ceとは?

セリウム


CE

読み方シー・イーコンカレント・エンジニアリング
【英】:Concurrent Engineering

製品開発生産性を向上するには、ツール類、基礎データ整備のみならず各部門の英知タイミングよく結集するためのシステムが必要である。

コンカレント・エンジニアリングは、1982年DARPADefense Advanced Research Projects Agency)が設計プロセス並列性を向上する方法研究したのが始まりである。

1986年IDA Report R-338では、次のように定義している。

コンカレント・エンジニアリングとは、製品およびそれに関わる製造サポートを含んだ工程に対し、統合されたコンカレントな設計を行おうとするシステマチックアプローチである。このアプローチは、品質・コスト・スケジュール・ユーザの要求を含む概念から廃棄までのプロダクト・ライフサイクル全ての要素を、研究者最初から考慮させるよう意図されたものである。」

コンカレント・エンジニアリング日本語で表わせば「同時進行技術活動」である。

開発初期段階から設計試験購買生産技術外注業者製造・品質保証などの各部門が参加してベクトルを合わせるべくコミュニケーションを図り、ドゥ・イット・ライト・ファーストタイムで設計し、極力設計変更をしなくても済むようにするのである

コンカレント・エンジニアリング期待成果は、開発期間短縮開発資源有効活用コストダウンなどである。

CE

ヨーロッパにおける工業製品の安全規格ヨーロッパ各国別の規格統一し、安全性保証された製品円滑流通目的規格化されたもので、EUヨーロッパ連合)では、CEマークのない製品流通できない安全性およびノイズ両方規定している。

関連用語:


CE

英語 concurrent engineering

コンカレント(同時並行)エンジニアリング。サイマルテニアスエンジニアリングとも呼ばれる設計生産の各ステップ各部門の活動できるだけ同時並行的に実施することによって、開発生産準備の期間を短縮し、市場ニーズに対応する製品素早く提供する技術方式のこと。そのため組織間のコミュニケーション開発中の製品情報伝達スムーズに行うためのコンピューター支援システムや、CADCAECAMシステムが重要な役割を果たす

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

テトリル

分子式C7H5N5O8
その他の名称:テトリル、ニトラミン、Tetryl、Nitramine、CE、2,4,6-Tetryl、Tetralite、テトラライト、テトラリツト、2,4,6-テトリル、N-Methyl-N,2,4,6-tetranitroaniline、N-Methyl-N-nitro-2,4,6-trinitrobenzenamine、N,2,4,6-Tetranitro-N-methylaniline、N-(2,4,6-Trinitrophenyl)-N-nitromethanamine、2,4,6-トリニトロフェニル-N-メチルニトラミン、2,4,6-Trinitrophenyl-N-methylnitramine、Methyl(2,4,6-trinitrophenyl)nitroamine、N-Methyl-N,2,4,6-tetranitrobenzeneamine、tetryl、1,3,5-Trinitro-2-(methylnitroamino)benzene
体系名:2,4,6,N-テトラニトロ-N-メチルアニリン、N,2,4,6-テトラニトロ-N-メチルベンゼンアミン、N-メチル-N,2,4,6-テトラニトロアニリン、N-メチル-N-ニトロ-2,4,6-トリニトロベンゼンアミン、N,2,4,6-テトラニトロ-N-メチルアニリン、N-(2,4,6-トリニトロフェニル)-N-ニトロメタンアミン、メチル(2,4,6-トリニトロフェニル)ニトロアミン、N-メチル-N,2,4,6-テトラニトロベンゼンアミン、1,3,5-トリニトロ-2-(メチルニトロアミノ)ベンゼン


セリウムイオン(2+)

分子式Ce
その他の名称:セリウムイオン(2+)


セリウム(III)

分子式Ce
その他の名称:Cerium(III)
体系名:セリウム(III)


セリウムイオン(4+)

分子式Ce
その他の名称:セリウムイオン(4+)


セリウムイオン(3+)

分子式Ce
慣用名 Cerium ion(3+)、セリウムイオン(3+)


セリウム(IV)

分子式Ce
その他の名称:Cerium(IV)
体系名:セリウム(IV)


セリウム

分子式Ce
その他の名称:Ce、Cerium
体系名:セリウム


物質
セリウム
英語名
Cerium
元素記号
Ce
原子番号
58
分子量
140.115
発見
1803年
原子半径(Å)
1.83
融点(℃)
795
沸点(℃)
2527
密度(g/cm3
6.8
比熱(cal/g ℃)
0.042
イオン化エネルギー(eV)
5.47


アガード石(Ce)(Agardite-(Ce))

アガード石
Grube Clara,Wolfach,Germany
(Ce,Ca)Cu6(AsO4)3(OH)6.3H2O 画像の幅約8mm

緑色微細針状結晶美し標本です。
希土類元素セリウム(Ce)を含む珍しい鉱物です。

アガード石(Ce)(Agardite-(Ce))

アガード石
Big Three mine,Silver Peak,Esmeralda County,Nevada,USA
(Ce,Ca)Cu6(AsO4)3(OH)6.3H2O 画像の幅約3.5mm

緑色をした針状結晶放射状集合体がアガード石です。
主にセリウム(Ce)を含むタイプのアガード石です。

キャピラリー電気泳動

【英】: Capillary Electrophoresis, CE
内径100μm以下の髪の毛のように細長いガラス管(キャピラリー)を用いることからキャピラリー電気泳動という。

方法キャピラリー内に緩衝液を満たし、キャピラリー両端を同じ緩衝液の入った容器に入れる。キャピラリー片端に、極微量の試料であるDNA加えてから、1万ボルト上の電荷をかける。DNAサイズ違いによる泳動速度の差により分離し、塩基配列決定する。高電圧による電気泳動のため、分離高速化でき、短時間で多サンプルDNA試料を処理することができる。

ヒトゲノムDNA情報解読できるだけでなく、遺伝子による病気診断遺伝子鑑定のための重要な基礎技術であり、これらの分野への応用研究行われている。

デオキシリボ核酸

塩基

ゲノム

遺伝子


Ce

名前 シー

CE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 02:46 UTC 版)

CE, Ce, ce




「CE」の続きの解説一覧





ceと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ceに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ce」の関連用語

ceのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

硫安ニッケル鉱

スマートウェイ

灰柱石

ウイングランプ

石膏

サイクロイド

ローゼンブッシュ石

ダイヤフラムクラッチスプリング





ceのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS