近世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 近世の意味・解説 

きん‐せい【近世】

現代に近い時代また、近ごろ世の中

歴史時代区分の一。近代区別していうときに使う。

日本史では安土桃山時代・江戸時代をさす。

西洋史ではルネサンスから市民革命産業革命のころまでをさす。

中国史では明(みん)の末から20世紀初め辛亥(しんがい)革命までをさす。


近世 (きんせい)


近世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:05 UTC 版)

近世(きんせい、英語: early modern period)とは、歴史学における時代区分のひとつ。中世よりも後で、近代よりも前の時期を指す。


  1. ^ 内藤虎次郎 (湖南) 『近世文学史論』 政教社、1897年。doi:10.11501/871814 
  2. ^ 蔵並省自編 『近世日本の展開』 八千代出版、1977年、2-3頁。 NCID BN15099062 


「近世」の続きの解説一覧

近世(16〜18世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 00:12 UTC 版)

16世紀フランス料理は、イタリア料理大きな影響を受けてほとんど一体化していたほどだったとも伝えられている。これはフィレンツェ出身カトリーヌ・ド・メディシスが、ヴァロワ朝アンリ2世輿入れした際に連れてきたイタリア料理に起因すると言われているが、ルネサンス期両国文化交流の中で自然にもたらされていたという見方存在するイタリア料理文化影響によってフランスでもナイフフォーク用い食事作法一般的になっている。 17世紀になるとフランス主義復興重んじられて、イタリア料理影響から離れる方向性でのフランス料理改革運動始められた。その結果誕生したオートキュイジーヌ至高料理)」はフランス宮廷料理フォーマルな様式として定着し現代ではフランス伝統的な高級料理モデルとして認識されている。ワインチーズ文化およびパティスリー世界も本的な開明迎えた17世紀高名なシェフであるラ・ヴァレンヌ(フランス語版)が1651年上梓した「Le cuisinier françois」は、フランス初の正式なレシピ書として当時宮廷料理事情現代伝えている。フランス料理ヴァロワ朝からブルボン朝時代を通して豪華絢爛発展遂げたが、依然王侯貴族のための宮廷内の専売特許であった当時はギルド同業組合)の統制によって食材業者調理師商業活動制限されていたので、フランス料理文化一般市民への普及封建制度消滅まで待たねばならなかった。

※この「近世(16〜18世紀)」の解説は、「フランス料理」の解説の一部です。» 「フランス料理」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/12 17:48 UTC 版)

山崎闇斎儒学者として仏教対抗し神道儒教との融合積極的に推進垂加神道提唱、神と人間の関係を儒教的君臣関係に捉え直した平田篤胤禁書だったキリスト教関係の書を読み創造神概念神道導入した『古事記』解釈にあたり、「造化」(創造)の神として天之御中主神重視し同時にスサノオ黄泉の国行った際に遭った大国主命幽界黄泉の国)の支配者解釈した世界はこの「幽界」と現実世界とによって構成されていると考え、「顕界」(現実世界)を支配するとしての天皇という概念創出した。この発想明治維新理論的基盤となり、近代初期においては大国主命祀る出雲派台頭させた。

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「言挙げ」の解説の一部です。» 「言挙げ」の概要を見る


近世(島津氏による支配)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:00 UTC 版)

肝付氏亡き後の肝属は、伊集院忠棟鹿屋城を拠点地頭として管理した。忠棟は鹿屋城の修復城下町形成を始めとして水田開発などによる農業生産の向上、市(いち)の開催手掛けた後述する定期市はこのときに始まったものである薩摩藩外城制後に○○郷と改称)を敷き現在の鹿屋市域では鹿屋大姶良花岡・高隈・串良・姶良・百引・市成の8郷(花岡と市成は私領)がおかれた。外城成立時期は地域により異なり鹿屋郷(外城の場合は私領経て1645年成立した。郷は1889年町村制施行際にもほぼそのままとなるなど、後世まで行政区域として機能した鹿屋市域では「南部吾平町)」(『鹿屋市総合計画』による地域区分姶良郷)、「高隈地区」(『鹿屋市総合計画』による地域区分、高隈郷)がその名残伝える。 鹿屋郷では定期市が月6回開催され大隅半島各地を始めとして薩摩半島側の指宿からも集客があった。当時は島津氏御用達銘酒として「桜川」が存在したが、幕末1882年頃の火災時代推移とともに衰退した名産品として鹿屋大姶良生産された「高須甘藷」(高須港から出荷されたため「高須」といわれた)があった 。 薩摩藩領内農民農業以外の職に就くことが許されず、年貢も8公2民(収穫のうち8割が徴収される、他藩は4公6民が一般的)という高率であったこの他にも衣食住全般にわたって制約課せられており、百姓一揆起こす余裕すらなかった。逃亡者数多く発生し薩摩半島西目側から農民強制移住人配、「にんべ」と読む)させることもあった。このような壊滅的ともされる 経済状況は、明治期になってから改善されることとなる。 この時期の困窮具合証明する資料として人口比較挙げられる鹿屋郷には1801年時点では6,224人いたのに対し1824年時点では6,180人に減少しており、逃亡間引き横行していたことが推測される

※この「近世(島津氏による支配)」の解説は、「鹿屋市」の解説の一部です。» 「鹿屋市」の概要を見る


近世(1430-1789)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:28 UTC 版)

1430年トッコ死亡すると、オスマン帝国ヨアニナ数々の特権認め代わりにヨアニナ支配下に置いた。この出来事は「シナン・パシャの規定」として知られ、カラシナン・パシャがこの条約署名したことによる1611年ラリッサ主教ディオニシオス・オ・フィロソフォスによる農民反乱で、ヨアニナはかなり衰退した。この反乱によって、キリスト教徒住民認められていた特権全て無くなった。そして、キリスト教徒住民は城から離れた地域移住させられ代わってトルコ人ユダヤ人が城内に移住した。この逆風にもかかわらずヨアニナの町は元に戻ったヨアニナ住民商業生産活動続けたために、ヴェネツィアリヴォルノといった、ヨーロッパ重要な中心地貿易することができたのだったそれらの町には、ヨアニナ商人商店銀行設立したりもした。また、同時にヨアニナ緊密な経済的知識的関係を維持し寄付行い教育確立した。つまり、彼らはヨアニナ大きな恩恵施したであったヨアニナ経済の発展によって、町は文化的活動も盛んとなった17・18世紀間にエピファニオス(Epiphanios)や、グマス(Goumas)、ヴァレネロス(Valenelos)、マルツェア(Maroutsea)、ゾシメア(Zosimea)といった多くの重要な学校設立されビザンツ帝国長い伝統引き継いだ17世紀には、ヨアニナその人口と商業活動に関して繁栄した町だと、フランス人旅行者ジャック・スポンやオスマン帝国エヴリヤ・チェレビそれぞれ伝えている。エヴリア・チェルビはヨアニナ訪れた1670年に、町には1,900商店工場および、4,000の家があった。

※この「近世(1430-1789)」の解説は、「ヨアニナ」の解説の一部です。» 「ヨアニナ」の概要を見る


近世(14世紀から17世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 23:03 UTC 版)

1551年フランシスコ・ザビエル大内義隆ガラス器・鏡・眼鏡などのガラス製品を贈る。 1608年アメリカ初めガラス工場設立される失敗する1609年オランダ商館長家康ガラス器を贈る。 1612年フィレンツェでアントニオ・ネリの「ガラス製造法」が出版される1674年イギリスでラベンズクロフトが鉛クリスタルガラス特許を得る。 1679年ネリの「ガラス製造法」のドイツ語訳一部加えたヨハン・クンケル著「実践的ガラス製造法」が出版される1670年1690年頃:ボヘミアでカリグラスが開発される

※この「近世(14世紀から17世紀)」の解説は、「ガラス年表」の解説の一部です。» 「ガラス年表」の概要を見る


近世(江戸時代末期まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 14:21 UTC 版)

古代から平安時代にかけて信濃川河口部には蒲原津かんばらのつ)という港が栄え物資集散旅人往来多く見られた。 1616年には長岡城主・堀直寄によって、港町としての基礎構築1671年西廻り航路寄港地として指定を受け、国内交易上重要な地位確立した加えて1633年9月発生した洪水によって信濃川阿賀野川合流し河口部土砂押し流されたことで港の水深深まり大型船入港できる良港として栄華を極めた17世紀末期には、出入港した船舶年間約3,500隻にも及んだという。

※この「近世(江戸時代末期まで)」の解説は、「新潟港」の解説の一部です。» 「新潟港」の概要を見る


近世(11世紀 - 16世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 03:35 UTC 版)

銀行は、資金調達財政管理能力によって権力者への影響力強めたイタリア商人の北ヨーロッパに対する債権は、商品の形をとりシャンパーニュの大市などで取引をされた(債権売買)。イタリア商人は、教皇庁財政とも結びつき教会収入送金する金融業を行うようになるフィレンツェバルディ家ペルッツィ家などの銀行家は、王侯貴族貸付をし、彼らの財政収入担保とした。取り分けメディチ家は、隆盛極めた北ヨーロッパでは、ハンザ呼ばれる遠隔地商人都市の有力市民となり、都市間の商業同盟結んでドイツ中心にハンザ同盟成立したこれらの経済的繁栄は、文芸復興結びつき華やかな文化育てることになる。しかしオスマン帝国伸長16世紀大航海時代始まると大量の銀、金がヨーロッパ流れ込み通貨価値が下落する価格革命起こる。 13世紀から14世紀まで中国元朝では、モンゴル人は、交易加わらず特権ムスリム商人オルトク)によって帝国内の財政交易担当させた。またモンゴル帝国は、金朝制度継承して紙幣交鈔)を発行させた。やがてモンゴル帝国零落するシルクロードムスリム商人の活動圏は、オスマン帝国継承し、その莫大な収益独占した。またオスマン帝国は、地中海にも進出したためイタリア商人排斥し代わってイスラム教圏に住むユダヤ人セファルディム活躍した。さらに欧州から移住するユダヤ人国内住まわせた。同じく滅びた元朝代わって明朝中国興るモンゴル人によって荒廃した華北代わって経済中心江南移った江南農業生産量は、華北凌ぐまでになり蘇州松江収穫のみで食料賄えるとして「熟すれば天下足る」という言葉作られ農作物各地に転売する農本思想重用された。 13世紀イスラム商人は、東アフリカペルシア湾からインド洋東南アジアマラッカ海峡に至るまで海路上で活躍した。またこれによって東南アジアイスラム教広がったマレーシア半島興ったマラッカ王国は、代表的なイスラム国家であり交易ルート中心的役割果たし南シナ海との中継貿易繁栄した東アフリカでは、アイユーブ朝マムルーク朝エジプト興り、ここでは、カーリミー商人呼ばれイタリア商人貿易したメキシコ高地では、特権商人のポチテカ遠隔地交易によってアステカ征服貢献していた。 日本では、有力権門寺社雑色神人供御人が、その権威背景諸国京都往復して交易を行ううになる。彼らは、荘園制度崩壊により権門寺社本所名目上領主)として仰ぎ自分たちは、奉仕義務引き換えに諸国通行自由・関銭免除治外法権などの特権保障され集団「座」を組織した。特に大山崎油座は、畿内一円大きな勢力誇った金融は、神に捧げられ上分米上分銭を資本として神人たちによって行われ13世紀以降は、利銭行われた鎌倉時代から室町時代にかけて活躍した貸金業者は、土倉酒屋呼ばれた。彼らは、次第本所から実権奪い取って自治を始め町衆まで現れた。堺は、町衆によって自治され「東洋のベニス」と呼ばれる栄華誇った豪商たちは、高価な輸入品権門寺社所有する宝物手に入れると、これらを鑑賞する茶の湯起こした室町期日本商人の発明として、「見世棚みせだな)」があり、15世紀当時朝鮮では魚肉でも地べたにおいて、売っていたため、この見世棚商法当時東アジアでは衛生面画期的な商法であり、日本語における店の語源ともなり以降日本では、店を「たな()」「みせ(見世)」と読むようになった(詳細日本における見世棚商法、および店も参照)。

※この「近世(11世紀 - 16世紀)」の解説は、「商人」の解説の一部です。» 「商人」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 15:45 UTC 版)

関ヶ原の戦い論功行賞により福知山城入城したのは有馬豊氏で、現在のような城郭城下町この時代完成した。はじめ6万石入国した間もなく2万石飛び地三田・父の遺領継承許される)の加増を受け8万石領主となった山陰道押える要衝地にあるこの城を、豊氏は近世城郭として改修行い、現在に残る姿とした。 しかし元和6年1620年12月武功重ねた豊氏は久留米藩加増転封され、翌元和7年1621年8月岡部長盛亀山城から移る。3年後その岡部長盛大垣藩転封すると、稲葉紀通摂津国中島藩より移る。その稲葉紀通福知山城城主となった24年目の1648年慶安元年)、宮津藩京極高広争いとなり、乱心し自殺したではないか伝わっている。翌慶安2年1649年2月刈谷藩から松平忠房入部したきた。20年統治した島原藩転封する。 寛文9年1669年6月土浦城朽木稙昌入部1869年明治2年)まで約200年亘り朽木氏13世襲し当地域統治した

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「福知山城」の解説の一部です。» 「福知山城」の概要を見る


近世(960年代 - 1830年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 01:56 UTC 版)

始まりは宋(960年 - 1279年時代遡る。かつて香港九龍半島にはたくさんの香木生えていたほか、塩を産出しており、これらを輸出するための港が香港島南部香港仔開かれた今日の「香港」という地名も「香木集まる港」という意味合いから命名されたという説が最も有力である。 しかし香港付近海域には当時しばしば海賊現れ周囲の治安脅かしていた。このため現在の九龍城地区軍事要塞作られ、ここを拠点香港安全の確保図っていた。砦として1668年九龍烽火台設置された。

※この「近世(960年代 - 1830年代)」の解説は、「九龍城砦」の解説の一部です。» 「九龍城砦」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:20 UTC 版)

1664年寛文4年) - 信夫郡上杉領から福島20万石天領となる。 1679年延宝7年) - 本多忠国大和郡山藩から福島15万石で入封となり、福島藩成立した1686年延宝7年) - 堀田正仲出羽山形藩から福島10万石で入封。 1702年元禄15年) - 板倉重寛信濃坂木藩から福島3万石へ入封。 1749年寛延2年) - 寛延惣百姓一揆1787年天明7年) - 下村藩1万石が立藩される。 1823年文政6年) - 下村藩廃藩する。 1830年天保元年) - 中合現在の荒町創業する。 1868年6月10日慶応4年9月2日) - 北町金沢屋にて長州藩士世良修蔵を含む数人襲われ阿武隈川斬首される事件奥羽越列藩同盟結成契機となった歴史的事件である。 1868年10月17日慶応4年4月20日) - 福島藩板倉勝己薩長軍に降伏し福島城渡辺清左衛門引き渡す

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「福島市」の解説の一部です。» 「福島市」の概要を見る


近世(16〜18世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 00:12 UTC 版)

16世紀フランス料理は、イタリア料理大きな影響を受けてほとんど一体化していたほどだったとも伝えられている。これはフィレンツェ出身カトリーヌ・ド・メディシスが、ヴァロワ朝アンリ2世輿入れした際に連れてきたイタリア料理に起因すると言われているが、ルネサンス期両国文化交流の中で自然にもたらされていたという見方存在するイタリア料理文化影響によってフランスでもナイフフォーク用い食事作法一般的になっている。 17世紀になるとフランス主義復興重んじられて、イタリア料理影響から離れる方向性でのフランス料理改革運動始められた。その結果誕生したオートキュイジーヌ至高料理)」はフランス宮廷料理フォーマルな様式として定着し現代ではフランス伝統的な高級料理モデルとして認識されている。ワインチーズ文化およびパティスリー世界も本的な開明迎えた17世紀高名なシェフであるラ・ヴァレンヌ(フランス語版)が1651年上梓した「Le cuisinier françois」は、フランス初の正式なレシピ書として当時宮廷料理事情現代伝えている。フランス料理ヴァロワ朝からブルボン朝時代を通して豪華絢爛発展遂げたが、依然王侯貴族のための宮廷内の専売特許であった当時はギルド同業組合)の統制によって食材業者調理師商業活動制限されていたので、フランス料理文化一般市民への普及封建制度消滅まで待たねばならなかった。

※この「近世(16〜18世紀)」の解説は、「フランス料理」の解説の一部です。» 「フランス料理」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 10:01 UTC 版)

詳細古河城古河藩参照 古河藩設置され古河城藩庁となった現在の市域西部日光街道日光道中)が南北貫き古河城下(元の古河)に古河宿中田中田宿設けられた。一方市域東部では日光東往還日光街道)が縦断し、谷貝宿仁連宿諸川宿設けられた。 古河藩領は、現在の市域を含む下総国北西部、および隣接する下野国南部武蔵国北東部またがって形成され当時古河城下(現在の市域西部)は古河藩領の中心にあった。しかし近代以降旧藩領は県境によって分断され三方他県域に囲まれた県最西端の町になる。なお現在の市域東部には、古河藩含まれなかった地域多かった例えば、諸川宿仁連宿壬生藩領から天領(幕府直轄地)、谷貝宿関宿藩領である。 歴代古河藩においては大老2人土井利勝堀田正俊)のほか、老中京都所司代などにつくものも多い、有力譜代であった1832年古河藩第十一代藩主である土井利位が、日本初雪の結晶に関する観察図鑑雪華図説』を出版した

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「古河市」の解説の一部です。» 「古河市」の概要を見る


近世(オスマン帝国統治時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 10:06 UTC 版)

15世紀後半までにはボスニア・ヘルツェゴビナ全域オスマン帝国の支配下に入る正統派キリスト教勢力から弾圧を受けていたボゴミル教徒たちの多くはこのときイスラム教改宗した。またこのほかにもイスラム教改宗した現地スラヴ人トルコなどから移り住んボスニア・ヘルツェゴビナ定着したイスラム教徒などによって、この地方ではイスラム教徒人口比率高まった首都であるサラエボオスマン帝国ボスニア州(英語版)(1580–1867Bosnia Eyalet)やボスニア州(英語版)(1867–1908、Bosnia Vilayet)の中心となり、宮殿築かれ帝国州知事たちによってオスマン風の都市建設進められた。多くの住民イスラム教受容していたことや、その戦略的重要性のために、ボスニア・ヘルツェゴビナでは他のバルカン諸国例がないほど文化トルコ化が進行した16世紀から17世紀にかけてオスマン帝国ハプスブルク帝国、及びヴェネツィア共和国戦争行った際にボスニアオスマン帝国にとって重要な前哨基地としての役目を果たしている。

※この「近世(オスマン帝国統治時代)」の解説は、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の解説の一部です。» 「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:57 UTC 版)

江戸時代に置かれた藩には伊勢国には、桑名藩長島藩伊勢亀山藩神戸藩菰野藩久居藩津藩志摩国鳥羽藩津藩支城伊賀上野城津藩一族名張陣屋紀州藩支城田丸城松阪城がある。

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「三重県」の解説の一部です。» 「三重県」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 16:32 UTC 版)

天正18年 (1590年) 豊臣秀吉小田原征伐後に城の破却令を出した天正18年 (1590年) 徳川家康に従っていた小笠原秀政入部し、城を修復拡張した。なお、秀政は城の修復の間、栗橋城滞在慶長7年 (1602年) 松平戸田)康長が城主となる。康長は観音寺曲輪百間堀を築き追手門設けた慶長17年 (1612年) 小笠原信之が城主となる。のち、慶長19年に政信が継ぐ。 元和3年 (1617年) 徳川秀忠が日社参の際、古河城宿泊し、政信が接待元和5年 (1619年) 奥平忠昌が城主となる。忠昌は立崎曲輪諏訪曲輪長谷曲輪)を拡張したほか、城下でも侍屋敷拡張町屋敷移転行い現在の古河市旧市街)の町割のもとになった。 元和8年 (1622年) 徳川秀忠が日社参の際、城に宿泊し、忠昌が接待元和8年 (1622年) 永井直勝が城主となる。直勝は御成門築いた。のち、寛永3 年 (1626年) に尚政が継ぐ。 寛永6年 (1629年) 徳川家光が日社参の際、城に宿泊し、尚政が接待寛永9年 (1632年) 徳川家光が日社参遥拝)の際、城に立ち寄り、尚政が饗応寛永10年 (1633年) 土井利勝が城主となる。利勝は、前任地佐倉城ならって本丸御三階造営したほか、本丸御殿二の丸御殿造営した。のち、寛永21年に利隆、万治元年 (1657年) に利重延宝元年 (1673年) に利久延宝3 年利益が継ぐ。 寛永11年 (1634年) 徳川家光が日社参の際、城に立ち寄り、利勝が饗応寛永13年 (1636年) 徳川家光が日社参の際、城に立ち寄り、利勝が饗応寛永17年 (1640年) 徳川家光が日社参の際、城に立ち寄り、利隆が父の代理饗応寛永19年 (1642年) 徳川家光が日社参の際、城に立ち寄り、利勝が饗応天和元年 (1681年) 堀田正俊が城主となる。貞享元年 (1684年) に正仲が継ぐ。 貞享2年 (1685年) 松平藤井)信之が城主となる。次の年に忠之が継ぐ。 貞享4年には、幕府批判した熊沢蕃山預けられ城内立崎曲輪幽閉される。 元禄7年 (1694年) 松平大河内信輝が城主となる。信輝城内頼政神社整備。のち、宝永6年に信祝が継ぐ。 正徳2年 (1712年) 本多忠良が城主となる。のち、宝暦元年 (1751年) に忠敞が継ぐ。 宝暦9年 (1759年) 松平松井康福が城主となる。 宝暦12年 (1762年) 土井利里が城主となる。のち、安永6年(1777年) に利見、同年利厚文政5年(1822年)に利位、嘉永元年(1848年)に利亨、同年に利則、慶応3年(1867年)に利与が継ぐ。 安永5年 (1776年) 徳川家治が日社参の際、城に宿泊し、利見が接待天保3 年 (1832年) 城主の利位が雪華図説著した天保14 年 (1843年) 徳川家慶が日社参の際、城に宿泊し、利位が接待将軍による最後の社参慶応4 年 (1868年) 勤皇派佐幕派対立があったが、城内意見勤皇派集約し土井利与京都天皇勤皇意思表明

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「古河城」の解説の一部です。» 「古河城」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 16:32 UTC 版)

ほぼ北から南に向かって流れ渡良瀬川東岸位置した古河城築かれ台地は、川とその東側広がる沼地はさまれ北から南に伸びる半島になっていた。 江戸時代の城域は、水堀を含むとおおむね東西約0.45 - 0.55km、南北約1.8km 程度広さであり、関東有数の規模であった。城域の西側は川に接し残り三方水堀囲まれていた。城域の東南から南側は、通行困難な沼地であり、これらの沼地渡良瀬川生かした守られ要害であった構造は、土塁囲まれ複数曲輪が、直線状配置された連郭式である。主な曲輪は、北から順に、観音寺曲輪桜町曲輪丸の内)、三の丸二の丸西側)/本丸東側)、頼政曲輪立崎曲輪である。そのほかに桜町曲輪東側には、水堀百間堀)の先に出城」と呼びならわされる諏訪曲輪があった。 このうち観音寺曲輪桜町曲輪諏訪曲輪には重臣たちの武家屋敷二の丸には藩主御殿置かれた頼政曲輪には源頼政祀った頼政神社があった。三の丸には馬場設けられた。観音寺曲輪北側追手門桜町曲輪東側御成門など、多数の門が置かれた御成門日光社参時に立ち寄る将軍入城する門であり、外枡形形式虎口開き周辺には石垣築かれた。 天守建てられなかったが、土井利勝によって、本丸西北出隅建てられた「御三階櫓」と呼ばれた3層4階が、実質上天守となった。高さは約22メートルあり、同様の構造建てられ水戸城佐倉城御三階櫓松江城天守(約22.4メートル)もほぼ同じ高さである。 他にも桜町曲輪にあった茂平河岸は、城内との物資輸送人員移動担ったまた、掘の周囲配置された寺社永井寺正定寺など)は出城としても機能し、城の防衛拠点となっていた。 なお、古河歴史博物館内に精密な古河城模型展示されており、城全体の構造再現されている。

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「古河城」の解説の一部です。» 「古河城」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:51 UTC 版)

江戸時代男木島女木島と合わせて直島3島」と総称され直島諸島全域本土における藩政あるいは自然村)に相当する包括的単位としての直島」、郡に相当する広域単位としての小豆島」に属する。当初は旗本高原氏の領地であったが、寛文12年1672年頃)から幕府領となり幕末迎える。幕府領時代は、寛文12年1672年頃)から倉敷代官所支配宝永5年1708年頃)から高松藩預地元文4年1739年頃)から再び倉敷代官所支配であった海運大動脈であった瀬戸内地の利生かし廻船業(北前船)などで活躍する家もあった。天領であったため歌舞伎人形浄瑠璃などの公演特別に許可され、琴弾地浜や城山での公演では島内外からの一座観客大変にぎわった。とくに人形浄瑠璃人気高く淡路島から島内伝わった

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「直島町」の解説の一部です。» 「直島町」の概要を見る


近世(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:51 UTC 版)

江戸時代男木島女木島と合わせて直島3島」と総称され直島諸島全域本土における藩政あるいは自然村)に相当する包括的単位としての直島」、郡に相当する広域単位としての小豆島」に属する。当初は旗本高原氏の領地であったが、寛文12年1672年頃)から幕府領となり幕末迎える。幕府領時代は、寛文12年1672年頃)から倉敷代官所支配宝永5年1708年頃)から高松藩預地元文4年1739年頃)から再び倉敷代官所支配であった海運大動脈であった瀬戸内地の利生かし廻船業(北前船)などで活躍する家もあった。天領であったため歌舞伎人形浄瑠璃などの公演特別に許可され、琴弾地浜や城山での公演では島内外からの一座観客大変にぎわった。とくに人形浄瑠璃人気高く淡路島から島内伝わった

※この「近世(江戸時代)」の解説は、「直島町」の解説の一部です。» 「直島町」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

近世

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:10 UTC 版)

名詞

 きんせい

  1. 歴史時代区分で、中世近代日本では安土桃山時代から江戸時代終わりごろまでを指す。

発音(?)

き↘んせー

関連語


「近世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



近世と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランス料理 (改訂履歴)、言挙げ (改訂履歴)、鹿屋市 (改訂履歴)、ヨアニナ (改訂履歴)、ガラス年表 (改訂履歴)、新潟港 (改訂履歴)、商人 (改訂履歴)、福知山城 (改訂履歴)、九龍城砦 (改訂履歴)、福島市 (改訂履歴)、フランス料理 (改訂履歴)、古河市 (改訂履歴)、ボスニア・ヘルツェゴビナ (改訂履歴)、三重県 (改訂履歴)、古河城 (改訂履歴)、古河城 (改訂履歴)、直島町 (改訂履歴)、直島町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの近世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS