電子マネーとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 電子マネーの意味・解説 

電子マネー

読み方でんしマネー
別名:電子通貨電子貨幣
【英】electronic money

電子マネーとは、情報通信技術利用して電子情報として流通し、決済などに利用することが可能な貨幣価値のことである。または、そのような貨幣価値流通実現するシステムのことである。

電子マネーの運用方式としては、多く場合プリペイド式採用されている。プリペイド式では、あらかじめ貨幣価値購入し、残高範囲内決済を行うことができる。クレジットカードなどと連動させることで後払い決済実現するポストペイ式の電子マネーもある。

電子マネーが登場した当初は、オンラインショッピングにおける決済ネットワーク関連サービス利用料金の支払いといった用途主だった当時は、管理用のアプリケーションソフト専門サービス通して利用するタイプ方式主流だった。最近では、ICチップ搭載したカードICカード)や、携帯電話で電子マネーを利用できるおサイフケータイなどを利用することにより、店頭交通機関において電子マネーが利用できる機会急増している。特に鉄道などの交通機関においては2000年以降頃から、乗車券の電子マネーによる決済への対応が急速に普及している。

電子マネーは、各社からさまざまな種類サービスが提供されている。近年では、非接触式ICカードを用いた電マネー主流となっており、その多くが、ソニー開発したFeliCa採用している。

2008年現在、主に利用されている電子マネーの例として、EdyQUICPayWebMoneyNTTドコモiD交通機関主な用途とするSuicaPASMOICOCAPiTaPanimoca店頭支払い主な用途とするnanacoWAONなどを挙げることができる。中にはカード同士互換性を持っていたり、駅の改札店舗販売飲食店など、複数用途対応している電子マネーも少なくない


電子マネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/27 20:11 UTC 版)

電子マネー(でんしマネー、: electronic money)あるいは電子通貨、電子貨幣(でんしつうか、でんしかへい)とは、情報通信技術を活用した、企業により提供される電子決済サービスのことである。法的に位置づけられた通貨など、いわゆる貨幣そのものではない。




  1. ^ 「商品やサービスの代金を支払う際に利用できる電子支払い手段」(説明書より)
  2. ^ JR北海道の「Kitaca」、JR九州の「SUGOCA」、西日本鉄道の「nimoca」を含む。
  3. ^ 2008年4月分から公開。
  4. ^ 2008年4月まではSuicaと共通だった。
  5. ^ 交通利用を含む数字。
  6. ^ なお、この場合無効化されたSuicaはJRにより回収される。これは記念Suicaカードであっても同様なので注意が必要。
  7. ^ (ただし、サーバー型仮想マネーはこの限りではない)
  8. ^ a b 仮想マネーとしての電子マネーを除く






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電子マネー」の関連用語

電子マネーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

miniSD

L-06D JOJO

iOS 12

Amazon Fire 7

Xperia Z5

OPAir

WT310/C

ThinkPad Twist





電子マネーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子マネーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子マネー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS