東海旅客鉄道とは?

東海旅客鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/18 09:10 UTC 版)

東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、: Central Japan Railway Company[注 1] は、1987年昭和62年)に日本国有鉄道(国鉄)新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだJRグループの旅客鉄道会社の一つ。




注釈

  1. ^ 社名ロゴの「鉄」の字は金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使い、『東海旅客道株式会社』と表記しているが、登記上の正式な社名では常用漢字の「鉄」である(JR四国以外の各社も同じ)。
  2. ^ 「東」はJR東日本となっているため。
  3. ^ それから10年後の2016年にはJR東海に次いで九州旅客鉄道(JR九州)も上場し、完全民営化を達成した。
  4. ^ JR東海は寝台車両を保有・運行しているものの、保守管理はJR西日本に委託している。かつてはJR旅客6社の中では唯一寝台列車車掌業務を担当しておらず「サンライズ瀬戸出雲」はJR西日本が担当していたが、2015年3月15日のダイヤ改正で各社自社内のみの担当となり、初めて寝台列車乗務を担当することとなった。またかつて運行されていた「はやぶさ富士」は本州区間(東京 - 下関)がJR西日本、下関から先がJR九州の担当だった。
  5. ^ その後「TOICA」は、2011年3月5日にはJR九州の「SUGOCA」と、2012年4月21日に名古屋鉄道名古屋市交通局などの「manaca」と、2013年3月23日にはJR北海道の「Kitaca」や首都圏私鉄の「PASMO」・関西私鉄の「PiTaPa」・西日本鉄道の「nimoca」・福岡市交通局の「はやかけん」との間でも相互利用が可能となっている。
  6. ^ 鉄道事業者持株会社含む)の株式上場は、2014年4月に西武ホールディングスが、2016年10月にJR九州が、それぞれ東証に上場するまではJR東海が一番新しいものであった。
  7. ^ a b 割引用manaca、割引用はやかけん、障がい者用nimocaは相互利用対象外。
  8. ^ 例:JR西日本の「琵琶湖線」「JR京都線」「JR神戸線」→「東海道線」、JR東日本の「宇都宮線」→「東北線」など。
    2016年現在、JRの正式な路線名として存在しない名称を案内する唯一の例として「京浜東北線」(正式には東海道本線東北本線の一部)がある。2015年以前は長野新幹線(正式には北陸新幹線)も案内されていた。また、JR線以外の路線に関してはこの限りではない。
  9. ^ 逆に、新幹線を保有するJR旅客5社のうちJR東日本・JR西日本は整備新幹線である区間とそうでない区間が混在するほか、JR九州・JR北海道は整備新幹線のみの保有となっている。
  10. ^ JR北海道は2012年までは10月にダイヤ改正を実施することが多かったが(2009年は3月、2010年は12月に実施)、2014年以降はほかのJR各社と同様に3月に実施されることが多い。
  11. ^ JR四国は年によってはダイヤ改正が実施されない年もある。近年では2015年はダイヤ改正がなかった
  12. ^ 「ホームライナー」の商標はJR東海が所有している(商標登録第3022530号)。
  13. ^ 制御装置を東芝製で統一している例は他に阪急電鉄神戸線・宝塚線がある(なお京都線東洋電機製造)。
  14. ^ 1998年まではイギリス・スコットランドのショッツ工場
  15. ^ JR西日本所属の16両編成も同様。
  16. ^ JR東海発足以降、在来線車両については、近畿地方には6府県に乗り入れた実績があるが、急行「かすが」が廃止されて以降は、奈良県には乗り入れていない。JR西日本に管理委託している285系は、近畿を越えて中国地方島根県四国香川県まで乗り入れるほか、広島県へ乗り入れた実績がある。関東地方へは過去に113系165系373系が東京駅まで乗り入れたことがある。長野県への乗り入れは、定期列車として長野駅、臨時列車として白馬駅まで乗り入れた実績がある。名古屋駅から北陸地方へ向かう特急列車も存在するが、JR東海には交直流電車が国鉄時代から一貫して配置されていないため、JR西日本の681系または683系で運転されている(高山本線を走る気動車特急「ひだ」は富山駅から先の北陸本線へは乗り入れない)。同様の理由で、JR九州まで乗り入れる列車は存在しない。
  17. ^ これに関連し、JR東海と路線を接するJR東日本・JR西日本に対してJR東海の路線への客車列車の乗り入れを2009年6月30日をもって全廃することを通知している(この時点で東京発の西行き夜行客車列車は全廃済)。なお、貨物列車の運転があるためJR東海の路線への電気機関車の乗り入れが完全に廃止された訳ではない。
  18. ^ JR東海は、「クリスマスエクスプレス」キャンペーンの開始を本CMが放送された1988年としている。ファクトシート2013 (PDF)”. 東海旅客鉄道. p. 5. 2013年12月6日閲覧。

出典

  1. ^ a b 会社概要 - 東海旅客鉄道、2014年11月6日閲覧
  2. ^ a b c d e 平成29年3月期 決算短信 (PDF) - 東海旅客鉄道
  3. ^ 第28期第2四半期 四半期報告書(自平成26年7月1日 至平成26年9月30日) (PDF) - 東海旅客鉄道
  4. ^ 愛知 御園座の救済で見えた 五摂家・新御三家 真の実力週刊『東洋経済』2017年10月28日号/特集・日本を動かす地方の名門企業77(2018年10月6日閲覧)。
  5. ^ JR東海/会社概要(2018年10月6日閲覧)
  6. ^ 切符のネット販売、JR各社の足並みそろわず(「朝日新聞」2001年5月28日より) - 人民日報社
  7. ^ 就職人気企業ランキング2010(日本経済新聞)- 就職転職ナビ
  8. ^ 就職人気企業ランキング2011(日本経済新聞) - 就職転職ナビ
  9. ^ 吉原公一郎『安全性の死角 JR東海と新幹線』風濤社 p268-271
  10. ^ 日経産業新聞1997年6月3日
  11. ^ リニア、絶対にペイしない?“あるはず”の需要想定で赤字必至、新幹線と共倒れの懸念も - ビジネスジャーナル、2014年6月8日
  12. ^ a b “リニア中央新幹線:ルートや駅は着々……残された疑問 JR東海社長「絶対ペイしない」と仰天発言”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年10月30日). オリジナル2013年11月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131119210528/http://mainichi.jp:80/feature/news/20131030mog00m020009000c2.html 2018年4月14日閲覧。 
  13. ^ JR東海社長、リニアの大阪延伸前倒しを正式表明 - 日本経済新聞、2016年6月8日
  14. ^ JR東海、リニア融資3兆円申請へ 財投を活用 - 日本経済新聞、2016年11月16日
  15. ^ JR東海の“最高権力者”葛西名誉会長が後進に道を譲らない理由 DIAMOND Online 2017年4月7日閲覧
  16. ^ JR東海/海外展開(2018年10月6日閲覧)。
  17. ^ “名駅地区、初めて栄抜く 名古屋市内の8月百貨店売上高” (日本語). 日本経済新聞. (2010年9月2日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFD0101E_R00C10A9L91000 2018年10月23日閲覧。 
  18. ^ 高島屋、若者つかみ独走” (日本語). オピ・リーナ. 中日新聞社 (2018年4月17日). 2018年10月23日閲覧。
  19. ^ 本物の鉄道アイテムをお手元に JR東海鉄道倶楽部
  20. ^ JR東海の鉄道グッズ通販サイト、座布団除き瞬間蒸発日本経済新聞』電子版2017年10月13日
  21. ^ 【社長会見】新しい研修センターの開所について - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2011年9月15日
  22. ^ JR東海/技術開発・技術力強化への取組み(2018年10月6日閲覧)。
  23. ^ 古谷あつみ (2016年4月18日). “なぜJR東海の駅に「みどりの窓口」はないのか”. 東洋経済オンライン. 2018年10月7日閲覧。
  24. ^ 役員の異動について (PDF) - 東海旅客鉄道、2013年12月16日
  25. ^ 代表取締役の異動について (PDF) - 東海旅客鉄道、2018年1月11日
  26. ^ a b c d e f g h i j k l “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  27. ^ 在来線ホームの全面禁煙化について[リンク切れ] - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2009年1月16日。
  28. ^ 東海旅客鉄道株式会社による名古屋ターミナルビル株式会社の簡易株式交換による完全子会社化に関するお知らせ[リンク切れ](pdf) - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2009年12月22日。
  29. ^ 平成22年3月13日(土)「Suica」「TOICA」「ICOCA」の電子マネー相互利用をスタート! - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2009年12月21日。
  30. ^ IC乗車券の不正使用に係る調査結果等について - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2010年6月9日。
  31. ^ 社員の懲戒処分について- 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2011年3月4日。
  32. ^ TOICA・ICOCA⇔SUGOCAの相互利用サービスを平成23年3月に開始します - 東海旅客鉄道・ニュースリリース、2010年12月13日。
  33. ^ 東海道・山陽新幹線 車内サービスの変更について (PDF) - 東海旅客鉄道、2013年12月20日
  34. ^ “世界貿易機関(WTO)政府調達協定の対象からの除外について” (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2014年10月28日), https://jr-central.co.jp/news/release/nws001548.html 
  35. ^ a b 在来線駅に駅ナンバリングを導入します (PDF) - 東海旅客鉄道、2017年12月13日
  36. ^ “カモノハシ”700系、東海道新幹線から引退へ 2019年度末 - 乗りものニュース、2015年10月22日
  37. ^ a b 新幹線客席のケータイ、○?×? - 朝日新聞、2012年3月5日
  38. ^ “在来線気動車の新製について” (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2013年3月14日), https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000017822.pdf 2014年6月5日閲覧。 
  39. ^ “国鉄車両3割が現役=JR4社、在来線で-東、東海は1割以下・民営化30年”. 時事通信社. (2017年3月18日). オリジナル2017年6月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170630132252/http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031800153&g=soc 2017年6月30日閲覧。 
  40. ^ ラッセル車:最後の冬へ試運転…大垣-米原間[リンク切れ] 毎日新聞、2011年11月9日
  41. ^ 「ニュー社歌はやる」『日経産業新聞』1991年2月20日付、17頁。
  42. ^ a b c JR東海「夏の新制服」はクールビズだった ついに「上着なし」「ネクタイなし」に東洋経済、2017年02月08日
  43. ^ JR東海/連結子会社(2018年10月6日閲覧)。
  44. ^ 松本前NHK会長が古巣JR東海に復帰 4月1日付で「特別顧問」[リンク切れ] - 産経新聞、2014年3月24日





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「東海旅客鉄道」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東海旅客鉄道」の関連用語

東海旅客鉄道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



東海旅客鉄道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東海旅客鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS