サービスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > サービス > サービスの意味・解説 

サービス

英語:service

誰かのために何かを行うこと、他者助けになること。無形の財価値あるいは労役などを提供すること。奉仕用役尽力。提供。

サービス(service)は英語に由来する語であり、動詞 serve名詞形語源を辿ると slave奴隷)と同源ラテン語行き着く英語辞書における定義は、例えオックスフォード英語辞書では「 The action of helping or doing work for someone. 」(誰かの手助けをしたり誰かのために仕事したりするという行為)という記述筆頭に挙げられている。

経済用語におけるサービスは無形の財であり、顧客利便性や満足を与え非物質的な価値である。サービスを提供する産業サービス業という。サービス業クラーク産業分類における第三次産業含まれるサービス業主な種類としては、ホテル業金融業広告業イベント興行業などが挙げられる

関連サイト
Definition of service in English ― OxfordDictionaries

サービス【service】

読み方:さーびす

[名](スル)

人のために力を尽くすこと。奉仕。「休日家族に—する」

商売で、客をもてなすこと。また、顧客のためになされる種々の奉仕。「—のよい店」「アフター—」

商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。「買ってくだされば—しますよ」

運輸・通信商業など、物質的財貨生産する過程外で機能する労働用役役務

サーブ1


サービス

サービスは、それ自体価値有するものとして販売されるものと、財貨販売ともなって、それに付帯して提供されるものがある。前者の場合、映画ゴルフボーリング理髪ホテルなどがあげられる後者の場合、放送装飾催物のサービス、用途説明のサービス、配達返品交換修理などがあげられる。つまり、購入者あるいは使用者何らかの用役提供するか、あるいは顧客への財貨販売にあわせて満足感与えようとするものがサービスの本質である。

サービス

【英】service

サービスとは、一般的には提供すること」「奉仕」といった意味の英語である。IT用語としては、主にプログラムが処理やルーチン実行して他のコンピュータ特定の機能提供することなどを指す語である。


サービス

名前 ServiceServiss

サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 03:58 UTC 版)

サービス: service)あるいは用役(ようえき)、役務(えきむ)とは、経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のないのことである。第三次産業が取り扱う商品である。


注釈

  1. ^ 歴史的経緯等から、広義のアウトソーシングサービスに含まれる建設業は、一般に経済用語としてのサービスには含まれない。

出典

  1. ^ [サービスの諸特性とサービス取引の諸課題 小宮路雅博 成城大学|http://www.seijo.ac.jp/pdf/faeco/kenkyu/187/187-komiyaji.pdf]
  2. ^ a b 尾崎正久 自動車日本史 1955
  3. ^ 『消費者教育』 第23巻、光生館、2003年、141頁。 
  4. ^ a b c d e f 武田哲男「6.「無料」はサービスになりえない」 『顧客に「感動以上」の喜びを提供するための 「サービス」の常識』PHP研究所、2008年。ISBN 9784569697505 
  5. ^ 詳細は総務省の産業分類のページ参照。


「サービス」の続きの解説一覧

サービス (グレー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 05:52 UTC 版)

アメリカ合衆国旅券」の記事における「サービス (グレー)」の解説

米国政府との契約に基づき海外に渡航する特定の対人契約者発行され所有者が「米国政府支援する業務を遂行するために渡航している」ことを証明すると同時に渡航者外交公用パスポート正当化できないような米国政府とのより希薄な関係あることを示す有効期間発行日から5年

※この「サービス (グレー)」の解説は、「アメリカ合衆国旅券」の解説の一部です。
「サービス (グレー)」を含む「アメリカ合衆国旅券」の記事については、「アメリカ合衆国旅券」の概要を参照ください。


サービス(service)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 22:46 UTC 版)

Kubernetes」の記事における「サービス(service)」の解説

Kubernetesサービスはいくつかのポッド集まりであり、1ティアまたはマルチティアのアプリケーション協調して動作する。サービスを構成する複数ポッドは、ラベルセレクターを用いて定義されるKubernetesサービスディスカバリーの手段として、環境変数用いモードと、Kubernetes DNS用いモード2種類の方法を提供しているサービスディスカバリは、静的IPアドレスDNS名を各サービスに束縛させ、そのIPアドレスのネットワークコネクションに対してセレクターマッチしポッド間でラウンドロビン方式でのロードバランシングを行う(セレクター用いるのは、障害によりポッドがあるマシンから別のマシン移動したとしても動作するようにするためである)。デフォルトでは、サービスはクラスタ内部にのみ公開されている(たとえば、バックエンド用のポッドは、ロードバランシングされた複数フロントエンドポッドからのリクエストに対して1つのサービスとしてグループ化されているかもしれない)が、サービスはクラスター外部公開するともできる(たとえば、外部クライアントフロントエンドポッドアクセスする場合など)。

※この「サービス(service)」の解説は、「Kubernetes」の解説の一部です。
「サービス(service)」を含む「Kubernetes」の記事については、「Kubernetes」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サービス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サービス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 16:17 UTC 版)

語源

発音

名詞

サービス

  1. 役務提供
  2. への応対
  3. (俗語) 利益供与。特に、他の役務供に加えて無償物品追加した役務等の提供を行うこと。
  4. (テニス, 卓球, バレーボール, バドミントン) サーブ

関連語

  • 熟語:シークレット・サービス・ファンサービス

翻訳


「サービス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サービスと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サービス」に関係したコラム

  • 株式取引のデモトレードを体験するには

    証券会社では、実際の株式取引を行う前に、株式取引が体験できるデモトレードサービスを用意している場合があります。デモトレードサービスは、実践の取引画面と同じような環境で、株式の売買を行ったり、株式情報を...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • バイナリーオプション業者の一覧

    2012年5月現在のバイナリーオプション業者の一覧は次の通りです。▼日本国内のバイナリーオプション業者日本国内のバイナリーオプション業者は、日本国内の法律に基づき金融商品取引業者として登録済みであり信...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • CFDの取引ができる業者の一覧

    CFDは、コモディティ、株価指数、株式、債券、FXなど、さまざまな商品の取引ができます。しかし、すべての業者がすべての商品を扱っているわけではありません。また、それぞれの商品は、業者によって扱う銘柄が...

  • バイナリーオプションのラダーとは

    バイナリーオプションのラダーとは、通貨ペアの価格が指定した時間に指定した価格以上・以下に到達するかどうかを予想するオプション商品の総称です。2012年5月現在、ラダーを提供している日本国内のバイナリー...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サービスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サービスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサービスの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国旅券 (改訂履歴)、Kubernetes (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS