米国政府とは? わかりやすく解説

アメリカ合衆国連邦政府

(米国政府 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 09:49 UTC 版)

アメリカ合衆国連邦政府(アメリカがっしゅうこくれんぽうせいふ、: Federal government of the United States)は、アメリカ合衆国憲法に基づいて設立されたアメリカ合衆国連邦中央政府


  1. ^ Jeri Thomson, Zoe Davis (2001年10月). “Presidential Vetoes, 1989–2000 (PDF)”. 2008年7月30日閲覧。
  2. ^ Representative Offices” (英語). U.S. House of Representatives. 2009年1月16日閲覧。
  3. ^ Kaiser, Frederick M. (2006年1月3日). “Congressional Oversight (PDF)” (英語). Congressional Research Service. 2008年7月30日閲覧。
  4. ^ A brief overview of state fiscal conditions and the effects of federal policies on state budgets (PDF)”. Center on Budget and Policy Priorities (2004年5月12日). 2008年7月30日閲覧。


「アメリカ合衆国連邦政府」の続きの解説一覧

米国政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 22:31 UTC 版)

テキサス併合」の記事における「米国政府」の解説

1837年テキサス共和国メキシコからの独立勝ち取ったばかりであり、サミュエル・ヒューストン大統領のもと、同年テキサス共和国最初に承認したアメリカ合衆国へ併合への同意投票決めたその前年、サンジャシントの戦い後に捕虜となったメキシコ大統領サンタ・アナが、ワシントンD.C.アンドリュー・ジャクソン大統領面会した際、テキサス以西領土の「値段」を聞いていたと言われるそれほど領土拡大執心していたアメリカ合衆国テキサス併合異論のあるはずはなかったのだが、合併すればメキシコとの開戦不可避であるとの認識があった。また、奴隷制保持していたテキサスアメリカ合衆国加盟した場合に、上院新しい2議席奴隷州側に付くということを、北部諸州容認し得ないことも、米国テキサス併合踏み切れない背景要素のひとつであった当初ワシントンD.C.派遣したテキサス共和国大使1837年8月マーティン・ヴァン・ビューレン米大統領併合提案行ったが、メキシコとの戦争になることが予測されたために拒否された。 1838年には、テキサス共和国独立維持領土拡大標榜するミラボー・ラマー大統領となり、一旦は併合提案撤回した1839年フランス1840年オランダイギリス1841年にはベルギーテキサス共和国承認したが、これらはすべてアメリカ合衆国テキサス併合して領土拡大することを阻止することが目的承認だった。 ヴァン・ビューレン任期切れのあとに(ウィリアム・ハリソン就任1ヶ月あまりで急死したため)アメリカ合衆国大統領となったジョン・タイラー就任当初は併合躊躇していた。だが、1843年テキサスイギリス仲介依頼してメキシコとの接近を図る動き示したため、一転して併合案を支持したタイラー1844年4月テキサス併合条約締結行った米国憲法では、条約の締結大統領職権だが、批准のためには上院3分の2以上の賛成が必要とされた。アメリカ合衆国上院6月8日3516という大差で否決となり批准されなかった。 領土拡張主張しテキサス併合積極的な民主党候補ジェームズ・ポーク1844年アメリカ合衆国大統領選挙での勝利決定すると、タイラー一気議会工作進めたテキサス併合に関してポーク対立の無いタイラーポーク相談し上院での批准困難であることが分かっている条約ではなく上下両院合同決議による併合法案として議会提出した何度にもわたる法案再提出修正議決提出といった大激論の末、1845年2月28日上院2725僅差下院では13276で、選択権大統領与えるという決議がなされ、翌日タイラーはこの決議実行する選択署名行ったタイラー大統領任期終わ3日前だった。

※この「米国政府」の解説は、「テキサス併合」の解説の一部です。
「米国政府」を含む「テキサス併合」の記事については、「テキサス併合」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「米国政府」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「米国政府」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

米国政府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



米国政府のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ合衆国連邦政府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテキサス併合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS