲覧。 
  433. ^ “震災の教訓と再起、後世に伝える 遺構「旧女川交番」完成”. 河北新報. (2020年3月4日). https://www.kahoku.co.jp/special/spe1000/20200304_05.html 2020年7月18日閲覧。 
  434. ^ 最大級の防潮堤を震災遺構で保存(2014年8月27日時点のアーカイブ) - NHK NEWS WEB、2014年8月27日
  435. ^ 「津波の避難誘導、2警官殉職したパトカー保存へ」読売オンライン(2014年12月18日)2016年6月8日閲覧
  436. ^ 「富岡町の被災パトカー 震災の記憶を伝える遺産へ」産経ニュース(2015年3月17日)2016年6月8日閲覧
  437. ^ 震災・原発事故の伝承館開館 福島”. jiji.com (2020年9月20日). 2020年9月20日閲覧。
  438. ^ 震災遺構の保存 住民の理解などが課題(2014年3月11日時点のアーカイブ) - NHK NEWS WEB、2014年3月10日
  439. ^ “震災遺構保存 旧女川交番議論進まず”. 河北新報オンラインニュース. (2014年5月16日). オリジナルの2014年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140613185726/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140516_13024.html 2015年3月14日閲覧。 
  440. ^ 「天文学者、復興を星に祈る」『日本経済新聞』2013年1月18日夕刊1面「明日への話題」渡部潤一、国立天文台副台長、教授、福島県出身。
  441. ^ 天文学者、復興を星に祈る:被災地名などを小惑星に命名”. 国立天文台 (2012年5月9日). 2015年3月25日閲覧。
  442. ^ a b 「震災からの復興 活字の海で」『日本経済新聞』「2016年1月31日21面
  443. ^ 未来の書き手への「遺言」『読売新聞』2013年3月5日17面 文化部 待田晋哉記者
  444. ^ 震災の記憶つづる300冊紹介(2014年2月16日時点のアーカイブ)『読売新聞』2014年2月16日
  445. ^ a b 「癒せぬ 3月の喪失」『読売新聞』2016年3月11日
  446. ^ 吉田大助 (2016年2月19日). “自分が変われば、世界が変わる 作家・天童荒太、被災地に立つ”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/feature/109/ 2021年9月10日閲覧。 
  447. ^ 3.11後のフクシマを舞台に、原発が間近に見える波に手をつけて「書かせていただきます」と誓った - 文藝春秋、2016年1月31日、インタビュー・対談 本の話WEB
  448. ^ 「特集3.11:東日本大震災から1年...映画の絆」(シネマトゥデイ)をもとに編集
  449. ^ うたごころ公式サイト
  450. ^ 映画『祭の馬』公式サイト
  451. ^ 「原発事故、流転の馬たち」『日本経済新聞』2014年1月10日付40面
  452. ^ フタバから遠く離れて
  453. ^ フタバから遠く離れて 第2部
  454. ^ フタバから遠く離れて スピンオフ短編 放射能
  455. ^ 池谷薫監督最新作『先祖になる』 オフィシャルサイト
  456. ^ 南三陸災害エフエム公式サイト
  457. ^ 映画「ガレキとラジオ」(2014年3月5日時点のアーカイブ) - 役所広司の公式ブログ、2014年3月5日
  458. ^ “ヤラセ”映画でナレーション…役所広司「愕然としました」スポニチ(2014年3月5日)
  459. ^ ドキュメンタリー映画 逃げ遅れる人々
  460. ^ 架け橋 きこえなかった3.11
  461. ^ 映画「僕らはココで生きていく」
  462. ^ 映画『あれから Since Then』オフィシャルサイト
  463. ^ 「保健師80人 震災証言」『読売新聞』2013年9月19日付35面
  464. ^ A2-B-C公式サイト
  465. ^ 福島の母親 子の健康案じて 米監督が記録映画(2014年7月4日時点のアーカイブ) - 東京新聞、2014年7月4日付夕刊
  466. ^ 「福島に暮らす人々描いた映画、打ち切りから再上映へ」(2015年8月29日時点のアーカイブ)『朝日新聞』2015年8月29日
  467. ^ 「『賢治の言葉』伝えたい 被災地での朗読劇映画化」『読売新聞』2014年7月26日付夕刊
  468. ^ ドキュメンタリー作品『缶闘記』 - 一般社団法人非営利芸術活動団体 コマンドN
  469. ^ 東北復幸祭〈環WA〉in Paris -子どもたちが見つめた 死・再生・未来-”. OECD東北スクール. 2015年3月11日閲覧。
  470. ^ 「被災地迫る 高校生の目 大震災 語り継ぐ」『読売新聞』2015年2月17日朝刊37面
  471. ^ <福島映像祭2015>(2015年10月16日時点のアーカイブ
  472. ^ 大地を受け継ぐ公式WEBサイト
  473. ^ 飯舘村の母ちゃんたち - ドキュメンタリー映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」(2016年3月3日時点のアーカイブ
  474. ^ 花房吾早子 (2014年5月31日). “(被爆国から2014)広島出身 背負って生きる”. 朝日新聞デジタル. オリジナルの2014年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140531193446/http://www.asahi.com/articles/ASG5R5V37G5RPTIL02J.html?iref=com_fbox_u01 2015年3月11日閲覧。 
  475. ^ 「映画の使命 南三陸で実感」日本経済新聞2013年10月16日付44面
  476. ^ 映画『家路』公式サイト
  477. ^ 救いたい(2014年1月2日時点のアーカイブ
  478. ^ 映画「セシウムと少女」オフィシャルサイト
  479. ^ 映画 『夢の女 ユメノヒト』 公式サイト
  480. ^ 第22回FNSドキュメンタリー大賞作品 「負げねど!津波」
  481. ^ FNSドキュメンタリー大賞 仙台放送「負げねど!津波」系列で順次放送 産経ニュース(2013年12月24日)
  482. ^ TBCテレビ「ウォッチン!プラスSP 海風に舞う 石巻・十三浜神楽とともに生きる人々」 (PDF) - 東北放送、2015年12月25日
  483. ^ 第35回『地方の時代』映像祭2015
  484. ^ 「地方局 伝え続ける被災地」『日本経済新聞』2016年2月20日44面文化欄
  485. ^ 忘れない3.11 わたしの一言〜ヨシさんの“てんでんこ”〜 (PDF) - IBCニュースリリース、2015年9月24日
  486. ^ 日本民間放送連盟賞/2013年(平成25年)テレビCM部門 優秀賞
  487. ^ 東日本大震災 特別企画「ともに」 - 仙台放送
  488. ^ 「生きる力 福島で見つめる 原発事故で知った人間の強さ」『日本経済新聞』2013年9月18日夕刊16面
  489. ^ 倉本聰 界隈
  490. ^ 「戦友の葬儀 棺に企画書」私の履歴書 倉本聰(30)『日本経済新聞』朝刊2015年8月31日
  491. ^ 井伏銀太郎(2016年3月7日時点のアーカイブ
  492. ^ 「東日本大震災5年、東北の芸術家たち」『日本経済新聞』2016年3月5日
  493. ^ 「鎮魂、祈り-能の舞台に」読売新聞2016年3月15日16面
  494. ^ 2019年3月9日『中日新聞』朝刊17面
  495. ^ 「美味しんぼ」スピ連載が新シリーズ「被災地編」に突入 - コミックナタリー
  496. ^ 『ストーリー311』(ひうらさとる, 上田倫子, うめ, おかざき真里, 岡本慶子, さちみりほ, 新條まゆ, 末次由紀, ななじ眺, 東村アキコ, 樋口橘)”. 講談社. 2020年5月1日閲覧。
  497. ^ ストーリー311 - 漫画で描き残す東日本大震災
  498. ^ 浪江町消防団物語「無念」
  499. ^ 「浪江消防団の無念 アニメに」『日本経済新聞』2016年5月21日
  500. ^ A SONG FOR JAPAN公式サイト
  501. ^ 「浪江の空 いつかまた」『読売新聞』2015年3月6日夕刊14面
  502. ^ 川嶋あい23rdシングル「とびら」”. YouTube (2015年3月10日). 2015年3月23日閲覧。
  503. ^ サカナクション、2015年の東京を描いた“years”のMV公開”. RO69 (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  504. ^ “土村芳、震災から6年の故郷思い涙 トンネル内の新幹線で9時間後に救出”. デイリースポーツ. (2017年3月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/11/0009988762.shtml 2017年3月11日閲覧。 
  505. ^ 「被災地・宮城から見たこの国」『週刊現代』2011年4月2日号
  506. ^ 伊集院静『男の流儀入門』 DIGITAL BOOK FACTORY
  507. ^ a b c 被災地--石巻を歩く(4)「歌手クミコさんの被災」BLOGOS 2011年04月05日)
  508. ^ クミコ「財布と携帯だけ。あとは泥の中」(日刊スポーツ 2011年3月14日)
  509. ^ a b c d 「俵万智さん 母として沖縄避難」『中日新聞』2013年3月6日
  510. ^ 「希望の光 手倉森誠監督 震災37分後に生まれた命」『スポーツ報知』2016年3月1日19面
  511. ^ 「都市と被災地 意識の溝」『日本経済新聞』2015年3月10日夕刊12面
  512. ^ 商品の説明 - Amazon.co.jp
  513. ^ “【東日本大震災10年語り継ぐ】元宝塚娘役・仙名彩世、公演に「罪悪感」…舞台続けることがメッセージ”. スポーツ報知. (2021年2月23日). https://hochi.news/articles/20210223-OHT1T50333.html 2021年3月11日閲覧。 
  514. ^ 芳賀竜也 (2014年2月16日). “ストーリーfromSOCHI:羽生結弦の精神的成長 「被災」と向き合った3年間”. 『毎日新聞』. オリジナルの2014年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140215200523/http://sportsspecial.mainichi.jp/news/20140216ddm035050152000c.html 2015年3月14日閲覧。 
  515. ^ 「羽生選手、震災を語る」『読売新聞』2014年3月10日
  516. ^ 被災地のこと忘れないで…羽生選手、震災を語る : ウインタースポーツ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(2014年3月10日時点のアーカイブ
  517. ^ デビュー直前に震災が… "東北復興アイドル" Dorothy Little Happy(日刊SPA! 2011年11月5日)
  518. ^ 岩田華怜 仙台出身――震災から2年、故郷に届けた歌声 スポーツニッポン 2013年3月12日閲覧
  519. ^ AKB48「チーム8」 佐藤七海が自宅全壊を振り返る 東京スポーツ(2015年3月11日)
  520. ^ たかみな釜石訪問「AKBとして最後の3月11日」日刊スポーツ(2015年3月11日)
  521. ^ 【2013年HOPE美女】気仙沼で活躍する小学生アイドル・佐々木莉佳子(SCK GIRLS)”. 週プレNEWS (2013年1月29日). 2015年3月14日閲覧。
  522. ^ 気仙沼で活動する小学生アイドル・佐々木莉佳子親子の2年「思い出は流れたけど、私たちには未来がある」”. 週プレNEWS (2013年3月23日). 2015年3月14日閲覧。
  523. ^ 被災者・被災地の皆様へ 所属タレント・アーティストからのメッセージスターダストプロモーション
  524. ^ 福島在住・GReeeeNが震災復興プロジェクト立ち上げ 新曲を期間限定無料配信(オリコン 2011年5月6日)
  525. ^ エリアの皆様へ〜これからもよろしくお願いします〜 川添麻美”. アナBAR. RKB毎日放送 (2011年3月30日). 2011年3月31日閲覧。[リンク切れ]
  526. ^ 内田正樹. “栞菜智世 ライナーノーツ vol.1”. 栞菜 智世 -KANNA CHISE- 公式サイト. ホリプロ. 2016年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月25日閲覧。
  527. ^ AKB、福島の新高校を激励 地元出身の舞木「今後も応援したい」(2016年3月4日時点のアーカイブ) - サンケイスポーツ 2015年4月26日
  528. ^ 2011/07/21 Thu. 09:12 それぞれの想い 〜1学期を振り返って〜(福島県双葉郡広野町立広野中学校ホームページ 2011年07月21日)
  529. ^ 市町村別成績(広野町)福島民友「ふくしま駅伝2012」)
  530. ^ 第37回ホリプロTSC、グランプリは13歳の菅野莉奈さん 芸名「優希美青」で活動へ(オリコン 2012年8月29日)
  531. ^ ぼくらの3・11 絵本に(ブック・アサヒ・コム 2012年10月31日)
  532. ^ ホリプロスカウトキャラバン 13歳・菅野莉奈さんがグランプリ(スポーツニッポン 2012年8月29日)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「東日本大震災」に関係したコラム

  • 株365の日経225証拠金取引と為替相場との関係

    株365の日経225証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、日経225証拠金取引の値動きのもととなる日経平均株価(日経225)と主要通貨のチャートを見比べてみます。次の図は、...

  • 株365のDAX証拠金取引と為替相場との関係

    株365のDAX証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、DAX証拠金取引の値動きのもととなるDAX30と主要通貨のチャートを見比べてみます。次の図は、DAX30の価格をチャー...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東日本大震災」の関連用語

東日本大震災のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東日本大震災のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東日本大震災 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS