近世とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 近世の意味・解説 

きん‐せい【近世】

現代に近い時代また、近ごろ世の中

歴史時代区分の一。近代区別していうときに使う。

日本史では安土桃山時代江戸時代をさす。

西洋史ではルネサンスから市民革命産業革命のころまでをさす。

中国史では明(みん)の末から20世紀初め辛亥(しんがい)革命までをさす。


きん‐せい【近世】

〔名〕

① 現在に近い世の中また、近頃世の中最近。きんぜ。

玉葉承安二年(1172)七月七日「近世事不首尾

談義本根無草(1763‐69)前「昔の人よりおとれるは、近世人の心懦弱にして」

歴史時代区分一つ

(イ) 日本史で、古代中世のあとにつづき、近代以前時期安土桃山時代江戸時代をさす。中世にあたる鎌倉室町時代前期封建社会と呼ぶのに対して後期封建社会と呼ぶことがある広義には近代をも含むことがあるが(徳富蘇峰近世日本国民史」のように)、狭義近代区別することが多い。

小学読本(1884)〈若林三郎〉四「円山応挙西京の人にて近世の有名の画家なり」

(ロ) 東洋史で、ふつう明末・清初以後辛亥(しんがい)革命まで。また、西洋史で、古代中世近代分け時代区分のうち、近代にあたる時代

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉二「銕砲は〈略〉近世西洋の製」


ちかき【近】 世(よ)

過去・未来を問わず、現在からあまりへだたっていない時を漠然とさす語。ちかごろ

古今(905‐914)仮名序ちかき世に、その名きこえたる人は」


近世 (きんせい)


近世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 16:21 UTC 版)

近世(きんせい、英語: early modern period)とは、歴史学における時代区分のひとつ。中世よりも後で、近代よりも前の時期を指す。


  1. ^ 内藤虎次郎 (湖南) 『近世文学史論』 政教社、1897年。doi:10.11501/871814 
  2. ^ 蔵並省自編 『近世日本の展開』 八千代出版、1977年、2-3頁。 NCID BN15099062 


「近世」の続きの解説一覧

近世

出典:『Wiktionary』 (2017/02/27 08:54 UTC 版)

名詞

 きんせい

  1. 歴史時代区分で、中世近代日本では安土桃山時代から江戸時代終わりごろまでを指す。

発音

き↘んせー

関連語




近世と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近世」の関連用語

近世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの近世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS