意見とは? わかりやすく解説

い‐けん【意見】

読み方:いけん

[名](スル)

ある問題に対す主張考え心に思うところ。「―を述べる」「―が分かれる」「少数―」「賛成―」

自分の思うところ述べて、人の過ちいさめること。異見。「同郷先輩が―する」


意見


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 10:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「意見」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「意見」を含むページの一覧/「意見」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「意見」が役に立つかも知れません。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 07:26 UTC 版)

婚外子国籍訴訟」の記事における「意見」の解説

藤田宙靖裁判官の意見(適用違憲請求認容)は、要旨次のとおりである。 国籍法は、子の国籍の取得に関する原則定めるほか、特に3条1項定め一定の要件満たした者について、届出による国籍取得認めているものというべきである。したがって、同項が準正要件定めているのは、準正子でありかつ同項の定めその他の要件満たす者についてはこれを特に国籍取得の上優遇する趣旨なのであって殊更に準正子を排除しようという趣旨ではない。言い換えれば、非準正子が届出という手続によって国籍を取得できないこととなっているのは、同項があるからではなく2条及び4条の必然的結果というべきなのであって3条1項準正要件あるため憲法上看過し得ない差別生じているのも、いわば、同項の反射的効果にすぎないというべきである。 それ故また、同項に準正要件置かれていることによって違憲結果生じているのは、多数意見がいうように同条が「過剰な要件設けているからではなくむしろいわば「不十分な要件しか置いていないからというべきなのであって、同項の合理的解釈によって違憲状態解消しようとするならば、それは「過剰な部分を除くことによってではなく、「不十分な部分補充することによってでなければならないのである。 もっとも、立法府違憲不作為状態を続けているとき、その解消第一次的に立法府の手委ねられるべきであって司法権がその不作為介入し得る余地極めて限られているということ自体否定できないしかしながら立法府が既に一定の立法政策立った判断下しており、また、その判断示している基本的な方向に沿って考えるならば、未だ具体的な立法されていない部分おいても合理的な選択の余地極めて限られていると考えられる場合において、著しく不合理な差別を受けている者を個別的な訴訟範囲内で救済するために、立法府が既に示している基本的判断抵触しない範囲で、司法権現行法合理的拡張解釈により違憲状態解消目指すことは、全く許されないことではない。

※この「意見」の解説は、「婚外子国籍訴訟」の解説の一部です。
「意見」を含む「婚外子国籍訴訟」の記事については、「婚外子国籍訴訟」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/22 09:15 UTC 版)

エバーソン対教育委員会事件」の記事における「意見」の解説

1947年2月10日、5対4でヒューゴ・ブラック判事筆頭にニュージャージー州法は合憲であるとの判決下した。すなわち、州の助成金制度宗教関わりなく全ての学生提供されており、またその制度基づ助成金児童の親に支給されており、いかなる宗教施設に対して支給されてないと判断した。しかし、実際の裁判結果同じく重要なものは、恐らく全裁判官下した国教樹立禁止条項解釈であった国教樹立禁止条項幅広い解釈によって、事件数十年に渡って最高裁判決基礎付けることになった。その例としてブラック判事言葉次のようなものがある。 「修正第1条の『国教樹立禁止条項 ('establishment of religion' clause) 』が意味するところ少なくとも次の通りである。国家ないし連邦政府いずれも教会樹立することは出来ないまた、国家または連邦政府は〕単一の宗教または全ての宗教助成し単一の宗教他の宗教優先させる法律制定してはならないであって、〔国家または連邦政府は〕個人意思に反して教会に行くように、または教会行かないように個人に強いらせ、影響与え、または、いかなる宗教信仰し、または信仰しないことを告白するよう強いることはできないいかなる個人宗教信仰または不信仰抱き告白すること、または教会出席または欠席することを理由として罰則科されてはならない。またいかなる税金も、その金額多寡に関わらず、いかに呼称され、または宗教教え実践するために採られたいかなる形態宗教的活動施設支援する目的のために課税されてはならない国家または連邦政府は、公然または秘密にいかなる宗教的組織や団体の業務参加してはならず、その逆も然りである。ジェファーソン言葉借りれば、法律による宗教樹立禁止する当該条項は『国家教会分離する壁』を築くことを意図したものである。」 (330 U.S. 1, 15-16.) ジャクソン判事反対意見表明しフランクファーター判事もこれに賛同したラトリッジ判事別の反対意見表明しフランクファーター判事ジャクソン判事バートン判事がこれに賛同した反対意見述べた名の判事ブラック判事国境樹立禁止条項に関する定義に同意したが、ブラック判事定めた指針必然的に問題となった州法無効化することになるとして異議唱えた。 ワイリー・ラトリッジ判事表明した反対意見の中で彼は次のように主張している。 「ここで利用され基金税金によって賄われものである。当法廷はその基金利用事実上宗教的施設援助し助長し得るかについて異議を唱えることは無いし、異議を唱えることも出来ない考える。よって、この援助法律上の「支持 (support) 」には当たらない結論付けざるを得ない。しかしマディソンおよびジェファーソンは、「先例関与した法的結論としてではなく事実上の援助または支援について懸念していた。この親は児童教区経営学校に通わせるために料金支払い税金賄われ基金は彼らに払い戻すために利用される。これは学校登校する児童児童送り出す親を援助するに留まるものではない。基金間接的な方法によって児童と親を援助し児童特定の学校保護するために、すなわち、宗教的訓練教育のために、送り出されているという事実を手に入れることになったのである。」 (330 U.S. 1, 45.)

※この「意見」の解説は、「エバーソン対教育委員会事件」の解説の一部です。
「意見」を含む「エバーソン対教育委員会事件」の記事については、「エバーソン対教育委員会事件」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 03:42 UTC 版)

クジラと生きる」の記事における「意見」の解説

クジラと生きる』は視聴者が非常に考えさせられる番組だったようで放送後番組について様々な意見があった。 国会で伊東良孝自由民主党衆議院議員)が、シーシェパードの太地町での傍若無人ぶりや、身勝手な活動にふれた上で、「法治国家日本において、いかに外国人とはいえこのような無法許されていいはずがない」と述べた和歌山県知事仁坂吉伸は、住民暮らしの安心の立場から、「テレビ見て挑発乗らず耐えておられる太地の方々を見てこの人々を絶対に見棄てないぞとの決意新たにしました。」と述べている。また、生態学者松田裕之横浜国立大学教授)は、NHKは、映画ザ・コーヴ』(の一方的な主張)と違い、非常にバランスのとれた撮り方をしていると評した名古屋大学准教授野村 康は、『クジラと生きる』などに映し出された(シーシェパード)の活動家は、違法性が高い行為を日常的に繰り返しているとし、例としてKiller殺し屋)などの様々な罵倒長時間執拗に浴びせて挑発する行為や、漁業者車両前に立ちふさがり(或いは座り込んで)、移動妨げ業務妨害挙げている。 同年6月などに行われたNHK放送番組審議会では、『クジラと生きる』について、番組内傍若無人描かれシーシェパードへの非難の意見が多数あり、そして、漁業関係者への同情声が圧倒的で、漁師は(伝統文化保護者だからと言う理由ではなく、)今までと共に生きてきたのだから、今後と共に生きるのだろう、と感想を持った者もいた。また、クジラ日本の食文化面を取り上げて問題点もう少し掘り下げればよかったではないかという意見や、太地町シーシェパード話し合いどのように平行線終わったのか詳しく取材したほうが良いという意見や、シーシェパード資金源実態詳しく報道したほうがよい、などの意見があった。或いは一般視聴者からはもっと世界捕鯨について伝えるべきだなどの意見や感想が、30代から70代までの幅広い年齢層から番組寄せられた。 2011年12月水産庁5月に『クジラと生きる』が公開されてから、太地町激励の電話増えた公表した

※この「意見」の解説は、「クジラと生きる」の解説の一部です。
「意見」を含む「クジラと生きる」の記事については、「クジラと生きる」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 14:37 UTC 版)

グレゴリー・クラーク」の記事における「意見」の解説

ジャパン・タイムズの意見Opinion)で自身の意見をたびたび発表しており、そのトピック比較文化大学論から国際関係まで多岐にわたる。その意見は公式サイト日本語訳併記掲示されている。

※この「意見」の解説は、「グレゴリー・クラーク」の解説の一部です。
「意見」を含む「グレゴリー・クラーク」の記事については、「グレゴリー・クラーク」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 01:24 UTC 版)

審議拒否」の記事における「意見」の解説

2013年参議院の「国の統治機構に関する調査会」で高安健将は、参議院で「執政権力を不安定化させる問責決議審議拒否」が問題となっており、「参議院首相内閣衆議院の間で調整譲歩」することが望ましいと示唆した2007年天木直人ブログで、日本の野党がもし「審議拒否を貫く」のであれば立派な国会戦術」であり日本の国民の支持得られる示唆した[リンク切れ]。 2018年岩井奉信は、議事妨害の手法はアメリカなど他国にも見られる述べたが、審議拒否日本以外先進国では見られないという。また、各国では議会会期一年以上あるのに対して日本では会期が短い(常会150日)ことが、審議時間確保攻防が国会戦術の大部分占めることの要因であるという。

※この「意見」の解説は、「審議拒否」の解説の一部です。
「意見」を含む「審議拒否」の記事については、「審議拒否」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 05:32 UTC 版)

就労継続支援」の記事における「意見」の解説

就労継続支援事業所は職業リハビリテーション施設であることから、利用に際しては主治医意見書が必要となる。精神科医樺沢紫苑は「作業所事業所)に行きたくありません。何かアドバイスお願いします」という精神疾患患者質問に対して作業所楽に通える人は作業所に通わなくても良いレベル」としつつ「作業所行きたくない状況の人が行からこそトレーニングになる」「朝起き作業所時間に間に合うように行くのは社会復帰訓練」「作業所に通えないようでは社会復帰は無理」と意見を述べている。

※この「意見」の解説は、「就労継続支援」の解説の一部です。
「意見」を含む「就労継続支援」の記事については、「就労継続支援」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 03:57 UTC 版)

ロジャー・バー」の記事における「意見」の解説

バービットコイン関連のウェブサイトやオンラインフォーラムで意見を書いている。彼はブロックチェーンブロックサイズ上限引き上げ可能にするビットコインのソフトウェアクライアントの広い普及支持している。バーは、ビットコインの急速か広範な成長という自身の戦略反するため、ブロックサイズ制限強く反対している。バー他の通貨ビットコインファースト・ムーバー・アドバンテージに取って代わることができなくなるほど通貨使用普及することを望んでいる。

※この「意見」の解説は、「ロジャー・バー」の解説の一部です。
「意見」を含む「ロジャー・バー」の記事については、「ロジャー・バー」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 05:14 UTC 版)

クオータ制」の記事における「意見」の解説

クォータ制に対しては、「平等原理侵害」、「逆差別」と見なす意見や、女性フェミニスト運動家からも逆差別としてとらえられることがあり、「女性作るのなら、なぜ黒人イスラム教徒、ほかのマイノリティーはないのか?」といった疑問呈されている。また、過去にクォータ制に関する法律に対して違憲判決出された国も存在する

※この「意見」の解説は、「クオータ制」の解説の一部です。
「意見」を含む「クオータ制」の記事については、「クオータ制」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 07:59 UTC 版)

グーグルマップ改ざん事件」の記事における「意見」の解説

ITジャーナリスト三上洋は、一連の改竄は、Google マップ上の施設名誰でも書き換え可能なことを悪用した悪戯であって高度な知識必要とするハッキング行為ではないと指摘し情報掲載する段階Googleチェック怠ったことが原因ではないかと言及した。 ウェブサイト構築企業アイ・エム・ジェイ執行役員務め江端浩人は、この件について著作性や公共性の高い施設書き換え制限する仕組み設ける等の対策必要ではないかと言及した。

※この「意見」の解説は、「グーグルマップ改ざん事件」の解説の一部です。
「意見」を含む「グーグルマップ改ざん事件」の記事については、「グーグルマップ改ざん事件」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 09:39 UTC 版)

有用微生物群」の記事における「意見」の解説

「#展開」も参照 岡山大学岸田芳朗によれば比嘉著書地球を救う大変革』は科学的啓蒙書というよりは科学的な説得試みるような資料はほんの一部しかないため、比嘉の夢を語っている一般的な読み物であると考えられるノーベル生理学・医学賞受賞した大村智は、比嘉著書読み昔は木の葉集めて微生物繁殖して発酵させたが、作るのにも膨大なエネルギーを必要する化学肥料台頭し土壌疲弊させ分解しにくくなっているとして、EM技術によって昔の人々知恵を再び役立たようとしているとした。

※この「意見」の解説は、「有用微生物群」の解説の一部です。
「意見」を含む「有用微生物群」の記事については、「有用微生物群」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 03:39 UTC 版)

鯨捕りの海」の記事における「意見」の解説

監督梅川俊明は、映画の撮影前、捕鯨雰囲気について、ハーマン・メルヴィル小説白鯨』のエイハブ船長のような髪の毛逆立ち過度に興奮した男たちを、自身の子供の頃イメージのままに想像していた。ところが、実際に捕鯨船取材してみると乗員クジラ発見して落ち着き払い、捕獲のためにてきぱきと行動し、そして、船員らは数珠小さな仏像捕鯨船持ち込んでいた。梅川は、クジラの命を貰うことで自分の人生があるという考え方人たちを、自身の狭い視野いわゆる偏見)によって全く別のものと認識していたことについて「イメージの呪縛」と反省した他のインタビューで、梅川は、「私は人間他の生き物殺して食べることなしに生きてゆけないことをあらため思い捕鯨仕事に従事する捕りにこそ、生命の尊厳宿っている確信した」と語り欧米か押し付けられ捕鯨禁止理不尽なものとしてとらえた。更に別のインタビューでは、梅川は、捕鯨素晴らし労働であることや、クジラ資源状態を調べて絶滅させないように捕鯨が行われていると述べた上で、「だからといってクジラ捕ってもいいんだ」という映画にもしたくなかった」と述べ白か黒かではなく他国の人には様々な価値観有りお互いに価値観認め合い共に生きて行けるように映画をきっかけに考える事が出来たらよい(価値観の多様性)と主張した

※この「意見」の解説は、「鯨捕りの海」の解説の一部です。
「意見」を含む「鯨捕りの海」の記事については、「鯨捕りの海」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:48 UTC 版)

マイアミゾンビ事件」の記事における「意見」の解説

薬物規制に対する反対運動活動家であり、雑誌リーズン英語版)』の編集長であるジェイコブ・サラム(英語版)は、フォーブス誌上において「この時には既に1人警官憶測だけを根拠に加害者ドラッグ摂取により犯行に及んだ』とする報道が広まっていた」、「この事件が『Shoddy Drug Journalism』とし、つまりドラッグ事件の原因だという誤報に対する教訓になった」との主張展開した。。

※この「意見」の解説は、「マイアミゾンビ事件」の解説の一部です。
「意見」を含む「マイアミゾンビ事件」の記事については、「マイアミゾンビ事件」の概要を参照ください。


意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 10:10 UTC 版)

ヨハネによる福音書3章16節」の記事における「意見」の解説

新島襄は「これは新約聖書富士の山富士山である」といい、マルティン・ルターは「これは聖書縮図、また小さき福音書である。」といったという。

※この「意見」の解説は、「ヨハネによる福音書3章16節」の解説の一部です。
「意見」を含む「ヨハネによる福音書3章16節」の記事については、「ヨハネによる福音書3章16節」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「意見」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

意見

出典:『Wiktionary』 (2021/10/23 08:17 UTC 版)

この単語漢字

第三学年
けん
第一学年
音読み 音読み

発音

名詞

(いけん)

  1. あることに対する考え見解
  2. 好ましくない行いに対する注意忠告諫言

翻訳

動詞

する (けんする)

  1. 考え見解を述べる
  2. 好ましくない行い注意する。忠告する。諫言する。

活用

翻訳


「意見」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



意見と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「意見」の関連用語

意見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



意見のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの意見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの婚外子国籍訴訟 (改訂履歴)、エバーソン対教育委員会事件 (改訂履歴)、クジラと生きる (改訂履歴)、グレゴリー・クラーク (改訂履歴)、審議拒否 (改訂履歴)、就労継続支援 (改訂履歴)、ロジャー・バー (改訂履歴)、クオータ制 (改訂履歴)、グーグルマップ改ざん事件 (改訂履歴)、有用微生物群 (改訂履歴)、鯨捕りの海 (改訂履歴)、マイアミゾンビ事件 (改訂履歴)、ヨハネによる福音書3章16節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの意見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS