異論とは? わかりやすく解説

い‐ろん【異論】

読み方:いろん

他と違った意見議論異議。「—を唱える


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 23:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「異論」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「異論」を含むページの一覧/「異論」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「異論」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 04:51 UTC 版)

寿城池」の記事における「異論」の解説

韓国国内には「『慶尚道地理志』には、大邱郡に4つ大きな水利地があると記されており、その中の「屯洞堤」が現在の寿城池である。睿宗元年1468年)に18個の水利池を築造して22になったとする記録1469年の『慶尚道続撰地理誌』にも見られる。また『大邱邑誌』(英祖43~47年間に編纂された邑誌の一つ)にも、屯洞(現・凡勿洞一帯)に周囲1,429尺、水深7尺の「屯洞堤」が置かれたとある。日本は、李朝時代寿城池建て増しし朝鮮人から組合費徴収する目的で1924年5月寿城水利組合作ったに過ぎない。」とする異説があるが、大邱広域市日本人造った池として紹介している。

※この「異論」の解説は、「寿城池」の解説の一部です。
「異論」を含む「寿城池」の記事については、「寿城池」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 08:52 UTC 版)

宇宙空間と生存」の記事における「異論」の解説

宇宙旅するとき、多くの問題発生する可能性がある人体影響を与える可能性のある最大の問題1つ星間放射である。地球磁場大気地球上すべての生物保護するが、これは宇宙空間にはない。ロチェスター大学メディカルセンター研究者によると、火星へのミッション相当する放射線は、認知障害アルツハイマー病などの深刻な脳損傷引き起こす可能性示唆している

※この「異論」の解説は、「宇宙空間と生存」の解説の一部です。
「異論」を含む「宇宙空間と生存」の記事については、「宇宙空間と生存」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 08:53 UTC 版)

麟 (織田信長の花押)」の記事における「異論」の解説

以上の佐藤進一解釈定説化したが、以下のような様々な異論もある。 柴辻俊六山本浩は、そもそもこの花押が「麟」の字であるという見方自体疑問呈しているによればこの花押が何を表しているかを考察すること完全に不可能である一方山本によればこの花押は天文21年からの実名信長花押類似しており、同花押のうち「長」の部分倒置から正置へと変更したものとも解釈できるこれらの見解とは異なり花押が「麟」の字であることを前提としつつも、その意味解釈相違があるのが以下の2説である。

※この「異論」の解説は、「麟 (織田信長の花押)」の解説の一部です。
「異論」を含む「麟 (織田信長の花押)」の記事については、「麟 (織田信長の花押)」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 08:49 UTC 版)

アメリカ合州国」の記事における「異論」の解説

齊藤毅明治のことば――東から西への架け橋によれば、「合衆国」は中国語熟達した清代外国人通訳官United States直訳として案出し訳語であり、その意味は「独立して自治権持った各邦が一致協力して経営する国家」であるという。この説が正しいとすれば合衆」を「人種(衆)が溶け合って一つ社会築いている」と解釈すること自体語源無視した誤りであることになる。

※この「異論」の解説は、「アメリカ合州国」の解説の一部です。
「異論」を含む「アメリカ合州国」の記事については、「アメリカ合州国」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 06:20 UTC 版)

不沈のサム」の記事における「異論」の解説

不沈のサム」は実話ではなくフィクションではないかという指摘もある。その根拠として「オスカーあるいはサムとされる写真2種類存在することが挙げられている。また戦艦ビスマルク沈没したときの海域状況は非常に過酷であった。Uボートによる攻撃可能性あったためにイギリス艦艇停止せず救助おこなったため、ビスマルク乗員の殆どが溺死している。ビスマルク沈没詳細について出版したルドヴィック・ケネディ(英語版)の本にも、この猫について言及がない

※この「異論」の解説は、「不沈のサム」の解説の一部です。
「異論」を含む「不沈のサム」の記事については、「不沈のサム」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 15:57 UTC 版)

リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」の記事における「異論」の解説

上記の例の中には間違いや誤誘導こじつけなどがあるという批判もある。 例えば、以下のような部分上げられる。 「夫人フランス語話すことができた」というが、20世紀前期に英語に取って代わられるまでフランス語外交標準語であり、フランス語は英語を深く学ぶ上で古典相当する言語でもあることから英語圏では以降第一外国語として学習されることが多く教養のあるアメリカ人フランス語を話すのは珍しい事ではない。 アメリカの大統領任期4年であるから100年間隔新大統領就任して不思議な事ではない。 100年の差を生まれ年から見るとリンカーンケネディ違いリンカーン1809年ケネディ1917年)、議員になった年から見るとジョンソン2人が違う(アンドリュー・ジョンソン1835年下院当選リンドン・ジョンソン1937年下院当選)。つまり100年の差に基準がない。たまたま100年違いだったところを恣意的に取り上げ誇張しているだけである。 リンカーンケネディという秘書がいたという公式記録存在しないジョンという秘書実際にいた。ジョン英語圏ではありふれた名前であるので、伝聞される内にケネディという秘書がいた、と誤った形で伝わったとする仮説がある。 復活祭2日前、感謝祭前日単なるこじつけでしかなく、また金曜日である点についても、2人殺された日が同じ曜日になる確率1/7であるから、偶然の範囲を出るものではない。 銃を使う暗殺者相手確実に殺すために頭を狙うのは当然である。 「夫人隣にいる時に狙撃された」とあるが、公式の場ファーストレディ隣にいる事はなんら不思議ではない。 ブース誕生年は1838年であるとされている文字数一致都合のいい部分のみを切り取り、それを誇張して表現しているにすぎない例えケネディリンカーン共通しているのは苗字のみであり、それ以外共通しているものはない。また暗殺者2人にはミドルネーム含めているにも関わらず副大統領については無視している。実際にはミドルネームのあるLyndon Baines Johnson19文字となってAndrew Johnson13文字変わってしまう。つまり、比較仕方が恣意的である。 アメリカ海軍就役空母に有名大統領軍人の名を付けているので、両有名大統領の名を持った空母就航していてもなんら不自然ではない。他にジョージ・ワシントンセオドア・ルーズベルトハリー・トルーマン等の大統領の名をつけられ空母建造されており、ジョージ・H・W・ブッシュもある。

※この「異論」の解説は、「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」の解説の一部です。
「異論」を含む「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」の記事については、「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 06:12 UTC 版)

ゾミア」の記事における「異論」の解説

ジャン・ミショー(Jean Michaud)は著書 Historical Dictionary of the Peoples of the Southeast Asian Massif の中でゾミア居住する民族論じるために用いられる言語由来する多くの矛盾について説明しているゾミア人々はよく、"national minority groups" と言及される。これらの単語同士競合生じていると、ミショーは言う。"national" という単語についてミショーは「東南アジア・マッシーフ」の各民族がじつに多国籍的であり多くのグループいくつかの国にまたがっていると主張するミショーによると、"minority" という単語ゾミア人々形容する正当性がないという。なぜなら人口が非常に巨大であるからである。"group" という単語でさえも、ミショーによると問題含みであるという。なぜならそれが含意する共同体と「社会的凝集性」をすべての集団有しているとは限らないからである2010年に『ジャーナル・オブ・グローバル・ヒストリー』(the Journal of Global History)誌は「ゾミア越境」("Zomia and Beyond")と題した特集組んだ。同特集では、何人か東南アジア史研究者スコットゾミア論への応答としてそれぞれ意見述べた例えば、東南アジア専門家、ヴィクター・リーバーマンは、高地住む人々が、彼らの対峙せざるをえない政治環境自然環境に応じて自分たちの社会的世界作り上げているという議論には同意するリーバーマンまた、スコット著書ミャンマー語文献による裏付け欠くことなどの理由により、非常に弱いものとなっているとも意見したリーバーマンによると、このことはスコット説のいくつかの論点不安定にしているのみならずそこからスコット展開する他のゾミア論をも疑わしいものにしているという。 さらに、スコットゾミア論では軍事的に勝ち負け決定づける要因として、兵隊頭数重要視されすぎていると、リーバーマン指摘したスコット議論実質的に低地国家群が高地支配しようとする数々の努力依拠しているのに対しリーバーマン同様に低地国家成立に]寄与する要因として海洋商業活動重要性示してみせた。 リーバーマンまた、スコット分析含まれなかった事例考慮されるべきであると述べる。スコット説は、文化というものはそれを取り巻政治的社会的環境応じた防衛メカニズムとして形成されるという考え凝り固まっているが、リーバーマンは、ボルネオカリマンタン島高地民があたかもゾミアの民と同じ文化的特徴有しているように見えることを議論する同島高地居住する諸民族は、無数の言語枝分かれし皆伐焼畑耕作を行うなど、スコット説におけるゾミアの民の特徴を持つが、低地略奪国家がまったく存在しない中で発展したものである。。 スコットゾミア論は2012年にもトム・ブラスにより疑問呈された。ブラスは、東南アジア高地部を「国家拒絶した人々自由意志移住してくる「避難場所」とする定式化正確でない主張するブラス説によるとこれは、「新手の」大衆迎合ポストモダニズム主義主張完全一致した理想化であって、[フィールドワークを踏まえた]民族誌学エビデンスによる裏付けがない説である、という。民族誌学エビデンスによれば高地住む人々は、移住選択したわけでも、低地国家支配を受けなかったわけでもない。彼らは谷間土地追われたため高地移住している。結論として現実高地民は、ゾミア論に言う、高地移住して勢力涵養させたり安全になったりした民ではまったくない。 エドワード・ストリンガムとケイレブ・J・マイルズは、東南アジアみられる複数社会から得られる歴史学的、文化人類学エビデンス分析し東南アジア社会数千年間国家避け続けてきたと結論した。ストリンガムは、国家になることを回避したり、反対したり、妨害したりした政治的主体についてさらに分析し、「ゾミアのような国家不在社会地の利特別な生産様式国家に対する文化的抵抗を示すことによって、巧妙に国家拒否し続けてきたと結論した。 その他、歴史研究者からは、スコットゾミア論は「国家不在」がカギとなるが、スコット著作においては、滇王国南詔国大理国アーホーム王国といった封建的な王国群や、彝族封建的な組織シップソーンパンナーといった「国家」が、ゾミア中心芽生えいた事実への言及がないことが指摘された:440-441。

※この「異論」の解説は、「ゾミア」の解説の一部です。
「異論」を含む「ゾミア」の記事については、「ゾミア」の概要を参照ください。


異論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 14:25 UTC 版)

高所平気症」の記事における「異論」の解説

高所平気症」は、あくまで教育研究者が広めた用語であり、医学関係者医療関係者認めているわけではなく医学および医療対象している事例を見出すことはできないそもそも医学関係者医療関係者が「高所平気症」について言及している例を探すこと自体困難であるが、数少ない例として見付けることができるのは以下のような否定的意見であり、指摘されている問題社会的に関心を持って対応すべきとしながらも、用語のほうは「用いるべきでない」としている。 病気ないにもかかわらず恐怖症」と称するのは不適当である主張者 2名。 平気かどうか判断する能力自体育っていない幼児にも使っている点で「平気」という言葉の選択不適当である主張者 1名。 しかも、「それが平気なのは本人問題」との間違った解釈をされる危険性がある主張者 1名。 ただ、「恐怖症」という言葉自体一般社会マスメディアで非常に軽い意味をもって濫用されている背景があり、問題はもっと根本的ではある

※この「異論」の解説は、「高所平気症」の解説の一部です。
「異論」を含む「高所平気症」の記事については、「高所平気症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「異論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

異論

出典:『Wiktionary』 (2019/12/18 12:04 UTC 版)

名詞

 (いろん)

  1. 違った意見議論

関連語


「異論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



異論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

異論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異論の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの寿城池 (改訂履歴)、宇宙空間と生存 (改訂履歴)、麟 (織田信長の花押) (改訂履歴)、アメリカ合州国 (改訂履歴)、不沈のサム (改訂履歴)、リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点 (改訂履歴)、ゾミア (改訂履歴)、高所平気症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの異論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS