仮想通貨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 通貨 > 仮想通貨の意味・解説 

かそう‐つうか〔カサウツウクワ〕【仮想通貨】


仮想通貨

読み方かそうつうか
別名:仮想マネーバーチャルマネーバーチャル通貨
【英】virtual money

仮想通貨とは、オンラインサービス経済活動を行うことができる貨幣価値のことである。

仮想通貨は特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものであり、一般的には現金換算した他のサービス使用したりする価値持たない。仮想通貨を用いてアイテム購入すれば、より有利な条件環境サービス利用できる例えば、MMORPGにおいて強力な武器道具購入したり、SNSなどアバター着せ洋服購入したり、といったことが可能になる

仮想通貨の入手方法としては、サービス利用する中でポイントを貯めていく方法一般的であると言えるが、最近では現金一定額の仮想通貨を購入できる例も登場している。

仮想通貨をユーザー間で現金によって取引することは、リアルマネートレードRMT)と呼ばれるMMORPGなどではRMT利用規約禁止されていることが多い。メタバース一種であるSecond Lifeのように、RMT公的に認められている例もある。

仮想通貨の主な例としては、Second Lifeにおける「リンデンドル」、ハンゲームサービスにおける「ハンコイン」、モバゲータウンサービスにおける「モバゴールド」と「モバコイン」などを挙げることができる。

電子商取引のほかの用語一覧
インターネットオークション:  Yahoo!オークション
仮想通貨:  ハンコイン  ビットコイン  仮想通貨  モバゴールド  モバコイン  Mobageモバコインカード

仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/20 09:08 UTC 版)

仮想通貨(かそうつうか、: virtual currency、virtual money)とは、デジタル通貨の一種であり、開発者により発行され、通常コントロールもされており、特定の仮想コミュニティ内で受け入れられ、使用されているものである。


  1. ^ a b c European Central Bank (October 2012). “1”. Virtual Currency Schemes. Frankfurt am Main: European Central Bank. p. 5. ISBN 978-92-899-0862-7. オリジナルの2012-11-06時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121106053452/http://www.ecb.europa.eu/pub/pdf/other/virtualcurrencyschemes201210en.pdf 
  2. ^ FIN-2013-G001: Application of FinCEN's Regulations to Persons Administering, Exchanging, or Using Virtual Currencies”. Financial Crimes Enforcement Network. pp. 6 (2013年3月18日). 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月29日閲覧。
  3. ^ EBA Opinion on 'virtual currencies”. European Banking Authority. pp. 46 (2014年7月4日). 2014年7月8日閲覧。
  4. ^ (英語) Directive (EU) 2018/843 of the European Parliament and of the Council of 30 May 2018 amending Directive (EU) 2015/849 on the prevention of the use of the financial system for the purposes of money laundering or terrorist financing, and amending Directives 2009/138/EC and 2013/36/EU (Text with EEA relevance), OJ L, (2018-06-19), http://data.europa.eu/eli/dir/2018/843/oj/eng 2019年9月18日閲覧。 
  5. ^ 岡田仁志、高橋郁夫、山崎重一郎『仮想通貨 - 技術・法律・制度』東洋経済新報社、2015年、10頁
  6. ^ Sutter, John D. (2009年5月19日). “Virtual currencies power social networks, online games”. CNN. https://edition.cnn.com/2009/TECH/05/18/online.currency/index.html?eref=rss_tech 
  7. ^ Bitcoins Virtual Currency: Unique Features Present Challenges for Deterring Illicit Activity”. Cyber Intelligence Section and Criminal Intelligence Section. FBI (2012年4月24日). 2014年5月27日閲覧。
  8. ^ U.S. Government Accountability Office (2013年5月). “Virtual Economies and currencies: Additional IRS guidance could reduce tax compliance risks”. GAO Report GAO-13-516. Report to the Committee on Finance, U.S. Senate. 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。27 May 201閲覧。
  9. ^ Raskind, Max (2013年11月18日). “U.S. Agencies to Say Bitcoins Offer Legitimate Benefits”. Bloomberg. オリジナルの2013年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131119023830/http://www.bloomberg.com/news/2013-11-18/u-s-agencies-to-say-bitcoins-offer-legitimate-benefits.html 
  10. ^ SUBCOMMITTEE ON DOMESTIC AND INTERNATIONAL MONETARY POLICY. “The Future of Money”. Congressional Hearing. Internet Archive. 2014年5月27日閲覧。
  11. ^ 第190回国会における金融庁関連法律案:金融庁
  12. ^ 林賢治 (2017年1月27日). “現役弁護士による仮想通貨(暗号通貨)に関する資金決済法改正についての概要”. ブロックチェーンビジネス研究会. 2018年2月4日閲覧。
  13. ^ “「仮想通貨」→「暗号資産」に名称変更 改正資金決済法が成立”. Engadget日本版. Engadget. (2019年5月31日). オリジナルの2019年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190531174819/https://japanese.engadget.com/2019/05/31/bitcoin/ 2019年6月1日閲覧。 
  14. ^ “仮想通貨は「暗号資産」に改称 法定通貨との誤認防ぐ”. 朝日新聞. (2019年5月31日). https://www.asahi.com/articles/ASM5053B5M50ULFA02S.html 2019年6月1日閲覧。 
  15. ^ 世界初、ビットコインが法定通貨に エルサルバドル議会が可決 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
  16. ^ エルサルバドル、9月7日にビットコイン法定通貨化 「使用任意」 | ロイター
  17. ^ ビットコインに関する再質問に対する答弁書:答弁本文:参議院
  18. ^ El Salvador’s Bitcoin Law: Full English Text | by Avik Roy | Jun, 2021 | FREOPP.org
  19. ^ 内閣参質204第114号
  20. ^ Andy Greenberg (2011年4月20日). “Crypto Currency”. Forbes.com. https://www.forbes.com/forbes/2011/0509/technology-psilocybin-bitcoins-gavin-andresen-crypto-currency.html 2014年8月8日閲覧。 
  21. ^ ビットコインの多様化”. 2019年9月24日閲覧。
  22. ^ Estonia says it won’t issue a national cryptocurrency and never planned to
  23. ^ a b c d e f g 仮想通貨 かそうつうか virtual currencydigital currencycrypto-currency”. 日本大百科全書. 小学館. 2018年1月5日閲覧。
  24. ^ 朝日新聞掲載「キーワード」
  25. ^ 仮想通貨取引所おすすめ12選【2023年最新】将来性などの選ぶポイント3つから口座開設の流れまで徹底解説”. マネー α navi. 2023年3月30日閲覧。
  26. ^ 仮想通貨「NEM」とは”. 日本経済新聞. 2018年2月28日閲覧。
  27. ^ 中国が仮想通貨を全面禁止 刑事責任も追及、取り締まり更に厳格化”. SankeiBiz (2021年9月24日). 2021年9月23日閲覧。
  28. ^ 北朝鮮系のハッカー集団、暗号資産2200億円を昨年盗む=報告書」『BBCニュース』。2023年3月5日閲覧。
  29. ^ Crawley, Jamie (2023年2月7日). “北朝鮮による暗号資産ハッキング被害額、2022年は過去最高に:ロイター | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン”. CoinDesk Japan. 2023年3月5日閲覧。
  30. ^ 「NFTゲームからの750億円盗難事件」に北朝鮮のサイバー犯罪グループが関与していたことが判明”. GIGAZINE (2022年4月15日). 2023年7月3日閲覧。
  31. ^ 北朝鮮、オンラインゲーム暗号資産780億円奪取 米当局”. 日本経済新聞 (2022年4月15日). 2023年7月3日閲覧。
  32. ^ 北ハッカー暗号資産窃取、ミサイル「31発分」の800億円…人気のオンラインゲーム標的”. 読売新聞オンライン (2023年2月3日). 2023年7月3日閲覧。
  33. ^ 北ハッカー暗号資産窃取、ミサイル「31発分」の800億円…人気のオンラインゲーム標的”. 読売新聞オンライン (2023年2月3日). 2023年7月3日閲覧。
  34. ^ https://www.facebook.com/mainichishimbun.+“北朝鮮ハッカー集団、130億円窃取 サイバー攻撃で兵器開発か”. 毎日新聞. 2023年7月3日閲覧。
  35. ^ エルサルバドル、ビットコイン普及遠く 法定通貨1年”. 日本経済新聞 (2022年9月7日). 2023年3月13日閲覧。
  36. ^ エルサルバドル、ビットコインの買い増しを発表”. BTCC (2022年5月10日). 2023年3月13日閲覧。
  37. ^ エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し”. 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2023年3月13日閲覧。
  38. ^ エルサルバドル逆風、ビットコイン価格下落で信用低下(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2022年7月27日). 2023年3月13日閲覧。
  39. ^ エルサルバドル、ビットコイン普及遠く 法定通貨1年”. 日本経済新聞 (2022年9月7日). 2023年3月13日閲覧。
  40. ^ 亨介, 住井 (2022年10月9日). “【国際情勢分析】中米エルサルバドル、ビットコイン普及進まず 法定通貨化から約1年”. 産経ニュース. 2023年3月13日閲覧。
  41. ^ ビットコイン法定通貨化は「失敗」 エルサルバドル世論調査”. 時事通信ニュース. 2023年3月13日閲覧。
  42. ^ エルサルバドル、技術革新に関する全税を撤廃へ 国家ビットコインオフィスも設立”. コインテレグラフジャパン|仮想通貨+Web3.0の最新ニュースサイト. 2023年6月19日閲覧。
  43. ^ 中央アフリカがビットコインを法定通貨に採用、2カ国目”. BBC. 2023年6月21日閲覧。
  44. ^ 仮想通貨マイニング企業に迫る暗雲、40億ドルの融資が焦げ付く恐れ”. Bloomberg.com. 2022年11月17日閲覧。
  45. ^ 仮想通貨マイニング企業に迫る暗雲、40億ドルの融資が焦げ付く恐れ”. Bloomberg.com. 2022年11月17日閲覧。
  46. ^ 米仮想通貨マイナーの電力消費は230万都市ヒューストンに匹敵”. アクシオン|次世代ビジネスニュースメディア (2022年7月18日). 2022年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月17日閲覧。
  47. ^ 「仮想通貨マイニング企業は使用エネルギー量を報告せよ」米政府が勧告”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2022年9月12日). 2022年11月17日閲覧。


「仮想通貨」の続きの解説一覧

仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:13 UTC 版)

アイテム課金」の記事における「仮想通貨」の解説

ゲーム内でのみ使える仮想通貨。誤解されがちだが、金銭としての価値はない。「レアアイテム」や「ガチャを引く権利」と「交換」できる。

※この「仮想通貨」の解説は、「アイテム課金」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「アイテム課金」の記事については、「アイテム課金」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:15 UTC 版)

プラチナ・トレイン」の記事における「仮想通貨」の解説

このゲームには「IC」という仮想通貨が存在しており、ゲーム内報酬として得るほかにも、実際にお金払って購入課金)しても得られる用途前述有料ガチャのほか、カード所持拡張スタミナ回復にも用いることが可能。 ボリュームディスカウントを採用しており、一度に多い単位のものを購入したほうが1枚あたりのコストが下がり、1枚ずつバラ買いするよりもおトクになる。 購入枚数 有償扱い枚数 価格 1枚あたりのコスト小数点第2位四捨五入1枚ずつバラ買いした際との差額 1枚 1枚 120120円 6 5 610102円 110円 12 9 1100円 約91.7円 34030 20 2440円 約81.3円 11600円 46 30 3680円 80円 1840円 60 38 4640円 約77.3円 2560円 80 49 5980円 約74.8円 3620円 111 62 7500円 約67.6円 5820円 152 83 10000円 約65.8円 8240円

※この「仮想通貨」の解説は、「プラチナ・トレイン」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「プラチナ・トレイン」の記事については、「プラチナ・トレイン」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 02:30 UTC 版)

Mobage」の記事における「仮想通貨」の解説

Mobage内で使用できる仮想通貨に「モバゴールド」(モバG)があり、アバター着せ替えるときのアクセサリーアイテムなどをこの通貨購入できる。自らの紹介他人を登録させた場合(おまけあり)や、スポンサーサイト登録した場合多額モバG付与されサイト内にある広告クリックしても(1クリック2G付与される。また運営会社であるDeNA2006年12月18日からモバG付きの「プレミアムアバター」を現金販売しており、現金からの交換性持たない完全な仮想通貨ではなくなった(ただし、現金への交換は現在も不可能)。購入電子マネーの「WebMoney」とクレジットカード及びキャリア課金使用できる2007年11月27日現在)。また、全てのゲーム使用できるモバコイン」という別の通貨登場した

※この「仮想通貨」の解説は、「Mobage」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「Mobage」の記事については、「Mobage」の概要を参照ください。


仮想通貨 (GOLD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 13:35 UTC 版)

ドリフトスピリッツ」の記事における「仮想通貨 (GOLD)」の解説

このゲームでは実際にお金払って「GOLD」呼ばれる仮想通貨を購入することが可能。ごく稀にイベント報酬等でも無料入手可能な場合がある。意匠金の延べ棒。ゴールドオーダーのほか、アイテムショップでニトロボンベやガソリンタンク等を購入する時に消費するレートは1GOLD=1円以下となっており、最低120GOLD 120円か購入可能。なお、2015年7月22日からボリュームディスカウント制が導入され大き単位GOLD購入した場合、最低単位バラで買うよりもより多くGOLDを得ることが可能となった価格(2015年12月31日現在) GOLD数 価格 1GOLDあたりの価格小数点第3位切り上げ バラ買いよりもおトクになるGOLD120 1201円 × 505 480円 約0.96円 25 1540 1400円 約0.91円 140 5175 4500円 約0.87円 675 8160 6800円 約0.84円 1360 14750 11800円 0.8円 2950

※この「仮想通貨 (GOLD)」の解説は、「ドリフトスピリッツ」の解説の一部です。
「仮想通貨 (GOLD)」を含む「ドリフトスピリッツ」の記事については、「ドリフトスピリッツ」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/07 01:51 UTC 版)

マレーチャン」の記事における「仮想通貨」の解説

ビットコインモナコインリップルイーサリアムイーサリアムクラシックライトコインネムNANJCOIN等の仮想通貨決済341種類に対応。仮想通貨決済対応通貨世界一

※この「仮想通貨」の解説は、「マレーチャン」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「マレーチャン」の記事については、「マレーチャン」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 00:47 UTC 版)

デジタル通貨」の記事における「仮想通貨」の解説

詳細は「仮想通貨」を参照 ビットコインデジタル通貨一種で、仮想通貨であるとも言えるが、ビットコイン類似のデジタル通貨暗号アルゴリズム立脚しており、これらの種類の仮想通貨は暗号通貨呼ばれる

※この「仮想通貨」の解説は、「デジタル通貨」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「デジタル通貨」の記事については、「デジタル通貨」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 10:19 UTC 版)

貨幣史」の記事における「仮想通貨」の解説

法定通貨ではない貨幣として仮想通貨、もしくは暗号通貨があり、著名なものとしてビットコイン知られる基本的にデータとしてのみ存在し暗号によってコピー防止している。ビットコインペーパーウォレットという紙に印刷をして保存も可能となっている。 ビットコインサトシ・ナカモトという人物の論文をもとに開発された。Peer to Peer技術によって価値保証され中央銀行介さない貨幣として限定的ながら国際通貨として流通している。国家通貨のような強制通用力存在しないが、国際決済にかかるコスト小額であり、匿名性や、国内複数通貨使える利便性などが注目されているキプロス・ショックの際には、銀行預金課税逃れるためにビットコインを選ぶ人々存在した一方で2014年にはビットコイン取引所最大手であり東京都事業行っていたマウントゴックスで、ビットコイン消失事件発生している。

※この「仮想通貨」の解説は、「貨幣史」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「貨幣史」の記事については、「貨幣史」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 07:21 UTC 版)

日本の貨幣史」の記事における「仮想通貨」の解説

仮想通貨は、国家による裏付け持たない点、ネットワークによって流通する点、決済手段である点などの特徴を持つ。仮想通貨として有名なものにビットコインがあり、汎用性のある決済手段として国際的に流通している。これに対してゲーム内通貨マイレージなどは、汎用性がない点で広義の仮想通貨とされる日本円異なり、仮想通貨は強制通用力持っていない。そのため、2015年平成26年2月25日第186回国会質問28号では、日本の民法においてビットコイン通貨該当するのかが問題とされた。 日本においては東京ビットコイン交換所提供していたマウントゴックス社が破綻する事件起きた大量ビットコイン消失したため、マウントゴックス社はビットコイン取引停止した同社ユーザー訴訟起こしてマウントゴックス東京地方裁判所民事再生申立手続き行ったマウントゴックス社の事件によって、破綻した法人財産保全をする場合に仮想通貨を管理することの困難さが明らかとなった。仮想通貨に関する法整備進み情報通信技術進展等の環境変化対応するための銀行法等の一部改正する法律の成立と、資金決済法改正なされた改正後資金決済法2条5項には、仮想通貨の定義が以下の通り定められた。 資金決済に関する法律 (定義) 第2条 5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げものをいう一 物品を購入し若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価弁済のために不特定のに対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産価値電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り本邦通貨及び外国通貨並びに通貨資産を除く。次号において同じ。)であって電子情報処理組織用いて移転することができるもの 二 不特定の者を相手方として前号掲げるものと相互に交換を行うことができる財産価値であって電子情報処理組織用いて移転することができるもの また、併せて仮想通貨交換業等の規制定められ、仮想通貨の利用に関する法整備進めた

※この「仮想通貨」の解説は、「日本の貨幣史」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「日本の貨幣史」の記事については、「日本の貨幣史」の概要を参照ください。


仮想通貨(暗号資産)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:42 UTC 版)

中国の貨幣制度史」の記事における「仮想通貨(暗号資産)」の解説

ビットコインはじめとする仮想通貨は中国急速にユーザー増やした中国ビットコイン交換所である比特幣中国中国語版)(BTC China)は腾讯契約をして、中国でもビットコイン交換所直接送金できるようにした。ビットコイン史上最高値更新するが、中国政府暗号通貨ビジネスへの直接送金警告発し腾讯は比特幣中国サービス停止した。しかしその後も仮想通貨のユーザー増加して中国交換所である火幣と幣行でビットコイン取引92パーセント占めるようになるビットコイン大規模なマイニング採掘)を行う上位4社は中国にあり、この4社で2016年には世界の処理パワー76パーセント達したまた、中国人民銀行民間の仮想通貨に対抗して2014年からドル決済への依存流通コスト軽減マネーサプライ管理および消費行動監視強化目的中央銀行デジタル通貨研究開発世界で最初に開始した中央銀行1つであり、2020年10月から中国人民銀行深セン市において抽選選ばれ5万人を対象1000万人民元当のデジタル通貨発行する初の公開実験行った。これは既存硬貨紙幣といった現金代替するものであって中国普及している電子マネー代替するものではない。

※この「仮想通貨(暗号資産)」の解説は、「中国の貨幣制度史」の解説の一部です。
「仮想通貨(暗号資産)」を含む「中国の貨幣制度史」の記事については、「中国の貨幣制度史」の概要を参照ください。


仮想通貨 (VIPコイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 02:53 UTC 版)

首都高バトルXTREME」の記事における「仮想通貨 (VIPコイン)」の解説

VIPコインは、レース中や実績などミッション達成でも入手できるものがあるが、本作課金システムでもある。レートは1コイン1円(及び、ボリュームディスカウントによってはそれ以下となっており、最低12コイン120円からの課金となっている。 VIPコイン用途現在のところ、VIPガチャ、アイテムショップで購入できるGAS/BP/ニトロ各回アイテム所有マシン数とパーツの上拡大となっている(他に「キャッシュ」というゲーム内通貨もあるが、そちらはゲーム中で獲得する以外の入手法は無い。またパーツチューニング等で必要になるが、通常のプレイスタイルの範囲では、ほぼ潤沢に余るものと思われる)。 価格(2015年12月31日現在) VIPコイン数 価バラで買うよりも追加されるコイン12 120円 ---- 50 480円 2 340 2900円 50 568 4800円 88 1170 9800190 なお、VIPコイン販売期間は10月30日までとなる。

※この「仮想通貨 (VIPコイン)」の解説は、「首都高バトルXTREME」の解説の一部です。
「仮想通貨 (VIPコイン)」を含む「首都高バトルXTREME」の記事については、「首都高バトルXTREME」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/09 10:17 UTC 版)

モバレボ」の記事における「仮想通貨」の解説

モバゲータウン内で使用できる仮想通貨に「レボコイン」があり、アバター着せ替えるときのアクセサリーアイテムなどをこの通貨購入できた。自らの紹介他人を登録させた場合(おまけあり)や、スポンサーサイト登録した場合多額のレボコインが付与された。またサイト内にある広告クリックして付与されていたが、2009年3月終了した。また運営会社であるi-revo2008年7月9日からレボコイン付きの「プラチナアバター」を現金販売しており、現金からの交換性持たない完全な仮想通貨ではなくなった。購入電子マネーの「WebMoney」とキャリア課金NTTドコモソフトバンクモバイルau)が使用できた(2009年11月13日現在)。

※この「仮想通貨」の解説は、「モバレボ」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「モバレボ」の記事については、「モバレボ」の概要を参照ください。


仮想通貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 16:31 UTC 版)

大集合NEO」の記事における「仮想通貨」の解説

大集合NEO内でのみ使える仮想通貨として「NEOコイン」がある。 コインアバター、ロトアバター合成出品アバター購入、アバコンバトルのBET釣りゲームその他のゲームなどに使える。 他の会員コインをあげることができる機能があったが、犯罪防止理由に現在は無くなっている。

※この「仮想通貨」の解説は、「大集合NEO」の解説の一部です。
「仮想通貨」を含む「大集合NEO」の記事については、「大集合NEO」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仮想通貨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



仮想通貨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「仮想通貨」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想通貨」の関連用語

仮想通貨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仮想通貨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ仮想通貨の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想通貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイテム課金 (改訂履歴)、プラチナ・トレイン (改訂履歴)、Mobage (改訂履歴)、ドリフトスピリッツ (改訂履歴)、マレーチャン (改訂履歴)、デジタル通貨 (改訂履歴)、貨幣史 (改訂履歴)、日本の貨幣史 (改訂履歴)、中国の貨幣制度史 (改訂履歴)、首都高バトルXTREME (改訂履歴)、モバレボ (改訂履歴)、大集合NEO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS