蝋燭とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 蝋燭 > 蝋燭の意味・解説 

ろう‐そく〔ラフ‐〕【××燭】

読み方:ろうそく

縒(よ)り糸や紙を縒り合わせたものを(しん)にし、パラフィン円柱状に成型し灯火用いるもの。「—をともす」


蝋燭

読み方:ロウソク(rousoku)

作った灯具


蝋燭

読み方:ロウソク(rousoku)

材料とした照明の火具。


ろうそく 【蝋燭】

ポンベイやシリア遺跡から青銅製の燭台出ており、前三世紀頃にはろうそくがあったことが知られている。ろうそくの火は太陽たいまつ同じく、闇・悪霊を払う力があると考えられその伝統はキリスト教にも継承されて、諸種礼典不可欠のものとなっている。中国でも前三世紀頃の存在が、墳墓から発見燭台証明されている。日本には仏教と共に入ってき、奈良時代の寺の資財帳記されたりしている。神前供えるのは、自己自身代えた自己奉納の意もある。占いにも用いる(占術)。

蝋燭

作者川崎長太郎

収載図書川崎長太郎選集
出版社河出書房新社
刊行年月1991.11

収載図書鳳仙花
出版社講談社
刊行年月1998.7
シリーズ名講談社文芸文庫


蝋燭

作者松谷みよ子

収載図書小説捨てていく話
出版社筑摩書房
刊行年月1992.11


蝋燭

作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第4巻復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.7


蝋燭

作者水谷準

収載図書水谷準集―お・それ・みを
出版社筑摩書房
刊行年月2002.4
シリーズ名ちくま文庫


蝋燭

作者谷優

収載図書吉野川
出版社編集工房ノア
刊行年月2004.12


蝋燭

作者高浜虚子

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4


蝋燭

作者橋本治

収載図書
出版社集英社
刊行年月2008.6


蝋燭

読み方:てらし

  1. 蝋燭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・兵庫県
  2. らふそくのこと。車夫隠語

分類 兵庫県東京車夫


蝋燭

読み方:ろうそく

  1. 囚人供給する飯。或は信玄袋のことを云ふ。
  2. 囚人供給する飯。②又は手淫のことをいう。(独りで液が流れるから)これを形容したもの。

蝋燭

読み方:ろうそく

  1. 手淫のことをいふ。独りで液を漏すから。〔犯罪語〕
  2. 手淫のことをいふ。独りで液を漏すから。
  3. 手淫のことをいふ。
  4. 手淫。(独りで液が流れるから)。〔一般犯罪

分類 俗語犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蝋燭

読み方:ロウソク(rousoku)

作者 田山花袋

初出 大正3年

ジャンル 小説


蝋燭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 03:21 UTC 版)

蝋燭(ろうそく、「蝋燭」は簡易慣用字体で、正字は「蠟燭」)またはキャンドル英語: candle)は、綿糸などのあるいはイグサ(灯芯草)を芯にして、その周囲に円柱状に(ろう)を固めて成型した灯火用具[1]ロウソクローソクとも。


注釈

  1. ^ 当時一般的な明かりには「燈明」が使われていた[1]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 坂口香代子「あかりと文化 岡崎の和ろうそく(愛知県) 和ろうそくの魅力を育てる 伝統の技・挑む心・科学の眼 (PDF) 」 『中部圏研究』第174号、中部産業・地域活性化センター、2011年3月、 65-75頁、 ISSN 18842453NAID 400187561752021年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小原政敏「ファラデーの『ロウソクの科学』と理科教育」『論集』第3巻第2号、白鴎大学発達科学部、2007年3月、 99-131頁、 ISSN 18800289NAID 1100064612082021年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 04.松脂蝋燭(まつやにろうそく)”. ハリマ化成グループ. 2020年12月23日閲覧。
  4. ^ 【老舗の研究 持続の秘訣】小池ろうそく店、民衆発の伝統文化 再興に奮闘日本経済新聞』朝刊2019年10月4日(2020年7月21日閲覧)
  5. ^ 日本香堂「お線香・ろうそく豆知識」
  6. ^ 『神社有職故実』(昭和26年7月26日、神社本庁発行)全129頁44頁
  7. ^ ロウソクの取扱いにご注意を!


「蝋燭」の続きの解説一覧

ろうそく

(蝋燭 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/22 03:13 UTC 版)

ろうそく(漢字表記:蝋燭あるいは蠟燭[注釈 1]英語: candle キャンドル)は、綿糸などのあるいはイグサ(灯芯草)を英語版にして、その周囲に円柱状に(ろう)を固めて成型した灯火用具[1]ロウソクローソクとも。


注釈

  1. ^ 「蝋燭」は簡易慣用字体で、正字は「蠟燭」
  2. ^ 当時一般的な明かりには「燈明」が使われていた[1]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 坂口香代子「あかりと文化 岡崎の和ろうそく(愛知県) 和ろうそくの魅力を育てる 伝統の技・挑む心・科学の眼」(PDF)『中部圏研究』第174号、中部産業・地域活性化センター、2011年3月、65-75頁、ISSN 18842453NAID 400187561752021年4月1日閲覧 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小原政敏「ファラデーの『ロウソクの科学』と理科教育」『論集』第3巻第2号、白鴎大学発達科学部、2007年3月、99-131頁、ISSN 18800289NAID 1100064612082021年4月1日閲覧 
  3. ^ a b c d e 04.松脂蝋燭(まつやにろうそく)”. ハリマ化成グループ. 2020年12月23日閲覧。
  4. ^ 【老舗の研究 持続の秘訣】小池ろうそく店、民衆発の伝統文化 再興に奮闘日本経済新聞』朝刊2019年10月4日(2020年7月21日閲覧)
  5. ^ 日本香堂「お線香・ろうそく豆知識」
  6. ^ 『神社有職故実』(昭和26年7月26日、神社本庁発行)全129頁44頁
  7. ^ ロウソクの取扱いにご注意を!


「ろうそく」の続きの解説一覧

蝋燭

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 14:41 UTC 版)

名詞

 ろうそく

  1. 糸、紙縒こより藺草いぐさなどでできた周囲パラフィン固めたもの。一端露出させ、これに点火して灯火用いる円柱状に成形したものが多い。

発音(?)

ろ↗ーそ↘く

関連語


翻訳


「蝋燭」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



蝋燭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蝋燭」の関連用語

蝋燭のお隣キーワード

蝋瀬漆

 蝋燭

蝋燭〓

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蝋燭のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蝋燭 (改訂履歴)、ろうそく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蝋燭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS